2020年11月11日更新

スマホ画面を簡単に投影!Android・iPhone対応プロジェクターのおすすめ紹介

スマホ画面を簡単に投影!Android・iPhone対応プロジェクターのおすすめ紹介_サムネイル

「プロジェクターで大迫力の映像を楽しむ……」想像しただけでワクワクしませんか?実はスマホを持っているなら、スマホ対応プロジェクターさえあれば、コレが実現できちゃうんです!そこで本記事では、スマホ対応プロジェクターの選び方+おすすめを紹介します。

目次

【エンタメ好き必見!】スマホ対応プロジェクターなら、手軽に大迫力の映像が楽しめる

BenQ、スマホ対応プロジェクター

スマホ対応のプロジェクターがあれば、DVDプレーヤーやノートパソコンなどの大きめの機器を用意せずとも、手軽に映像を投影できます。また携帯性に優れた製品も多く販売されているため、持ち運びがしやすいのも嬉しいポイント。

この記事では、スマホ対応プロジェクターの選び方や、おすすめ製品などを解説していきます。特に記事の最後では、アロマディフューザー・フェアリーライトなど、「エンタメを楽しむ雰囲気作り」に一役買ってくれるグッズも一挙紹介!スマホ対応プロジェクターだけでなく、エンタメ好きの人も必見です!

※記事の内容は2020年11月現在の情報を元に執筆しています。価格などが実際のものと異なる場合があるため注意してください。

スマホ対応プロジェクターの選び方は?

選び方6つのポイント
①スマホとの接続方式
②ルーメンをチェック
③サイズ・重量もチェック
④電源方式
⑤スピーカーの有無
⑥解像度

まずはスマホ対応のプロジェクターを選ぶ時に、確認しておきたいポイントを6つ紹介していきます。HDMI・Wi-Fi接続などの「接続方式」や、内蔵バッテリーの有無などを確認すると製品を選びやすくなるでしょう。

ポイント1:スマホとの接続方式をチェック!

BenQ、スマホ対応プロジェクター

スマホとプロジェクターの接続には、有線接続とワイヤレス接続の2つの方法があります。

有線接続ではHDMIケーブルを使用するのが一般的で、スマホ以外にも「DVDプレーヤー」や「Switchなどのゲーム機器」などに接続できるのがメリットです。しかしスマホの端子に合った「HDMI変換アダプター」を用意する必要があります。

一方ワイヤレス接続は、Wi-FiやBluetoothなどを利用した接続です。ケーブルを使用せずかさばらないのが魅力ですが、有線接続に比べて接続が不安定になる可能性があります。

ポイント2:明るさ(ルーメン)をチェック

プロジェクターから投映される映像は、明るさによって見えやすさが変化します。明るさの単位はルーメン(lm)で表され、数字が大きいほど明るい映像を投影可能です。部屋の大きさや明るさで目安の明るさは変わってきます。

家庭で使用する場合、暗い場所では1,000ルーメン以上、明るい場所では2,000ルーメン以上を目安に投影可能な製品を選ぶと良いでしょう。主な使用場所で部屋の暗さを調節できない場合は、できるだけ明るく投影できる製品を選ぶのがおすすめです。

ポイント3:本体サイズ・重量を確認

プロジェクター、スマホ

プロジェクターのサイズは、製品によって変わってきます。置き場所のスペース・環境など、使用するシチュエーションに合わせて選択するのがおすすめです。

自宅で使用するなら据え置き型のある程度重い製品で構いませんが、持ち運びを考えるならできるだけコンパクトな製品の方が扱いやすいでしょう。

またプロジェクターを頻繁に持ち運ぶ場合は、重量にも注意が必要です。あまり重い製品は持ち運びに適さないため、1kg程度を目安に選ぶと良いですね。

ポイント4:給電・電源方式をチェック

プロジェクターを持ち運ぶ場合は、給電方式も考慮しましょう。バッテリーを内蔵した製品なら、あらかじめコンセントに繋いで給電できます。そのため周囲にコンセントがない環境でも使用可能。しかし稼働時間に限りがあり、消費電力やバッテリーの容量によって変化します。

