2021年11月29日更新

漫画『BLEACH』(ブリーチ)は全巻無料で読める?千年血戦篇アニメ開始前に原作を読むべし!

久保帯人による漫画『BLEACH』は2001年から2016年まで約15年に渡って『週刊少年ジャンプ』にて長期連載されていた作品で、死神になってしまった高校生の活躍を描いています。

結論

複数のサービスを実際に利用し調査した結果、『BLEACH』を全巻無料で読めるアプリや方法はありませんでした。


しかし、コミックシーモアなら今すぐ1冊目を半額で読めることが分かりました!

今すぐ1冊目が50%オフに!

漫画『BLEACH』を全巻読めるサービス一覧

サービス 配信状況 試し読み
コミックシーモア 半額クーポンを
ゲットする

※配信状況は11月29日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

『BLEACH(ブリーチ)』のアプリでの配信状況は?

調査の結果、漫画『BLEACH』はピッコマを始めとするスマホアプリでも配信されていましたが、無料で全巻読めるアプリはありませんでした。途中まで無料で読むことのできるアプリもありますが、無料の範囲を超えて読むためには有料購入が必要です。

また、無料分に関しても1日1話ずつしか読めずとても時間がかかってしまうため、今すぐ全巻読みたい方には電子書籍サービスをおすすめします。クーポンやキャンペーンを利用すればお得に作品を楽しむことができますよ。

「BLEACH」公式アプリで全巻読めるって本当?

実は『BLEACH』には公式のアプリ「BLEACH公式連載アプリ」があり、以前までこのアプリで全巻無料配信を実施していました。残念ながら、2021年10月現在このサービスは終了しています。『BLEACH』をお得に読みたい方は、ぜひ電子書籍サービスを利用してみてください。

コミックシーモアなら『BLEACH』を今すぐ半額で読める!

迷ったらこれ!品揃え・お得感・機能性のバランスが最高

おすすめポイント

  • 無料で読める作品が多い
  • 安心のネームバリュー
  • 個別購入と読み放題を選べる

注意点

  • ビジネス書は少なめ

コミックシーモアでは『BLEACH』1冊分を今すぐ半額で読むことが出来ます。

コミックシーモアは作品ラインナップ・お得感・機能性など全てがバランスよく揃った電子書籍サービス。老舗で安心感もあるので、電子書籍を初めて使う場合や、迷ったときにはコミックシーモアを選んでまず間違いないでしょう。

無料で読める作品数は業界屈指の約1万4000冊。マイナー作品だけでなく、有名作品も一部無料で読むことができます。また通常購入だけでなく、月額制の読み放題プランやレンタルプランもあるので自分にあった方法で漫画ライフを楽しむことができます。

ただし、ビジネス書の取り扱いが少ない点には注意が必要です。

まんが王国ならポイント還元で『BLEACH』がお得に!

お得感No.1の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 最大50%のポイント還元がかなりお得!
  • 毎日参加できるキャンペーンが多い

注意点

  • マイナー作品は少なめ

まんが王国でも『BLEACH』を配信中です。

まんが王国はお得感の強い電子書籍サービス。最大50%のポイント還元機能が特に強みで、ポイントを購入・使用するたびにポイントバックを受けることができます。

サイトを訪れることで毎日貰えるポイントや、クーポンがもらえるおみくじなど小さなキャンペーンも多く、お得に漫画を読みたい人におすすめのサービスです。

ただし、マイナー作品のラインナップが少なめなのが難点。有名作品を中心に楽しみたい人にまんが王国はおすすめです。

U-NEXTでは『BLEACH』1巻目を無料で楽しめる

アニメも雑誌も見放題!総合エンタメサービス

おすすめポイント

  • アニメも雑誌も見放題で楽しめる
  • 初回登録で600円分のポイントがもらえる

注意点

  • 使わなかった月でも料金がかかる

U-NEXTでも『BLEACH』が配信中!初回登録でもらえるポイントを使えば、作品によっては1冊無料で読むことができます。

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメも雑誌も楽しめる電子書籍サービス。漫画購入だけでなく、動画見放題と雑誌読み放題もプランに含まれるため、まるっとエンタメを楽しめます。

初回登録から1ヶ月間はトライアル期間となり、見放題の映像作品が無料で観られるほか、電子書籍の購入に使える600円分のポイントをもらえるのも嬉しいポイント。

ただしあまり使わなかった月でも月額料金が発生するため、たまにしか漫画やアニメを楽しまない人には向かないサービスです。

ebookjapanは『BLEACH』を全巻まとめ買いする人におすすめ!

