2021年12月16日更新

漫画『ワールドトリガー』全巻無料で読めるアプリ・サービスを調査!

2013年11月より『週刊少年ジャンプ』や『ジャンプスクエア』にて連載中の葦原大介による漫画『ワールドトリガー』。本作は、その独特の世界観や魅力的なキャラクターなどで多くのファンをひきつけています。 本記事では漫画『ワールドトリガー』を無料で読める漫画サービスがないのか調査しました。まずは結論から見ていきましょう!

結論

複数のサービスを実際に利用し調査した結果、『ワールドトリガー』を全巻無料で読めるアプリや方法はありませんでした。


しかし、コミックシーモアなら今すぐ1冊目を半額で読めることが分かりました!

まるっと1冊分が半額に!

漫画『ワールドトリガー』を全巻読めるサービス一覧

サービス 配信状況 試し読み
コミックシーモア 半額クーポンを
ゲットする

※配信状況は12月16日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

コミックシーモアなら『ワールドトリガー』を今すぐ半額で読める!

迷ったらこれ!品揃え・お得感・機能性のバランスが最高

おすすめポイント

  • 無料で読める作品が多い
  • 安心のネームバリュー
  • 個別購入と読み放題を選べる

注意点

  • ビジネス書は少なめ

コミックシーモアでは『ワールドトリガー』1冊分を今すぐ半額で読むことが出来ます。 コミックシーモアは作品ラインナップ・お得感・機能性など全てがバランスよく揃った電子書籍サービス。老舗で安心感もあるので、電子書籍を初めて使う場合や、迷ったときにはコミックシーモアを選んでまず間違いないでしょう。 無料で読める作品数は業界屈指の約1万4000冊。マイナー作品だけでなく、有名作品も一部無料で読むことができます。また通常購入だけでなく、月額制の読み放題プランやレンタルプランもあるので自分にあった方法で漫画ライフを楽しむことができます。 ただし、ビジネス書の取り扱いが少ない点には注意が必要です。

まんが王国ならポイント還元で『ワールドトリガー』がお得に!

お得感No.1の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 最大50%のポイント還元がかなりお得!
  • 毎日参加できるキャンペーンが多い

注意点

  • マイナー作品は少なめ

まんが王国でも『ワールドトリガー』を配信中です。 まんが王国はお得感の強い電子書籍サービス。最大50%のポイント還元機能が特に強みで、ポイントを購入・使用するたびにポイントバックを受けることができます。 サイトを訪れることで毎日貰えるポイントや、クーポンがもらえるおみくじなど小さなキャンペーンも多く、お得に漫画を読みたい人におすすめのサービスです。 ただし、マイナー作品のラインナップが少なめなのが難点。有名作品を中心に楽しみたい人にまんが王国はおすすめです。

U-NEXTでは『ワールドトリガー』1巻目を無料で楽しめる

アニメも雑誌も見放題!総合エンタメサービス

おすすめポイント

  • アニメも雑誌も見放題で楽しめる
  • 初回登録で600円分のポイントがもらえる

注意点

  • 使わなかった月でも料金がかかる

U-NEXTでも『ワールドトリガー』が配信中!初回登録でもらえるポイントを使えば、作品によっては1冊無料で読むことができます。 U-NEXTは漫画だけでなく、アニメも雑誌も楽しめる電子書籍サービス。漫画購入だけでなく、動画見放題と雑誌読み放題もプランに含まれるため、まるっとエンタメを楽しめます。 初回登録から1ヶ月間はトライアル期間となり、見放題の映像作品が無料で観られるほか、電子書籍の購入に使える600円分のポイントをもらえるのも嬉しいポイント。 ただしあまり使わなかった月でも月額料金が発生するため、たまにしか漫画やアニメを楽しまない人には向かないサービスです。

ebookjapanは『ワールドトリガー』を全巻まとめ買いする人におすすめ!

