©T.C.D / VISUAL Press Agency

『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』のキャラクター一覧まとめ

2017年12月28日更新

2003年に公開、大ヒットしたピクサー作品『ファインディング・ニモ』。2016年には続編『ファインディング・ドリー』が公開しました。たくさんの魚や動物たちが登場する『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』のキャラクターをまとめてみました。

「ファインディング・ニモ」シリーズのキャラクターを紹介

『ファインディング・ニモ』 (ゼータ)
©T.C.D / VISUAL Press Agency

ディズニー・ピクサー長編アニメーション『ファインディング・ニモ』とその続編の『ファインディング・ドリー』は海の生物の目線で海と人間の世界を描いた作品です。 今回は大ヒットを記録し、ディズニー・ピクサーの代表作となった両作品のキャラクターを紹介します。

家族愛の物語『ファインディング・ニモ』

オーストラリア・グレートバリアリーフの海を舞台に、クマノミのマーリンは、人間に捕らわれてしまった息子のニモを取り戻すため、ナンヨウハギのドリーといっしょに旅を始めます。 底抜けに明るい健忘症のドリーをはじめ、海藻食主義のサメのトリオや、のびのびと生きる150才のアオウミガメのクラッシュなど、色とりどりの美しい海の世界で仲間たちと協力し合いながら、ニモを助けに行く家族愛と友情のファンタジーです。 まずは、ディズニー&ピクサー制作で2003年に公開された『ファインディング・ニモ』に登場する愉快な仲間たちを紹介します。

マーリン

ファインディングニモ:マーリン

カクレクマノミのオス。ニモの父親でかなりの心配性。あまり人の話を聞かないトラブルメーカーだけど、ニモを大切に思っています。凶暴なバラクーダから家族を守れなかった後悔のために過保護すぎるときがあります。

ドリー

ファインディングニモ:ドリー

ナンヨウハギのメス。かなり物忘れが激しいけれど能天気な性格でとても明るい。人間の文字を読むことができたり、鯨と意思疎通ができます。ニモが捕まった時の目撃者であり、マーリンとともにニモを見つける旅の同行者でもあります。

ニモ

ファインディングニモ:ニモ

マーリンの息子で、人間にすると6歳くらいのカクレクマノミ。片方のヒレが小さいせいで上手く泳げないけれど、「幸運のヒレ」と呼んでいます。心配性のお父さんの言うことがちょっと窮屈に感じています。

サメトリオ

ファインディングニモ4

ホホジロザメのブルース、シュモクザメのアンカー、アオザメのチャムからなる三匹組。サメなのに、「魚は友達、エサじゃない」をモットーに掲げて海藻食主義を貫こうと努力しているあたりがとても愛くるしいです。

しかし、ブルースは血のにおいをかぐと自分でも止められず凶暴になってしまうし、チャムも我慢ができずに口から魚の骨が出ているときがあります。

アンコウ

攻撃的で獰猛な深海魚。マーリンとドリーを襲います。

クラッシュ

ファインディングニモ:クラッシュ

『ファインディング・ニモ』の中でも人気のあるキャラクターで、150歳の現役サーファーのアオウミガメ。ヒッピー精神で息子をのびのびと育てています。クラゲに刺さったマーリンたちをシドニー近くまで送り届けてくれるやさしくおおらかな性格。

スクワート

ファインディング・ニモ:スクワート

クラッシュの子供で、ニモと同じ年頃の遊び盛りの元気な男の子。物語の最後には交換留学生としてニモの学校の生徒になります。

ナイジェル

歯医者の診療所を除くのが好きなコシグロペリカン。歯科医院の水槽にいる”タンク・ギャング”の友達です。

カモメ

ファインディング・ニモ:カモメ

シドニー港にたむろする貪欲な海鳥たち。

カニ

意地悪な性格の2匹。日本ではドランクドラゴンの二人が声優を務めましたね。