2017年7月6日更新

『ワールドトリガー』主要キャラクターと声優キャストまとめ

TVアニメ『ワールドトリガー』オリジナル・サウンドトラック

2016年現在も人気連載中の大人気漫画『ワールドトリガー』。期待度も高く、前半ジャンプランキングでも上位にいた今作のアニメで最も魅力的なキャラクターと声優を1人ずつピックアップして検証します。

人気アニメ『ワールドトリガー』

『ワールドトリガー』は、葦原大介の作品で、2013年11号から『週刊少年ジャンプ』で連載中です。

2014年5月にテレビアニメ化決定が発表され、人気漫画からのアニメ化に読者や関係者からは歓喜の声があがりました。しかし近年では、作者の体調不良が続き休載が目立って来ており、2016年現在も完結には至っていません。

4年半程前、舞台となる三門市に突然異世界へ通じている「ゲート」が開き、そこから近界民(ネイバー)と呼ばれる生物が現れます。

地球に来たネイバー達は人々を襲い始めます。そこへ、界境防衛機関「ボーダー」と名乗る謎の集団が彼らを撃退したのです。相変わらずゲートからはネイバーが出現していますが、ボーダーの活躍により三門市の人々は平和を保ち生活しています。

そして4年半後、三門市に転校生としてやって来たネイバーの空閑遊真が、三雲修との出会いから物語は始まります。

空閑遊真/CV:村中知

本作品の主人公の一人で近界民(ネイバー)の少年です。15歳の中学生で身長141cm。白髪で年齢の割には背が低く幼く見えます。

遊真は父親、空閑有吾と共に様々な近界国を巡っており、父親から戦闘技術等の様々なことを叩きこまれ、有吾と共に近界民の戦争に傭兵として参加していた人物です。そして父の死後、残した遺言に従い書いてあった人物を探しに地球側の世界へ移住。三門市立第三中学校へ転入することになったのです。

移住当初は交通ルールを理解せずに車に撥ねられたり、社会常識を知らないところがあり、事情を知らない人間にとっては変わり者だと思われているようです。

空閑遊真役を演じていたのは、1989年12月15日生まれの東京俳優生活協同組合所属の村中知です。

2010年放送の『ロビンくんと100人のお友達 シーズン2』フィリップ役でテレビアニメデビューを果たします。主な出演作品は、2016年放送の『シンドバッド』シンドバッド役や、2015年放送の『食戟のソーマ』恵の母役などです。

三雲修/CV:梶裕貴

本作の主人公の1人で三雲隊隊長。ボーダーC級アタッカーからB級シューターへ転向し、もう1人の主人公遊真の同級生です。

5月25日生まれで、身長168cmの15歳の中学生で、普段は眼鏡をかけた黒髪の少年ですが眼鏡を外すと実はイケメンです。

真面目な性格の彼は正義感も強い人物で、強そうな相手にも臆せず注意したり、自分の命を捨てる覚悟で他人を助けたりととても勇敢。遊真から「面倒見の鬼」と言われるほど、いつも遊真のことを気にかけています。

梶裕貴は1985年9月3日生まれのヴィムス所属。

声優を目指したキッカケは中学生の頃に「声優という仕事はどんなことを頑張っても、全部自分の力になる」と知ったから。

代表作は2013年放送の『進撃の巨人』エレン・イェーガー役や同じく2013年放送の『ポケットモンスター XY』シトロン役などがあります。

雨取千佳/CV:田村奈央

本作の主人公の1人でボーダーのC級スナイパーから、三雲隊のB級スナイパーに転向しました。2月11日生まれの中学2年生で遊真と三雲より1学年下の13歳。黒髪のおかっぱ頭の女の子で跳ねた毛が特徴的です。

おとなしくて控えめかな性格で過去に修の家庭教師をしていた雨取麟児の妹。

友人と兄が近界民に襲われ行方不明となり、誘拐された人々が近界で生きている可能性があるという情報を知ります。ボーダーに入隊したのは2人を探すためなのです。狙撃手になったのは持久力、集中力を活かしたかったから。運動が苦手ということもあり、ポジションを決めるまで悩みました。

雨取千佳を演じていたのは田村奈央です。10月10日生まれの東京俳優生活協同組合所属。

大学時代に本格的に声優を目指し、 ヒューマンアカデミー渋谷校受講修了後、2013年にEARLY WINGに所属しますが、2016年3月に退所。2016年4月から東京俳優生活協同組合の所属し2016年現在に至ります。

