2019年5月17日更新

ミステリオはスパイダーマンの味方?ヴィラン? 「ファーフロムホーム」重要キャラを徹底解説

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が2019年6月28日、日本で世界最速公開されます!本作でジェイク・ギレンホールが演じるのは、当初ヴィランといわれていたミステリオ。いったいどんなキャラクターなのか、予習しておきましょう!

ミステリオは敵、味方、一体どっち?

「シビルウォー」の空港での大乱戦シーンで華々しくMCUデビューを果たしたスパイダーマン。後に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』では、高校生らしい純真無垢でお調子者な面を持ちながら、正義感を胸にヴィラン・ヴァルチャーと戦う姿でマーベルファンのハートをグッと掴みました。 そして待ちに待ったMCUスパイダーマン2作目『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が、MCUフェーズ3の締めくくりとして2019年6月28日に公開されます!「エンドゲーム」後のピーター・パーカー/スパイダーマンが描かれる本作には、S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーやマリア・ヒル、そして前作に引き続きハッピー・ホーガンらが登場することも明らかになりました。 そんななか、本作には気になるキャラクターが登場します。彼の名前はミステリオ。 ミステリオとは、いったいどんなキャラクターなのでしょうか。そして、「ファー・フロム・ホーム」ではどんな役割を担うのでしょう。 原作コミックや予告編、最新情報からわかることをまとめて紹介します。

原作のミステリオはどんなキャラクター?

ミステリオはコミックではスパイダーマンの宿敵となるスーパーヴィランの1人です。 彼の本名はクエンティン・ベック。俳優兼スタントマンでしたがその道で成功することはなく、SFX技術者になりました。しかしその後、SFX技術やバーチャル・リアリティ、そしてスタントマンとして鍛えた身体能力を使ってスパイダーマンを利用し、有名になろうと犯罪をくりかえします。 コミックではスパイダーマンのスーツを偽造して犯罪に手を染め、市民に“スパイダーマンは悪党だ”と思い込ませることに成功。スパイディを倒したヒーローとして市民から崇められるまでになったことも。 身体能力・知能ともに優れた、ヴィランとして人気のあるキャラクターです。

スパイダーマンを苦しめるミステリオの能力とは

SFXやバーチャル・リアリティなどの特殊な技術を持つミステリオは、その技術を生かしコスチュームに様々な仕掛けを取り入れています。 まず、手に付けているグローブからは酸を出すことができ、あの強靭なスパイダーウェブを溶かすことが可能。足には何種類もの煙を放出する機械が施され、コミックでは煙でスパイディを怯ませていました。また、煙の中でも相手の位置を感知できる音波を発信し、それによってスパイダーセンスを狂わせます。 他にもジャンプ力が増すように足に強力なバネを仕込んでおり、スタントマン時代に鍛えた身体能力を生かしつつ、俊敏なスパイダーマンに引けを取らない身のこなしができます。 「ホムカミ」のヴィラン・ヴァルチャーにコミック版からの変更点がいくつもあったことから、ミステリオもコミック版とは違った設定が加えられるのではないでしょうか。

「ファー・フロム・ホーム」のミステリオはヴィラン?味方?

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム.ミステリオ
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

コミックではヴィランとして知られるミステリオですが、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、なんとスパイダーマンに協力する人物として登場するようです。 友人たちとともにヨーロッパ旅行に出たピーターは、旅先でニック・フューリーからヨーロッパ各地で起こっている異常な自然災害の原因を調査するよう言われます。そこで協力者としてフューリーが連れてきたのが、ミステリオことクエンティン・ベックでした。 当初「ファー・フロム・ホーム」のヴィランはミステリオといわれていましたが、実際にスパイディたちが戦うのは「エレメンタルズ」という4人組だと明かされています。それぞれ火、水、風、土を操る能力を持つヴィランですが、ミステリオは彼らについて誰よりも詳しいのだとか。 ストーリーがどのように展開されるのかわかりませんが、とりあえず今回のミステリオはヴィランではない、ということでしょう。

「ファー・フロム・ホーム」でミステリオを演じるのはジェイク・ギレンホール!

この投稿をInstagramで見る

I just realized I’m not playing Spider-Man.

Jake Gyllenhaalさん(@jakegyllenhaal)がシェアした投稿 -

今回『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でミステリオを演じるのは、実力派俳優として知られるジェイク・ギレンホールです。 2018年5月ごろからミステリオ役で出演交渉中と報じられていたギレンホールは、同年12月に上の動画を自身のInstagramに投稿。「スパイダーマン役じゃないって今気づいた」というキャプションとともに、ミステリオ登場回のコミックを読んで呆然とする姿が映し出されています。 当初はヴィランとしてのミステリオを演じると見られていましたが、同月8日にブラジルで開催された「Comic Con Experience」にトム・ホランド(スパイダーマン/ピーター・パーカー役)やジェイコブ・バタロン(ネッド役)とともに登場したギレンホールは、本作でのミステリオについて「スパイダーマンとタッグを組むことになる」と明かしました。また、それによってピーターは“親愛なる隣人・スパイダーマン”以上の存在にならなければいけなくなる、とも語りました。

原作コミックのミステリオに関するトリビア

ヴァルチャーとはチームメイト

前作『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィラン、ヴァルチャーとミステリオはコミックでは「シニスター・シックス」というヴィランチームのチームメイトです。 「シニスター・シックス」はサム・ライミ版『スパイダーマン2』でもおなじみのドクター・オクトパスが、打倒スパイダーマンのために結成したチーム。ヴァルチャーとミステリオはそのオリジナルメンバーでした。 今後MCUスパイダーマン作品で2人が共演することはあるのでしょうか?

ミステリオがウルヴァリンを引退に追い込んだ!?

ミステリオの本当の恐ろしさはその能力で人々に幻覚を見せ、思い込みを植え付けるところにあります。ウルヴァリンはこの攻撃を受け、ヒーローとして生きるのをやめてしまうまでに追い込まれました。 映画『LOGAN/ローガン』(2017)の原作コミック『オールドマン・ローガン』では、ある夜Xマンションにヴィランたちが襲撃したときの回想が描かれています。そのときウルヴァリンはミュータントの子供たちを守るため、次々に敵を殺害。しかしそれはミステリオに見せられた幻覚で、彼が殺したのはX-メンの仲間たちだったのです。 ショックを受けた彼は”ウルヴァリン”として生きるのをやめ、”ローガン”を名乗るように。ミステリオはウルヴァリンを引退に追い込んだ張本人なのです。

「ファー・フロム・ホーム」ではジェイク・ギレンホールが演じるミステリオに注目!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム,ミステリオ、
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

多くの魅力的なヴィランが登場する「スパイダーマン」シリーズのなかでも、高い人気を誇るミステリオ。コミックで描かれる彼は、意外なほどの強敵です。 しかし「ファー・フロム・ホーム」では、ジェイク・ギレンホールがこのミステリオ/クエンティン・ベックを演じ、若きヒーロー・スパイダーマンを”親愛なる隣人”以上の存在に引き上げることになるとか。彼は本当に味方なのでしょうか、それとも……? ミステリオが登場する映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日、世界最速公開です!