2020年11月5日更新

漫画『10万分の1』を最終回までネタバレ解説!難病を抱える少女の純愛

10万分の1

『10万分の1』は泣けるピュアラブストーリー。片想いを経て恋人となった莉乃と蓮。幸せいっぱいの2人を待っていたのは、難病という過酷な運命で……。難病に立ち向かう恋人を待つ結末は?ネタバレありで実写映画化された話題作のネタバレあらすじを紹介します。

目次

『10万分の1』難病に冒された女子高生と彼女を支える恋人の純愛ストーリー!ネタバレあらすじを紹介

『10万分の1』は宮坂香帆(みやさかかほ)が描く、純愛と難病をテーマにした少女漫画です。ようやく好きな人と結ばれて幸せの絶頂にいる主人公・莉乃(りの)を襲ったのは、ALSという難病でした。 これから恋人や友人と青春を謳歌しようという女子高生に課されたあまりにも重い運命。そんな主人公をめぐる純愛が泣けると話題の作品です。2020年11月には実写映画の公開も決定している本作のあらすじを、ネタバレありで紹介します。 すでに漫画を読んでもう1度その余韻に浸りたいという人はもちろん、映画の予習がしたいという人もぜひあらすじをチェックしておきましょう。

実写版との違いは?映画は2020年11月27日公開!【白濱亜嵐×平祐奈】

実写版『10万分の1』は2020年11月27日公開予定。蓮役の白濱亜嵐(しらはまあらん)と莉乃役の平祐奈(たいらゆうな)のW主演で、友人の千紘(ちひろ)役を優希美青(ゆうきみお)、その恋人の祥(しょう)役を白洲迅(しらすじん)が演じます。 実写版の公式サイトでは、2人が運命を動かしていくと書かれていますが、その結末は一体どうなるのでしょうか。原作では奇跡は起きませんでしたが、穏やかなハッピーエンドとなっていました。 この実写版では原作通りのストーリーとなるのか、それともオリジナル展開となるのか気になるところ。悲しい結末だけは避けて欲しいですね。

『10万分の1』登場人物を紹介

桜木莉乃

桜木莉乃(さくらぎりの)は本作の主人公。紫上(しじょう)学園高校に通う高校2年生で、剣道部のマネージャーを務めています。両親を亡くしており、祖父と2人暮らし。小学生時代にからかわれたことがきっかけで、恋に臆病な性格です。 蓮には中学時代から片思い中。ただ彼の姿を眺めるだけで幸せ、という日常を送っていました。

桐谷蓮

桐谷蓮(きりたにれん)は2年生ながら剣道部の主将を務めるクールビューティーなイケメン。異性にも人気が高い人物ですが、少し無愛想なところがあります。莉乃とは中学からの同級生で彼女に片思い中。彼女にアプローチするもののなかなか進展しないまま過ごしていました。 実家は全員警察官という警察一家。少し過保護気味な家族に困っています。

橘千紘

橘千紘(たちばなちひろ)は莉乃の中学時代からの仲良しグループのひとりで、剣道部のマネージャーを務める2年生。莉乃とは幼馴染ですが、性格は対照的。千紘は強気でさっぱりした性格をしています。その性格から莉乃からはヒーローのように思われることも。 高校に入ってから祥と交際開始。なかなか進展しない莉乃と蓮をじれったく思いながらも、応援しています。

比名瀬祥

比名瀬祥(ひなせしょう)は剣道部の副将を務める、明るくムードメーカーな男子高校生。蓮とは小学校からの付き合いで、中学時代に莉乃や千紘とも仲良くなります。 高校に入ってから千紘と付き合うことに。一見チャラい雰囲気をしていますが、優しく顔が整っているため女子にも人気が高い人物です。

ALSの発覚と蓮の覚悟

両片想いを経て恋人になった莉乃と蓮。モテる蓮と付き合い始めたことでやっかむ女子や、莉乃に片想いをしていた千紘の弟・裕人(ゆうと)などの登場もありましたが、2人はカップルとして甘い時間を過ごしていきます。 しかし病魔が莉乃を襲います。彼女の身体の異変からALS(筋萎縮性側索硬化症)の可能性が濃厚となり、次第に彼女の身体は思うように動かなくなるのでした。将来に悲観し別れを切り出す莉乃でしたが、蓮はたとえALSでも彼女を支えていきたいと宣言します。 それから2人は莉乃がやりたいことを順に叶えていくことに。蓮の力を借りながらも体育祭を楽しんだ莉乃は、ついにALSの診断を受け、その事実を千紘や祥にも伝えるのでした。 彼女の病気がALSだと確定したことで、蓮も医療の道を目指すことを決意。彼の家は警察一家で蓮も警察学校へ進学予定でしたが、莉乃の病気を通じて新たな運命を進んでいくことを決めたのです。

