2019年4月11日更新

『偽装不倫』はニュータイプの不倫ドラマ? 杏が偽りの既婚者に扮する!

東村アキコの新作マンガ『偽装不倫』が、杏主演でドラマ化されます!本作はいったいどんなドラマになるのでしょうか。気になる最新情報をお伝えします。

東村アキコ原作のドラマ『偽装不倫』に注目!

人気漫画家東村アキコの新作『偽装不倫』がドラマ化されることが決定しました!今回のテーマは「不倫」。といっても、タイトルが示すとおり本作はただの不倫ドラマではないんです。 これまでの不倫ものとはひと味もふた味も違う『偽装不倫』とは、いったいどんなドラマなのでしょうか。 そのあらすじや概要、キャスト、原作者のコメントなどを紹介します。

新タイプの不倫ドラマが誕生?『偽装不倫』のあらすじ

『偽装不倫』のあらすじ

32歳、独身、彼氏なしの“おひとりさま女子”、鐘子(しょうこ)。一人旅に出かけた彼女は、その飛行機の中で年下イケメン男性と知り合います。思いがけず旅先で一緒に食事することになった2人。しかし、鐘子は彼にひとつの嘘をついてしまいました。 それは、彼女が既婚者だということ。 それを聞いた男が言ったのは、なんと「この旅行の間だけでいいから僕と不倫しましょう」!

これまでの不倫ドラマとの違いとは?

普通の不倫ドラマとは大きく違うこの展開。“不倫”をしている2人は、実はどちらも独身という謎の状況のなかで葛藤する主人公の姿を描きます。 これまで大成功した多くの不倫ドラマ、例えば映画版まで制作された「昼顔」や90年代に大ヒットした『金曜日の妻たちへ』などは、ドロドロした人間関係がメインとなっていました。また、「結婚相手に不倫がバレるかも……」というハラハラドキドキ要素を含んでいたのも特徴です。 それに対して本作では「不倫相手に結婚してないことがバレるかも……」という全く違った緊張感が。さらに舞台が旅先ということで、日常の人間関係もあまり意識されないでしょう。 傷つきたくなくてついてしまった嘘から始まった恋、このしあわせは本物なのか?そもそも本物のしあわせとはなんなのか?揺れる女心を抱えて懸命に生きる現代女性に贈る一風変わったラブストーリーです。

杏が偽りの既婚者を演じる

今回、既婚者と偽り年下イケメンと不倫することになる主人公・鐘子を演じるのは、本作が約4年ぶりのドラマ出演となる杏です。 杏はもともと原作者・東村アキコのファンであり、その作品がドラマ化されるたびに「私も出たかった」と思っていたとか。公式サイトには本作への意気込みを語ったコメントが掲載されています。 「連続ドラマ出演は4年ぶりということで、色々と迷う部分もありましたが、その中で大好きな東村アキコ先生原作の『偽装不倫』を出してもらい、これを全力でやってみたいという思いがふつふつと湧いてきました」と語る杏。また、不倫モノには個人的に共感できないとしながら本作は不倫ではなく、主人公を応援したくなる、もどかしいラブストーリーだとコメントしています。

東村アキコの人気新作マンガが原作

同じく原作を努めたドラマ『東京タラレバ娘』がヒットしたことでも知られる東村アキコ。現代社会を懸命に生きる女性の恋愛模様、悲喜こもごもを描くのを得意とし特にアラサーの女性読者から熱い支持を受けています。 原作の『偽装不倫』は、Webマンガサービス「XJOY(ジョイ)」で連載がスタートし、現在は統合先の「LINEマンガ」で大人気連載中。 原作者である東村アキコ自身は、新作がこれほど早くドラマ化されることはうれしい、と語っています。また、「主人公の鐘子役を大好きな杏ちゃんがやってくれると聞いてびっくりしました。鐘子のイメージにぴったりです!」と公式サイトでそのよろこびを語っています。

『偽装不倫』は2019年7月日テレ系列で放送スタート!

人気漫画家・東村アキコ原作、杏が『花咲舞が黙ってない』以来4年ぶりのドラマ出演とあって、注目が集まっている『偽装不倫』。少々変わった設定の“不倫ドラマ”は、いったいどのような展開を見せるのでしょうか。 実際には不倫ではない不倫……。傷つきたくないとついてしまった嘘から始まる期間限定の恋は、本物のしあわせへと鐘子を導いてくれるのでしょうか。 『偽造不倫』は2019年7月、水曜ドラマとして日テレ系列で放送開始です!