使いやすい!機能性が魅力の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 初回特典で50%オフクーポンが6枚貰える
  • 背表紙表示機能が魅力
  • PayPay還元が嬉しい

注意点

  • ビジネス書・雑誌は少なめ

ebookjapanでは『ワールドトリガー』を最大6冊半額で読むことができます。 ebookjapanは機能性が高い電子書籍サービス。シンプルで使いやすいホーム画面や、制度が高い検索機能などが評価されています。また購入した作品を背表紙で並べられる「本棚機能」は唯一の魅力。 さらに、PayPayで支払うとボーナスポイントが返ってくるキャンペーンも曜日ごとに開催しているので、PayPay派の人にもおすすめのサービスです。 ただし、ビジネス書や雑誌の取り扱いは少ないので注意してくださいね。

漫画『ワールドトリガー』は漫画アプリで無料で読める?

少年ジャンプ+ 1話〜178話(20巻)まで無料
179話〜205話は有料
ゼブラック 1話〜178話(20巻)まで無料
179話〜205話は有料
めちゃコミック 1〜2話まで無料
2話〜205話は有料
LINEマンガ 有料
マンガBANG! 有料
ピッコマ 有料
マガポケ ×
コミックDAYS ×
マンガワン ×
マンガTOP ×
マンガUP! ×

漫画『ワールドトリガー』のアプリでの配信状況は上の表のようになっています。 少年ジャンプ+とゼブラックでは1話〜178話が無料で配信中。しかしそれ以降は有料となってしまいます。 漫画アプリの多くでは割引やキャンペーンがないため、全巻読むのであれば、コミックシーモアなどの電子書籍サービスがおすすめです。

漫画『ワールドトリガー』ってどんな作品?あらすじを紹介

本作は2013年11月より『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートしました。 その後作者の体調不良を理由に2年間の長期休載を経て、2018年からは『ジャンプスクエア』に移籍。2021年12月現在も連載中の作品です。

ジャンル少年漫画
作者葦原大介
巻数24巻(連載中)
作品タイプバトル
SF
メディア化TVアニメ

あらすじ

ワールドトリガー

多くの人々が暮らす三門市に、ある日突然異世界への門(ゲート)が開きます。その門から現れた近界民(ネイバー)と呼ばれる怪物は人間を恐怖におとしいれますが、謎の一団がネイバーを撃退。

界境防衛機関・ボーダーと名乗る彼らが近界民への対策を行ったことで平和がもたらされ、三門市の人々はごく普通の生活を送ることができるようになっていました。

三雲修(みくもおさむ)はボーダーの一員でありながらもそのことを周囲に隠していました。ある日彼の通う中学校に門の向こうから来た近界人の少年・空閑遊真(くがゆうま)が転校してきます。ひょんなことからお互いの素性を知った彼らは行動を共にすることを決め、同じくボーダー隊員の迅悠一(じんゆういち)や雨取千佳(あまとりちか)らと出会いながら成長していきます。

漫画『ワールドトリガー』の口コミ

吹き出し アイコン

1巻でドカン!ってくるわけじゃないのに、じわじわのめり込んじゃうMY BEST スルメ漫画です。単純なバトルじゃないから最初はちょっと慣れなかったけど、理解できるとびっくりするほど面白い。設定の緻密さで人ってこんなにワクワクできるんですね!キャラが多いけどそれぞれの個性が戦闘を通して見られるのも個人的に好きなところです。

(20代女性)

吹き出し アイコン

キャラクターの作り込みがずば抜けている作品です。戦闘シーンは単に派手だとかかっこいいだとかだけでなく、それぞれの強みや個性がいかされた描写が盛り込まれていて、見ていてワクワクが止まりません!少年漫画らしい爽快感もあり、全編通して楽しく観られます。今後伏線がどう回収されていくのかも気になるところです。

(30代男性)

漫画『ワールドトリガー』がカルト的な人気作となった3つの理由

1:変態的な伏線……!設定の作り込みが半端じゃない

公式キャッチコピーで「遅効性SF」と公言しているだけあり、本作の伏線は他作品と比べて多さも回収も圧倒的。各キャラクターの家族構成にまで及ぶ、異常なまでの詳細な設定がそれを可能にしています。 しかも多いだけではなく、圧巻の構成力が光る伏線の数々。キャッチコピー通り、後になってから効いてくる伏線ばかりなので、何度もはじめから読み返したくなってしまいます。 この何度も読み直させる構成こそ、本作に熱狂的なファンが多い理由といえるでしょう。公式からの発表でも、**単行本1巻を買った人は最新刊まで買い続けている人が非常に多いようです。

