2020年3月13日更新

思わず体が動いちゃう!ダンスが魅力的なアニメOP・ED作品5選【一緒に踊りたくなる】

ダンス アニメ サムネイル

アニメならではの醍醐味「OP・ED映像」。テーマ曲と共に流れるという特徴を活かし、時にはダンス映像となることも!今回は、OP・EDのダンスが魅力的なアニメ作品とそのテーマ曲を5つに厳選して紹介します。

目次

ダンス映像が印象的なアニメ作品5選!OP・EDは本編を存分に引き立てる!

キャラクター達に声が吹き込まれ、動きのある映像として物語を楽しむことができるアニメーション。テーマ曲に映像を合わせたオープニング(OP)・エンディング(ED)はアニメならではのお楽しみ!作品ごとの雰囲気に合ったもの、時には一風変わったものなどまさに千差万別。魅力あるテーマ曲やOP・EDムービーが人気を博し、作品の注目度を上げることもあります。 今回は、OP・EDならではの「曲と映像が組み合わさる」という特徴を生かしたダンスが魅力的なアニメ作品を5つ厳選してご紹介します。皆さんが文化祭やイベントでダンスを見たことがある作品があるかもしれませんね。

あわせてこちらの記事もどうぞ

1.「ハレ晴レユカイ」/『涼宮ハルヒの憂鬱』

ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズ第1弾『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメ化作品で2006年に放送されました。「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところにきなさい。」高校入学でとんでもない自己紹介をした主人公・涼宮ハルヒと、彼女が作った「SOS団」の団員達が非日常的な騒動に出くわす学園ライフを描いています。 軽快なEDテーマ『ハレ晴レユカイ』に合わせ、クレジットの合間でSOS団員たちが踊るダンスの魅力は軽やかさでしょう。2007年1月に発売されたDVD7巻には特典としてダンスの完全版が収録され、振付をマスターできるように。以降は多くの「踊ってみた」動画が作られたほか、ライブや歌番組でも披露されました。

2.「もってけセーラーふく」/『らき☆すた』

美水かがみによる同名漫画が原作の作品で、2007年に放送されました。小柄でオタクな主人公・泉こなた、天然な眼鏡っ子・高良みゆき、おっとり&しっかり者の双子・柊つかさ&かがみの4人を中心としたほのぼの日常アニメ。こなたらが通う学校などは埼玉県の各地がモデルにされており、特に鷲宮神社は「聖地」として一大名所になりました。 「ありがちでない曲」というオーダーのもと作られたキャッチーなOP『もってけ!セーラー服』に合わせ、4人と友人たちのチアダンスが楽しめます。ハイクオリティな作画で有名な京都アニメーションが制作しており、細かい動きまでとても滑らか!OPでは断片的だったダンスは、最終話の文化祭で彼女らの出し物としてフルで披露されています。

3.「motto☆派手にね!」/『かんなぎ』

武梨えりによる同名漫画が原作で、2008年に放送されました。霊感が強い美術部員の御厨仁(みくりやじん)は、地区展に出す作品として倒されたご神木から像を作ります。像を庭に置いていたところ……産土神(うぶすながみ)を自称する少女・ナギが現れます!ご神木が無くなった影響で出る災厄のもと「ケガレ」を祓う日々、他の神霊との関わり、ナギの謎など様々な要素が入り混じる作品です。 本作のOPは産土神を自称し、気位の高いナギがテーマ曲『motto☆派手にね!』を華やかなステージで披露するというもの。アイドルに扮したナギが番組撮影やレッスンの場面を交えつつ、可愛らしいダンスを披露します。映像美で評判のA-1 Picturesが制作しており、ナギはもちろんステージ演出にも魅かれること間違いなし!

4.「アフロ軍曹」/『ケロロ軍曹』

吉崎観音による同名漫画が原作で、2004~2011年の長きにわたり放送された人気ギャグアニメです。ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球(ペコポン)を侵略するため、5人組の小隊が降り立ちます。しかし小隊のメンバーは散り散りになり、隊長・ケロロ軍曹は日向夏美・日向冬樹に見つかって捕まります。他のメンバーも地球人のもとで暮らすことになり、地球侵略をこっそり企てることに。 地球人・宇宙人ともに個性豊かなキャラクター揃いのドタバタコメディは世代を問わず楽しめるでしょう。そんな彼らは。アニメ1stシーズン(2014年4~7月および10~12月)のEDでは、アフロ☆マン作曲の『アフロ軍曹』に合わせてノリノリで踊ります!タイトルの通りのアフロ頭とエルヴィス・プレスリー風の服で着飾った軍曹たちのファンキーなEDです。

5.「BABY SWEET BERRY LOVE」/『変態王子と笑わない猫。』

さがら総による同名ライトノベルのアニメ化作品で、2013年に放送されました。下心があるのに真面目だと誤解され、本性を建前で隠し続ける煩悩まみれの主人公・横寺陽人。彼はお供え物とともに不要な物を引き取ってくれるという「猫像」に建前を渡すことにします。像のある場所へ向かうと「本音」を渡しに来た少女・筒隠月子と出会い、2人の願いはめでたく成就。 ……のはずが月子からは表情が消え、陽人の本音はダダ漏れになるという困った事態に。そんな2人が渡した物を取り戻すべく奔走する物語です。小倉唯が歌うEDテーマ『Baby Sweet Berry Love』に合わせ、お菓子だらけのメルヘンな世界で無表情&表情豊かな2人の月子が登場して踊ります。萌えキャラが好きな方には特におすすめです。

ダンスといってもそのアニメのジャンルや世界観で印象は様々!作品ごとの違いを楽しもう

今回はダンスが魅力的なOP・EDを楽しめるアニメ作品を5つ厳選して紹介しました。アニメ作品ごと、さらにはシーズンごとに作られるため、今回紹介したもの以外にも膨大な数の印象的なダンスを披露するOP・EDがあります。 ダンスだけでも数多くのジャンルが存在する中で、さらに作品ごとの世界観やキャラクターがそれを個性豊かに演出します。お気に入りを探しつつ、色々なアニメに触れてみましょう!

一緒に読みたいおすすめ記事