2020年9月16日更新

【速報追記!2020年9月】iPadのおすすめモデルは?【無印・Pro・mini・Airを比較】お得な買い方も紹介

【速報追記!2020年9月16日】iPadのおすすめモデルは?【無印・Pro・mini・Airを比較】お得な買い方も紹介_サムネイル

iPadにはPro・mini・Airと種類も多く、「どのiPadがいいのか分からない……」と迷っている人も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、iPadの魅力やシリーズごとの比較など、全てわかりやすく解説します!iPadの購入を検討している人は要チェックです。

目次

iPad(アイパッド)シリーズの中でおすすめは?Apple製のiPad・Pro・mini・Airを徹底比較!

iPad、カフェ、フリー素材

iPadは「クリエイティブな仕事をしている人」や「ガジェットにこだわりがある人」など、様々な層から人気のあるApple(アップル)製タブレットです。

iPadシリーズには、iPad・Pro・mini・Airなど複数のモデルがあります。いざ「iPadを購入しよう!」と思い立っても、結局どれを選んだら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、記事の前半で「iPadの魅力」と「iPadのお得な購入方法」を解説していきます。また記事の後半では、2020年9月16日に発表のあった新発売のiPadも含め、iPadシリーズを徹底比較していきます。

iPadの購入を検討している人は要チェックです!

【速報】Apple EventでiPadラインナップに新作登場!

ちなみに上記でも軽く触れましたが、日本時間2020年9月15日26時に開催された「Apple Event(アップルイベント)」で、iPad新製品が発表されました!

発表されたのは、無印iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)。 それぞれおさえておくべきポイントは、以下の通りです。

無印iPad(第8世代)
▼CPUはA12へ
▼日本は10月発売

iPad Air(第4世代)
▼5色のラインナップに!
▼画面はLiquid Retina搭載
▼【目玉】Touch IDが、電源ボタンに搭載。何とデバイス上部に!
▼【目玉】A14Bionicを搭載(6コアのCPUに。パフォーマンスは40%増加。4Kビデオの動画再生などもサクサクに)
▼【目玉】USB-Cに対応!
▼日本は10月発売

上記は2020年9月15日27時現在の情報です。

記事の後半では「新発売されたiPad」も含め、iPad最新シリーズのスペックを一覧にしています。新発売されたiPadのスペックだけをすぐに確認したい方は、以下のボタンをクリック!

iPadとは?その魅力に迫る!

iPadはサブPCとしても使える、持ち運びに優れたタブレット型端末

iPadはAppleが開発したタブレット型端末です。高性能でありつつ、パソコンに比べて小型。2010年に初代iPadが発売されて以降、何度も進化を重ねてきました。 特に、2015年11月にiPad専用デジタルペンである「Apple Pencil(アップルペンシル)」が、そして2017年6月にiPad専用キーボードである「Smart Keyboard(スマートキーボード、上記写真参照)」が発売されてからは、iPadでできることが格段に増えました。 本格的にイラスト作成を楽しめたり、またサブPCとして利用できるほどのスペックを備えたiPad。プライベートからビジネスに至るまで、様々な場面で活躍します。

iPadの魅力とは?Apple(アップル)製品との連携がスムーズ!

クラウド、スマホ、手、フリー素材

Appleの製品は、全てのデータが「アップルID」に紐付けられ、iCloud(アイクラウド)と呼ばれるクラウド上で同期されます。よってiPhoneやMacBook、AppleWatchといったApple製端末を持っている場合は、これらに保存されたデータがすぐにiPadにも反映されます。 つまりこれまで別のApple製品で保存していたメモや写真、連絡先、音楽などが、iPadにも自動的に同期されます。そのためiPadを新規で購入したとしても、一から連絡先を登録し直したり、お気に入りの曲を端末に入れ直す必要がありません。 またAppleのデバイス同士だと、「AirDrop(エアドロップ)」と呼ばれるデータ共有機能を利用可能です。この機能を利用すれば、近くにあるAppleのデバイス同士で、写真・動画・書類などのデータを素早く送受信可能。勿論容量制限などもないので、とても便利です。

iPadをお得に購入&安心して利用するには?【整備品&アップルケア】

フリー素材、お金

iPadは決して安いガジェットではありません。よって「なるべく長く使いたい」ですし「できるだけ安い値段で購入したい」と思うはずです。 iPadをお得に安心して利用したいという人のために、その方法を紹介していきます。

