2020年10月21日更新

ブルーレイレコーダーのおすすめは?人気メーカーや選び方まで一挙紹介!【3万円台の商品も】

ブルーレイレコーダーのおすすめは?人気メーカーや選び方まで一挙紹介!【3万円代の商品も】_サムネイル

テレビ番組の録画に大活躍するのが、ブルーレイレコーダーです。高画質で録画できるだけでなく、モデルによっては同時録画も可能!本記事ではブルーレイレコーダーの特徴や選び方、用途別のおすすめモデルを紹介します。この記事を参考にして、テレビを何倍も楽しみましょう!

目次

ブルーレイレコーダーのおすすめ商品紹介!テレビ番組をもっと楽しもう

テレビ番組を高画質で行えるブルーレイレコーダー。しかし「そもそもレコーダーやプレーヤーって何が違うの?」「ブルーレイだと何が違うの?」と疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか?

また、近年のブルーレイレコーダーは機能が盛り沢山。スマホとの連携ができたり、遠隔で録画予約が可能だったりと、便利な機能が沢山追加されています。

そこで本記事では、「そもそもブルーレイレコーダーとは何か?」といった基礎知識から「おすすめの商品」まで、初心者でも分かりやすく解説していきます。購入を検討している人は是非参考にしてくださいね!

「やっぱりテレビにもこだわりたい!」
という人は以下の記事もチェック

そもそもブルーレイレコーダーって何?プレーヤーとの違いも

ブルーレイレコーダー ブルーレイプレーヤー
イメージ
機能 ・記録と再生に使用可能
・機種によっては他にも便利な機能が
・再生のみ可能

通常、プレーヤーだとDVDやブルーレイの再生しかできません。しかしブルーレイレコーダーは、ブルーレイやDVDディスクの再生、テレビ番組の録画やディスクへのダビングなど幅広い機能を兼ね備えています。

また冒頭でも触れましたが、ブルーレイレコーダーによってはスマホと連携させたり、外出中でも録画予約や視聴が可能。また上位モデルであれば、録画映像の解像度を4Kにアップコンバートすることもできます。

プレーヤーよりも多機能なレコーダー。以下では実際の選び方を解説していきます。

「ブルーレイプレーヤー」については
以下の記事もチェック!

【ブルーレイレコーダーの選び方】ポイントは6点

選び方のポイント6点
①HDDの容量
②同時録画にはチューナー数を確認
③4Kに対応しているか確認
④SeeQVault対応か?
⑤他機器との連携をチェック
⑥テレビメーカーと合わせれば連携も便利

ここからは、ブルーレイレコーダーの選び方を紹介します!HDDの容量や同時録画、画質やスマホとの連携など、さまざまな機能に注目して解説していきます。

ポイント1:HDDの容量

HDDの容量で録画できる時間が決まります。2020年10月現在、1TB以上の容量を備えたモデルのラインナップも増加中。録画可能時間の目安としては一般的な放送だと、HDDが500GBで約60時間、1TBで約130時間、2TBで約260時間、4TBで約500時間です。

ただし4K放送のような高画質映像の場合は、さらにHDD容量を使います。高画質の映像を録画したい場合は、HDDに余裕のあるモデルを選びましょう。

ポイント2:同時録画したい人は、チューナーの数を確認

同じ時間帯に放送されているいくつかの番組を同時録画したい人は、チューナーを複数搭載した「同時録画タイプ」がおすすめ。チューナーが2つであれば2番組、3つであれば3番組同時に録画できます。 また録画のし忘れが不安な人には、「全自動録画」対応のブルーレイレコーダーが非常に便利です。「全自動録画」は、すべての番組を自動で録画してくれて、HDDがいっぱいになると古い番組から自動で消去。「今週はどれを録画してどれを消そう……」といったことを考えなくて済むようになりますよ。

ポイント3:映像美を楽しみたい人は、「4K Ultra HD ブルーレイ」対応か確認

綺麗、室内、フリー素材

ブルーレイを超えてさらなる映像美を楽しみたい人には、「4K Ultra HDブルーレイ ディスク」対応のブルーレイレコーダーがおすすめ。「4K Ultra HDブルーレイ」とは、フルハイビジョン(1,920×1,080)の4倍の解像度である4K(3,840×2,160)対応のブルーレイディスクを言います。 また「4K Ultra HDブルーレイ」では、世の中にある物体色の99.9%をカバーする広色域規格「BT.2020」を採用。ほぼありのままの色を、目の前で観ている感覚が味わえます。