主な出演作品は、2013年放送の『あいうら』上原歩子役や2013年に放送していた『ログ・ホライズン』ミノリ役などです。

迅悠一/CV:中村悠一

4人目の主人公。4月9日生まれで19歳のボーダーS級隊員玉狛所属からA級隊員になっています。

自身の事を「実力派エリート」を称し、優れたトリオン使いが命と全トリオンを注いで作るとされる黒トリガー「風刃」を持つ実力者です。近界民の遊真の理解者であり、三雲を助けたこともありました。三雲のことを親しみをこめて「メガネくん」と呼び、三雲隊を一番理解してくれる人物でしょう。

どこの部にも所属せず独立して行動をしています。ボーダーが知れる前には入隊しており、先見性の未来図を持ち独自で動いているのです。

迅を演じていたのは中村悠一です。1980年2月20日生まれのシグマ・セブン所属。2001年放送の『電脳冒険記ウェブダイバー』ライガオン役で声優デビューを果たします。

デビュー当初はアニメやゲームでは無名の役でしたが、ナレーターとして主に活躍してました。

2006年、ゲーム『ヴァルキリープロファイル2 シルメリア』ルーファス役や翌年放送の『おおきく振りかぶって』阿部隆也役を担当し、その後主要キャラクターを次々と演じ名前を知られるまでになりました。

レプリカ/CV:田中秀幸

遊真の父に作られたロボットで、多目的で作られたトリオン兵。本人曰く、遊真のお目付け役だそうです。

遊真のサポート役を務めていて普段は遊真の指輪に同化し、トリガーを使用する際左腕に同化。大規模侵攻では遊真の頼みで修と千佳の撤退を援護するなど活躍していました。

田中秀幸は1950年11月12日生まれの青二プロダクション所属。

1974年放送の『科学忍者隊ガッチャマン』ヘムラー役で声優デビュー果たして以来、声の仕事を中心で仕事をする様になり、テレビアニメや洋画吹き替えなどで幅広く活動していきます。そして翌年の1975年には『ドカベン』山田太郎役で初主演を果たします。

1980年から1990年代にかけて『キン肉マン』テリーマン役や『SLAM DUNK』木暮公延役など多数の少年アニメに出演しており、神谷明などと同じ『週刊少年ジャンプ』の連載漫画のアニメ作品の常連声優の1人です。

木崎レイジ/CV:前野智昭

木崎レイジ

木崎隊隊長。21歳の男子大学生でポジションはオールラウンダーです。

体格は長身、性格は素朴で雑なところがあります。宇佐美は「落ち着いた筋肉」と初登場の時に紹介しました。

木崎の声を担当していたのは、1982年5月26日生まれのアーツビジョン所属。

声優を志したのは、幼いころ『ドラゴンボール』を見たのがきっかけだそうです。中学生のころに『ときめきメモリアル』の出演している声優を好きになり、本格的に声優を目指すことになりました。

主な出演作品は、2008年『図書館戦争』堂上篤役や2014年『弱虫ペダルGRANDE ROAD』福富寿一役などです。

小南桐絵/CV:釘宮理恵

木崎隊隊員のアタッカーで17歳の女子高校生、旧ボーダー時代からのメンバーです。訓練では7勝以上をキープしていて、かなりの実力者。

性格は素直なため騙されやすく、よくからかわれたりします。感情豊かで負けず嫌いです。嵐山とは従兄妹で、ボーダーとは提携していないお嬢様学校に通っています。

釘宮理恵は1979年5月30日生まれの、アイムエンタープライズ所属。1998年発売のゲーム『étude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜/SS版』佐伯悠見役で声優デビューを果たします。

デビュー当初から独特な声質を活かして、10代の少女役を主に演じていましたが、後に『鋼の錬金術師』アルフォンス・エルリックなどの少年役を演じた事で、幅広い役を担当するようになっていったようです。

代表作は、2003年放送の『鋼の錬金術師』アルフォンス・エルリック役や、2006年『銀魂』神楽役などです。

烏丸京介/CV:福山潤

木崎隊隊員でオールラウンダーの16歳男子高校生。見た目はクールですが、小南をからかって遊ぶ茶目っ気のある性格。木崎の弟子で、ポーカーフェイスはどうやら師匠譲りのようです。

また三雲の師匠となり、1対1で指導。能力の低い三雲の指導方法に苦戦しながらも、親身に相談を受けている優しい面も持ち合わせています。ちなみに、家が貧乏で日々アルバイトに明け暮れている苦労人でもあります。