使いやすい!機能性が魅力の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 初回特典で50%オフクーポンが6枚貰える
  • 背表紙表示機能が魅力
  • PayPay還元が嬉しい

注意点

  • ビジネス書・雑誌は少なめ

ebookjapanでは『BLEACH』を最大6冊半額で読むことができます。

ebookjapanは機能性が高い電子書籍サービス。シンプルで使いやすいホーム画面や、制度が高い検索機能などが評価されています。また購入した作品を背表紙で並べられる「本棚機能」は唯一の魅力。

さらに、PayPayで支払うとボーナスポイントが返ってくるキャンペーンも曜日ごとに開催しているので、PayPay派の人にもおすすめのサービスです。

ただし、ビジネス書や雑誌の取り扱いは少ないので注意してくださいね。

「千年決戦編」がアニメ化決定!

『BLEACH』20周年の記念企画のひとつとして、唯一アニメ化されていなかった最終章「千年決戦編」が遂に放映されることとなりました。 原作55巻以降のストーリーを描いた「千年決戦編」は、一護たちとクインシーの力となるユーハバッハとの戦いがメイン。集大成らしく今までに張られていた伏線回収や、人気キャラクターたちの活躍が見所です。また、待望の最終章映像化にファンからは一同に「待ってました」と国内外から歓喜の声があげられています。

「千年決戦編」のあらすじ

死後の世界である尸魂界(ソウルソサエティ)において、突如大量のホロウが消滅し始めます。一方現世で死神代行として再び活動を始めていた黒崎一護でしたが、ある日突然謎の人物からの襲撃を受けてしまいます。 そのことがきっかけで謎の組織・見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)から襲撃を受け始めた尸魂界では、多数の死神が殺害されます。見えざる帝国のことを知らされた一護は、そこで自身の出自について知ることとなり……。

漫画『BLEACH』の作品概要

ジャンル 少年・青年漫画
巻数 74巻(完結)
作者 久保帯人
作品タイプ 能力、バトル
メディア化 アニメ、実写映画
アニメ映画

漫画『BLEACH』のあらすじ

BLEACH

霊感の強い高校生・黒崎一護はある日、自宅に悪霊を払いに来た死神・朽木ルキアと出会います。最初は彼女の言うことが信じられなかった一護ですが、彼女の言う悪霊・虚(ホロウ)の姿を目の当たりにします。 大切な家族を襲うホロウに対し怒り狂う一護でしたが、生身の人間である彼が敵うはずもなく襲われてしまうのでした。一護は間一髪ルキアによって庇われますが、重傷を負ってしまったルキア。

ルキアは最終手段として自身の死神の力を分け与え、一護を死神にします。2人は協力してホロウを討ち倒すことに成功しますが、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまいました。 そこで一護はルキアに死神としての力が戻るまでの間、「死神代行」を引き受けることになるのですが……。

『BLEACH』(ブリーチ)の登場人物紹介!

黒崎一護

ちょっと強面な高校生。霊を見るだけでなく触ったり話したりできるほど強い霊感の持ち主。ルキアから死神の力を受け継ぎ、「死神代行」として仕事をするようになります。その後死神としての才能に目覚め、自身の持つ力で戦うように。性格は義理堅く正義感の強いタイプです。

朽木ルキア

一護の高校に転校してきた小柄な少女。見た目は普通の少女ですが、実際は100年以上生きている死神。可憐な見た目に反して老人のような言葉を使います。死神の組織、護廷十三隊の十三番隊に所属していて、一護の住む町を担当していました。ある事件をきっかけに一護と共に死神の仕事をするようになります。

井上織姫

一護のクラスメイトで、彼に想いを寄せる女子高生。明るい性格と可愛らしい見た目で、学校のアイドル的存在。ごく普通の高校生でしたが、あることをきっかけに霊能力が目覚め、それから一護たちの戦いに加わるようになります。天然でおっちょこちょいな性格ですが、実は成績優秀な優等生です。

漫画『BLEACH』の魅力は?

