佐藤健の意外に知られていない10の事実【少林寺拳法の黒帯を持ってる?】

2017年7月6日更新

イケメン俳優として知られる佐藤健は、少林寺拳法の黒帯を持っていて、オセロも強いと、意外に知られていない側面があります。『仮面ライダー』から『るろうに剣心』の裏話まで、徹底紹介したいと思います!

1:高校生の時に原宿でスカウトされて芸能界入り

佐藤健

出典: eiga.com

佐藤健は、高校2年生の時に初めて訪れた原宿の竹下通りで、芸能プロダクション「アミューズ」のスタッフからスカウトされて芸能界に入りました。当時深津絵里のファンで、彼女が所属している事務所ということで、スカウトを受けたそうです。

デビューのきっかけはスカウトでしたが、実は中学生の頃から俳優の仕事に憧れを持っていたのだとか。ドラマの制作現場の裏側に興味があり、メイキング映像などを好んで見ていたそうです。また、野田秀樹や劇団☆新感線の舞台にも足を運んでいたと言っています。

2:『仮面ライダー電王』に主演していた

仮面ライダー電王

出典: www.hulu.jp

佐藤健は2007年に平成仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』で、テレビドラマ初主演を果たしました。初放送時17歳で、当時は最年少の仮面ライダーでした。

『仮面ライダー電王』は、未来から現在にやってきた侵略者イマジンが、人間と契約して契約者の願いを叶えることと引き換えに、過去へと飛び、歴史をねじ曲げて自分たちに都合の良い未来を作り上げようと画策するのを阻止しようとする仮面ライダーの物語です。

主人公の野上良太郎がひ弱で争いを好まない性格のため、それまでの仮面ライダーのイメージとはかけ離れていて「仮面ライダー史上最弱のライダー」として話題になりました。

仮面ライダー電王

出典: laughy.jp

野上には、モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスを中心に、計6体もの味方のイマジンが憑依します。そのため、佐藤健は7つの人格を演じ分ける必要がありました。野上の他に、ワイルド系、インテリ系、マッチョ系、小悪魔な弟系キャラなどを表情豊かに演じ、本来のターゲットである子どもはもちろん、その親や、普段は特撮モノを見ることがない10代~20代の女性までをもテレビに釘付けにしました。

3:『仮面ライダー電王』出演中に肺気胸になっていた

佐藤健

2007年11月、佐藤健は息を吸うと左胸に痛みを感じ、咳も出てくるようになったために受診したところ、医師から左自然気胸(肺気胸)で約10日間の安静と通院が必要と診断されました。

肺気胸とは肺に穴が開き、空気が漏れて肺が圧迫される病気で、背が高く痩せ型の10代〜20代男性に発症しやすいと言われています。通称イケメン病と呼ばれ、芸能人では嵐の相葉雅紀やナインティナインの矢部浩之も患ったことがある病気です。

安静期間の10日間、佐藤健は肺から漏れる空気を体外に出すために体内にチューブを入れ、装置を付けて過ごし、痛みで全く動くことができなかったそうです。療養は神様がくれた休みだと思うようにしていたとのことですが『仮面ライダー電王』の撮影中ということで、実際は「仕事のことばかり考えながらひたすら寝転がって過ごしていた」と言っています。

4:DVDの初週売り上げ記録を持っている

佐藤健

2008年2月13日に発売された佐藤健のファーストイメージDVD『My Color』は、発売初週4,000枚を売り上げ、2008年2月25日付のオリコンDVDランキングで総合13位にランクインしました。これは、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」においての最高位で、発売初週売り上げは同部門で1位を記録するものでした。

佐藤健と三浦春馬

そしてその2年後にこの記録を塗り替えたのは、2010年2月17日に発売された三浦春馬と佐藤健共演によるドキュメンタリーDVD作品『HT~N.Y.の中心で、鍋をつつく~』でした。

発売初週1.2万枚を売り上げたこの作品は、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ部門」において『My Color』の持つ発売初週売上記録を更新するものでした。2010年3月1日付のオリコンDVDランキングでは総合5位にランクインし、同部門の作品では最高記録を樹立しています。 三浦春馬と佐藤健

