2017年7月6日更新

ジェシカ・ヘンウィックが『アイアン・フィスト』にヒロイン役で出演!

イギリス出身の若手女優ジェシカ・ヘンウィックは、東アジア系として始めてテレビシリーズ主演女優となりました。現在さまざまな映画やテレビシリーズで活躍している彼女のプロフィール、出演作品などをチェックしてみましょう。

ジェシカ・ヘンウィックのプロフィール

ジェシカ・ヘンウィックは1992年8月30日生まれ、イギリス出身の女優です。

中国系シンガポール人の母とザンビア系イギリス人の父を持ち、サリー州で生まれ育ちました。レッドルーフ・シアター・スクールと、ロンドンのナショナル・ユース・シアターで演技の訓練を受けました。

東アジア系女優初のイギリスのテレビシリーズ主演を果たす

ジェシカ・ヘンウィックは東アジア系として初めて、イギリスのテレビシリーズに主演した女優となりました。

2010年のテレビシリーズ『Spirit Warriors』で、ヘンウィックは主人公・ボウ役で出演しています。ロンドンの普通の少年少女たちが、博物館への遠足で古代中国にワープしてしまい、そこでスピリット・ウォリアーとして戦うことになるという物語です。

この作品に出演するため、ヘンウィックは武術太極拳の訓練をしたそうです。このドラマは、2011年にブロードキャスト・アワーズを含むいくつかの賞にノミネートしました。

その後もヘンウィックは、BBCのラジオドラマ『North by Northamptonshire』(2012〜2013)や、テレビシリーズ『Silk 王室弁護士マーサ・コステロ』(2014)などに次々と出演しています。

映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』に実はパイロット役で出演していた

ジェシカ・ヘンウィックは、2015年に公開された『スターウォーズ/フォースの覚醒』にレジスタンスの戦闘機X-ウィングのパイロット、ジェス・テストール役で出演しています。

このキャラクターのフルネームは、ジェシカ・”テスター”・パヴァで、スターウォーズのスピンオフ小説『The Weapon of a Jedi: A Luke Skywalker Adventure』にルークを尊敬する人物として登場し、絶大な人気を得ています。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のナイメリア役で有名になったジェシカ・ヘンウィック

ジェシカ・ヘンウィックを世界的に有名にした出演作は、大人気ファンタジー小説を原作としたHBOの大人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』です。

この作品でヘンウィックは、砂漠の国ドーンの3人目の王子オベリンの落とし子のひとり、ナイメリア・サンドを演じました。ナイメリアは鞭の使い手で好戦的な女戦士として描かれています。

ジェシカ・ヘンウィックがドラマ『アイアン・フィスト』のヒロイン役を演じる!

マーベル・コミックの作品を原作とした『アイアン・フィスト』のドラマ版が制作されること決定し、ジェシカ・ヘンウィックが出演することが発表されました。

ヘンウィックが演じるヒロイン、コリーン・ウィングは、日本人の母親と中国系アメリカ人の父親を持ち、幼いころに母が亡くなったため、祖父に育てられた人物です。自分の道場を持つ武術の達人で、主人公のダニー・ランド/アイアン・フィストの協力者となります。

Netflixのマーベル・コミック実写化第4弾となる『アイアン・フィスト』は、今後のクロスオーバー作品にも関わってくると考えられており、ヘンウィックの活躍も期待できますね。