2021年1月18日更新

【2021年版】おすすめノイズキャンセリングイヤホンを用途別に紹介

ノイキャンイヤホン

周囲の音をカットして快適に音楽を聴けるノイズキャンセリングイヤホン。今回はそんなノイズキャンセリングイヤホンの選び方と、用途ごとのおすすめ商品を紹介します。それぞれの製品ごとを比較したレビューも載せていますので、ぜひとも参考にしてくださいね!

目次

そもそもノイズキャンセリングイヤホンとは?

ノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンとは、外部の音をシャットアウトし音楽に集中できる「ノイズキャンセリング機能」を持つイヤホンのこと。

電車・飛行機の騒音カフェ・人混みの雑音を打ち消し、あらゆるシーンで快適に音楽を聴くことができます。

またこの「ノイズキャンセリング機能」は音楽鑑賞時のみならず、読書や勉強など作業に集中したい時にも役に立つ機能です。

高音質にこだわるなら
ハイレゾ対応イヤホンもチェック

【ノイズキャンセリングイヤホン6つの選び方】

選び方のポイント6点
①音質、騒音低減能力
②つけ心地、デザイン性
③バッテリー持続時間
④ワイヤレスor有線
⑤付属アクセサリや機能
⑥メーカー

①音質、騒音低減能力で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際に最も重要となってくるのは、やはり音質と騒音低減能力。

音質は高音質コーデックのaptXやAAC、ハイレゾに対応しているか、あるいは自分の好みの音楽ジャンルに適したチューニングが施されているかをチェックしましょう。

②つけ心地、デザイン性で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホン

イヤホンは平たいインナーイヤー型と耳の中に入れ込むカナル型の2種類にわかれます。耳の形によりイヤホンが落ちてきてしまうという人はカナル型のイヤホンを購入しましょう。

また、ファッションアイテムのひとつともなるイヤホンはデザイン性ももちろん大事。お気に入りの一機を購入して気分も高めましょう。

③バッテリー持続時間で選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホン

外に持ち運ぶことも多いノイズキャンセリングイヤホンは、バッテリーの持続時間も意識して選びましょう。飛行機など長時間での使用を考えている人は、特にロングバッテリーのものを購入することをおすすめします。

④ワイヤレス派?有線派?Bluetoothだと便利

ノイズキャンセリングイヤホン

一般的にワイヤレスよりも有線の方が音の遅延も少なく高音質であると言われてきましたが、最近のワイヤレスイヤホンは低遅延で音質も良いものが多数展開されています。配線に煩わしさを感じている人は、ワイヤレスイヤホンもぜひ検討してみましょう。

⑤飛行機用変換アダプタなど、付属アクセサリや機能もチェック

ノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンには、飛行機用変換アダプタなどの付属アクセサリがついてくるものや、外部音取り込み機能などノイズキャンセリング機能以外にも便利な機能が搭載されている製品が数多く販売されています。

より自分に合った一機を見つけるため、付属アクセサリや他機能についてもチェックしてみましょう。

⑥お気に入りのメーカーから選ぶ

ノイズキャンセリングイヤホン Apple

SONY(ソニー)、BOSE(ボーズ)、Apple(アップル)など、既にお気に入りのメーカーがある人はそのラインナップの中から選ぶのもおすすめです。

イヤホンはメーカーごとに音の傾向が若干違うため、既に慣れ親しんだ音がある人が他者製品へ買い換えると、はじめは音の違いに馴染めないかもしれません。

逆に違った音を体験してみたいという人は、新しいメーカーにチャレンジしてみるのも面白いですよ。

【音質と遮音性重視の人におすすめ】

Jabra(ジャブラ) 「Elite 85t」

Jabra 「Elite 85t」

■遮音性:★★★★☆ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:15分の充電で60分再生可能 ■連続再生時間:5.5時間(ANC使用時) ■アプリ:対応 ■その他機能:マイク搭載、風切り音防止機能、外音取り込み機能 パワフルな12mmスピーカーを搭載し、ノイズキャンセリング使用時にも豊かでクリアなサウンドが楽しめるイヤホンです。ノイズキャンセリングはシーンに合わせて最適な量を打ち消してくれる「アクティブノイズキャンセリング」搭載。 通話の際には6つのマイクテクノロジーと風切り音防止機能が働き、どんな場所でも快適に会話できます。

