2020年10月27日更新

映画「スペース・マウンテン」のストーリーはどうなる?ディズニーの絶叫系アトラクションが映画化!

ディズニーランド
©︎Disney Enterprises, Inc./Photofest/zetaimage

ディズニーランドの大人気アトラクション「スペース・マウンテン」の実写映画化が進行中!アトラクションが映画化ってどういうこと?あらすじやキャストはどうなる?気になることが満載の映画「スペース・マウンテン」について、今回はあらすじやキャスト、製作陣、公開日などの情報を紹介します。

目次

大人気絶叫系「スペース・マウンテン」が映画化!あらすじやキャストはどうなる?

ディズニーランドの「スペース・マウンテン」は、暗闇の中を時速50kmの速度で急上昇、急降下、急旋回するジェットコースタータイプのアトラクション。ディズニーランドに行ったことのある人は、1度は乗ってみたことがあるのではないでしょうか? 今回ウォルト・ディズニー社が「スペース・マウンテン」の実写映画化に向け始動したと、アメリカのエンタメ誌The Hollywood Reporterが独占で報じました。この発表に「ストーリーや登場人物が全く予想できない!」と驚いた方も多いでしょう。 映画「スペース・マウンテン」がどんな作品になるのか、気になるあらすじやキャスト、製作陣などについてまとめていきます。ディズニーファンの方はもちろん、SF映画好きも必見ですよ!

ディズニー絶叫系“3大マウンテン”の一角「スペース・マウンテン」とは

1975年に誕生したディズニーランドの「スペース・マウンテン」は、宇宙がテーマの屋内コースター型のアトラクションです。 ドーム型の建物の中で、ゲストはスペーストラベラー(宇宙飛行士)としてロケットに搭乗し、銀河系の星や流星群が神秘的に輝く宇宙空間をハイスピードで飛行。まるで宇宙を旅しているようなスリリングな体験をさせてくれます。 東京、香港、パリ、そしてアメリカに2つ、合計5カ所のディズニーパークにあり、世界的に人気で知名度の高い「スペース・マウンテン」。 東京ディズニーランドでは「ビッグサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」と共に「3大マウンテン」のひとつとして親しまれています。 『くまのプーさん』が原作の「プーさんのハニーハント」や、『美女と野獣』を元にした「美女と野獣“魔法のものがたり”」などとは違い、「スペース・マウンテン」は基本的に原作のあるアトラクションではありません。 ただし、パリのディスカバリーランドにあったリニューアル前の「スペース・マウンテン」だけは、原作が存在しました。ジュール・ヴェルヌの小説『月世界旅行』がモデルの世界観となっていたよう。 他にもパーク毎に少しずつ異なるストーリーやテーマ設定があり、外観や世界観はさまざまです。そんな「スペース・マウンテン」ですが、映画のストーリーはどうなるのでしょうか?

映画「スペース・マウンテン」のあらすじを予想&キャストはどうなる?

実写映画化が決定した「スペース・マウンテン」ですが、企画はまだ初期段階で、公式からは2020年10月現在、あらすじやキャストは明らかにされていません。 ジャンルはファミリー向けアドベンチャー作品で、アトラクション「スペース・マウンテン」からインスピレーションを受けたオリジナルストーリーになるようです。 担当の脚本家が「スター・ウォーズ」シリーズのドラマ脚本にも携わっているので、近未来の宇宙を舞台に冒険を繰り広げるSF作品になりそうな予感。バトルあり友情あり、そして感動ありの宇宙冒険を壮大なスケールで描くスペクタクル作品に仕上がるのではないでしょうか。 どんな魅力的なキャラクターが活躍してくれるのか、どんな俳優陣が名を連ねるのかも楽しみなポイントですね!

アトラクションが映画化ってどういうこと?実はあの作品もアトラクションが元ネタ!

ディズニーランドのジェットコースター型アトラクションとして大人気の「スペース・マウンテン」。そもそもディズニーアトラクションが映画化することに対して驚いた方もいるのではないでしょうか? 『プーと大人になった僕』(2018年)や『ムーラン』(2020年)など、近年名作アニメの実写映画化を続々と進めているディズニーですが、同時に人気アトラクションの映画化にも力を注いでいます。 実は過去にも、ディズニーランドのアトラクションからインスピレーションを受けていくつかの映画が製作されているのです。

ディズニーアトラクションは過去にも映画化されている!

パイレーツ・オブ・カリビアン
Photofest/zetaimage

ディズニーアトラクションはこれまでにもいくつか映画化され、大ヒットを記録してきました。 言わずと知れた海賊アドベンチャー映画シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」。実は同シリーズは、ボード型ライドに乗り込み、海賊の抗争と失われた財宝をめぐる冒険をするアトラクション「カリブの海賊」が原案なのです。 2003年に第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が公開。シリーズは人気を獲得し、2020年現在までに5作品公開されています。 2004年にはライド型お化け屋敷のアトラクション「ホーンテッドマンション」をエディ・マーフィ主演で実写映画化。2015年には世界のディズニーパークにある人気エリア・トゥモローランドを舞台とした映画『トゥモローランド』も公開されました。 さらに2021年には、最新作「ジャングル・クルーズ」の実写映画がドウェイン・ジョンソン主演で公開予定です。 ディズニーファンにとっては、もはやアトラクションが実写映画化するのは常識になっているかもしれませんね。

映画「スペース・マウンテン」の脚本はジョビー・ハロルド!

ジョビー・ハロルド
©︎Media/Newscom/zetaimage

映画「スペース・マウンテン」の脚本を手がけるのは、映画『キング・アーサー』(2004年)や『アウェイク』(2007年)の脚本で知られるジョビー・ハロルド。 今回は脚本のみならず、製作パートナーで妻であるトーリー・タネルと共にプロデュースにもあたります。 ジョビー・ハロルドは、日本の小説をトム・クルーズ主演で映画化した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014年)や、大人気「ジョン・ウィック」シリーズの第3作『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年)などの大作で製作総指揮を務めた人物です。 また現在は、「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービを主人公にしたタイトル未定の新ドラマや、ザック・スナイダー監督による新作ゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド (原題)』(2021年公開予定)などの脚本執筆も担当しています。 映画「スペース・マウンテン」でも、迫力のあるかっこいいバトルや緊迫感のある展開でドキドキ・ハラハラする世界を見せてくるかもしれません!期待が高まりますね。

ディズニーのアトラクション実写化映画「スペース・マウンテン」が気になる!続報を待とう

製作が発表された、ディズニー人気アトラクションの実写映画「スペース・マウンテン」。あらすじやキャストなどの詳細はまだ明らかになっていません。公開予定日も発表されておらず、まだ先になると予想されます。 ストーリーや登場人物が予測できないからこそ、今後の動きが今から楽しみですね。アトラクション「スペース・マウンテン」に乗った時以上のワクワクをくれる映画になるのでしょうか? 想像を膨らませつつ、続報を待ちましょう!