いちいちオサレすぎる設定

迫力のあるアクションシーンやカッコいいキャラたち。そして胸を熱くさせる少年漫画らしい展開が魅力の『BLEACH』ですが、実は「オサレ漫画」として定評のある作品です。 例えば、本作は死神世界を舞台に和風の世界観を確立している作品ですが、「十刃=エスパーダ」「見えざる帝国=ヴァンデンライヒ」など、技名、組織名にドイツ語やスペイン語を取り入れています。 また、使用者ではなく武器に能力が宿る点や、空間に作用する特殊能力など、今までに見たことのない斬新で粋な設定もポイント。細部にまでこだわった設定が『BLEACH』の洗練されたオサレ感を作り上げています。

マネしたくなる厨二要素

『BLEACH』では「始解」「卍解(ばんかい)」と呼ばれる武器の開放段階があり、それぞれ「解号」と呼ばれる特殊な名称が付けられています。そしてこの開放シーンこそ、本作のカッコよさを表した最大の見所です。 有名なものだと護挺十三隊の総隊長・山本元柳斎重國の「流刃若火」。開放の1段階目でありながら既に最強と言われた山爺の「流刃若火」が「万象一才灰燼と為せ」のオサレ解号とともに披露されたシーンは、今なお本作の名シーンとして高い人気を誇っています。 その他にも「鬼道」と呼ばれる術を使用する際の呪文や必殺技など。厨二心をくすぐるワードの数々が読者の心を掴み、連載当初は多くの男の子たちが真似したものです。

2000年代「ジャンプ三本柱」の人気は今でも健在

本作が連載されていた『週刊少年ジャンプ』と言えば、『北斗の拳』や『ドラゴンボール』などの国内外を問わず大ヒットを記録した人気作を数多く輩出している人気雑誌です。 そして『BLEACH』は、この「少年漫画の頂点」とも言える雑誌で、『ONE PIECE』や『NARUTO』と並び2000年代の「ジャンプ3本柱」と呼ばれるほどの人気を誇っていました。この人気は国内だけに留まらず、本作は海外ファンが非常に多い作品としても知られています。 また、ゲームやグッズが未だに高い人気だったり、作中に登場する名言がネットミームやコラ画像に使用されていたり、連載終了後もその人気は全く衰えていません!

一度は聞いたことがある?あの名言も本作が元ネタ

思わず使いたくなる台詞の多さも本作の大きな魅力と言えます。例えばコラ画像やミームとして幅広い場面で使用されている「…何…だと」や「一体いつから鏡花水月を使っていないと錯覚していた?」など。1度は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか? それだけでなく他の漫画作品にもオマージュとして使われていることも。大ヒット漫画『鬼滅の刃』でも人気キャラクターの不死川玄弥が放った「お前を殺す男の名前だ!」という台詞が、本作のオマージュとして知られています。 台詞以外にもキャラクターデザインや演出が類似している作品も多く、本作がそれだけ大きな影響を与えた作品だということがわかりますね。

2021年8月に『BLEACH』の新作読み切りが発表!

あらすじ

2021年8月に発売された『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に、『BLEACH』の新作読み切り「獄頤鳴鳴篇」が掲載され世間を賑わせました! 最終決戦から12年が経とうとしていたある日、一護は阿散井恋次から浮竹十四郎の魂葬礼祭に誘われます。魂葬礼祭とは12周忌に行われる儀式で、故人の墓の前でホロウを払うというものでした。そしてホロウを捕まえるため、かつての仲間が現世に集結。しかし準備をしている最中に謎の敵に襲われて……。 というのが簡単なあらすじです。読み切りでありながら新キャラも登場し読み応え抜群。さらに、続編を感じさせる終わり方から連載発表も期待されています。

続編の可能性もあるのか

先ほども触れたように読み切り作品の内容から連載再開、あるいは新シリーズとしての連載もあるのでは、という声がファンの中で挙がっています。豪華な内容に加え、先の展開を匂わせるようなストーリーだったので、連載の可能性も充分にありますよね。 今は本編の最終章となる千年血戦編のアニメ化が迫っていますから、もし情報が解禁されるとすればアニメ放送後になるではないでしょうか。 連載20周年という節目を迎え、再び盛り上がりを見せている本作。まだまだ嬉しいサプライズがあるのでは、という期待が高まりますね。今後も公式の発表から目が離せません!

漫画『BLEACH』を全巻読むならコミックシーモアがおすすめ!【無料で1万冊以上が読める】

本記事では『BLEACH』をお得に読めるサービスを紹介しました。 いくつかのサービスを比較・検討した中で、1番のおすすめはコミックシーモア。漫画好きの人には必見のサービスです。 本サービスは初回登録特典で50%OFFクーポンが貰えるので、是非チェックしてみてください!

今すぐ1冊目が50%オフに!