2017年7月6日更新

小池栄子の元アイドルとは思えない演技力の秘密など知られざる事実11選

小池栄子

話題のドラマや映画に出演するなど大活躍中の女優・小池栄子。『接吻』と『八日目の蝉』で好演し、女優賞を受賞しています。今回はそんな小池栄子の魅力を余すところ無く紹介していきます。

1:小池栄子のプロフィール

小池栄子は、1980年11月20日生まれ、東京都世田谷区生まれの日本の女優です。身長は166㎝で、血液型はAB型です。デビューのきっかけはスカウトです。かつてはイエローキャブに所属していましたが、現在は個人事務所で活動しています。

2:コンプレックスだった胸を武器に一気にカリスマグラドルへ

女優を目指して芸能界入りしましたが、当初はオーディションで落とされることが多かったそうです。そんな時にグラビアの仕事が舞い込み、グラビアの仕事をやるようになりました。体系にコンプレックスがあった為、あまり乗り気ではなかったようですが、これを売りにすればいいのではと考え、積極的にグラビアの仕事をするようになったそうです。

3:豊胸?本物の巨乳?真偽は裁判で明らかに

ある雑誌に豊胸疑惑の記事を書かれ、その記事を掲載した出版社を相手に裁判を起こしました。裁判は掲載者に不利な証言が多かった為、掲載者が謝罪し和解となりました。TVでX線写真を撮り豊胸でないことを証明しているので、天然の巨乳みたいです。

4:「肖像権を守る会」設立に全面協力をする強い正義感

2004年に「肖像権を守る会」設立に全面協力し、CMやポスターでモーニング娘。と共演しました。裁判もそうですが、不正を許さない正義感がありますね。不正があったら訂正するその正義感がカッコいいと思います。

5:かわいいだけでなく演技力も持ち合わせる。

2004年頃にイエローキャブの分裂をきっかけにグラビアから女優の仕事にシフトチェンジしています。その後は、『下妻物語』や『真夜中の弥次さん喜多さん』などの話題作に出演するなど、女優としての地位を固めました。小池栄子の演技は視聴者からも高く評価されています。

多くのアイドルやグラビアアイドルが女優に挑戦していますが、その中でも現在最も成功しているグラビアアイドルの一人に分類されるのではないでしょうか。天は二物を与えた、ということですね。

6:映画『接吻』と『八日目の蝉』では映画賞も受賞

小池栄子が殺人鬼に恋をする

映画『接吻』は小池栄子が主演を務め、豊川悦司、仲村トオルらと共演したサスペンス映画です。テレビに映った殺人犯の笑顔に魅せられて恋に落ちたOLを非凡な演技力で演じきり、大きな話題となりました。

honeycandybaby 設定が面白そうで観てみました!小池栄子さんの演技がうまくて、それだけで十分な作品でした。坂口に求めていたものは愛ではなく安心感だと思う。京子が子供とブランコをこいでいるシーンは奇妙で、犯人がカメラに向けた笑顔よりも不気味でした。生きる欲望を持ち、死を恐れながら自ら死に向かっていく。孤独ってこわい。
ERI1377 ケーブルテレビで観たぜ~。小池栄子演じる主人公がニュースで見た殺人犯に一目惚れしちゃって、刑務所に面会行ったり差し入れしたり、しまいにゃ~結婚までしちゃうんだけど、、小池栄子の演技ゴイスー!!怪演て感じ!!ラストも、えっ!? みたいな!! なかなかよかったっす★

ciatrに寄せられたレビューにも小池栄子の高い演技力を絶賛する声が散見します。本作で第30回ヨコハマ映画祭主演女優賞や第63回毎日映画コンクール女優主演賞など様々な映画賞を受賞しました。

物語のキーパーソンを演じる

映画『八日目の蝉』は誘拐犯(永作博美)を母だとして育てられた娘(井上真央)の悲劇を描いた映画です。小池栄子は事件に取材するために近づく記者を演じました。

adeline 邦画特有の、この暗い感じが良かった あと小池栄子が名演技だった、と思う
Aiiii_ すごく辛くなるけど凄い映画だった。井上真央、永作博美はぜったいいいと思ってたけど、正直期待してなかった小池栄子さんが本当に素晴らしかった。

主演の永作博美・井上真央と並び、小池栄子の演技も存在感を発揮していました。本作では第35回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第85回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞しました。

7:CMアイドルとしても活躍!

