山本涼介、サスケに出場していた肉体派俳優が『仮面ライダーゴースト』に深海マコト役で出演!

2017年7月6日更新

2015年10月よりテレビ朝日で放送中の特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』で主人公のライバル役として出演し、注目を集める若手俳優の山本涼介。「メンズノンノ」専属モデルとしても活躍中であり、鍛え抜かれたその肉体から肉体派俳優とも呼ばれる山本涼介の魅力に迫ります。

『仮面ライダーゴースト』に出演中!山本涼介ってどんな人?

山本涼介のプロフィール

山本涼介は1995年生まれ奈良県出身の俳優・ファッションモデルです。14歳のときに第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選出されました。その後は2011年放送のドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』や2012年『理想の息子』などに出演し、俳優としての経験を積んでいます。

2014年からは雑誌MEN'S NON-NOの専属モデルに抜擢。2015年現在もモデル活動の傍ら、俳優としての活躍も見せ、2015年10月からは特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』で深海マコトの役を務めるなど、注目の若手俳優のひとりとして活躍しています。

高身長を生かしてモデルとして活躍中!

身長185cmと高身長であり、鍛え上げられたスマートな体を生かして専属モデルを務めるMEN'S NON-NOをはじめとしたファッション誌で活躍するほか、ブックスタイルカレンダー『山本涼介カレンダー 2016.04-2017.03』を発売するなど、その甘いマスクと完ぺきなスタイルで多くの女性の支持を集めるイケメンモデルです!

バラエティ番組『バイキング』レギュラーを務めたこともある山本涼介

2014年4月~2015年3月までは『バイキング』の木曜レギュラーも務めていました。そんなバラエティ番組のレギュラーだった経験もある彼ですが、実は人見知りでツンデレだと本人は語っています。

中学時代は奈良県の代表選手に選ばれるゴールキーパーだった

学生時代はサッカー部に所属して、ゴールキーパーとして活躍をみせていたのだとか。すらっとした高い背丈に長い手足はまさにゴールキーパー向きですね!

さらに中学生のときには奈良県の代表選手にも選ばれ、将来はサッカー選手を目指していたのだそうです。

ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』で俳優デビュー

花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011

2007年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ』のリメイクとして制作されたこのドラマ。憧れの高跳び選手にもう一度協議に復帰してもらうため、男装をして男子校に忍び込んだ主人公の芦屋瑞稀とまわりの生徒たちを描いた青春コメディ。

山本涼介は第一寮に住む学生・清荒神明を演じました。これが山本にとってドラマ初出演となり、この作品以降モデルとしてのみならず、ドラマ・映画にも出演するようになります。

『仮面ライダーゴースト』に深海マコト役で出演!

『仮面ライダーゴースト』 2

2015年10月よりテレビ朝日で放送中の特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』

仙人の不思議な力によって一時的に生き返った主人公・天空寺タケルが、この世で生き残るために99日間で偉人の魂を宿した15個の眼魂(アイコン)を集めるべく奮闘する姿を描くストーリー。山本は仮面ライダースペクターに変身する青年で、主人公の最大のライバルである深海マコトを演じています。

それでは、仮面ライダー俳優として注目を集める山本涼介のこれまでの出演作も見ていきましょう!

王道ラブストーリーからR指定のサスペンスアクションまで!

2014年に公開され、話題を集めたこの2作品にも出演しています。

2014年映画『好きっていいなよ。』

2014年公開の、葉月かなえによるマンガが原作の映画『好きっていいなよ。』

孤独な日々を過ごしてきた少女がはじめての恋に翻弄されながらも成長していく姿を描いたこの作品で、山本涼介は、足立梨花演じる武藤愛子の彼氏で、福士蒼汰演じる黒沢大和の友人・立川雅司を演じました。

福士蒼汰や足立梨花はじめ、川口春奈や西崎莉麻らと共演しています。

2014年映画『神さまの言うとおり』

命懸けの不条理なゲームに巻き込まれたごく平凡な高校生たちが、生き残りをかけて闘いに挑む姿を描いたこの作品で、ゲームに巻き込まれる学生・平良幹則を演じています。

福士蒼汰はじめ山崎紘菜や染谷将太、優希美青、入江甚儀らと共演しています。

山本涼介のその他の出演作

2013年ドラマ『潜入探偵トカゲ』

潜入探偵トカゲ

2013年TBSにて放送された松田翔太主演のドラマ『潜入探偵トカゲ』

超人的な記憶力を持つ名探偵が、次々と事件を解決していく探偵物ストーリーで、山本涼介は、ミムラ演じる巡査部長・槙原洋子の弟で、TOKIOの松岡昌宏演じる刑事・寺島秀司らが捜査会議で使うカフェの店長である槙原聖人を演じています。

松田翔太、松岡昌宏、ミムラらと共演しています。

2014年ドラマ『あすなろ三三七拍子』

あすなろ三三七拍子

2014年フジテレビにて放送された柳葉敏郎主演の重松清による小説が原作のドラマ『あすなろ三三七拍子』。

商社に勤務する平凡な中年サラリーマンがリストラ代わりに廃部寸前の応援団への出向が命じられ、存続の危機から救うべく奮闘するというストーリーのこの作品で、山本涼介は、応援団第58代副団長で吹奏楽部部長でもある園田善彦を演じました。

柳葉敏郎、剛力彩芽、高畑充希、長谷川ニイナ、反町隆史らと共演しています。

2015年映画『サムライフ』

「理想の学校づくり」という夢の実現を目指す元高校教師・ナガオカ(三浦貴大)とその仲間たちを描いた青春映画。山本涼介はナガオカと共に今までにない学校づくりに奮闘するダイスケを演じています。

ほのぼの野球部コメディ『ちょっとまて野球部!』実写化に抜擢

ちょっとまて野球部!

強くも弱くもない日本一平均的な野球部の部活ライフをほのぼのと描いたマンガ『ちょっとまて野球部!』が実写化されることに。キャストに須賀健太、小関裕太を迎え、山本涼介もメインキャストとして出演することが決定しました。

野球を題材に扱った作品は、甲子園を目指す熱い青春物語がほとんどですが、本作は女性でも楽しめるようほのぼのとした日常に近い青春物語を描きます。

山本涼介が演じる宮田捺生は天然でマイペースな性格だそう。これまでとは違った山本が見れるかもしれません。

サスケに出場していた山本涼介は腹筋が凄い!

サスケに出場した際に、見事な肉体を披露して話題を呼んだ山本涼介。

その肉体は、所属する芸能プロダクションのプロジェクトである研音肉体改造部にて鍛え上げられたものでした。

入江甚儀や福士蒼汰らがメンバーであることで知られている研音肉体改造部は、俳優の反町隆史が立ち上げた、研音所属の若手タレントが俳優として欠かせない体づくりを目的としたプロジェクトです。

俳優やモデル活動など忙しい仕事の合間を縫っては動画のような本格的なトレーニングを行って体を鍛え上げているのだそうです。

モデルに俳優に、マルチに活躍する山本涼介に今後も目が離せません!