SONY(ソニー) 「WF-1000XM3」

SONY「WF-1000XM3」

■遮音性:★★★★☆ ■音質 :★★★★★ ■急速充電:充電10分で90分再生可能 ■連続再生時間:6時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:クイックアテンションモード、外音取り込みモード 完全ワイヤレスイヤホンでは初となる「ハイレゾ相当」アップコンバートを実現したイヤホンです。CDやストリーミングといった圧縮音源の高音域を補完するDSEE HXを完全ワイヤレスで初搭載している圧巻の音質を持っています。 ノイズキャンセリング機能を持ちながらもとことん音質にこだわる、そんなイヤホンを探している人におすすめできる製品です。

Apple(アップル)「AirPods Pro」

Apple「AirPods Pro」ン

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★☆☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:4.5時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:外部音取り込みモード、耐汗耐水 街中でよく見かける大人気シリーズ「AirPods」のモデルです。ファッション性も高く、世界中の著名人の間でも愛用者が多いです。またすべてのApple製デバイスで簡単に設定できる互換性の高さは、Appleユーザーにはありがたい仕様です。

Technics(テクニクス)「EAH-AZ70W」

Technics「EAH-AZ70W」

■遮音性:★★★★★ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:充電15分で70分再生 ■連続再生時間:6.5時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:防滴仕様(IPX4相当) LifeStyleVGP2021Blutooth完全ワイヤレスイヤホン部門で金賞を受賞した、実績のあるイヤホンです。ノイズキャンセリング機能は、業界最高クラスの「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載。躍動感のある高音質も相まって人気の高い製品です。 専用アプリには紛失したイヤホンを捜索できる「ヘッドホンを探す」機能も付属。何かと落としやすいワイヤレスイヤホンにはありがたいシステムです。

BOSE(ボーズ)「QuietComfort Earbuds」

BOSE「QuietComfort Earbuds」

■遮音性:★★★★★ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:6時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:防滴(IPX4相当) 11段階のアクティブノイズキャンセリング機能を持つ、騒音低減能力に長けたイヤホンです。シーンに合わせて最適なノイズキャンセリングレベルを選択することができます。本体のタッチ操作は専用アプリ上で自由度高く設定可能。使いやすさを追求できます。 BOSE独特の圧力ある重低音もしっかり健在。音質面も問題ありません。

【つけ心地が大事!スポーツや長時間の移動におすすめ】

SONY(ソニー)「WF-SP800N」

SONY「WF-SP800N」

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★☆☆ ■急速充電:充電10分で60分再生可能 ■連続再生時間:13時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:防水防塵(IPS5相当)、外音取り込みモード 運動時の気持ちも高める迫力の重低音を持つ、スポーツモデルのノイズキャンセリングイヤホンです。アークサポーター搭載で安定した装着感を実現、激しい動きにもブレない安心感があります。 防水防塵機能もしっかり搭載。汗や雨を気にすることなく使用でき、運動後には軽く水洗いも可能です。

Audio Technica(オーディオテクニカ)「ATH-CKR70TW」

Audio Technica「ATH-CKR70TW」

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★★★ ■急速充電:充電15分で100分再生可能 ■連続再生時間:7時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:サイドトーン機能(装着時でも自然に通話)、クイックヒアスルー機能 充電ケース併用で最大約20時間の連続再生時間を持つタフネスなノイズキャンセリングイヤホンです。音にも徹底してこだわられており、専用設計のφ5.8mm ドライバーが楽曲の世界観を忠実に再現します。 通話能力にも長けており、相手に明瞭な声を届けるビームフォーミング技術や自然の通話をサポートするサイドトーン機能を搭載。イヤホン着用時でもスムースな通話が可能です。

【やっぱり有線派!の貴方に】

Bose(ボーズ)「QuietComfort 20」

Bose「QuietComfort 20」

■遮音性:★★★★☆ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:16時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:Aware(外部音取り込み)モード 周囲の音をしっかり打ち消すBoseノイズキャンセリングテクノロジーと柔らかくフィットする独自のStayHear+イヤーチップにより、長時間の使用でも聴き疲れすることなくBOSEの高音質が楽しめるモデルです。 サウンドはBOSEの個性的な迫力ある重低音を残しながらも、最新技術により深みのあるクリアな印象も付与。あらゆるジャンルを心地よく聴けるイヤホンです。

Pioneer(パイオニア) 「RAYZ Plus SE-LTC5R-S」

Pioneer「RAYZ Plus SE-LTC5R-S」

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:記載なし ■アプリ:未対応 ■その他機能:HearThru(外部音取り込み)モード、オートポーズ ノイズキャンセリングはHearThru(外部音取り込み)モードのほか、イヤホンを外すと音楽再生を自動停止・装着し直すと自動再生してくれるオートポーズ機能も搭載。HearThruモードは外部の音を適度に取り込み、使い勝手の良いものとなっています。 さらに本製品はLightning接続からの電力供給でバッテリーが不要。iPhoneを充電しながら通話や音楽再生が可能な充電用ポートを持つ利便性の高いイヤホンです。