AppleCare+(アップルケアプラス)で、iPadを安心して使おう

サポート support フリー画像

タブレットを落として画面を割ってしまったり、うっかり水没させてしまった、なんて経験はありませんか?そんな時に役立つのが「AppleCare+(アップルケアプラス)」です。 下記の表にある通り、AppleCare+の加入料金は端末ごとに異なります。加入価格は少しお高めですが、予期せぬ故障などの時には、とっても助かるサービスです。以下で詳しく解説していきます。

iPadのモデル AppleCare+の価格
iPad 8,400円
iPad mini 8,400円
iPad Air 8,400円
iPad Pro 14,800円

AppleCare+は、Apple製品を新品で購入するとついてくる「1年の保証と90日間のテクニカルサポート」を延長してくれるサービスです。iPad用のAppleCare+に加入した場合、具体的には下記のような保証が受けられます。 ▼iPad端末の保証期間を2年に延長 ▼過失や事故による損傷に対して、修理サービスを受けられる(iPad端末を、税込み4,400円で修理可能。保証期間中に2回まで利用可能) ▼テクニカルサポートを、優先的に受けることができる ▼バッテリーの修理(バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合) iPadが故障したときの修理費は高額ですが、Apple Care+の保証を使えばとてもお得に修理することができます。そのため「よくスマホを落としてしまうので、タブレットも落としてしまうのでは……と心配な人」や「iPadが故障しないか不安だという人」は、Apple Care+への加入を検討してみてください。

Apple製品を、お得に購入できる裏ワザは?整備品と学割をチェック!

電卓、数字、ペン、ノート、フリー素材

Appleの製品は、店頭でもネットでも基本的に定価で販売されています。最新機種が発売されて型落ちになれば価格は下がりますが、基本的に大きなセールもありません。 しかしながらApple製品をお得に買う方法が「2つ」存在します。1つ目が「Apple認定整備済製品を購入すること」。そして2つ目が「学割」を利用する方法です。

工具、修理、フリー素材

「Apple認定整備済製品」とは「店頭で展示されていた製品」や「初期不良等で返品された製品」が修理され、再販売されたものです。正規の価格より、最大15%もお得に販売されています。 それだけ聞くと「品質が怪しいのでは?」と思ってしまいますが、動作チェックや部品の取り換えも厳格に行われており、「新品同様」のクオリティが保証されています。また1年間の保証もついているので安心ですね。 認定整備済製品は、Apple公式ページから確認可能。ただし安く買えて人気なので、人気のモデルはすぐに売り切れてしまいます。自分が欲しいiPadが整備品にないか、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

学生、鉛筆、フリー素材

また、学生や進学が決まった人であれば「学割」を利用することでiPadをお得に購入できます。 学割の対象は高校生・専門学生・大学生・教員・PTA役員などです。Appleの公式ページの学生・教職員ストアから購入可能なので、学割対象の人は学割を使ってiPadを安く手に入れましょう。

iPadを購入する前に知っておきたい基礎知識!Smart Keyboard(スマートキーボード)やApple Pencil(アップルペンシル)って何?

iPadには、タブレットとしての機能を十分に活用するために作られた「専用のアクセサリ」があります。ここからはiPad専用アクセサリや各種機能など、iPadを選ぶ上で知っていると便利な基礎知識を紹介します。 ただ上記のようなiPad専用アクセサリには、iPadの中でも非対応の機種があります。これらは「iPadの現行シリーズ比較」で詳しく解説していくので、まずはiPadにはどんなアクセサリや機能があるのか、基本的な知識を確認していきましょう。

Apple Pencil(アップルペンシル)

Apple PencilはiPad専用のタッチペンです。メモやノートをとったり、データとして取り込んだ書類に書き込みをすることもできます。イラストを描く人には必須のアイテムですね。 2020年9月15日現在、第1世代と第2世代のApple Pencilが販売されています。両者ともBluetoothでiPadに接続します。