さらに、翌年2011年11月11日にはその続編である『HT~赤道の真下で、鍋をつつく~』が発売され、1.4万枚の初週売り上げて前作の持つ記録を更新、2011年11月21日付のオリコンDVDランキングで総合2位を獲得し、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での日本歴代最高記録を更新しました。

5:舞台『ロミオとジュリエット』でロミオ役を演じていた

ロミオ&ジュリエット

佐藤健は2012年に恋人たちの悲劇を描いたシェイクスピアの傑作戯曲『ロミオ&ジュリエット』でロミオ役を演じ、初舞台・初主演を果たしました。演出を手がけたのは、イギリス演劇界の名門、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身の舞台演出家・ジョナサン・マンビィで、ジュリエット役には石原さとみがキャスティングされました。

この舞台の出演にあたり、演劇修業としてイギリスで数々のワークショップに参加し、芝居をする上でのヒントを掴んでいったようです。「先入観を持たないように」と、あえて既存の作品には触れずに現場入りした佐藤健は、ワークショップや稽古を通してジョナサン・マンビィとじっくりと対話することで、役作りをすることができたと言っています。

舞台では、若さと情熱、エネルギーに満ちあふれたロミオ役を全身で演じ、観客を魅了しました。

ちなみにロミオと佐藤健の共通点についてジョナサン・マンビィは「頭で考える部分と心で感じる部分の二つを持っているところ」と話していたそうです。また、恋人役のジュリエットを演じた石原さとみからは「自分の気持ちを大切にして芝居をする人。嘘がない」と賞賛されていました。

6:少林寺拳法の黒帯を持っている!『るろうに剣心』で魅せた高い身体能力

佐藤健は5歳の時に少林寺拳法を親の勧めで始め、6年間習っていたそうで黒帯(准拳士初段)を持っています。この経験は、後に俳優として活動していくうえで大いに活かされることになります。

2010年、佐藤健はNHKの大河ドラマ『龍馬伝』に岡田以蔵役として出演しました。以蔵は江戸時代末期の土佐藩郷士で、幕末四大人斬りの一人とされ、「人斬り以蔵」の名でも知られています。そのため、佐藤健は初めて殺陣シーンを経験しました。このドラマで演出を務めたのが、大友啓史でした。

龍馬伝 佐藤健

佐藤健は『龍馬伝』の岡田以蔵役のオファーとほぼ同時期に『るろうに剣心』の緋村剣心役のオファーを受けていました。当初は監督が決まっていない状態で、先に『龍馬伝』の撮影に入ってしまったため、『るろうに剣心』のプロジェクトは先送りの状態に。その後、『龍馬伝』の監督だった大友啓史が、『るろうに剣心』のメガホンを握ることが正式に決定。人斬り役を演じるタイミングが重なり、さらには同じ監督が演出することが分かって佐藤健は運命的なものを感じたと言っています。

大友啓史監督は『龍馬伝』での1年間の撮影を通して岡田以蔵を演じる佐藤の演技力、身体能力の高さを熟知していました。佐藤は少林寺拳法を6年間習っていて武術の心得があり、器械体操やブレイクダンスを経験していたため、細く見えて体幹が太くしっかりとしていて、アクションには力強さと俊敏さがあったそうです。そのため、『るろうに剣心』シリーズではほぼ全てのアクションを本人に演じさせようと決めていたと言います。

るろうに剣心 佐藤健

出典: eiga.com

アクションは、佐藤健が「誰も死なずに撮りきれるのかと思いながら闘っていた」と言うほど過酷で、危険を伴うものだったようです。そのため、アクションシーンを演じる俳優誰もが、トレーニングに相当な時間を費やし、集中力をもって撮影に臨む必要があったと話しています。

常に満身創痍で「失明や大怪我で降板してしまうかもしれない」という不安と闘いながら、撮影の数ヵ月間ずっと集中力を途切らせることなく見事に緋村剣心役を演じ切りました。

