2021年2月18日更新

松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士-」が映画化!新ヒロインを大予想

『99.9』

松本潤主演の人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の映画化が決定!共演の香川照之も再びキャスティングされ、新ヒロインも気になる本作の最新情報を紹介します。

目次

『99.9-刑事専門弁護士-』映画化決定!松本潤、香川照之と組む新ヒロインは誰だ!?

松本潤主演の人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の映画化が決定し、2021年冬に公開することが発表されました。松本潤にとっては「嵐」の活動休止後、俳優としての初仕事であり、主演映画は2017年の『ナラタージュ』以来4年ぶりとなります。 『99.9-刑事専門弁護士-』は刑事事件を専門とする弁護士たちの奮闘を描いたリーガルドラマ。松本潤は主人公の型破りな弁護士・深山大翔を演じました。 シーズン1は2016年、シーズン2は2018年に放送され、平均視聴率はシーズン1が17.2%、シーズン2が17.6%を記録。シーズン2最終話の視聴率は21.0%にまで達したヒットドラマです。 ドラマで共演した香川照之の続投、さらに新ヒロインの登場も示唆され、ますますその全貌が気になる本作。この記事では作品の概要を紹介し、新ヒロインのキャスト予想にも触れていきます。

「99.9」あらすじ紹介!個性豊かな面々の小ネタを交えた会話が魅力

本作のタイトル「99.9」は、刑事事件で起訴された被告人が裁判で有罪になる確率「99.9%」を意味しています。 日本は世界一の有罪率を誇っていますが、つまり1度起訴されれば裁判で無罪になる確率は0.1%!深山はその0.1%をあきらめず、事実を追求して冤罪を阻止しようとこだわりを持つ型破りな弁護士です。 そんな深山とは犬猿の仲ながら、チームを組んで協力する元検事の敏腕弁護士・佐田篤弘を香川照之が演じています。劇中では深山が繰り出すオヤジギャグで、佐田だけ大笑いするのが定番です。 さらにプロレスネタなど小ネタが満載で、片桐仁やマギーが演じるパラリーガルたちは個性豊かな面々ばかり!ユーモアを交えつつ、緩急をつけた展開が人気を博しました。

新ヒロインは杉咲花や黒木華?予告動画のヒントから予想を検証

映画化の発表とともに公開された超特報でも、映画版の新ヒロインが登場することが示唆されています。しかし発表直後の段階では、公式サイトも新ヒロインがシルエットで表示されているため、ネット上では様々なキャスト予想が挙がっているようです。 これまでのヒロインは、シーズン1で榮倉奈々が演じたプロレス好きの弁護士・立花彩乃、シーズン2で木村文乃が演じた元裁判官の弁護士・尾崎舞子が登場してきました。

予告動画に隠されたヒント

超特報には始まって11秒辺りに「1=7、II=23、M=87」の文字が一瞬だけ映っています。 これが新ヒロインのキャストに関係あるのではないかと予測されているのです。ヒントの数字はそれぞれ「シーズン1=7(なな)で榮倉奈々」、「シーズンII=23(ふみ)で木村文乃」であるとし、「M=87(はな)」でMovie(映画版)のヒロインは名前に「はな」が付く女優ではないかと噂されています。 そこから最有力候補として名前が挙がっているのが杉咲花。ただし弁護士を演じるには若すぎるという意見もあり、さらに「華」が付く黒木華や多部未華子も候補に挙がっていました。

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』をおさらい!全話ネタバレあらすじも

シーズン1あらすじ

深山大翔は、弁護士の収入としては乏しい刑事事件を専門に扱うこだわりを持った弁護士。パラリーガルの明石達也とともに数々の依頼で無罪を証明していました。 そんな時、大手法律事務所の所長・斑目春彦から新設する「刑事事件専門ルーム」にヘッドハンティングされます。 明石も深山とともに班目法律事務所に移り、刑事事件専門ルームには室長に任命された佐田篤弘、弁護士の立花彩乃やパラリーガルの藤野宏樹と戸川奈津子も加わって、チームとして刑事事件に取り組むことに。 刑事事件は“金にならない”と渋々ながら室長となった佐田は、0.1%の事実追及に執念を燃やす深山とは事あるごとに対立。それでも1つずつ事件を解決する度に、互いに信頼関係を築いていきます。

シーズン2あらすじ

班目法律事務所で刑事事件専門の弁護士を続けていた深山大翔。しかし彼の型破りな調査方法に付いていけず、何人もの弁護士が辞め、室長も定着していませんでした。そんな中、所長の班目は元室長の佐田を再び刑事事件専門ルームの室長として呼び戻します。 元裁判官の尾崎舞子は依頼人の友人として付き添いで班目法律事務所に来たことをきっかけに、刑事事件専門ルームに籍を置くことになりますが、考え方の違いで度々深山と衝突することに。 実は舞子は、弟が刑事事件を起こしたことで、1度法曹界とは距離を置いておいていました。一方、深山が冤罪を憎む理由は彼の過去にあり、それが徐々に明らかになっていきます。

個性派キャストたちが続投決定!型破りな弁護士たちが帰ってくる

新ヒロインのキャスティングも大いに気になる映画版「99.9」。2021年2月18日現在、公式には主演を務める松本潤と佐田役の香川照之の続投のみが報じられています。 今後も新キャストが発表になった際には更新していきますので、続報をお楽しみに!

松本潤/深山大翔

主人公の深山大翔を演じるのは、ドラマシリーズから続投する松本潤。 2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で、大河初出演で初主演を務めるニュースも話題になったばかりですね。2020年末は国民的アイドルグループ「嵐」の活動を休止したことでも大きな注目を集めました。 映画版で3度目の深山役を務めることになった松本潤は、「僕の大好きなキャラクター『深山先生』をまた演じられる事をとても嬉しく思います」とコメント。 さらに「先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います!!」と意気込みを語っています。

香川照之/佐田篤弘

香川照之
©︎KEIZO MORI/UPI/Newscom/Zeta Image

班目法律事務所の刑事事件専門ルーム室長・佐田篤弘を演じるのは、ドラマシリーズから続投する香川照之。 2020年はドラマ『半沢直樹』での大和田暁役で再びブームをけん引し、NHKのEテレ番組「昆虫すごいぜ!」では昆虫愛がさく裂する「カマキリ先生」としても活躍しました。 「99.9」佐田役については、「『99.9』は、私が一番『私自身』でいられる唯一無二のコンテンツ。『演技』をしているという実感がいい意味で無い」と語っており、役柄に親近感がある様子。 映画化に当たっては「映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです」と期待をにじませています。

映画「99.9 -刑事専門弁護士- THEMOVIE (仮題)」は2021年冬公開!続報を待て

松本潤が主演を務め、個性豊かなキャストが集結してヒットドラマシリーズに成長した『99.9-刑事専門弁護士-』。映画版は『99.9-刑事専門弁護士- THEMOVIE (仮題)』のタイトルで2021年冬に公開が予定されています。 新ヒロインにも注目が集まる中、あらすじやさらなる仕掛けも気になるところ。続報に期待です!