2016年4月19日更新 108,314view

NHK朝ドラ『あさが来た』のあらすじ・キャスト【波瑠と宮崎あおいの姉妹ヒロイン!】

2015年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』が9月28日から放送されます。注目のキャストが正式に発表され、ますます話題を呼んでいる『あさが来た』のあらすじとキャストをご紹介します。

2015年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』

『あさが来た』

2015年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』が9月28日から放送をスタート。シリーズ第93作目となる『あさが来た』は、朝の連続テレビ小説史上初となる幕末時代から始まるということで注目を集めています。話題の『あさが来た』のあらすじとキャストをご紹介します。

『あさが来た』あらすじ

『あさが来た』

幕末から明治、明治から大正へ、激動の時代を駆け抜けたヒロインあさ。女性参政権がなかった時代に銀行や生命保険事業に企業経営者として携わり、さらに日本で初となる女子大の設立にも貢献したあさのストーリーが、登場人物たちとの暖かな交流を通して描かれます。

1849年生まれのあさが幼いころは、生まれた時から結婚相手が決まっているのも珍しいことではありませんでした。父親に学問やそろばんを禁じられたあさは、嫁入りにも反発します。そんなあさに許婚の新次郎は赤いそろばんを送り、あさの気持ちは新次郎に傾き始めるのでした。

『あさが来た』キャスト

今井あさ/波瑠

波瑠『あさが来た』

平成27年度後期の朝の連ドラ『あさが来た』のヒロインに抜擢されたのは、ファッション雑誌『セブンティーン』や『non-no』の専属モデルとして知られる波瑠。『ドラマ14才の母』や『恋空』『リーガル・ハイ 』などに出演しています。2015年11月には映画『グラスホッパー』への出演も決定しています。

実在の女性実業家、広岡浅子をモデルにしたあさは京都の豪商の次女。「なんでどす?」、「びっくりぽん」という口癖を持つ彼女は好奇心にあふれる、型にはまらない新時代の女性像です。結婚することを拒みますが、玉木宏演じる許婚、白岡新次郎の人間性に惹かれて結婚します。結婚後も夫の代わりに仕事をしたり、新事業を立ち上げ、女子大の設立に奮闘します。

今井はつ/宮崎あおい

宮崎あおい『あさが来た』

ヒロインあさの姉を演じ、ダブルヒロインを務める宮崎あおいは、『純情きらり』以来の2度目の朝の連ドラ出演となります。『神様のカルテ』や『少年メリケンサック』 『ソラニン』 『ただ、君を愛してる』など多くの作品に出演し、2016年には『世界から猫が消えたなら』の公開も控えています。

あさとは異なり、おしとやかで女性らしい性格を持つ女性です。あさは姉のはつを信頼しており、彼女にとって大きな存在となります。

今井忠興/升毅

升毅『あさが来た』

頭脳明晰で優秀なビジネスマンであり、あさの父親でもある今井忠興を升毅が演じます。『ショムニ』シリーズの前川進役で知られ、ほかにも『anego』や『野ブタ。をプロデュース』、『HERO』など数多くのテレビドラマに出演する実力派俳優です。

家のために子供たちの子育てには厳しく、自由すぎるあさには女性として正すために厳しくあたります。

今井梨江/寺島しのぶ

寺島しのぶ『あさが来た』

あさの母、今井梨江を寺島しのぶが演じます。『大停電の夜に』『人間失格』などに出演。宮崎あおいと同じく『純情きらり』に続く2回目の朝の連ドラ出演となります。

夫のために人生を捧げ、常に良き妻・母である事を良しとする価値観を持つ「家庭の天使」といえる存在です。自由奔放なあさの姿を通して、自分の価値観を見つめ直す事になります。

白岡新次郎/玉木宏

玉木宏『あさが来た』

出典: vivi.tv

あさの夫・白岡新次郎を演じるのは玉木宏。『のだめカンタービレ』や『残念な夫。』などに出演しています。今作は2003年の『こころ』に続く2回目の朝の連ドラ出演となります。