Smart Keyboard folio(スマートキーボードフォリオ)やMagic Keyboard(マジックキーボード)

Smart KeyboardとMagic Keyboardは、iPadにとりつけられる外付けのキーボードです。取り付ければ、ノートパソコンのようにiPadを利用できますね。 ちなみに「Magic Keyboard」は「Smart Keyboard」が進化したもの。Magic Keyboardには、キーボードにバックライトやトラックパッドが搭載されました。 両者とも、キーボードを折りたたむことでiPadのカバー代わりにもなります。iPadと一体になるので、持ち運びも簡単です。

Face IDとTouch ID

セキュリティ、フリー素材

「Face ID」と「Touch ID」とは、iPhoneやiPadに搭載されたロック解除方法のこと。Face IDは顔認証を、Touch IDは指紋認証を採用しています。 Face IDでは端末のインカメラに顔を向けるだけで、またTouch IDでは指紋センサーに指を置くだけで、端末のロックを解除することができます。 それぞれ大変便利ですが、Face IDは「マスクなどで顔の一部が隠れている時」に利用できません。またTouch IDは「指が汚れている時」や「濡れている時」には、認識されない場合があります。このような場合は、あらかじめ設定したパスコードによってロックを解除する必要があります。

Wi-FiモデルとCellular(セルラー)モデル

スマホ インターネット フリー素材

iPadの各シリーズには、「Wi-Fiモデル」と「セルラーモデル」という2つのモデルがあります。 「セルラーモデル」は私たちが使っている一般的なスマホと同様、SIMカードを挿入してインターネットを利用できるもの。よく耳にするLTE回線や4G回線を利用できるので、Wi-Fi環境がなくても、SIMさえあればインターネットを利用可能です。 一方「Wi-Fiモデル」はSIMカードを利用できないモデル。インターネットを利用するには、Wi-Fiに接続する必要があります。

iPad Pro(11インチ、64ギガ)の価格比較
Wi-Fiモデル セルラーモデル
89,800円 106,800円

これだけ聞くと「セルラーモデル」の方が便利だと思うかもしれません。しかし「セルラーモデル」でSIMカードを利用する場合、ケータイ・スマホと同様にSIMカードの契約が必要です。よって月々の通信費用がかかるので注意してくださいね。もちろん契約しなくても、Wi-Fiを使えばインターネットは利用できます。 また「セルラーモデル」は、「Wi-Fiモデル」より割高です。例えばiPad Pro (11インチ、64ギガ)の場合、Wi-Fiモデルは「89,900円(税別)」な一方、セルラーモデルは「106,800円(税別)」です。セルラーモデルが必要かどうか、自分のインターネット環境などを踏まえて判断しましょう。

【iPadのラインナップは4シリーズ!】各モデルの性能&どんな人におすすめか解説

ここまで「iPadの魅力」や「iPadのアクセサリ」など、iPad選びに必要な基本知識をまるっと紹介しました。ここからはいよいよ、iPadの各シリーズを徹底比較していきます! 一口にiPadと言っても、その種類は様々。現在(2020年9月16日)、全部で4つのシリーズが展開されています。それぞれスペックや価格が異なるので、自分に合ったシリーズ・製品を選びましょう!

