2019年11月26日更新

実写映画『氷菓』のフル動画を無料視聴する方法 pandora、デイリーモーションより確実に

映画『氷菓』

ミステリー作家・米澤穂信(よねざわほのぶ)の“古典部シリーズ”の1作目を、山崎賢人主演で実写映画化した『氷菓』。この記事では本作の見どころについて解説するとともに、無料でフル視聴できる動画配信サービスを紹介します。

目次

映画『氷菓』のフル動画を無料視聴する方法

2017年に公開された映画『氷菓』は、小説「王とサーカス」や「満願」などを手掛ける人気ミステリー作家・米澤穂信(よねざわほのぶ)の推理小説「古典部」シリーズの1作目「氷菓」を実写映画化した作品です。 本作は省エネ男子・折木奉太郎(おれき ほうたろう)と好奇心旺盛なお嬢様・千反田える(ちたんだ える)を中心に、“氷菓”と題された文集と古典部に隠された謎に迫る青春学園ミステリー! 本記事では実写映画『氷菓』のフル動画を観ることができるサービスを紹介するとともに、見どころなどもお届けします。

実写映画『氷菓』のフル動画を配信中のサービス一覧

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム
TSUTAYA TV/DISCAS
ビデオパス
hulu - -

実写映画『氷菓』は、huluを除く7つの動画配信サービスで視聴できます。そしてその中から、ビデオパスを除く6つのサービスでは無料で本作の視聴が可能! 次項からU-NEXTとビデオマーケット、amazonプライムビデオについで紹介します。

映画のフル動画を今すぐ無料で観たいならU-NEXTがおすすめ!

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

2017年に公開された映画『氷菓』はU-NEXTで見放題配信中。 初回体験に登録することで31日間無料でU-NEXTを利用できます。この期間内であれば、本作を無料で視聴できますよ。

ビデオマーケットもポイント使用で無料視聴が可能に

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでは、実写映画『氷菓』が440ポイント消費で視聴できるレンタル作品として配信されています。 本サービスでは、初回登録時に540ポイントの付与あり!このポイントから本作の視聴に必要な440ポイントを使用することで、手出しなしで映画を観られますよ。キャンペーンの期間は初月ですので、月が替わる前に忘れずに視聴しましょう!

amazonプライムビデオでは映画『氷菓』のフル動画が見放題配信中

サービス名 amazon プライムビデオ
無料期間 30日間
種類 年会費
料金(税込) 月500円
年4,900円
年2,450円(学生のみ)
メリット ・他サービスに比べてコスパが良い
・オリジナル作品が面白い
・amazon music等、その他特典が良い
デメリット ・アプリからビデオレンタルができない
・機能が一部あまり良くない
・クレジットカードが必須

映画『氷菓』はamazonプライムビデオでも無料で視聴できます。 その方法は30日間の初回無料体験に申し込むことです。そうすることで本作をタダで鑑賞できます。ポイントの利用はないので、登録するだけで簡単です。

pandoraやデイリーモーションでの動画視聴をおすすめしない理由

コンピュータ PC フリー画像

pandoraやデイリーモーションなどの動画共有サイトで閲覧できる映画やドラマ、実はそれらは違法にアップロードされた動画であることを知っていますか? これらの違法動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染や不正アクセス、悪質なネット詐欺など様々な危険が伴う可能性が非常に高いです。その上、閲覧できる動画は画質や音質が悪く、観ている最中に映像が止まってしまうこともあり、視聴環境が良いとは言えません。 せっかく話題の映画を楽しむなら、安心安全の環境でフル動画を無料視聴できる動画配信サービスの活用をおすすめします!

実写映画『氷菓』のあらすじ【ネタバレなし】

「やらなくてもいいことはやらない」そんな省エネ主義を信条とする折木奉太郎(おれきほうたろう)は、神山高校入学と同時に、姉の命令で部員ゼロで廃部寸前の古典部に入部することに。部室を訪れた奉太郎は同じく入部してきた千反田(ちたんだ)えると出会い、日常に隠れた小さな謎を解き明かしていきます。 奉太郎の推理力を見込んだえるは、彼に「叔父が私に伝えた言葉を思い出させてほしい」という不可思議な依頼をします。自称・データベースの里志(さとし)と毒舌な摩耶花(まやか)も入部。古典部の面々は33年の時を経て埋没していた、古典部と学園の謎に触れることに……。

主な登場人物&実写キャスト

折木奉太郎(おりきほうたろう)/山崎賢人

神山高校1年B組の古典部員・折木奉太郎はバラ色の高校生活には興味がなく、「やらなくてもいいことなら、やらない」がモットーの省エネ男子。一見、役に立たないようなところで推理力を発揮します。 演じたのは俳優の山崎賢人。中学3年生の時に原宿でスカウトされモデルデビューした後、2010年にドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビュー。映画『ヒロイン失格』や『orange』に出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。漫画原作の実写化作品に数多く出演しています。

