2019年11月13日更新

「ダンまち」ベル・クラネルの成長速度が異常すぎる!憧れのアイズを超えるのも時間の問題?

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

「ダンまち」こと『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の主人公ベル・クラネル。神からも人からも好意を向けられている彼の魅力は、その驚異的な成長スピードです。彼の強さを紐解きながら、アイズやヘスティアとの関係を考察します。

目次

「ダンまち」主人公ベル・クラネルの成長ぶりを徹底解説!原作では何レベル?

大森藤ノによるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、「ダンまち」の略称で親しまれている人気作品です。本作の魅力のひとつが、主人公ベル・クラネルのチート級の急成長とそれに伴う活躍といえます。 ベル・クラネルは子供の頃から祖父に聞かされていた英雄譚に憧れて、ダンジョンのある迷宮都市オラリオにやってくる青年です。 彼の臆病でお人好しな性格と華奢な見た目が災いし、はじめはどのファミリアにも入団することができませんでした。そんな折、彼は神ヘスティアと出会い、彼女のファミリアの最初にして唯一の団員に。以降、ヘスティア・ファミリアのベルとして、果敢にダンジョンに挑んでいくのでした。 ここでは、ベルの強さを解説するとともに、これまでの活躍エピソードを紹介します。前代未聞のスピードで強くなっていく彼の秘密と魅力に迫ります。

ベルの使用武器やスキルを一挙紹介!強さの秘密は

愛用のヘスティア・ナイフと牛若丸をつかい、二刀流で戦う

ベルは主に2本のナイフを武器としています。そのうちの1つが、「ヘスティア・ナイフ」です。神匠と呼ばれるほどの鍛冶の腕を持つ女神ヘファイストスに、ヘスティアが土下座で頼み込み、返済に数百年かかるレベルの借金をこしらえてまで作ってもらったもの。これはベルのステータスに反応して強さを増すナイフで、まさに彼のためだけの特注品です。 アニメ版では双剣として構えることの多いもう1本のナイフが「牛若丸」。彼の前に試練として現れたミノタウロスの角から作られたもので、後にファミリアの一員となる鍛冶師のヴェルフが仕上げました。 そして、彼の戦力を大きく支えているのが魔法「ファイアボルト」です。ベルに執心している女神フレイヤの企みによって獲得するに至った魔法。スキル「英雄願望(アルゴノゥト)」との組み合わせによって必殺技として大きな威力を発揮します。

スキル

ベルの強さの特筆すべき点は、驚異的な成長スピードです。それを可能にしているのが、スキル「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」。このスキルは、ベルを絶体絶命のピンチから救ってくれた女冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに一目惚れしたことで発現しました。 「想えば想うほど力が伸びる」というレアなスキルです。しかし、ベルを慕うヘスティアにはこのスキルは面白いものではなく、さらに他の神々にもスキルの存在を知られたくないという理由から、彼はこのスキルのことを知らされていません。 また、レベル2に上がるきっかけとなったミノタウロスとの戦いの最中で「英雄願望(アルゴノゥト)」というスキルも発現。体力と精神力を使って力のチャージしており、“ここぞ”というときに強大な威力の一撃を繰り出すことができます。彼の持つ英雄になりたいという強い思いがこのスキルには深く関わっており、スキルを存分に活かすためには戦況に応じた英雄像を思い描くことが必要です。

ベルのこれまでの活躍を解説!

アイズと出会い、強くなることを決意

ヘスティア・ファミリア唯一の団員として、ベルは当初単独でダンジョンに挑んでいました。まだ上層の弱いモンスターを相手にしていた頃、なにかの手違いで中層のモンスターミノタウロスに襲われます。絶体絶命かと思ったときに、颯爽と現れミノタウロスを倒したのがアイズでした。 アイズは金髪に金眼の美女で、さらにロキ・ファミリアの中心メンバーとして、オラリオでも有名な冒険者のひとりです。彼女のおとぎ話から出てきたような美しい姿と、圧倒的な強さ。それを目の当たりにしたベルは、彼女に強く憧れるようになります。 いつか彼女のように強い冒険者になりたい。その気持ちからスキルが発現したことを考えると、思いの強さがうかがえます。後に、彼女とは師弟のような関係になり、ナイフの扱い方や戦いにおける駆け引きなどをベルは身につけました。

トラウマを克服しレベル2に

ミノタウロスに襲われて以降、それがベルのトラウマになっていました。それを見抜いた神フレイヤは、ベルをさらなるステージに押し進めるべく、ミノタウロスとの戦闘を仕掛けたのです。 最初に襲われたときより、経験も積み、ヘスティア・ナイフも持っていたベル。それでも恐怖に支配されてしまいました。再びアイズが彼を助けようとしますが、ベルはいつまでも助けてもらっていてはいけないと自分を奮い立たせます。 最後は気を失いながらも激闘を制し、格上のミノタウロスを倒したのです。これによりベルはレベル2に。その驚異的なレベルアップスピードは「世界最速兎(レコードホルダー)」としてオラリオで一躍話題となりました。

アポロンとの戦争遊戯(ウォーゲーム)では格上冒険者を倒す!

