2018年10月8日更新

懐かしのアメリカホームドラマ『アルフ』にリメイクの噂?旧作をおさらい!

©NBC WRITER_EDITOR: DD

1989年から放送されたアメリカのホームドラマ『アルフ』。ユーモラスたっぷりなコメディタッチのドラマで、所ジョージの声も相まって日本で大人気となりました。復刻版の噂と共にアルフの魅力を振り返ってみました。

笑いあり、涙ありのアメリカホームコメディ、アルフとは

『アルフ』とはマーベルコミックの『ALF』を原作に1986年から1990年までアメリカで放送されたホームドラマで、日本では1989年から2010年まで放送されました。 ロサンゼルスで平和に暮らしていたタナー家にある日突然宇宙船が墜落!宇宙船に乗っていたのは全身茶色の毛むくじゃらの宇宙人、アルフでした。彼はその日からタナー家の一員として彼らと共に暮らすことに。 突然やってきた愉快な宇宙人アルフと、彼に引っ掻き回されながら面白可笑しく暮らす一家を描いた、アットホームなコメディホームドラマ。笑いあり、時には涙ありの本ドラマについて、復刻の情報も交えながらご紹介していきます。

ハチャメチャなアルフとの生活

アルフはメルマック星とう星で宇宙飛行士として暮らしていたのですが、ある日メルマック星が核戦争による爆発で滅亡してしまいます。 1人宇宙船で脱出したアルフは宇宙を彷徨い、地球へと墜落。墜落した先はアメリカのタナー家にあるガレージでした。彼はその日から、タナー家の居候としてお世話になることに。 宇宙人アルフとの生活はいつもハチャメチャ。1人で留守番を任せてみれば、大食漢のアルフが冷蔵庫の食べ物を空っぽにしてしまうし、買い物となれば家族のクレジットカードを使って高価な品物をじゃんじゃん購入してしまう始末。 しかし、優れた能力の持ち主で頭の良いアルフ。英語だけではなくスペイン語を披露してみたり、ドラマの脚本を書いたり、センスのあるジョークでパーティの人気者になったり。時にはペットの死を悲しむという一面も。 アルフと暮らす日々はいつも刺激でいっぱいです。

面白おかしくて癖になる!アルフってどんな奴?

メルマック星では宇宙飛行士だったアルフ。胃が8つもある食いしん坊で体温は68度もあるなど、宇宙人らしい設定があります。因みに年齢は228歳ですが、メルマック星人の平均寿命は650歳なのでアルフはまだまだ若者のようです。 そんなアルフの魅力はユーモラスたっぷりな性格。宇宙人なのに見事に地球の言葉を使いこなし、おとぼけではちゃめちゃな喋りや行動で周りを巻き込んでは楽しませてくれます。タナー家の人々は迷惑もたくさんかけられていますが、彼ら一家にとってアルフはなくてはならない存在。 めちゃくちゃで周囲を困らせてばかりなのに、愛嬌たっぷりでどこか憎めない。アルフはそんな愛らし奴です。

所ジョージと小松政夫のやりとりが秀逸!

アルフの魅力を語る上で欠かせないのが、日本版で吹き替えをした所ジョージの存在です。アルフのゆるっとした喋り方、おとぼけな台詞はなんとも魅力的で、ドラマ『アルフ』が日本で大ヒットしたのは所ジョージの存在が大きかったと言っても過言ではありません。 ウィリーの声を担当した小松政夫とのコンビネーションも抜群で、凸凹コンビの2人のやりとりはドラマで欠かせないものとなりました。2009年のドラマ放送の際には、今までバラバラに収録していた2人が初めて一緒にアフレコをするというエピソードも。 その際に小松は「所ジョージのためのアルフ。おかしくて何度も吹いたこともある」とコメント。それに対して所は「これはトボケたことしか言えないですもん」と言い返しました。2人あってのアルフという感じですね。

アットホームなタナー家

タナー家には妻と3人の子供がいます。妻のケートはウィリーと対称的に気の強い女性で、いつもは人をからかってばかりのアルフも彼女には頭が上がりません。ケートはアルフに対して威圧的な態度で彼を諫めますが、なんだかんだとアルフのことは可愛い奴、と思っているようです。 長男のブライアンはアルフの一番の親友。兄弟のように仲が良く、イタズラを一緒に楽しむ悪友でもあります。時には2人の友情にほっこりさせられることも。長女のリンは母と対照的に穏やかでアルフに対しても優しい少女。ボーイフレンドが多く、実はアルフも彼女に告白したことがあるのです。 次男のエリックは第76話でタナー家の新しい家族として誕生。アルフは「赤ん坊が生まれる時に役に立ってみせる」と張り切りましたが、出産の瞬間に居眠りしてしまう、というエピソードがあります。 因みに、幾度もアルフに食べられそうになっていた飼い猫のラッキーですが、アルフに食べられることなく、無事に天寿を全うできたようです。

『アルフ』復刻の噂が!?声優はやっぱりあの人にやって欲しい

幾度か放送した『アルフ』ですが、2010年の11月までに全てのエピソードが放送されたため、2018年現在はその放送が終了しています。しかし、実は2018年8月、なんと『アルフ』リブート版の制作が進められていることがアメリカのメディアによって発表されました。 現在のところ「アルフがずっと生活をしていたエリア51から出てくるところからスタートする」という話が持ち上がっていますが、まだまだ企画は初期の段階で、登場人物や設定については不明とのこと。こうなると、日本での放送にも俄然期待が高まります。 情報を聞きつけた日本のファンからは早くも「アルフの声は是非所ジョージに!」という声が。是非、所ジョージ吹き替えで日本で放送してほしいですね。