阿部力がかっこいい!『MOZU』に村西悟役で出演!

2017年8月9日更新

中国と日本を股にかけるイケメン俳優・阿部力。2005年のドラマ『花より男子』でF4・美作あきらを演じて注目を集め、その後もドラマや映画で活躍しています。語学が堪能で、私生活では2009年に中国人女優と結婚。『劇場版 MOZU』にも出演中の阿部力の出演ドラマや最新情報をまとめてお届けします。

阿部力のプロフィール

阿部力(あべつよし)は1982年2月13日生まれ、日本と中国のドラマや映画で幅広く活躍している俳優です。身長は175cm、血液型はA型。 中国では李振冬(リー・ジェンドン)という芸名で活動しています。

阿部力の出身は中国最北東部の黒竜江省。中国人の父と中日ハーフの母の間に生まれました。1991年に日本に移住し、日本人の祖母と同じ阿部姓で帰化します。

2000年に北京へ行き、映画監督チャン・イーモウを輩出した北京電影学院に入学。在学中に映画『人民公廁(PUBLIC TOILET)』の主演に抜擢され、本作が映像デビューとなりました。

日本での映像作品初出演は2005年に放送されたドラマ『花より男子』でした。メインキャラクターの美作あきらを演じ、一気に人気に火をつけました。

『花より男子』は二回の連続ドラマシリーズを経て、映画化され大ヒット。抜群のスタイルと甘いマスクで多くの女性ファンを虜にしました。

私生活では2009年に中国人女優の史可(シ・カ)と結婚を発表しています。

阿部力は細マッチョイケメン!ムエタイも習得

食べ過ぎです! ちょっと真面目に運動しないと、、、???? 这几天吃的也太猛了! 该好好的运动运动了????

阿部 力 (dongdong)さん(@tsuyoshi213)がシェアした投稿 -

細身で小顔な阿部力ですが、趣味はムエタイとトレーニングという彼はけっこう筋肉ムキムキみたいです…!

阿部力の主な出演ドラマ

『花より男子』2005年

人気少女漫画『花より男子』のドラマ版である本作は2005年に放送されました。その後2007年に第2シーズンが放送され、翌年2008年には『花より男子F(ファイナル)』として映画にもなっています。

お金持ちばかりが通う名門学園・英徳学園に親の見栄で通っている牧野つくし(井上真央)は、周囲になじめず地味な生活を送っていました。そんなある日、学園を牛耳る御曹司集団・F4の一人、道明寺司(松本潤)に腹を立てたつくしは、F4に戦いを挑むことを決意します。

本作が日本の連続ドラマデビューとなった阿部力は、F4のメンバーである美作あきらを演じています。

美作あきらはわがままで自由奔放なF4メンバーの中で一番のしっかり者でまとめ役のような存在です。恋愛対象は10歳以上年上という高校生ながらも生粋のマダムキラー。

大人っぽいセクシーさと優しい笑顔で、女性ファンをきゅんきゅんさせてくれました!

『恋空』2008年

2007年に放映され大ブームを引き起こした映画『恋空』のドラマ版。高校一年生の田原美嘉(水沢エレナ)は、銀髪にピアスが印象的な同級生・桜井弘樹(瀬戸康史)に恋をします。想像を絶する苦難に何度もぶつかりながらも、一途に愛を貫く姿を描いた純愛ストーリーです。

本作で阿部力は福原優を演じています。

『月の恋人〜Moon Lovers〜』2010年

直木賞作家・道尾秀介がドラマのために書き下ろした同名小説を原作とするドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』。中国進出を企てるインテリアメーカー「レゴリス」の社長・葉月蓮介(木村拓哉)は上海へと乗り込みます。そこで蓮介は、インテリアデザイナーの二宮真絵美(篠原涼子)、資産家令嬢で人気モデルの大貫柚月(北川景子)、中国人女性・劉秀美(リン・チーリン)の三人と出会いました。この出会いをきっかけに、蓮介の人生に変化が訪れます。

阿部力は劉秀美の親友・ミンを演じています。オカマ役でした。

『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』2014年

小説『百舌の叫ぶ夜』を原作とするTBS・WOWWOW共同制作の刑事ドラマ。西島秀俊演じる倉木刑事は同じく警察官の妻・千尋を爆発事件で亡くしてしまい、その原因を追究していきます。しかし真相を突き進めるほど、やがて国家の巨大な陰謀が明らかになっていきます。