iPad(無印)
(第8世代)
iPad Air
(第4世代)
iPad Pro
(12.9インチ:第4世代)
(11インチ:第2世代)
iPad Air
(第3世代)
iPad(無印)
(第7世代)
iPad mini
(第5世代)
イメージ (10月発売予定) (10月発売予定)
価格 34,800円から 62,800円から 84,800円から 54,800円から 34,800円から 45,800円から
ストレージ 32GBまたは128GB 64GBまたは256GB 最大1TBのストレージ 最大256GBのストレージ 最大128GBのストレージ 最大256GBのストレージ
ディスプレイ 10.2インチ
Retinaディスプレイ
10.9インチ
Liquid Retinaディスプレイ
12.9インチまたは11インチ
Liquid Retinaディスプレイ
10.5インチ
Retinaディスプレイ
10.2インチ
Retinaディスプレイ
7.9インチ
Retinaディスプレイ
認証方法 Touch ID Touch ID
トップボタンにセンサー搭載!
Face ID Touch ID Touch ID Touch ID
対応アクセサリ ・Apple Pencil(第1世代)
・Smart Keyboard
・Apple Pencil(第2世代)
・Magic KeyboardとSmart Keyboard
・Apple Pencil(第2世代)
・Magic KeyboardとSmart Keyboard
・Apple Pencil(第1世代)
・Smart Keyboard
・Apple Pencil(第1世代)
・Smart Keyboard
・Apple Pencil(第1世代)
重量 490g(Wi-Fiモデル)
495g(セルラーモデル)
458g(Wi-Fiモデル)
460g(セルラーモデル)
471g〜643g
(インチ数により異なる)
456g(Wi-Fiモデル)
464g(セルラーモデル)
483g(Wi-Fiモデル)
493g(セルラーモデル)
・300g(Wi-Fiモデル)
・308g(セルラーモデル)
カラー スペースグレイ・シルバー・ゴールド 【目玉!驚異の5色展開】
スペースグレイ・シルバー・ローズゴールド・グリーン・スカイブルー
シルバー・スペースグレイ シルバー・スペースグレイ・ゴールド シルバー・スペースグレイ・ゴールド シルバー・スペースグレイ・ゴールド
特徴 チップは「A12」 チップは「A14」。従来よりもパフォーマンスが40%増 性能最高モデル 薄くて軽く、持ち運びにぴったり シリーズの中で1番安価 小型モデル


※表はスクロールできます。
※価格は税別表記です。

【新発売】無印iPad(第8世代)は?A12チップを搭載!

2020年10月発売予定のiPad(第8世代)。これまでの無印iPadと同様、Smart Keyboard・Apple Pencilに対応しています。Retinaディスプレイであることも、これまでと変わりません。 ただ大きくアップデートされたのが、「A12 Bionicチップ」を搭載した点。これまでのiPadに比べ、写真編集などのクリエイティブな作業もサクサクできるようになったようです。

【新発売】iPad Air(第4世代)の性能!Touch ID・USB-C・A14がポイント

一方でiPad Air(第4世代)は、これまでのiPad Air(第3世代)に比べて性能が格段にアップしました。特筆すべきは4点。それぞれ簡単に解説します。 まず1点目として、カラーバリエーションが増えました!iPadシリーズにはこれまで無かった「スカイブルー」・「グリーン」も加えた5色展開となっています。 また2点目が「Touch IDセンサー」がトップボタンに搭載されたこと。そして3点目が「USB-C」対応になったこと。これまでUSB-C対応だったのはiPad Proのみでしたが、ここにきてiPad Airのポートも変化しました。 そして第4点目がプロセッサーの大幅アップデート。「A14」を搭載することになりました。これはつまり、「iPad Air(第4世代)」の性能が「iPad Pro」の性能に匹敵(もしくは凌駕)するようになった、ということ。 軽さ・薄さ・性能の3拍子揃ったiPad Air(第4世代)を購入したい人は、2020年10月までしばしの我慢です!

iPad Pro(12.9インチ:第4世代、11インチ:第2世代)の性能!どんな人におすすめ?

文字通り「プロでも使い倒せるレベル」を想定して作られたモデル。最もスペックが高いiPadで、その性能はパソコンに匹敵します。処理速度や画質など、どれをとっても優秀。 また、よりリアルな色彩を表現する「Liquid Retinaディスプレイ」や「True Tone」など、Appleの最新映像技術が搭載されています。サブPCとしても申し分ありませんね。 2020年9月15日現在、iPad Proには「12.9インチ(第4世代)」と「11インチ(第2世代)」の2タイプがあります。サイズや価格は異なりますが、その性能はほぼ同じです。

「A12Z Bionicプロセッサ」搭載により、処理速度が高速に!

スピード、女の子、フリー素材

「A12Z Bionicのプロセッサ」の搭載により処理速度が高速化しました。その速度は、パソコンに匹敵するほど。これにより「動画編集」や「3D映像の処理」もストレスなくできるようになりました。 パソコンだと重くて持ち運びが大変ですが、iPad Pro簡単に持ち運べるのが嬉しいポイントです。iPad Proは、まさにPCを超えたタブレットです!