長時間使用する場合はコンセントに繋いで使用すると良いでしょう。またUSB給電に対応している製品なら、モバイルバッテリーからの給電も可能です。

ポイント5:スピーカーの有無

スピーカーの有無、プロジェクター

スピーカーの有無も、プロジェクターを選ぶ基準のひとつです。映画など音声を出力する必要がある場合、スピーカーは必須でしょう。「スピーカー内蔵のプロジェクター」を選べば用意する手間が省けるうえ、持ち運びの荷物も減らせます。

しかし据え置きで使用する場合や音質を重視する場合など、「外付けのスピーカー」を使用した方が良い場合も。プロジェクターの使用環境に合わせて選択するのをおすすめします。

ポイント6:解像度をチェック

投影される「映像の綺麗さ」に関わるのが解像度です。フルHDを例に上げると「1920×1080」といった数値で表されます。数値が高いほどより高精細な映像を投影可能。

解像度が低いと文字が潰れて見づらくなるといった不都合が生じる可能性があるため、用途に応じて見やすい解像度の製品を選びましょう。

ビジネス用途でプレゼンテーションなどに使用するならXGA(1024×768)程度の製品でも十分です。映画・アニメ・ドラマなどのエンタメを楽しむなら、より高解像度のフルHD・4K対応の製品を選ぶと良いでしょう。

スマホ対応プロジェクターから投影するのに、必要な環境は?

スマホ対応のプロジェクターから投影するために、いくつか注意したいポイントがあります。以下でより楽しむための工夫も含めてみていきましょう。

スクリーンや白い壁

プロジェクターの映像を投影する場合は、ある程度の広さを持つ白い壁が必要です。色付きの壁にも投影できますが、映像の色を満足に再現できないため白色が良いでしょう。また投影する映像の大きさによって必要な壁の広さも変わってきます。

プロジェクターによって投影できる映像のサイズも変わりますが、100インチ程度で投影したいなら幅約2.2m、高さ約1.2mの広さが必要でしょう。壁に投影できない場合は、天井やスクリーンに投影して視聴することも可能です。

インターネット環境を整える

インターネット パソコン フリー素材

プロジェクターによって異なりますが、「ワイヤレス接続」に対応している場合は、Wi-Fiを利用して機器を接続する場合があります。そのため使用する場所にインターネット環境が必要でしょう。

またストリーミングサービスなどを利用して動画視聴する場合も、高速な回線を用意した方がストレスなく楽しめます。スマホのデータ通信のみではまかないきれない可能性もあるため、特に自宅で使用する場合はインターネット回線の契約がおすすめです。

NetflixやU-NEXTのアカウントがあると、もっと楽しめる!

Netflix(ネットフリックス)やU-NEXT(ユーネクスト)などのVODサービスを契約すると、Netflixなら月額800円から、U-NEXTなら月額1990円と月一定額の支払いで映画やアニメなどを楽しめます。スマホやタブレットから視聴できるため、プロジェクターを繋げば大画面で映像を楽しめるでしょう。

各VODサービスによって利用料金や視聴できるコンテンツが異なります。よく比較して予算内で自分の視聴したいコンテンツを含むVODサービスを選びましょう。

【おすすめのスマホ対応プロジェクター】6選紹介!