るろうに剣心 佐藤健

上の写真は、シリーズ最終章である『るろうに剣心 伝説の最期編』の撮影クランクアップ時の大友啓史監督と佐藤健です。疲れ切った、そしてどこかホッとしたような表情から、いかに撮影が過酷なものだったかを想像することができますね。

7:『るろうに剣心』で相良佐之助役を演じた青木崇高に『龍馬伝』では拷問されていた

青木崇高

相良佐之助といえば、緋村剣心の相棒的な存在。そんな相良佐之助を演じた青木崇高は『龍馬伝』で佐藤健演じる岡田以蔵を拷問していたのです。青木は江戸時代の拷問本を買って研究したそうで、佐藤は、竹刀が当たって、本当に痛く、青あざが残っていたということを後に語っています。

8:趣味はオセロ

https://twitter.com/takahashiyu/status/414333874202611712

佐藤健の趣味は、ルービックキューブやチェス、オセロなどのゲームをすることだそうです。いずれも頭を使うゲームですね。

中でもオセロは、2013年に放送されたドラマ『とんび』で共演した吹石一恵から撮影の待ち時間に対戦を申し込まれてプレイして以来、ずっとハマり続けているのだとか。2013年12月に開催された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のクリスマスイベントでは、「今年1番楽しかったことは?」と質問されて「オセロをしていたとき」とコメントし、そのガチぶりで周囲を驚かせました。

佐藤健は普段、オセロバーに通うなどして腕を磨いているのだとか。その腕前は相当なようで、三浦翔平、山田親太朗、渡部篤郎、高橋優やオセロが強いと言われている作家の朝井リョウなどが彼と対戦して負けています。

「生身の人間では自分より強い人に会ったことがない」ほどの強さだそうで、同じ美容室に通っている綾野剛は、スタッフが佐藤とオセロで対戦し、皆ことごとくボコボコに打ち負かされているという話を聞いていたため「負けるのが分かっているから戦いたくない」と彼からのオセロの誘いをいつも断ってしまっているとのことでした。

佐藤健 オセロ

オセロでは芸能人最強とも言われていた佐藤は、2014年7月に『行列のできる法律相談所』に出演し、オセロの世界チャンピオンである伊藤純哉さんと対戦しました。相手が世界チャンピョンということで桁違いに強く、57枚対6枚と大差をつけられて負けてしまいましたが、チャンピオンからは「筋はかなりいい」と褒められていました。佐藤健にとって大変刺激のある試合だったようで、対戦後には本気でチャンピオンに弟子入りを志願していました。

9:『るろうに剣心』『バクマン。』で共演した神木隆之介に愛され過ぎている

佐藤健、神木隆之介

『るろうに剣心』『バクマン。』で共演した神木隆之介に愛され過ぎている佐藤健。『バクマン。』の撮影前には、神木は『バクマン。』の原作漫画全巻を届け、撮影期間中は佐藤の写真を撮り続けていたとのことです。舞台挨拶では、いつか写真集を出したいと語っていました。

佐藤健も札幌でご飯を食べている際に、神木隆之介のカニをむいてあげるなどしていたようで、仲の良さがうかがえます。

映画『世界から猫が消えたなら』ではひとり二役を演じる!

2016年5月14日公開の映画『世界から猫が消えたなら』で主人公の僕と悪魔の二役を演じます。

余命が残りわずかな郵便配達員の僕の前に、自分とそっくりな悪魔が現れて、大切なものと引き換えに寿命を延ばすことを提案してくるというストーリー。共演は宮崎あおい、濱田岳、監督は2014年に傑作お仕事映画『ジャッジ!』を撮った永井聡という期待が持てる作品。世界三大瀑布の1つであるイグアスの滝でも撮影が行われたため、絶景もみどころのひとつとなっています。

僕と悪魔ふたりがうつっているシーンは、2回に分けて撮影されたそうです。2016年公開の邦画の中でも感動できる良作に仕上がっているので是非劇場でご覧ください!