これまで任天堂や、資生堂など数々の大手企業のCMに出演してきました。最近はキリンビールや、ロッテのCMに出演しています。好感度が高く宣伝効果が高いと思うので、企業がCMに起用したくなるのも分かります。

8:舞台女優としての一面も

映画やドラマでなく、舞台にも数多く出演しています。演劇界の第一人者である劇作家のケラリーノ サンドロヴィッチが手掛ける舞台にも出演しました。小池栄子は舞台出演について、舞台を経験をすることで、自分からも現実からも目を背けなくなり、それがバラエティや女優業に活かされていると語っています。

舞台「グッド・バイ」で高評価

2015年9月から上映された太宰治原作のコメディ「グッド・バイ」の舞台版で主演しました。ここでの演技が高い評価を受けた小池栄子は第23回読売演劇大賞の最優秀女優賞を受賞しました。

9:旦那は坂田亘!二人で個人事務所まで設立?!

小池栄子の夫はプロレスらーの坂田亘です。坂田亘の試合を見た際に一目惚れし、積極的にアプローチし交際に発展したそうです。その後、5年の交際を経て2人は2007年に結婚しました。

2015年に所属していたイエローキャブが破産し、契約切れとなった為、個人事務所を立ち上げました。一時は、坂田亘が務めるという噂がありましたが、現在は小池栄子が社長を務めているようです。

10:性格も良く芸能界でも評判の高い小池栄子

小池栄子と一緒に仕事をした共演者やスタッフによると性格が良いと評判です。インタビューで、嫌いな人はいなくなった、苦手な人でも教えられることは絶対にあると思い逃げ出すことは無くなった、と語っています。こういう心構えでいられるのは心が広いからではないでしょうか。そういう心構えで人と接するからこそ、仕事をした人から性格が良いと評価されるのだと思います。素晴らしい性格です。

11:2016年は映画『人生の約束』と『テラフォーマーズ』に出演が決定

『人生の約束』では藤岡小百合役を演じる

2016年1月9日に、小池栄子が出演する話題の映画『人生の約束』が公開されます。この映画はビートたけしや、竹野内豊など豪華俳優陣の出演が見どころの映画です。

舞台は主人公のIT関連企業CEO・中原祐馬は、共に起業しながらも会社を追い出す形で決別してしまったかつての親友の航平から何度も電話がかかってきます。胸騒ぎがした祐馬は、東京から航平の故郷である「曳山まつり」で有名な富山の港町・新湊へ向かいます。

新湊につくと、すでに航平は亡くなっていました。航平の娘・瞳に祐馬は「何かできることはないか」と聞くと、「西町から四十物町の曳山を取り返してくれますか?」と言われます。

新湊にある四十物町では、曳山譲渡に町がゆれていて、約束を反故にした新興の西町に、航平は最後まで抗議していたのです。

小池栄子はこの映画で、明るく男勝りだが人情深い新湊の女性漁師・藤岡小百合を演じています。

『テラフォーマーズ』では大張美奈役を演じる

2016年4月29日には、大人気コミックを映画化した『テラフォーマーズ』が公開されます。監督に三池崇史、主演に伊藤隆を迎え、山田孝之、菊地凛子、滝藤賢一など豪華な役者人が揃います。

21世紀、人類爆発を迎えた人類が選択したのは火星移住計画。人類はコケとある生物を送ることで火星を地球化させようとしました。それから500年、計画の仕上げのために火星へと送られた15人の隊員のミッションは、その生物を駆除すること。 簡単な作業と聞かされていた隊員たちでしたが、ある生物は異常進化し、その凶暴性から隊員に次々と襲い掛かります。

小池栄子は、覚悟を決めて火星に行った、男前な副艦長役・大張美奈を演じます。 映画でどんな演技を見せてくれるのか、公開が楽しみです。