おすすめのスマホ対応プロジェクターを6つ紹介していきます。サイズや内蔵バッテリーの容量などを比較して、自分に合った製品を探してみてください。

Anker(アンカー)「Nebula Capsule II」

Ankerから販売されている「Nebula Capsule II」は、Googleの「Android TV 9.0」を搭載したプロジェクター。そのためスマホを接続せずとも、本体のみでVODサービスなどを利用できます。

9,700mAhの大容量バッテリーを搭載しており、Wi-Fi使用時で2.5時間程度の連続稼働が可能です。Chromecastにも対応しているため、Android・iOS双方からアプリをキャストできます。接続はHDMIケーブルだけでなくBluetoothやWi-Fiにも対応しており、ワイヤレス接続が可能なのもポイント。

USB給電も可能で、別途モバイルバッテリーを用意すれば更に長時間稼働できるでしょう。

BenQ(ベンキュー)「GV1」

BenQ製の「GV1」は幅、奥行き8cm、高さ15.5cmと、持ち運びに便利なサイズ感のプロジェクターです。HDMI接続のほかUSB-Cにも対応しているため、特にAndroid端末との相性が良い製品となっています。スピーカーを内蔵しており、Bluetoothスピーカーとしても利用可能な製品です。 100インチサイズの映像を投影可能で、自動台形補正機能が付属。また本体上部を可動させて15度の傾斜をつけられるため、最大77cmまで映像を上へ移動できます。そのため投射位置の調整も楽にできるでしょう。

Artliiのミニプロジェクター

Artliiのミニプロジェクターは幅約11cm、奥行き約9.8cm、高さ約3.8cmと手のひらに収まるコンパクトサイズのプロジェクターです。重さも約380gと軽量で、持ち運びしやすいのが嬉しいポイント。 約2時間〜3時間の連続使用に耐えられる5200mAhのバッテリーを内蔵しており、モバイルバッテリーからの給電も可能。そのためコンセントが周囲に無くても使用できます。Wi-Fiを利用したワイヤレス接続も可能。 120インチの大画面で投影できるうえ、自動台形補正機能により細かな画面調整も簡単です。ビジネスなどで、頻繁にプロジェクターを持ち運ぶ場合におすすめの製品。

iOCHOWのミニプロジェクター

iOCHOWのミニプロジェクターは、2,000ルーメンの明るさで投射可能な製品です。そのため明るい場所でも、見やすい映像を投影できるでしょう。三脚を使わずとも本体をひねることで角度をつけられ、0度〜90度の間で調節できます。可動域が広いため、天井に投射可能なのもポイントです。 台形補正機能付きで、映像の位置調整にも困りません。また6500mAhのバッテリーを内蔵しており、約1.5時間の連続稼働が可能です。スピーカー内蔵で音声出力もでき、オーディオケーブルを繋げばヘッドフォンやスピーカーに切り替えることもできます。

Q-PROのミニプロジェクター

Q-PROのミニプロジェクターは、Android OSを搭載したプロジェクターです。アプリを本体に直接インストールでき、本体のみでもYouTubeやAmazonプライムビデオが楽しめます。一辺が5.5cmのコンパクトなキューブ状のデザインで、重さも174gとかなり軽量です。 映像はフルHDの高解像度に対応しているうえ、最大120インチの大画面で投影できます。そのため映画の視聴にも向いている製品ですね。スピーカーへの接続も、Bluetooth・AUX端子双方に対応しています。 付属の三脚で投射角度を調整できるのもポイント。2850mAhの内蔵バッテリーを備えており、約2時間の稼働が可能な製品です。

SONY(ソニー)「MP-CD1」

ソニー製の「MP-CD1」は薄型のスマホのようなデザインが特徴の製品です。本体重量が約280gと軽めなうえ、胸ポケットに収まるサイズ感で便利に携帯できます。5,000mAhの内蔵バッテリーで約2時間の駆動が可能。USBモバイルバッテリーとして使えるのも魅力で、USB-A端子から機器へ出力できます。 本体側面のフォーカススライドキーにより、焦点の調整もシームレスに可能です。起動が約5秒と高速で、シャットダウンも2秒ほどで完了。すぐに使えて片付けの手間もかからないため、待機時間を少なくしたいビジネスシーンで使用できる「高スペックな商品」と言えるでしょう!