気に入ったものは強引に手に入れようとする男神アポロンに目をつけられてしまったベル。そして、彼を賭けたファミリア同士の抗争・戦争遊戯(ウォーゲーム)への参加を余儀なくされました。 圧倒的な数の不利を作戦でひっくり返し、最後はアポロン・ファミリア団長のヒュアキントス・クリオとベルとの一騎打ちに。レベル2だったベルにとって、相手はレベル3の格上。しかも1週間前に喧嘩をした際には、圧倒的な力の差がありました。 しかし、1週間アイズとおこなった特訓と、成長を加速させるスキルのおかげでベルは見違えるほど強くなっていたのです。敵の隙をついて思いっきりパンチを入れ、勝利とファミリアの安泰を勝ち取りました。

原作ではどこまで強くなっている?アイズを超える日は……

2019年現在、原作小説は15巻まで出ています。この時点で、ベルのレベルは4。冒険者になっておよそ半年でレベル4に到達していることを考えると、やはり驚異的な成長スピードです。 しかも、本来はレベル5になれるだけのステータスが揃っているものの、ヘスティアの考えによって保留となっています。実際はほぼレベル5といえるでしょう。 「ダンまち」ではレベルアップ時に前のレベルで貯めた基本アビリティがいったん0になります。ですが、獲得していた数値の分だけ、次のレベルで裏ステータスのような形で力が付与される仕組みです。ベルの場合、レベルアップ前に各アビリティがSを突破し、さらに上限を超えて貯めることができてしまいます。 その結果、1つ上のレベルくらいの相手であれば倒せる力を蓄えているといえるのです。保留中のレベルが5に上がった場合、レベル4の間に貯めたアビリティも加わりレベル6相当の能力を発揮する可能性も。そうなると、レベル6のアイズともほぼ互角、さらにレアスキル「幸運」などの影響によって彼女を超えることもありえるのです。

ベルのハーレム状態が羨ましすぎる……。

真っ白な髪に真っ赤な瞳、そして冒険者らしからぬ柔らかな物腰と優しい性格のベル。そんなベルは、出会いを求めてやってきたオラリオで、想像以上のハーレム状態に陥ります。 彼の真っ直ぐで困った人を放っておけない性格と、見た目に反し心の強さを兼ね備えている部分が多くの異性の関心を引くようです。彼自身は恋愛ごとには鈍感で奥手なのですが、周りが彼を放っておきません。

ヘスティア

ヘスティアは竈(かまど)の神で、ベルの入団するヘスティア・ファミリアの主神。神様らしく、人はみな自分の子供として愛していますが、ベルにはそれとは別の恋愛感情を抱いています。神と人という立場を超えて彼と結ばれたいと日々奔走中。 彼女は嫉妬深いところがありますが、ベルがトラブルに見舞われる度に誰かに好かれてしまう現状になかば呆れている節も。ベルのためにヘスティア・ナイフを用意しますが、その資金が足りず神様にも関わらずバイトをしています。 ベルは祖父を亡くした経験から家族を失うことを恐れています。そんな彼に対し、彼女はベルが生まれ変わったとしても見つけ出して会いに行くと伝えたのです。その言葉を聞いたベルは、自分も神様と一緒にいたいと答えており、彼女がとても大切な存在であることがわかります。

アイズ・ヴァレンシュタイン

ベルの憧れの人、アイズは恋愛とはまた違った感情で彼に興味をひかれているようです。当初は彼に対して「兎」という印象が強かったようですが、彼の成長スピードを目の当たりにして彼のことが次第に気になるように。 剣姫と呼ばれながらも、自分の成長に壁を感じていたアイズは、自身の限界を打ち破って成長していく彼にヒントを見出そうとします。それと同時に、ベルの持つ真っ白な純粋な思いに憧れのような感情を抱いていくようになりました。 アポロン主催のパーティーでは、ベルからのダンスも申し入れを受けて一緒にダンスを踊るワンシーンも。その表情を見る限り、彼女もなにかしら特別な感情を抱いているのではないかと推測できます。

フレイヤ

オラリオNO.1の呼び声も高い実力派フレイヤ・ファミリアの主神がフレイヤです。彼女の美貌は人間だけでなくモンスターですら魅了してしまうほど。 彼女とベルの接点はあまりありませんが、偶然彼を見かけたことがきっかけでベルに執心するように。彼が自分好みの英雄へと成長していく過程を楽しんでいます。ファイアボルトを習得するきっかけになった魔導書や、トラウマを克服するためのケンタウロスとの戦いは、どちらも彼女が裏で糸を引いておこなったものでした。 女神イシュタルがベルに手を出そうとした際には、ファミリア総出でイシュタル・ファミリア壊滅に追いやりました。圧倒的な力をもって、いずれベルを手中に収めようとしています。

アニメ「ダンまち」でベルを演じた声優は松岡禎丞

ベル・クラネル役を演じているのは松岡禎丞(よしつぐ)です。柔らかくも芯があり、ときに神様に振り回されているベルを好演。 松岡は『東のエデン』(2009年)で声優デビュー、『ソードアート・オンライン』(2012年)の主人公キリト役で一躍有名になりました。ベルやキリト、『食戟のソーマ』の幸平創真役など、主人公役を多く演じています。 また本人は女性が苦手であることを公言していますが、ハーレム作品の主人公を務めることが多い声優です。

急成長の末、ベルは果たして英雄になれるのか?アイズとの関係は?

チート級のレアスキルを保有し、どんどん実力をつけているベル・クラネルについて紹介しました。彼が冒険者を目指した根本には、幼い頃聞いたという英雄譚があります。果たして今後、ベルは思い描くような英雄になれるのか。また、タイトルにもあるようにアイズとの“運命の出会い”がどうなっていくのか。彼の活躍とともに、原作・アニメの結末が楽しみですね。