2020年3月18日更新

警察が主役のおすすめアニメ5選!世界観やアクションシーンが見所

警察 アニメ サムネイル

絶対に見てほしい警察アニメを5つ厳選しました!警察官が主人公のアニメは、意外とたくさん……。「警察ものが見たいけど、何を見たらいいのかわからない!」という方に、まず見てほしいアニメの概要と見どころを紹介します。

目次

警察が主役のおすすめアニメを5作品に厳選!スリル満載のアクションシーンが醍醐味

警察アニメと一口に言っても、その世界観はさまざま。捜査して犯人を探し逮捕するというのが、現実世界での警察ですが、アニメではそれだけとは限りません。 時には銃を持って激しいアクション!命の危険と隣あわせのスリルあるストーリーも多いですね。近未来を描いたアニメは、設定自体が面白く見ごたえがあります。 それではさっそく絶対に見るべき警察アニメを5つ厳選しましたので、概要や見どころをご紹介していきます。

あわせてこちらの記事もどうぞ

1.『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

ほのぼの系警察アニメとして、大人気の『こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、「こち亀」の愛称でも親しまれている作品です。「こち亀」は最も発行巻数が多い漫画シリーズとしてギネス記録も取得しています。 亀有公園前派出所に勤務する主人公の両津勘吉は、いつもサンダル履きでつながった眉毛が特徴の不真面目な警官。お金に傲慢で、勤務中にパチンコをするなど警官らしからぬ行動ばかりして、部長の大原大次郎に怒られてばかりです。 そんな警官らしからぬ彼ですが、下町育ちで顔が広く、情にも厚いので「両さん」の愛称で街の人々からも人気。超人的な身体能力とタフさを持ち合わせているので、いざというときにはたくましい姿を見せ、後輩の中川圭一や秋本カトリーヌ麗子からの慕われています。 「こち亀」は1話完結のコメディが大半で、最後には両津が笑える程度のヒドイ目に遭うというオチが見どころ。下町の物語なので、親しみやすいところも魅力です。

2.『PSYCHO-PASS サイコパス』

『PSYCHO-PASS サイコパス』は原作のないオリジナル作品としては、異例の3期まで放送されている大人気アニメです。 「シビュラシステム」によって人の精神を数値化し管理された近未来を描いており、犯罪を犯しそうな精神状態の人は数値が高いだけで処分対象になることもあるという世界観が特徴。 人の意志が介在しないシビュラによって、善悪を判断する世界で“その数値は本当に正しいのか”という点がテーマになっています。 主人公の常守朱は、公安局に新人監視官として配属されます。そこで出会ったのは、犯罪係数が高いものの犯罪を抑制するために働いている執行官と呼ばれる人々でした。執行官は、シビュラ上は連行する対象=つまり潜在犯ということになります。 常守は新人ならではの視点で、執行官たちを1人の人間として扱い、凶悪犯罪に共に立ち向かっていくのです。物語が進むにつれて、事件の真実が明らかになっていくのも本作の見どころ。

3.「攻殻機動隊」シリーズ

「攻殻機動隊」は、1989年から連載された士郎正宗の漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」が原作です。アニメや劇場版もありますが、自らの身体をサイボーグ化した草薙素子(くさなぎもとこ)少佐がすべて主人公となっています。 近未来を描いており、科学技術が急成長した日本が舞台です。ほとんどの人々が脳に直接インターネットも接続可能。普通の人間や電脳化した人間、サイボーグからアンドロイドまで多種多様な意志を持つ者が生活する社会になっています。 そんな世界だからこそテロや暗殺などの犯罪は増えており、それを最小限に防ぐのが内務省直属の公安警察組織「公安9課」=通称「攻殻機動隊」の活躍を中心としたストーリーです。 見どころは攻殻機動隊の近未来の技術を駆使して犯人を追いつめていくところや、サイボーグ化した彼女らが繰り広げるアクションシーン!科学が発展しすぎた世界で、機械化した人々が何を考えているのかも面白く描かれています。

4.『機動警察パトレイバー』

1989年にアニメ化された作品で、映画化やOVA化もされるほど人気のアニメです。汎用多足歩行型作業機械「レイバー」の技術が発展した近未来、これにより景気もよくなりましたが犯罪も増加傾向にありました。 そしてレイバーを使った犯罪に対応しきれなくなり、警視庁は「特科車両二課中隊」を設立したのです。パトロール用レイバー、通称「パトレイバー」を使い、警備体制の強化に努めました。 しかしどうなるかわからない特科車両二課中隊に配属されたのは、若者ばかり……。『機動警察パトレイバー』は、そんな若い警官たちの成長と葛藤が見どころとなっています。 また本作は、ロボットアニメとしても人気でコアなファンが多い作品です。

『コップクラフト』

『コップクラフト』は、賀東招二のライトノベルが原作のアニメです。15年前、突如出現した「超空間ゲート」のむこうに、妖精や宇宙人が暮らす異世界が存在していたという独特の世界観が魅力の作品。 さまざまな文化が発達している異世界に最も近いカリアエナ島では、凶悪な犯罪が増加していたのです。主人公のマトバケイは、その島のサンテレサ市の警察官です。 『コップクラフト』は、1話の冒頭、マトバが4年間一緒に仕事をしてきた相棒を殺されるという衝撃の幕開けをします。そしてマトバの新しい相棒となるのが、少女のような見た目をした異世界の貴族ティラナ・エクセディリカでした。 最初マトバはティラナを邪魔物扱いしますが、共に難事件と立ち向かう中、2人は徐々に信頼を深めていきます。 マトバとティラナの絆が深まっていくところや、2人がマトバの相棒を殺した真の黒幕に徐々に近づいていくのが本作の見どころです。

警察が登場するアニメはただの勧善懲悪に終わらない!善と悪の描かれ方にも注目

今回紹介したように、警察アニメはSFやファンタジーなどさまざまなジャンルと掛け合わされて、世界観が設定されている作品も多数あります。近未来が舞台のSF作品を見て「こんな未来もあるのかな」と、感じる方も少なくないのではないでしょうか? また「犯罪」や「善悪の判断」は、さまざまな警察関係者と犯罪者が登場する警察アニメだからでこそのテーマです。ぜひこの記事を参考に、あなた好みの警察アニメを見つけてみてください。

一緒に読みたいおすすめ記事はこちら!