Face IDにも対応

セキュリティ、パソコン、フリー素材

iPadの中では唯一Face ID(顔認証)に対応しており、セキュリティ面でも申し分ありません。何と赤外線で顔の凹凸まで読み取れるため、双子でも認証されないんだとか! また目を閉じていれば、Face IDで認証されることはありません。Touch ID(指紋認証)だと「睡眠中に勝手にロック解除されてしまった……」なんてこともありますが、Face IDならその心配もありませんね。

Apple Pencil(アップルペンシル)の第2世代に対応

Apple Pencil第2世代に対応しているのはiPad Proの最新機種のみです。 ワイヤレスでiPadのマグネットに装着するだけで、ペアリングと充電が可能なのが大きな特徴です。 また「ダブルタップ機能」が追加されたことにより、ツールを簡単に切り替えられるなど、第1世代のアップルペンシルに比べてさらに使いやすくなりました。

Magic Keyboard(マジックキーボード)にも対応

iPad ProはiPadシリーズの中で唯一、Magic KeyboardとSmart Keyboardの両方に対応しています。 Magic KeyboardはSmart keyboardと違い角度が自由に調整可能。またトラックパッドやバックライトが搭載されているので、操作性が格段に上がりました。

iPad Pro(12.9インチ:第4世代、11インチ:第2世代)は、動画編集などのクリエイティブな作業をする人におすすめ

性能がとにかく高く、プライベートから仕事まで幅広い用途で活躍してくれる「iPad Pro」。処理速度が速く高画質なので、動画編集などのクリエイティブな作業にもぴったりです。 「動画編集をしたい人」や「本格的にイラストを描きたい人」「3Dデザインをしたい人」などにおすすめです!

iPad Air(第3世代)の性能!どんな人におすすめ?

Airという名の通り、軽さと薄さにこだわった作り。持ち運びにも適しています。性能と価格のバランスがとれた持ち運びしやすいiPadです。 性能や価格は、iPad Proと次に紹介するiPadの中間。サブPCとしても使えます。

フルラミネーションディスプレイに対応

iPad Airは、光の反射を少なくする「フルラミネーションディスプレイ」を採用しています。 この「フラミネーションディスプレイ」、実は無印iPadには備わっていません。そのためiPad Airの画面は無印iPadに比べ、蛍光灯などの映り込みが軽減されています。 クリエイティブな作業をする人にも、使いやすい仕様ですね。

薄くて軽く、10時間使えるバッテリーを搭載!持ち運びやすさが◎

バッテリー、スマホ、フリー素材

無印iPad(最新型第7世代、Wi-Fiモデル)は、薄さが7.5mmで重量が483g。それに比べiPad Air(最新型第3世代)は、薄さが6.1mmで重量が464gです。 Airの方が全体的に小ぶりなのに、バッテリー稼働時間は10時間と同じ。「小さくて軽いのに、機能もバッテリーもパワフル」なのがAirの強みです。

iPad Air(第3世代)は、iPadよりも高い性能が欲しい人におすすめ

iPad Airの性能は、iPad Proと無印iPadの中間くらい。iPad Proほどのスペックはありませんが、サブPCとしても使用できる性能を備えています。また軽さ・薄さ共に両立しているので、持ち運びに便利なのも嬉しいポイントですね。 「動画編集などの重たい作業はしないが、ある程度のスペックは確保したい」「持ち運びように、サブPCの購入を検討している」という人におすすめです。

iPad(第7世代)の性能!どんな人におすすめ?