趣味に生きる新次郎は、自分は仕事から離れ、自分よりも仕事にセンスがあり情熱のあるあさを支える存在として夫婦の形を築きます。

白岡よの/風吹ジュン

風吹ジュン『あさが来た』

新次郎の母親役を風吹ジュンが演じます。朝の連ドラは1996年『ひまわり』2001年『ほんまもん』に続く3度目の出演となります。最近では『永遠の0』や『そして父になる』『海街diary』などに出演しています。

「女は夫を支え、家を守るべき」という考えを持つあさの姑。

白岡千代/小芝風花

あさの長女を演じる白岡千代は映画『魔女の宅急便』でスクリーンデビュー、初主演にしてブルーリボン賞の新人賞を受賞をした期待の新人、小芝風花が演じます。

母親あさの家を放ったらかしにするような生き方に不満を持っており反発しています。あさは新時代の女性になるようにと教育をしますが、二人は対立します。

眉山惣兵衛/柄本佑

柄本佑『あさが来た』

あさの姉・はつの夫役は、『美しい夏キリシマ』や『夜のピクニック』『僕等がいた』などに出演する柄本佑が演じます。

口数の少ない、無愛想で周りから理解されにくいキャラクターです。

眉山菊/萬田久子

萬田久子

惣兵衛の母親役を1978年ミス・ユニバース日本代表の萬田久子が演じます。朝の連ドラは、『なっちゃんの写真館』『ぴあの』『すずらん』に続く4回目の出演となります。

自発的で気の強くプライドの高い菊は、夫にも上から目線で、嫁であるはつにも不満を持っています。

眉山栄達/辰巳琢郎

辰巳琢郎

出典: solife-a.com

惣兵衛の父親で眉山栄達(びざん えいたつ)役。日本ソムリエ協会ソムリエ・ドヌールの称号を持っています。クイズが得意でバラエティ番組に出ることもしばしば。連続ドラマ小説への出演は6作品目。その他過去出演作は映画では『レディ・ジョーカー』、ドラマは大河ドラマの『篤姫』などがあります。

眉山家に婿養子で入ったため、妻には逆らえない立場にあります。しかし包容力のある、心は優しく穏やかな性格を持っています。

今井忠政/林与一

林与一

あさ(波瑠)の祖父で、今井忠政(いまい ただまさ)役を演じています。元歌舞伎役者で、曾祖父は初代中村鴈治郎、祖父二代目林又一郎で、父の林敏夫は、四代目坂田藤十郎や中村玉緒とは従兄弟の関係と、歌舞伎役者家系。過去出演作には『必殺仕掛人 梅安蟻地獄』などがあります。

あさの自由な生き方を応援し、影から支える優しい祖父を演じています。

白岡正吉/近藤正臣

近藤正臣

出典: mainichi.jp

あさ(波瑠)の義父になる白岡正吉役で、両替屋「加野屋」の当主を演じます。『地の果てまで』『必殺シリーズ』『太平記』『龍馬伝』など多くのドラマ、映画は『十一人の侍』など、また舞台でも活躍中です。

あさの規範にとらわれない自由な発想やビジネスセンスを認め、家業を指南していきます。

美和/野々すみ花

野々すみ花

三味線の師匠美和役を演じます。野々すみ花は1987年2月27日生まれの女優で、元宝塚歌劇団・宙組トップ娘役です。2013年よりテレビドラマに出演し始め、NHK総合テレビ『吉原裏同心』などに出演しました。

玉木宏演じる白岡新次郎が通うセクシーな三味線の先生の美和は、新次郎との関係に絡んでくる重要な役どころです。

今井忠嗣/興津正太郎

興津 正太郎

女優・波留演じるヒロインの弟“今井忠嗣”役を、興津正太郎が演じます。1996年4月18日生まれで、過去出演作は『パンダが町にやってくる』NHK教育テレビ『花影忍法帳コミ☆トレ』、また連続テレビ小説『ちりとててん』、『ウェルかめ』、『ごちそうさん』でも、出演歴が有ります。