阿部力は警視庁公安部所属の若手刑事・村西悟を好演しています。

阿部力の主な出演映画

『頭文字D THE MOVIE』2005年

香港のアンドリュー・ラウとアラン・マックが監督し製作された『頭文字D THE MOVIE』。日本の人気コミックの映画化としてアジア中を湧かせました。

藤原とうふ店の息子・藤原拓海(ジェイ・チョウ)は、配達でハチロク(AE-86)を運転するうちに卓越した運転テクニックを身につけていました。いつしかスピード自慢の猛者たちに勝負を挑まれるようになった拓海。秋名山を舞台に繰り広げられる熾烈なカーアクションと青春ドラマを融合させた作品です。

本作で阿部力は「秋名スピードスターズ」のメンバー・健二を演じています。

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』2010年

米澤穂信の小説『インシテミル』を藤原竜也主演で映画化した本作。『リング』の中田秀夫監督が手がける心理サスペンス映画です。

時給11万2千円という広告につれられて集まった10人の男女。そのアルバイト内容は、「暗鬼館」という施設で7日間四六時中監視される、というものでした。何もなければ全員が1600万円を手にするはずでしたが、開始2日目で死者が出てしまいます。誰がなぜ殺したのか――疑心暗鬼に陥った被験者たちの究極の心理ゲームです。

本作で阿部力は、主導権を握ろうとする男・大迫雄大を演じました。

『スマグラー -おまえの未来を運べ-』2011年

役者になる夢も果て落ちぶれた生活を送る砧涼介(妻夫木聡)は、パチスロ店でつまらない賭けに失敗し多額の借金を負ってしまいます。借金返済のため裏社会の運送屋(スマグラー)として働き始めた砧。高額の報酬が貰えるスマグラーですが、運ぶのはどれも危険なものばかりでした。

阿部力は本作で、チャイナマフィア《死海幇》の一味・張福儀を演じています。

中国語が堪能。妻は中国人の史可

中国と日本のクォーターである阿部力は、現在拠点を日本に置くものの中国語も堪能なようです。演技力も語学力も素晴らしい阿部力は、台湾や中国でも多くの作品に出演しており、アジアを股にかけた気鋭の俳優として期待されています。

奥様は美人女優・史可!

気になる阿部力の奥様は史可(シ・カ)という中国人女性です。史可は阿部力よりも3つ年上で、現在は日本で二人仲睦まじく暮らしているようです。二人は2006年の台湾映画『不完全恋人』での共演がきっかけで交際を始めました。3年の交際期間を経て2009年に結婚しています。

中国と日本の遠距離恋愛だったため、二人はインターネットのテレビ電話を使って愛を育んでいたそうです。

阿部力の性格

阿部力は自身の結婚会見で「妻と自分は性格が似ている」とコメントしています。妻・史可はまっすぐで真摯、愛する気持ちをすごく大切にしているとのこと。阿部力も同じように誠実で一途な性格のようです。だからこそ、3年に及ぶ遠距離恋愛を実らせることができたのでしょう。

また、『花より男子』で演じた美作あきらとはまるきり真逆だとも言っています。オープンな美作に比べると内向的な性格で、女性を口説くシーンにも苦労したようです。

イケメンであることを誇示しない、すごく紳士的な男性のようです。

映画『劇場版 MOZU』に村西悟役で出演

逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』を原作とするドラマ『MOZU』は2014年に放送され、一躍大ブームとなりました。続編やスピンオフ作品も製作された本シリーズが、『劇場版 MOZU』としてとうとう映画化されます。

公安警察官の倉木尚武(西島秀俊)を主人公に、架空の国・ペナムで繰り広げられる「ダルマ(ビートたけし)」との決戦を描いた本作。真木よう子、香川照之などテレビドラマメンバーに加え、ビートたけし、伊勢谷友介、松坂桃李といった豪華キャストを迎えた意欲作です。

阿部力が演じるのは、警視庁公安部所属の若手刑事・村西悟。大規模テロ事件捜査のため、ペナムに降り立ち捜査に携わります。