莉乃と蓮のお泊まり旅行

身体が動くうちに思い出を作りたいと、東京へ旅行に出かけた莉乃と蓮。最後の夜にもっと一緒にいたいと泣いた莉乃の願いを叶えるため、2人は両家に無断で旅行を延長し長野へ出かけます。その間も確実に莉乃の症状は悪化していきますが、2人は満天の星空を眺めかけがえのない思い出を作るのでした。 蓮は出来る限りのことを彼女にしてあげたいと思っていました。しかし人知れず涙する莉乃の姿に、蓮は無力感に苛まれます。 そんな中2人はALS患者の青年とその恋人と偶然出会うことに。苦しい胸の内を打ち明けた蓮に、その青年は自分たちの経験したことや思いを語るのでした。その言葉に勇気をもらった蓮は、もう1度莉乃を星を見た山小屋へ連れていきます。 そこで蓮は未来の自分達に向けてタイムカプセルを埋めようと提案。孤独を感じていた莉乃に、来年もその次も一緒にここに来ようと伝えるのでした。莉乃は涙を流しながら、タイムカプセルと拾ったひまわりの種を埋めます。

闘病生活と2人の未来

文化祭の後夜祭でついに結ばれた莉乃と蓮。しかしその半年後には莉乃は車椅子生活となっていました。トイレも思うように行けなくなり、莉乃は精神的にも弱っていきます。 それでも彼女を支えていきたいと考えている蓮は、莉乃と結婚したいと考えていること、彼女のために医学部を目指していることを彼女に伝え、プロポーズするのでした。両家の快諾もあり2人は高校卒業後に入籍することが決まります。 やがて蓮は莉乃の祖父のもとでバイトを始め、週末は桜木家で過ごすようになっていました。少しでも莉乃といる時間を増やしたかったのです。この頃には莉乃が得意な料理も出来なくなっており、蓮と祖父は車椅子の高さにあわせた調理台を作るなど、彼女の笑顔のために奮闘するのでした。 一方で莉乃にも新たな夢ができます。それは蓮の子供が欲しいというものでした。病気のハンデがあるため、出産や育児がうまく出来るか分からないと悩みながらも、莉乃は蓮や友人に背中を押してもらい夢を叶える決意をします。

幸せな卒業旅行とタイムカプセル

卒業式を迎えクラスメイトに教室で結婚式を開いてもらった莉乃と蓮は、その後婚姻届を提出。正式に夫婦となります。それから莉乃と蓮、千紘、祥は卒業旅行で長野へ向かうことに。ホテルでは入浴の介助を蓮にしてもらい、莉乃は恥ずかしがりながらも今ある幸せを感じるのでした。 旅行の中で莉乃は自分の未来と何度となく向き合います。以前は蓮との別れを選ぼうとしたり、誰の迷惑にもならずに死んでいくことを考えていた彼女でしたが、夫となった蓮や親友たちの優しさに触れ、10年後も生きていたいと強く願うのでした。 翌日タイムカプセルを埋めた場所へ向かう4人。そこには去年莉乃と蓮が埋めたひまわりが花を咲かせていました。季節外れのひまわりを見た蓮は、花がまるで莉乃を応援しているようだと言います。 それから4人は未来の自分に向けたボイスメッセージを録音して埋めることに。莉乃は大好きなみんなと一緒に生きていくという誓いを録音するのでした。

【最終回ネタバレ】『10万分の1』莉乃と蓮、2人の物語の結末は!?

旅行から帰った後、莉乃は妊娠6週目であることが判明。そして慌ただしい日々の中、結婚式への準備が進んでいきます。エコーを見た莉乃も、蓮には内緒でとある準備をしていました。 結婚式当日莉乃は手作りした赤ちゃんの肌着を蓮に見せます。しかしそれは2枚ありました。彼女のお腹の中には双子が宿っていたのです。数カ月後莉乃は無事男女の双子を出産します。 最後のシーンは数年後。海を訪れた蓮と2人の子供、そして蓮の背中にはおぶわれた莉乃の姿がありました。蓮は莉乃に優しく話しかけますが、莉乃は身体を動かすことも話すことも出来ません。蓮は子供たちに呼びかけ、彼らが遊んでいるのを見守っています。 凛と礼太と呼ばれた双子の子供たちが四つ葉のクローバーを莉乃に飾ってあげると、莉乃もかすかに微笑み返すのでした。多くのものを失いながらも大切なものを手に入れたこと、身体が動かなくても心は自由だと、莉乃が心の中で語るシーンで『10万分の1』は幕を閉じます。

難病に立ち向かう2人を丁寧に描いた少女漫画『10万分の1』2020年11月27日には実写版が公開

次第に身体の自由が奪われ、やがて命が失われていく難病と立ち向かう莉乃と彼女を支える蓮の純愛を描いた『10万分の1』は、涙なしには読めない泣ける作品です。2人の心情が丁寧に描かれており、その心の交流は読者に大切なものを気づかせてくれるでしょう。 2020年11月27日には実写映画版が公開されます。原作では最後まで病気と向き合い、その事実を受け止めながらも、幸せを諦めない莉乃の芯ある強さが貫かれていたのが印象的でした。 映画ではどんなエンディングが莉乃と蓮を待っているのでしょうか。実写映画ならではの表現やリアリティに注目したい作品です。