ポイント4:「SeeQVault」対応のものを選べば、お気に入りの番組をずっと楽しめる

一般的に、録画した番組は録画したテレビでしか再生することができません。 しかし「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応しているブルーレイレコーダーなら、別のテレビでも再生可能。よって「録画した番組はずっと保存しておきたい人」などは、「SeeQVault」対応のブルーレイレコーダーを選びましょう。

ポイント5:他の機器と連動して使いたい人は、デバイス同士の相性をチェック

ブルーレイレコーダーは、「スマホ」「4K対応テレビ」と連動して利用するとさらに便利です。以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

スマホを使うなら:「Wi-Fi Direct」対応が便利

モバイル Wi-FI、wifi、スマホ、インターネット、フリー素材

スマホやタブレットなど、テレビ以外の端末で番組を楽しみたい人は、「Wi-Fi Direct」対応モデルがおすすめ。「Wi-Fi Direct」であればルーターを必要とせず、ブルーレイレコーダーとスマホを直接Wi-Fiで接続できるので、外出中でも手軽に視聴ができます。 もちろん録画予約することもカンタンにできます。録画予約を忘れて外出してしまった時にも便利ですね。

4K衛星放送テレビを使うなら:「4K衛星放送対応チューナー」搭載かチェック

4K衛星放送テレビ(=4Kテレビ)を使うなら、「4K衛星放送対応チューナー」搭載のブルーレイレコーダーかどうかチェックしましょう。 テレビが4Kに対応していても、4K画質で録画するには、ブルーレイレコーダーも4Kチューナーを搭載している必要があります。

4Kテレビに興味がある人は
以下の記事もチェック!

ポイント6:テレビのメーカーと揃えれば、各社独自の連携機能も

同じメーカーで「ブルーレイレコーダー」と「テレビ」を揃えれば、連携機能が使えるので非常に便利です。メーカーごとに搭載された連携機能は異なりますが、画質を4Kにアップさせる「4Kアップコンバート機能」などが有名です。 また「1つのリモコン」でテレビとレコーダーの両方を操作できるメーカーもあるので、テレビ周りがすっきりして非常におすすめです。

テレビ周りをすっきりさせたい人は
収納が増える「テレビ台」もチェック

ブルーレイレコーダーの人気メーカー【パナソニック・ソニー・東芝】

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、ブルーレイレコーダー「ディーガ(DIGA)」シリーズで人気のメーカーです。全自動録画対応モデルなど、ラインナップも非常に豊富。そのなかでもスマホアプリの「どこでもディーガ」が魅力的で、ブルーレイレコーダーとスマホをカンタンに連携させられます。 注目の機能「おうちクラウドディーガ」搭載モデルであれば、写真や動画を家族間でカンタンに共有可能。単なるレコーダーの域を超えた、幅広い用途を実現しています。

ソニー(SONY)

ソニーは4Kチューナー内蔵の「BDZ-FB」シリーズや、4K Ultra HDブルーレイ対応の「BDZ-F」シリーズで人気のメーカーです。4K放送にいち早く対応した、豊富なラインナップが特徴。 またソニー独自のオーディオ技術は、ブルーレイレコーダーにも余すことなく使われています。サウンドにもこだわって録画したい人は、「高音質のハイレゾ音源」に対応したモデルがおすすめです。

東芝(TOSHIBA)

東芝は「REGZA」シリーズで人気のメーカーで、キーワードによる自動録画が非常に便利です。好きなタレントが出演している番組をピックアップし、自動録画することも可能。エンタメ好きに嬉しい機能を、豊富に取り揃えています。 また「時短ラインナップ」であれば、「時短ボタン」による自動スキップ再生や、好きな部分だけをディスクに残すことも思いのまま。また「らく見機能」で再生速度を調整できるので、エンタメの新しい楽しみ方を体験したい人にはおすすめのメーカーです。

コスパを重視したい人向け!おすすめブルーレイレコーダー【3万円台】

ここからはコスパを重視したい人向けに、おすすめのブルーレイレコーダーを4つ紹介します!すべて3万円台で買えるので、エントリーモデルとしてもぜひ参考にしてみてください。

ソニー「BDZ-FW500」

ソニー製「BDZ-FW500」は、4K Ultra HD ブルーレイに対応したブルーレイレコーダーです。チューナーを2つ搭載しているので、2番組同時録画が可能。HDDは500GBと小さめですが、外付けHDDに対応しているのが嬉しいポイント。 他にもハイレゾ音源に対応していたり、「Video & TV SideView」アプリを使えば、録画や視聴もスマホで可能。コスパも機能性も重視したい人におすすめのモデルです。