千反田(ちたんだ)える/広瀬アリス

神山高校1年A組の古典部部長・千反田えるは、地元では有名な豪農・千反田家の令嬢。成績優秀で容姿端麗であり、「私、気になります」と言って奉太郎に謎の解明を要求する好奇心旺盛な性格。叔父も古典部出身です。 演じたのは女優の広瀬アリス。元バスケ部という活発な印象が強い彼女ですが、筋金入りの漫画&アニメ好き。自身が選ぶ「彼氏にしたい王子様キャラ」の第1位は東京喰種の主人公・金木研で、声優を務める花江夏樹の大ファンだそうです。

福部里志(ふくべさとし)/岡山天音(あまね)

奉太朗の旧友で、やたら情報通な自称“データベース”の福部里志。明るくてコミュニケーション能力に長けた人物で、奉太郎がひらめいた瞬間を見逃しません。 演じたのは俳優の岡山天音。2009年放送のNHKドラマ『中学生日記』で岡山天音役でデビュー。2019年にはドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』に本田翼とW主演し、2019年10月期ドラマ『同期のサクラ』に土井蓮太郎役でレギュラー出演しています。まさに、次世代のバイプレイヤーとして活躍中です。

原作は人気推理小説!実写映画『氷菓』の見どころ

原作は漫画&アニメにもなった人気推理小説!

映画『氷菓』は古典部シリーズと呼ばれる米澤穂信(よねざわほのぶ)の人気推理小説の第1弾「氷菓」を原作にした学園ミステリー作品。実写映画化の前に、月間少年エースにて2012年1月から漫画化され、同年に京都アニメーションにてテレビアニメ化もされ話題になりました。 古典部員の性格を設定する上で参考にしたのは、推理小説の名作「シャーロック・ホームズ」の登場人物。奉太郎は名探偵・ホームズ、里志は敏腕助手のワトソン、摩耶花はレストレード警部、そしてえるは事件の依頼人となっています。

日常の謎を解く、青春学園ミステリー

本作はミステリー小説が原作の、古典部を舞台にした青春映画です。派手な事件は起こりませんが、その代わり日常の見落としがちな小さな謎を解明する古典部の活躍が、不思議な親近感とノスタルジーを感じさせます。 脚本・監督を担当したのは映画『アンダー・ユア・ベッド』を手掛けた“女タランティーノ”とも言われる安里麻里。たたき上げの女流監督が描く、優しくも胸をチクリと刺すような繊細な作品です。

この作品も無料で観られる!おすすめの類似作品

調律したピアノの魅力的な音色に魅せられて……。映画『羊と鋼の森』

寡黙な青年を演じた山崎賢人の出演作が気になった人は、映画『羊と鋼の森』がおすすめです。 2016年の本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名ベストセラー小説を映画化した本作。将来の夢を持たない主人公・外村が、ある日ピアノ調律師の板鳥と出会います。板鳥の調律した音に惹き込まれるように、自身も調律の世界に足を踏み入れることに。ピアノの調律を通して、成長していく外村の姿が描かれています。

犯罪は起こる前に防ぐ!ドラマ『探偵が早すぎる』

探偵が早すぎる
探偵が早すぎる

ヒロインを演じた広瀬アリスの出演作が気になった人には、ドラマ『探偵が早すぎる』がおすすめです。 女子大生の一華は顔も知らなかった父親が死亡したことで、突如として5兆円の遺産を相続することになります。その遺産を狙う父の兄弟姉妹から命を狙われる身となってしまい……。 本作はそんな一華を彼らの魔の手から“未然に”救うべく、何事も早すぎる探偵・千曲川光(ちくまがわひかる)が、罪を暴いてやり返す痛快推理ドラマです。原作は井上真偽(まぎ)による同名推理小説で、2019年冬にスペシャルドラマも放送されます。

映画が気に入った人はこっちも必見!アニメ『氷菓』

実写映画版『氷菓』を観た人には、2012年にテレビ放送されたアニメ版『氷菓』もおすすめです。 アニメ版は古典部シリーズの「氷菓」、「愚者のエンドロール」、「クドリャフカの順番」、「遠まわりする雛」、「いまさら翼といわれても」の内容が扱われている為、より古典部の日常に触れることができます。 本作では奉太郎の声を中村悠一、えるの声を佐藤聡美が務めています。

実写映画『氷菓』のフル動画は配信サービスを活用して視聴しよう

以上、実写映画『氷菓』の見どころや無料で本作の視聴ができる動画配信サービスについて紹介しました。 古典部が解き明かす学園の謎と隠されたドラマを、ぜひ安心の動画配信サービスでお楽しみください!