TaoTronics(タオトロニクス) 「SoundElite 71」

TaoTronics 「SoundElite 71」

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:充電1.5時間で18時間の再生可能 ■連続再生時間:18時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:防水(IPX7相当) 3000円台のお買い得な価格ながらも高音質コーデックAAC・aptXだけでなく、最新のapt-X HDコーデックに対応しているハイコストパフォーマンスのノイズキャンセリングイヤホンです。 Bluetooth5.0にも対応、超低遅延で快適に音楽鑑賞できます。さらに防水機能は最高峰のIPX7相当。雨や汗からイヤホンを保護するナノコーティングにより、 悪天候のランニングや汗をかくスポーツトレーニングでも問題なく使用できます。

【1万円前後で買えるコスパ最強ノイキャンイヤホン】

HUWEI(ファーウェイ)「FREEBUDS 3」

HUWEI「FREEBUDS 3」

■遮音性:★★★★★ ■音質 :★★★☆☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:4時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:風ノイズ低減機能 世界初のオープンフィット型アクティブノイズキャンセリングイヤホンです。オープンフィット型(インナーイヤー型)のイヤホンの中では最高クラスのノイズキャンセル性能を持ちます。 さらに骨伝導センサーと風ノイズ低減機能を内蔵。骨の振動から使用者の声を拾い、また周囲のノイズもきれいにカットしてクリアな通話音を実現しています。

JVC「HA-A50T」

JVC「HA-A50T」

■遮音性:★★★★☆ ■音質 :★★★☆☆ ■急速充電:充電10分で1時間再生可能 ■連続再生時間:8時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:防水(IPX4相当)、周囲音取り込み機能 口径10mmの高音質ドライバーによりノイズキャンセリング機能を強化した上、低反発のイヤーピースも付属しさらなる高い遮音性を実現したイヤホンです。1万円以下で一通りの機能を備えている、コスパ抜群の製品であると言えます。 イヤホンを付けたままで会話が可能なタッチ&トーク機能と軽いタッチで操作ができるタッチコントロールも搭載され、使用感も抜群です。

Anker(アンカー)「Soundcore Liberty 2」

Anker「Soundcore Liberty 2」

■遮音性:★★★☆☆ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:5時間 ■アプリ:対応 ■その他機能:防水(IPX7相当) Soundcore独⾃のBassUpテクノロジーを搭載。聞いている⾳楽の低周波⾳域を即座に分析し、低⾳域を約43%増幅させる、大迫力の重低音が楽しめるイヤホンです。EDMやダンスミュージックを好んで聞く人には相性の良い一品であると言えます。 最大20時間(充電ケース使用時)の長時間再生可能な仕様のほか、防水規格は最大のIPX7へと進化。多方面に優れた機能性を持つユーズフルな製品です。

AVIOT「TE-D01m」

AVIOT「TE-D01m」

■遮音性:★★★★★ ■音質 :★★★★☆ ■急速充電:なし ■連続再生時間:10時間 ■アプリ:未対応 ■その他機能:アンビエントマイク ノイズキャンセリング機能はその構造上どうしても音質の劣化が発生してしまうものですが、本製品は⾳質への影響がほとんどなく、かつ⾼精度なノイズキャンセレーション効果を実現する「マイルドANC」を搭載したモデル。さらに動画再⽣やゲームで⼒を発揮する低遅延な新しいコーデック、aptX Adaptiveにも対応しています。 ⼀般的に欧⽶⼈より⼩さな⽇本⼈の⽿の形状を徹底的にリサーチした上で形作られた本体は、男女や耳の形を選ばない、誰にでもフィットする極上のイヤホン。プロミュージシャンたちにも愛用者が多い、信頼性の高い一品です。

自分に合ったノイズキャンセリングイヤホンで快適な音楽生活を送ろう!

ノイズキャンセリングイヤホン

いかがでしたでしょうか。

今回は、あらゆるシーンで音楽を楽しめるノイズキャンセリングイヤホンについて、その選び方と用途別のおすすめ商品を紹介しました。

ご自身の用途に合ったピッタリの一品を購入して、極上の音楽体験を手に入れてみてはいかがでしょう。

イヤホンだけでなく「自宅の音響にもこだわりたい人」
は以下の記事もチェックしてみましょう!