東芝「DBR-W1009」

東芝製「DBR-W1009」は、HDDが1TBのブルーレイレコーダーです。操作性にも定評があり、大きな文字とイラストで表示してくれる「デカ文字スタートメニュー」が非常に人気。ガジェット操作が苦手な人にも、優しい操作性を実現しています。 スマホとの連携機能も豊富。東芝ならではの「時短機能」や録画予約も、スマホから簡単に操作できます。機械操作に不安がある人や、慣れてきたら豊富な機能を体験したい人にも、非常におすすめです!

パナソニック「DMR-BRS530」

パナソニック製ディーガ「DMR-BRS530」は、設定や操作が非常にシンプルなブルーレイレコーダーです。HDDは500GBでチューナーも1つと、ブルーレイレコーダーとしては非常にシンプルな機能。その分操作がわかりやすく、特に初期設定が2ステップで済む「らくらく設定」は、非常に魅力的な機能の1つです。 リモコンには「見る」「録る」の2つボタンがあり、基本操作が分かりやすいのがポイント。3万円程度で購入でき、外付けHDDにも対応しているので、コスパと操作性を重視するなら非常におすすめのモデルです!

シャープ「2B-C05CW1」

シャープ製「2B-C05CW1」は、連続ドラマの録画をカンタンにできるブルーレイレコーダーです。注目の機能は「ドラ丸」で、予約しなくても新作の連続ドラマ4週分を自動録画できます。 録画番組を5分ごとに子画面表示する「見どころポップアップ」機能を使えば、早送りしなくても観たいシーンからすぐに再生可能。もちろんスマホとの連携機能も搭載しているので、外出先での視聴や録画もお手のもの。録画や視聴を便利に楽しみたい人には、非常におすすめです!

高機能なブルーレイレコーダーのおすすめは?厳選した5つの商品を紹介

ここまでは「コスパにこだわった商品」を紹介してきました。 しかしたくさん録画したいなら「HDDは1TB以上」のモデルを、また綺麗な映像を楽しみたいなら「4Kアップコンバート機能搭載」のモデルなどを購入したいですよね。 よってここからは「機能性にこだわりたい人」に向けて、各メーカーのハイエンドモデルを紹介していきます!

パナソニック「DMR-BRX2060」

パナソニック製ディーガ「DMR-BRX2060」は、HDD容量2TBでチューナー数7のブルーレイレコーダーです。全自動録画に対応していて、最大「6チャンネル×16日間の自動録画」が可能。録画し忘れも防げるので、後でゆっくり視聴できるのが嬉しいですね。 またスマホとの連携もバッチリで、レコーダーに保存した音楽や写真を、スマホから楽しむこともできます。またNetflixやHuluといったVODサービスにも対応しているため、ボタン1つでカンタンに視聴できるのも魅力。 本モデルのHDDは2TBですが、4TBや8TBの上位モデルも販売されています。「HDD容量の少なさに悩まされたくない!」「動画サービスを、テレビでも簡単に利用したい」という人におすすめです。

パナソニック「DMR-UBX8060」

パナソニック製ディーガ「DMR-UBX8060」は、ブルーレイレコーダーの中では最高峰のハイエンド商品です。HDD容量は8TB、最大10チャンネル×28日分自動録画で、まず間違いなく取り逃がしがないでしょう。 スマホから録画予約や視聴がカンタンにできて、動画や写真も手軽に共有可能。初期設定もたったの3ステップで、買ってすぐ使えるのも嬉しいポイントです。家族みんなでフルにテレビを楽しみたいなら、非常におすすめです!

パナソニック「DMR-2CG300」

パナソニック製ディーガ「DMR-2CG300」は、豊富な機能にデザイン性も兼ね備えたブルーレイレコーダーです。 4Kに満たない放送やブルーレイなどの解像度を引き上げる「4Kアップコンバート」機能に対応しています。また6チューナー内蔵なので、6番組まで同時録画ができるのも大きなメリットですね。 シルバーの筐体にシンプルなデザインで、どこに置いてもインテリアに溶け込んでくれます。ディーガの豊富な機能も兼ね備えているので、機能性とデザイン性を重視したい人には非常におすすめです!