**気が付けば沼にハマって抜け出せなくなってしまう作品。それが『ワールドトリガー』です。

2:集団戦が基本!ジャンプ漫画には珍しい戦略性

ワールドトリガー

『ワールドトリガー』のもうひとつのキャッチコピーは「SF頭脳バトルの金字塔」。そのキャッチコピー通り本作は、SF×戦略×戦略バトルが絶妙なバランスで融合した作品となっています。特に戦略的な要素が良くわかるのが集団戦のシーンです。 1対1の勝負を描くことの多いジャンプ作品では珍しく、本作の戦闘シーンはほとんどが集団戦。しかも「圧倒的な力」という概念がなく、作戦、場所、時によって戦いの結果は変動します。ご都合主義や、根性論は一切なし。いい意味で少年漫画の常識を覆す、予測不能な展開に引き込まれてしまいます。 さらに本格的な戦略バトルを描いているのに、誰が読んでも楽しめるというのも本作の魅力です。複雑な話は苦手、と思っている人にも全力でおすすめできる作品となっています。

3:弱者はいかに戦うのか……。勇気の出る名言の数々

ワールドトリガー

本作の主人公である三雲修は、とっても平凡な少年です。「平凡だったけど突然強くなる」や、「本当は特別な力を持っていた」といった主人公らしい要素は一切なく、キャラデザまで本当に平凡。ボーダーの中でも最弱といわれる存在です。 修は、弱い上でどうやって最善を尽くすのかを常に考え、活路を見出すようになります。それでも圧倒的な力の差を前に、心が折れそうになることも。そんな弱い修だからこそ、彼の言葉はいつも切実でリアルで、胸に突き刺さってくるのです。 作中にはそんなリアルで胸に迫る名言が数多くみられます。修をはじめ、挫折して苦しむ中で必死に立ち上がろうとする少年少女たち。その中で発せられる彼らの言葉は、私たちの背中をグッと押してくれますよ。

『ワールドトリガー』の名ゼリフ

  • 「勝ち目が薄いからって……逃げるわけにはいかない」
  • 「ぼくはぼくのやるべきことをやる 反省は全部終わってからだ」
  • 「気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら じゃあ負けた方の気持ちはショボかったのかって話になるだろ」

アニメでは何巻まで描かれた?

『ワールドトリガー』
(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

アニメ『ワールドトリガー』は2014年に1stシーズンが放送され、2021年4月に2ndシーズン、そして2021年10月より3rdシーズンが放送中です。

1stシーズン1巻〜14巻
2ndシーズン14巻〜18巻

2021年12月現在、放送中の3rdシーズンでは19巻からの内容が描かれています。 何話完結になるのかなど詳細は発表されていませんが、原作のストックから考えると1クールの放送となるでしょう。内容はエピソードの区切りが良い23巻辺りまでと予想されます。

『ワールドトリガー』の気になる疑問とQ&A

『ワールドトリガー』を読むのに1番おすすめのサービスは?

『ワールドトリガー』を読むなら「コミックシーモア」がおすすめです。初回登録でもらえる50%オフクーポンを利用して、どれでも1冊半額で読むことができます。

『ワールドトリガー』はどんな人におすすめ?

漫画『ワールドトリガー』は戦略的なアクションが好きな方におすすめしたい作品です。しかし、圧倒的な演出と漫画力があるので「戦略とかややこしい」と思っている方も安心。人によって多面的に楽しめる作品ですよ。

漫画『ワールドトリガー』を全巻読むならコミックシーモアがおすすめ!【無料で1万冊以上が読める】

本記事では『ワールドトリガー』をお得に読むことができる方法について紹介しました。

比較した複数サービスの中で1番おすすめのサービスはコミックシーモアです。取扱作品数が多いので漫画を最も楽しめるサービスです。

まずは半額クーポンがもらえるので、ぜひチェックしてみてください。

今すぐ1冊目が50%オフに!