2017年7月6日更新

岡山天音は山﨑賢人と仲良し!ドラマ・映画の出演作も紹介!

『人狼ゲーム』

岡山天音は演技力・存在感を高く評価されており、多数のドラマ・映画に出演して人気が上昇中の俳優です。親友である山崎賢人との交流、大ヒットドラマ半沢直樹への出演など、岡山天音の魅力に迫る情報をご紹介します。

目次

1:岡山天音のプロフィール

岡山天音はユニマテ所属の俳優です。1994年6月17日生まれ、東京都の出身です。2009年に芸能界へ入り、NHK教育チャンネル『中学生日記 シリーズ・転校生(1)〜少年は天の音を聴く〜』で俳優としてデビューしました。

岡山天音(おかやま あまね)の本名について公式な情報はありませんが、所属事務所では本名で活動している人たちが多いため、岡山天音も本名ではないかと言われています。

特技は歌とヒップホップのダンスだそうです。事務所ユニマテの先輩としては東出昌大や満島ひかりが有名です。また今話題の若手女優・門脇麦もユニマテ所属です。

2:初期の代表作は『Another アナザー』での山田優役

岡山天音が俳優活動の初期に出演した話題作には学園ホラーミステリー『Another アナザー』があります。人気作家の綾辻行人の小説を映像化した作品です。

今作で岡山天音は、主人公と同じクラスの生徒を演じて、観客の印象に残る場面にも登場しています。

3:映画『人狼ゲーム』ではメインキャストに

岡山天音がメインキャストとして映画出演を果たした初めての作品が『人狼ゲーム』です。欧米で親しまれているパーティーゲームを題材にした川村亮の小説『人狼ゲーム』を映像化した作品です。

物語は、拉致されて集められた高校生の男女が強制的にゲームに参加させられてルール上で死亡が確定すると実際に殺されてしまう、という理不尽な目に遭うサスペンスホラーです。岡山天音は高校生の一人として存在感のある演技を披露しています。

4:実写化映画『鬼灯さん家のアネキ』では小泉役で出演

岡山天音はさまざまな話題作に出演してきました。五十嵐藍による4コマ漫画を実写化した『鬼灯さん家のアネキ』もその一つです。本作では映画版のオリジナルキャラクターの小泉を演じて作品の脇を固めています。

5:映画『合葬』では若手実力派俳優と共演!

岡山天音は映画『合葬』で人気も実力もある俳優陣と共演しています。物語では、徳川幕府による支配の終わろうとする混乱の中での、江戸の若者たちの儚い青春が描かれています。

岡山天音は物語の中心となる三人の若者のうちの一人を演じています。オダギリジョー、柳楽優弥、瀬戸康史らと共に確かな演技で存在感を示しました。

6:ドラマ『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』では王様役で強烈な印象を残す

岡山天音は2013年のテレビドラマ『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』に出演。本作は、山田悠介のホラー小説を映像化した作品です。

岡山天音は架空の王国の王様という役で、思いつきのゲームで国民を虐殺していくという異常な人格を見事に演じて物語の世界観を支えています。

7:ドラマ『放課後グルーヴ』に福田清春役で出演!

岡山天音は特技のヒップホップダンスを活かした演技も見せています。TBSドラマ『放課後グルーヴ』は元不良の体育教師と生徒たちがダンス授業を通して様々な経験を重ねていく学園ドラマです。岡山天音は中学2年生の福田清春役で出演しました。

8:ドラマ『半沢直樹 第2部』にも坂本新之助役で出演していた!

岡山天音は言わずと知れたTBSドラマ『半沢直樹』にも出演しています。東京本部第二営業部の若手行員として半沢直樹から期待される坂本新之助を演じています。

9:ドラマ 『すべてがFになる』では浜中深志役で出演!

岡山天音は2014年のフジテレビドラマ『すべてがFになる』に出演。森博嗣の大ヒット推理小説シリーズを映像化した作品です。

岡山天音は、主人公と行動を共にすることも多い同じ学部学科の大学院生浜中深志を演じており、たびたび登場しています。

10:『おしゃれイズム』で山﨑賢人といちゃいちゃしていたって本当?

岡山天音は山﨑賢人と大変に仲が良いことが知られています。ファンが嫉妬してしまうほどだそうです。出会った当初は毎晩電話をしていたり、互いに前世では結ばれていたと思っていたりと、親友であることがわかります。