1万5千円以下のスマホ対応プロジェクター!コスパの良いおすすめモデル

以下では1万5千円以下で購入可能なモデルを紹介していきます。コストパフォーマンスが良く、初めてプロジェクターを購入する場合にもおすすめです。

POYANKのプロジェクター

POYANKのプロジェクター、スマホ対応

POYANKのプロジェクターは、Amazonでの価格が9,000円台の製品です。4,500ルーメンでの映像出力が可能で、かなり明るく見やすい映像を投影できます。明るい場所でも問題なく使用できるでしょう。Wi-Fiを利用したワイヤレス接続も可能で、スマホへの接続も簡単です。 またHDMI端子も付属しており、DVDプレーヤーやゲームハードなども接続できます。そのため幅広い用途で使用できる製品でしょう。マイクロSDカードから動画や音楽を再生できるのもポイントです。

TOPVISIONのプロジェクター

TOPVISIONのプロジェクター

TOPVISIONのプロジェクターはAmazonで約8,000円の製品です。幅18.5cm、奥行き15cm、高さ7.5cmと小型ながらも、内部に音の再現性が高いHiFiスピーカーを2つ備えています。そのため別途スピーカーを用意する手間が省けるでしょう。 また176インチの大画面かつ、3800ルーメンの明るさでの投影が可能。排熱ファンの音が小さく低騒音なため、映画の視聴の際にもおすすめできます。ランプの寿命が50,000時間と長く、耐久性も高い製品です。

ELEPHASのプロジェクター

ELEPHASのプロジェクターはAmazonでの価格が約9,000円の製品です。Wi-Fiを利用した無線接続ができるうえ、スマホの充電に使うUSBケーブルを用いた有線接続も可能となっています。そのためスマホに接続するHDMIの変換端子を別途用意する必要がなくなるでしょう。 入力形式が多様でHDMI・VGA・USBに対応しており、周辺機器との互換性が高いのもポイントです。最大投影サイズが200インチと大きく、大画面で映像を楽しみたい場合におすすめの製品と言えます。

YABERのプロジェクター

YABERのプロジェクターはAmazonでの価格が1万円程度の製品です。3年のメーカーサポートがついているため、不具合が起こっても安心。投影できる映像の明るさは5,500ルーメンと非常に明るく、使う場所の明るさを気にせず使用できるでしょう。 プロジェクターからスクリーンまでの距離を調節して、42インチ〜200インチまでの映像を投影可能です。また画面縮小機能で投影サイズを25%縮小できるため、細かな投影サイズの調整も可能でしょう。

プロジェクターと一緒に買うと便利なおすすめグッズ!【可愛くおしゃれに楽しみたい人向け】

プロジェクターと一緒にビーズクッションやアロマディフューザーなどのリラックスグッズを購入すれば、プロジェクターでの映像体験の質を高められるでしょう。以下では便利なおすすめグッズをいくつか紹介していきます。

フェアリーライト:スクリーンの周りやカーテンに付けて、雰囲気を高める!

フェアリーライト、おしゃれ

手軽に部屋の雰囲気作りができるフェアリーライトは、部屋を暗くして映画を楽しむときにぴったりなグッズです。小さめのライトが連なった形状であり、部屋のカーテンに吊り下げるだけでも幻想的な雰囲気を演出できるでしょう。 製品によってライトの色もさまざまで、白色だけでなく青や赤なども存在します。また星型や花形といったようにライトの形状も違うため、お気に入りの製品を探して自分だけの空間を作り上げてみてください。

テレビ枕や、ビーズクッション:楽な姿勢でエンタメを楽しめる!

自宅でプロジェクターを使って映画鑑賞を楽しむ際には、身体を預けるリラックスグッズが重宝します。たとえばテレビ枕は、横になって画面を見るときに首の角度を最適に保ってくれる製品です。 体が沈み込むビーズクッションも柔らかな感触が心地良く、好きな姿勢で映画鑑賞を楽しむのにうってつけでしょう。どちらも楽な姿勢を維持するのに役立つため、リラックスした環境で映画を楽しむのにおすすめできます。 サイズや形状などが異なるため、設置場所に合ったものを選びましょう。

アロマディフューザー:お部屋の匂いで、リラックス効果UP!