「iPad」は他のモデルと違い、miniやPro、Airといった呼称がついていません。単純にiPadという名前のため、俗に無印モデルと呼ばれたりもします。 そんなiPad(無印)、他のiPadに比べると性能は劣るものの、そのぶんお手頃価格です。価格が安いことから初心者にもおすすめのiPadです。

Smart KeyboardやApple Pencil(第1世代)に対応

無印iPad(第7世代)は、無印iPadシリーズの中では初めてSmart Keyboardに対応しました。iPadをPC代わりとして使えるようになりますし、iPadのカバーとしても使えるので便利ですね。 またApple Pencil(第1世代)が利用可能なので、イラスト作成をしたりメモをとるのにも便利です。Apple Pencil(第1世代)はLightningケーブルを使って充電可能。 ただし無印iPad(第7世代)は、第2世代のApple Pencilには対応していないので注意しましょう。

eSIM搭載

フリー素材、SIMカード

eSIMとはiPadやスマートフォン本体に最初から内蔵されているSIMのこと。eSIMが内蔵されていれば、オンライン上でSIMの手続きが行えます。 わざわざSIMカードを差し込む必要はなく、オンライン上で手続きが完了するのが便利ですね。ただしこのeSIMに対応するのは、セルラーモデルだけなので注意しましょう。

複数アプリを同時に利用可能

iPadは「マルチタスク機能」を利用することで複数のアプリを同時に利用できます。特に便利なのが、「Split View(スプリットビュー)」機能。この機能を利用すれば「画面を2分割」して、複数アプリを同時に操作可能となりました。 そのため動画を見ながらメールやラインを返信する、ドラッグ&ドロップで写真や動画を移動させる、といった操作も可能に。よりPCに近い使い方ができ、作業効率もよくなりますね。 ただしこのスプリットビュー機能には対応していないアプリケーションもあります。自分のよく使うアプリがこの機能に対応しているか、事前に確認しておきましょう。

iPad(第7世代)は、価格を抑えてタブレットを購入したい人に“非常に”おすすめ

無印iPad(第7世代)は「iPadを仕事用のサブPCにしたい人」や「iPadで動画編集をサクサクしたい人」には、あまり向いていません。重い作業をする人には、やはりiPad Proがおすすめです。 しかしiPadは、「ネットサーフィンを楽しむ」「動画を閲覧する」といった軽い作業には、十分すぎる程のスペックを備えています。価格も他のモデルに比べて圧倒的に安く、34,800円(税抜)から購入可能。iPad Proが8万円代であることを踏まえると、価格の安さが際立ちます。 よって無印iPadは「価格を抑えて、ネットサーフ用のタブレットを購入したい人」に非常におすすめです。

iPad mini(第5世代)の性能!どんな人におすすめ?

他のiPadより一際小さなiPad mini。「iPhoneとiPadの中間くらいの大きさの端末が欲しい」という要望に応えて作られたモデルです。 iPad miniはコンパクトで、大きさは7.9インチ・重さはわずか300g程。シリーズ内で最小・最軽量です。 小型なので持ち運びに最適。しかし小型といっても高い性能を誇り、Apple Pencil(第1世代)にも対応しています。

True Tone機能搭載

iPad mini(第5世代)には、周囲の環境に合わせて画面の色や明るさを変化させる「True Tone」機能がついています。 そのため長時間画面を見ていても、目が疲れにくい設計。電子書籍とも相性抜群です。また電子書籍だけでなく動画の閲覧時間が長い人、またゲームをよくする人にも嬉しい機能ですね。

iPad mini(第5世代)は、どこにでも持ち運んで読書やゲームを楽しみたい人におすすめ

iPad mini(第5世代)の良さは、何といっても「どこに行くにも持ち運べるコンパクトさ」。また高品質ディスプレイを採用しているので、iPhoneよりも大きく・綺麗な映像を楽しめます。 「あらゆる場所で電子書籍やゲーム、動画を楽しみたい人」「iPhoneの画面は、少し小さく感じている人」などにおすすめです。

iPad・Pro・mini・Airの比較&選び方を踏まえ、自分にあったデバイスを選ぼう

本記事では、現行(2020年9月15日)シリーズ最新型のiPadを紹介してきました。iPad Pro・mini・Air・無印iPadをそれぞれ紹介・比較してきましたが、あなたにぴったりのiPadは見つかったでしょうか? iPadがあれば趣味も仕事も、充実すること間違いなしです。旅先でゲームや動画を楽しむのもよし。イラストを作成するのもよし。iPad miniを持ち歩いて、突然思いついたアイディアをメモするにも良いですね。 この記事でiPadシリーズのラインナップを理解し、自分に合ったiPadを選んでみましょう!