関めぐみが美しい!ドラマ版デスノートにも出演!【画像】

2017年7月6日更新 9366view

初の実写ドラマ化で話題沸騰中の7月期新クールドラマ「デスノート」。ドラマオリジナルの登場人物、日村章子を演じるのが実力派女優の関めぐみです。デスノート出演をきっかけにますます注目度の上がりそうな彼女の透明感あふれる美しさに迫ります。

ドラマ版『デスノート』で新キャラクター演じる女優、関めぐみとは

ドラマ版『デスノート』は、オリジナルのストーリーに新たなキャラクターも加わるということで話題を呼んでいます。今回はそんなドラマ『デスノート』から新キャラクターとして捜査一課の刑事「日村章子」演じる関めぐみの美しさに注目してみました。

関めぐみのプロフィール

1985年9月8日生まれの29歳。2004年に爽健美茶のCMでデビューを飾り、そこから芸能界でのキャリアが始まりました。映画デビューは2005年の『恋は五・七・五!』。なんとデビュー作にして主演をつとめています。

山崎まさよし主演の2005年公開の映画『8月のクリスマス』や2007年公開『アヒルと鴨のコインロッカー』などでヒロインを演じ、実力派女優としてキャリアを積み重ねてきました。

高校時代には20社以上の芸能事務所からスカウトを受けていたという彼女。そんな美しすぎるオーラを放つ彼女の魅力に迫ります!

趣味は「言葉や声を文字にしてみるコト」

所属事務所「スターダスト」の公式ホームページで趣味は「言葉や声を文字にしてみるコト、知らない道を歩くコト」と語っています。

私生活はあまり表に出てこず謎のベールに包まれた女優ですが、この言葉からは穏やかで知的なオーラが醸し出されています。

透明感のある美しさが魅力!関めぐみの画像特集

2006年映画『ハチミツとクローバー』

大人気少女マンガが原作の『ハチミツとクローバー』では、加瀬亮演じる真山巧に片想いする山田あゆみを演じました。

2007年映画『彩恋 SAI-REN』

2007年に公開された映画で、遠距離恋愛や妊娠など様々な悩みや不安を抱える主演のナツ(紺野奈都)を演じました。

2007年ドラマ『ライフ』

北乃きい主演で話題になったドラマ『ライフ』では、メインキャラクターのひとり羽鳥未来を演じました。

2007年映画『アヒルと鴨のコインロッカー』

『アヒルと鴨のコインロッカー』では、ヒロインの琴美を演じました。

2013年映画『県庁おもてなし課』

クールな美しさの中にもどこか落ち着いた穏やかな雰囲気を醸し出しだす女優。映画『県庁おもてなし課』では清遠佐和を演じています。

2015年映画『迷宮カフェ』

透明感の際立つこちらの画像は2015年3月公開の映画『迷宮カフェ』から。主人公マリコを演じています。

凛とした表情が美しさをいっそう引き立たせます。抜群のスタイルの良さで存在感を放つ関めぐみ。

ドラマ『デスノート』では原作には出てこないオリジナルのキャラクター日村章子を演じる関めぐみ。彼女の今後の活躍に注目が集まります。