福山潤は、1978年11月26日生まれのアクセルワン所属。2000年『無敵王トライゼノン』神威章役でアニメデビューを果たします。

また、2006年から2016年現在までに10以上の賞を受賞する大物声優となりました。主な出演作品は、『XXXHOLiC』四月一日君尋役や『おそ松さん』一松役などです。

天羽月彦/CV:代永翼

黒トリガーを持つS級隊員でオールラウンダーの16歳。

個人での戦闘能力は迅悠一をも上回るほどで、ボーダー内でのトップクラスと言われています。その強い力を、周りの事を気にせずに使用する問題児でもあります。

2度の戦闘で町を灰にするなど無茶な戦い方をしますが、たった1人で人的被害も無く、ラービット3体を含めたトリオン兵も撃退。特級戦功を授与されています。

代永翼は1984年1月15日生まれの、賢プロダクション所属。高校時代は2年時から演劇部に所属し、この頃から本格的に声優を目指していたようです。

2006年『CLUSTER EDGE Secret Episode』生徒役で声優デビューを果たします。代表作品は、2007年放送の『おおきく振りかぶって』三橋廉役や、2013年放送の『ちはやふる2』駒野勉役などです。

太刀川慶/CV:浪川大輔

太刀川隊隊長でアタッカー20歳の男子大学生。実力はかなりなもので個人総合ランク1位、アタッカー個人ランク1位という経歴を持っています。

性格はマイペースで気負ったところがありませんが、戦闘好き。戦闘ではトップクラスを誇り、指揮を執ることもできるリーダー素質も持ち合わせています。しかし、日常生活では大学の単位が危ういだけでなく、数々の残念なエピソードがあるなど、かなり抜けたところがあるようです。

浪川大輔は1976年4月2日生まれのステイラック代表取締役。

子役時代から活動していたため、声優界では年齢の割に芸歴が長く様々な役をこなせるため、キャラクターに偏りがない実力者です。大人になってからの代表作としては、2004年放送の『GANTZ』玄野計役や2015年放送の『アルスラーン戦記』ナルサス役などです。

出水公平/CV:石川界人

太刀川隊隊員のシューターで17歳の男子高校生。

戦闘では戦略家の面を見せることが多いですが、ひたすらに弾丸をばら撒くという戦闘スタイル。そんな出水の座右の銘は「千発百中」なんだとか。

石川界人は1993年10月13日生まれのプロ・フィット所属。

2012年に声優デビューを果たし、2013年放送のテレビアニメ『翠星のガルガンティア』レド役で初の主役を演じました。また2014年、第8回声優アワード新人男優賞を受賞するなど徐々に実力をつけていきました。

代表作は2015年の『終わりのセラフ』君月士方役や2014年放送の『ハイキュー!!』影山飛雄役などです。

嵐山准/CV:岡本信彦

嵐山隊隊長でオールラウンダーの男子大学生。ボーダーの顔としてテレビ等にもよく出演する広報活動がメインとなる部隊で三門市の有名人です。

温厚な性格と強い正義感を併せ持つ熱血漢の持ち主でカッコ良い上司なのですが、三雲の通う学校に双子を溺愛しているシスコンブラコンでもあります。隊長でもありエースも請け負い、実力、性格共に兼ね備えた人物といえます。木虎が入隊するとエースの座は譲りました。

岡本信彦は1986年10月24日生まれの、プロ・フィット所属。

2006年放送のテレビアニメ『N・H・Kにようこそ!』男子生徒A役声優デビューを果たします。好青年やクールな役、冷酷非道な悪役など幅広く演じることのできる声優です。

2009年第3回声優アワードにて新人男優賞を受賞や2011年第5回声優アワードにて助演男優賞を受賞するなど実力共に優れた人物です。代表作は2010年放送されていた『バクマン。』新妻エイジ役や2015年放送の『ハイキュー!! セカンドシーズン』西谷夕役などがあります。

木虎藍/CV:花澤香菜

嵐山隊隊員のオールラウンダー、嵐山隊のエースを担っています。中学生にしてA級となった実力者で、自他共に厳しい努力家です。

正義感が強く、気位も高い彼女ですが、ときおり女の子らしい面をのぞかせます。

花澤香菜は1989年2月25日生まれの、大沢事務所所属。

澄んだ声質が人気の声優で可愛らしく綺麗なキャラクターを演じていることが多いようです。2003年放送の『LAST EXILE』ホリー・マドセイン役でアニメデビューを果たします。

主な出演作品は2010年の『デュラララ!!』園原杏里役や2016年に放送開始した『3月のライオン』川本ひなた役などです。