アロマディフューザー、ホームシアター

部屋中に香りを広げてくれるアロマディフューザーは、気分を落ち着けてくれるグッズです。リラックスしながら映画を鑑賞したい場合に向いているでしょう。製品によって香りを広げる方法が異なるほか、部屋の広さによって適切な製品も変わってきます。 広い部屋に設置する場合は香りを部屋中に行き渡らせる必要があるため、超音波式などの拡散力の強い製品がおすすめです。反対に狭い部屋では香りが強くなりすぎないよう、拡散力の弱いフィルター式などの製品を選ぶと良いでしょう。

ポップコーンメーカー:気分は映画館!ホームパーティーにも使える

ポップコーンメーカー

「映画のお供にはポップコーンが欠かせない」という人も多いのではないでしょうか?出来たてのポップコーンを自宅で手軽に楽しみたいなら「ポップコーンメーカー」も一緒に購入しましょう。キャラメル味やカレー味など、自分好みにポップコーンの味を調整できるのもポイントです。 調理方法によって主に電気・電子レンジ・直火の3タイプに分類されます。手軽に調理するなら「電子レンジタイプ」がおすすめで、チンするだけで油を使わずにヘルシーに調理可能です。

プロジェクターと一緒に買うと便利なおすすめグッズ!【本格的に楽しみたい人向け】

ホームシアターなどを設営して臨場感あふれる映像を楽しみたい場合は、スクリーンやスピーカーなどが必要になります。それぞれの製品の特徴をみていきましょう。

スクリーン:白い壁でも良いけど……スクリーンならもっと綺麗

壁に投影するよりも綺麗な映像を楽しみたいなら、スクリーンを用意しましょう。特に映画を楽しみたい場合におすすめです。サイズも50インチから220インチ以上のものまで多様で、投影したい映像のサイズに合わせて選べます。 部屋に遮蔽物となる物が多くあり、投影できる壁がない場合にも重宝するでしょう。天井に固定する巻き上げ式のスクリーンなら、収納も簡単で場所を取りません。またブラックマスクと呼ばれる黒く縁取りされたスクリーンには、映像を引き締める効果もあります。

スピーカー:ホームシアターの音響をグレードアップ!

スピーカー

迫力ある音声を楽しみたいなら、外付けのスピーカーを用意しましょう。Bluetooth接続が可能なスピーカーであれば、スマホとのワイヤレス接続も簡単にできます。 そのため購入前には、スピーカーの接続方法を必ず確認しましょう。また低音を強化したい場合はサブウーファーが付属しているスピーカーもおすすめ。広がりのある低音で映像の臨場感をきっと高めてくれるでしょう。

防音グッズ:隣人トラブルの防止に!

スピーカーやプロジェクターでホームシアターを楽しむ場合は、音漏れに注意が必要です。特に集合住宅などで使用するなら、隣人とのトラブルを避けるためにも防音対策は必須でしょう。遮音カーテンや防音マットなどを利用して防音対策を施せば、床や窓からのある程度の音漏れを防ぐことが可能です。 音漏れが気になる場所に応じて設置しましょう。また重低音は振動が伝わりやすく音漏れもしやすいため、低音を担当するサブウーファーを設置している場合は重点的に防音対策を施したほうが無難です。

スマホで簡単にホームシアターを楽しもう!

本記事では、プロジェクターのおすすめ商品と選び方を解説しました。 また「ホームシアター構築・雰囲気作り」に便利なグッズも紹介。この記事を参考にして、手軽に楽しいおうち時間を過ごしてくださいね!

「プロジェクター全般」については
以下の記事もチェック!