ソニー「 BDZ-FBT4000」

ソニー製「 BDZ-FBT4000」は、機能性に優れて高性能なブルーレイレコーダーです。「瞬間起動モード」搭載なので、約0.5秒ですばやく電源を起動します。またあまり使わない時間帯は、自動で消費電力の低いモードに切り替えるので省エネもバッチリ。 また「インテリジェントエンコーダー」機能を搭載しているので、激しいシーンなどでは「自動で高画質に切り替えて録画」してくれます。豊富な機能をフルに味わいたい人には、非常におすすめです!

東芝「DBR-M3009」

東芝製「DBR-M3009」は、東芝の便利機能がたくさん詰まっているブルーレイレコーダーです。 「タイムシフトマシン」機能を搭載しているので、事前に設定しておけば、録画予約も番組の削除も全自動でこなしてくれます。また、タイムシフトマシンの専用エンジン「R-2」は、ディスクの再生や映像の取り込み、ダビングやスマホへ番組配信など、複数の動作を同時進行で処理してくれます。 「時短機能」やプレイリスト編集など、東芝ならではの便利機能が豊富に詰まった「DBR-M3009」。タビングやプレイリスト編集など、複数操作を同時進行したい人におすすめです。

ブルーレイレコーダーと一緒にあったら便利な「ブルーレイディスク」

ブルーレイレコーダーと一緒にあったら便利なのが、ブルーレイディスク! 写真や動画などの思い出も、分かりやすく保存・整理しておけます。ここではおすすめのディスクを2つ紹介します。

ビクター「VBR130RP30SJ1 」

「BRV25WPE.50SPZ」は、書き込み速度が最大6倍速まで対応の、ビクター製ブルーレイディスクです。場所をとらないスピンドルケースに1セット30枚入っていて、地デジなら1枚で約180分も録画が可能。 1枚あたり約50円と低価格なうえに、キズ・ホコリに強く、指紋もキレイに拭き取れる強力ハードコートを採用。盤面は白地なので、印刷も簡単にできます。コスパよし、使い勝手よしと、非常におすすめなブルーレイディスクです。

マクセル(maxell)「BRV25WPE.50SPZ」

「BRV25WPE.50SPZ」は、最大4倍速の書き込みに対応しています。 ディスクは50枚入りで、インクジェットプリンターに対応。白地の盤面は手描きもしやすいので便利ですね。 1枚25GBの容量なので、地デジなら180分、BSデジタルなら130分ほどの録画が可能。スピンドルタイプなので、保管しやすいのも嬉しいポイントです。

ブルーレイレコーダーを購入した後の注意点は?平均寿命や修理費用など

工具、修理、フリー素材

最近のブルーレイレコーダーはお手頃とは言え、できれば長く安心して使い続けたいですよね。ここからは購入後の注意点を「平均寿命」「修理費用」にわけて解説します。

平均寿命は5〜6年。置く場所には注意して、定期的なお手入れを

ブルーレイレコーダーの平均寿命は、だいたい5〜6年と言われています。ただ使用頻度も多い機器なので、手入れ次第で平均寿命より長く利用することも可能です。 ホコリや小さなゴミが溜まると、ファンやHDDを痛める原因になります。裏側のファンにホコリがたまらないよう、定期的に掃除することが大切です。 またHDDは熱に弱いので、風通しの良い場所に設置する必要があります。他の家電やディスクを重ねて置くのは避け、暖房が直接当たらないように設置しましょう。

修理費用の相場は?保証プランの検討・バックアップを忘れずに

ブルーレイレコーダーの修理費用は、だいたい2〜3万円程度が相場です。 メーカーの保証期間は通常1年間の場合が多いですが、保証プランの延長ができる場合もあります。必要に応じて保証プランの延長・契約を検討しましょう。 またレコーダーには、「お気に入りのテレビ番組」など大切なデータもたくさん保存するはず。万が一に備えて、ブルーレイディスク・クラウドなどにバックアップデータを保存しておきましょう。

観たい番組をかしこく録画!豊富な機能を備えたブルーレイレコーダーを探そう

この記事では、豊富な機能を持つブルーレイレコーダーを紹介しました! HDDの容量や同時録画数、4K Ultra HD ブルーレイやスマホとの連携など、テレビを楽しむ人には欠かせない機能がたくさんあります。メーカーごと独自の機能も1つずつチェックして、ぜひ納得の1台を見つけてみてください。

動画やゲームをとことん楽しみたい人は
VRゴーグルについてもチェック!