2017年7月6日更新

宇崎竜童はミュージシャンとしても俳優としてもかっこいい!意外と知らない8つのこと

リーゼントにサングラス、つなぎルックで一世を風靡した「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の宇崎竜童。その素顔は意外にもインドア派。最強のパートナー・阿木耀子との慣れ染め、作曲家・俳優としての華々しい経歴など、宇崎竜童を解説します。

1:大学卒業後、商社に就職するもすぐに音楽の道へ

宇崎竜童(うざき・りゅうどう)は、京都府の出身で、1946年2月23日生まれ。ロック歌手、作曲家、俳優、映画監督として活動している芸能界の大御所です。

宇崎は、小学生の頃から映画音楽に親しみ、中学でトランペットを始め、高校の頃にはトランペットで曲を作ったそうです。歌を作り始めたのは、明治大学の軽音楽部時代。ここで後に妻となる阿木燿子と出会います。卒業後は、音楽の世界へは進まず商社に就職しました。しかし、性に合わなかったのか1ヶ月で退社。その後、義兄が経営する音楽出版社に入ります。

そこでは、マネージャーとしての仕事の他に、新人アーティストのトレーニングも担当していた宇崎。トレーニングのためにオリジナル曲を提供したことがきっかけで、本格的に作曲家になりたいと思うようになったとか。ちなみに、バンド時代の松崎しげるをスカウトし担当していたのは宇崎だそうです。

2:「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を組みヒットを飛ばす

作曲家を目指していた宇崎ですが、勤めていた音楽出版社が倒産してしまい、自ら音楽関係の会社を立ち上げます。所属バンドを売り込むために開いたコンサートに、宇崎も飛び入り参加しオリジナル曲を歌ったところ、なんと宇崎にレコード会社から声がかかります。デビューを決めた宇崎はメンバーを集め、こうして1973年に「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」は誕生しました。

デビュー曲は『知らず知らずのうちに』。その後、1974年『スモーキン・ブギ』、1975年『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』とヒットを飛ばします。特に、『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』は、曲中のセリフ「アンタ、あの娘のなんなのさ!」が流行語にもなり、バンドは爆発的な人気を得ます。リーゼントにサングラス、つなぎルックもインパクトがありました。

3:作曲家として多くの歌手に曲を提供

山口百恵『横須賀ストーリー』

『スモーキン・ブギ』がヒットした頃から、作曲の依頼も来るようになったという宇崎。提供楽曲は数多くあり、『硝子坂/高田みづえ』『お化けのロック/郷ひろみ&樹木希林』『想い出ぼろぼろ/内藤やす子』などが挙げられますが、中でも、内藤やす子の『想い出ぼろぼろ』は日本レコード大賞作曲賞を受賞しています。

また、山口百恵へは山口本人の希望で曲を書き始め、計60曲以上にものぼったそうです。『横須賀ストーリー』『イミテイション・ゴールド』『プレイバックPart2』『美・サイレント』『しなやかに歌って』など、1971年に結婚した妻であり作詞家の阿木燿子と組んで次々にヒット曲を生み出しました。山口百恵の全盛期から引退までのヒット曲は、ほぼ宇崎と阿木の最強夫婦コンビによるものです。

宇崎竜童・山口百恵

4:バンド解散後に精力的に俳優活動を行う

ドラマ『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』の制作発表記者会見

宇崎竜童は、1980年、バンド名を「ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド」に改名し、曲の方向性も変え活動しますが、1981年解散に至ります。そして、この頃から精力的に俳優活動を行うようになりました。

映画では、1981年『駅 STATION』、1982年『TATTOO<刺青>あり』、1984年『上海バンスキング』などのほか、2015年『グラスホッパー』 にも出演。ドラマも、1979年『阿修羅のごとく』、1999年『ナニワ金融道 パート4』、2015年『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』など、多数の出演歴があります。

5:映画、舞台音楽や映画監督も務める

ドラマや映画、舞台などで、音楽を手掛ける宇崎竜童。映画『秘密』、ミュージカル『魔女の宅急便』など数多く携わっていますが、映画『駅 STATION』ではキャスト・音楽ともに務め、第5回日本アカデミー賞音楽賞を受賞しています。

また、監督としての活動もあり、内田裕也主演の『魚からダイオキシン!!』、石橋凌主演『ROCK is SEX さらば相棒』などの作品を撮っています。

6:大学時代に出会った阿木燿子とは今でもおしどり夫婦

作詞家でもある妻・阿木燿子との慣れ染めは、大学時代に遡ります。軽音楽部の新入生の勧誘をしていた宇崎が、最初に声をかけた女性が阿木でした。宇崎の一目惚れだったそうです。

そんなふたりは今でもおしどり夫婦。見た目のイメージからは宇崎が亭主関白のように思えますが、意外にも反対で阿木に頭が上がらず、曲のダメ出しをされたり、ゴミ出しを失敗して怒られたりすることもあるとか。これまでにケンカをしたことがないそうですが、それはほとんどが阿木が宇崎を叱って終わるからなのだそうです。

売れっ子同士多忙な生活の中、仕事部屋へ行ったら声はかけず、気を使いすぎないようにするのが仲良くいられる秘訣だそうで、「夫婦は自分だけの体ではなくて、お互いのもの」と、相手を思いやる心も忘れません。人生の伴侶としても、仕事のパートナーとしても、最高のふたりです。

7:ロックンローラーの見た目とは裏腹に意外とインドア

阿木とのエピソードからも伺えるように、宇崎は見た目とは反対の性格だそうです。「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の活動での「つっぱった」スタイルも、すべてロックンローラーとしてのキャラクター。現在でも、実際の宇崎に会うとそのギャップに驚く人も多いのだとか。

また、パワフルなライブ演奏などから活動的と思われがちですが、これも全く反対。実はスポーツ嫌いで、インドア派なのだそうです。運動不足を反省しスポーツクラブに入会するも、スポーツクラブまで行くこと自体が面倒で1日でやめてしまったという究極のインドア派逸話があります。

8:2016年初の俳優の仕事は「月9」

芸能界において、幅広く活躍し、輝かしい経歴を持つ宇崎竜童。2016年初の俳優の仕事は、フジテレビ系ドラマ『ラヴソング』になりました。このドラマは、第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した倉光泰子のオリジナル脚本で、福山雅治が主演を務めます。

作品中での宇崎は、ライブハウス「S」を経営する笹裕司役。ロック歌手や作曲家としての経験が生かされ、リアリティーある演技が見られるのではないでしょうか。毎週月曜日夜9時放送、フジテレビドラマ『ラヴソング』は、2016年4月よりスタートです。