父から当主になるようにと厳しく育てられます。

ふゆ/清原果耶

清原果耶

今井家の奉公人ふゆを演じるのは、本作が女優デビューとなる期待の新人清原果耶。現在13歳の彼女は本作で20代後半まで演じるとのことで、どのような演技をするのか注目が集まっています。

五代才助/ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカ

ミュージシャン、モデル、映画監督としても世界で活躍する”逆輸入俳優”ディーン・フジオカが薩摩藩士五代才助役を演じます。

西洋に詳しい先進的な考えを持つ人物で、大阪の経済の発展のために尽力し、ビジネスに奮闘するあさの師匠となる存在になります。”近代大阪経済の父”と呼ばれるようになる重要な人物です。

成澤泉/瀬戸康史

瀬戸康史

女子の教育機関を設立するために奮闘する元学校教員、成澤泉は『D☆DATE』のユニットでも活躍する瀬戸康史が演じます。

アメリカ留学によって先進的な女性の教育に関心を持ち、日本では女子学校を普及させるために奮闘します。あさとはそんな自分にも重なる姿に共感し応援します。

山崎平十郎/辻本茂雄

辻本茂雄

元大蔵省の役人で銀行支配人となる山崎平十郎をよしもとのお笑いタレントとして活躍する辻本茂雄が演じます。

民間の銀行を立ち上げることを目標とし、あさに銀行設立に向けて雇用してもらうように願いだします。そのビジネスセンスは生かされ、あさの右腕となります。

『あさが来た』子役キャスト

今井あさ(少女時代)/白岡千代/鈴木梨央

鈴木梨央

波瑠演じる今井あさの少女時代を、鈴木梨央が演じます。2005年2月10日生まれの天才子役。過去出演作は『八重の桜』『Woman』『明日、ママがいない』『お兄ちゃん、ガチャ』などです。

また、ヒロインあさの少女時代のみならず、娘千代役としても出演することが決定しています。千代は母のあさとは違い、おとなしい性格なので、あさの少女時代とはまた違った鈴木梨央を観ることができます。

今井はつ(少女時代)/守殿愛生

守殿愛生

宮崎あおい演じる今井はつの少女時代を守殿愛生が演じます。2002年12月28日生まれで、多くのCMや広告にも起用されており、映画は田中光敏監督「利休にたずねよ」利休の娘おさん(成美璃子さん)幼少期役で出演しました。

今井忠嗣(少年時代)/二宮輝生

二宮輝生

出典: twitter.com

興津正太郎演じる今井忠嗣の少年時代を演じるのは二宮輝生。2007年4月10日生まれの子役で、『ごちそうさん』に西門活男役で、『マッサン』にミツル役で出演しており、今回の『あさが来た』が3回目の朝ドラ出演になります。

ゲスト出演者

土方歳三/山本耕史

山本耕史

出典: news.line.me

2004年にNHKの大河ドラマ『新選組!』で土方歳三を演じた山本耕史が『あさが来た』にも土方歳三役で出演します。『新選組!』で使用した衣装、カツラを使用するということで注目が集まりました。

櫛田(くしだ)そえ役/木村佳乃

木村佳乃

九州の「蔵野炭坑」の経営者の妻、櫛田そえ役で木村佳乃が出演します。炭坑事業を引き受けてくれる人物を探していて、あさに出会い……。

あさのモデル広岡浅子とは

広岡浅子『あさが来た』

主人公あさのモデルは、明治から大正にかけて銀行や生命保険事業を手掛けたほか、日本初となる女子大の設立にも貢献した女性実業家・広岡浅子がモデルとされています。

「女子も人間です。人間は学問をしなければなりません。女子にも学ぶ機会さえ与えられれば、必ず修得する頭脳はあります」

と両親に対して言い放った広岡浅子はのちに女性の人権・地位向上に尽力したといわれています。

学識と教養を持ち、男勝りな性格の広岡浅子がどのように描かれるのか、注目が集まります。

「あさ(朝)が来ると新しい世界が始まる、そんな社会を明るくするようなドラマにしたい」

という願いが込められています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

NHK朝ドラ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