2017年7月6日更新

何人知ってる?マーベル映画とDCコミックス映画の両方に出演しているスター15人

マイケルファスベンダー

『スパイダーマン』『アベンジャーズ』のマーベルコミックと『バットマン』『スーパーマン』のDCコミックはアメコミの2大巨頭、いわばライバル会社です。そんなライバル両方の映画に出演している俳優が意外にも多いようです。今回はマーベル映画とDCコミックス映画の両方に出演しているスター15人を紹介します。

1.ベン・アフレック

最近は『アルゴ』(2012)『ゴーン・ガール』(2014)など絶好調のベン・アフレックですが、2003年当時ベン・アフレックはマーベルコミックのデアデビルを映画化した『デアデビル』でマット・マードック(デアデビル)を演じて辛辣な評価を受けていました。

2016年ベン・アフレックはDCコミック映画へ移籍、バットマンとスーパーマンが対立する話題作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でブルース・ウェイン(バットマン)を演じています。

映画公開前はネガティブな意見が多かったものの、大方の予想に反して高い評価を獲得しているようです。

2. ジェームズ・マースデン

マーベルコミックを映画化した『X-MEN』(2000)、『X-MEN2』(2003)、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)で大人気キャラクター“サイクロップス”を演じたのがジェームズ・マースデンでした。

本シリーズ第1作目からタッグを組んできたブライアン・シンガーはジェームズ・マースデンが大のお気に入り俳優、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』(2006)と同時期だったのにも関わらず自身が監督を務めたDCコミック映画『スーパーマン リターンズ』(2006)リチャード・ホワイト役にジェームズを抜擢しました。

3.ライアン・レイノルズ

2011年DCコミックを映画化した『グリーン・ランタン』はコミックファンの期待を大いに裏切り散々な評価を獲得した作品、そんな映画で主役ハル・ジョーダン(グリーン・ランタン)を演じたのがライアン・レイノルズでした。

また、ライアン・レイノルズはマーベル映画『X-MEN』シリーズスピンオフ『ウルヴァリン・X-MEN ZERO』(2009)でウェイド・ウィルソン(デッドプール)を演じています。

その時はあまりにもコミックのデザインとかけ離れていたため不評でしたが、2016年6月公開の『デッドプール』はコミックに忠実で多くの人から高い支持を集めているようです。

4.ローレンス・フィッシュバーン

ローレンス・フィッシュバーンはマーベルコミックを映画化した『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007)でシルバーサーファーの声を担当。

また、DCコミックを映画化した『マン・オブ・スティール』、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』でペリー・ホワイトを演じています。

5.クリス・エヴァンス

マーベル映画(『ファンタスティック・フォー』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『アベンジャーズ』など)のキャプテン・アメリカ役としてお馴染みのクリス・エヴァンスはDCコミック映画にも出演しています。

2010年のDCコミック映画『ルーザーズ』に出演していました。

6.イドリス・エルバ

2010年DCコミックを映画化した『ルーザーズ』にルーク役で出演したイドリス・エルバ。

2011年には『マイティ・ソー』(ヘイムダル)、2012年には『ゴーストライダー2』(モロー)と立て続けにマーベルコミックを映画化した作品に出演しています。

7.ティム・ロビンス

『ショーシャンクの空に』アンディ役として知られる俳優ティム・ロビンスは1986年マーベルコミックを映画化した『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(フィル)に出演。2011年DCコミックを映画化した『グリーン・ランタン』でロバート・ハモンドを演じていました。

どちらの作品もファンからの評価は低く、ティム・ロビンスはコミック原作映画に関してはツキがないようです。

8.ジョシュ・ブローリン

ジョシュ・ブローリンは2010年にDCコミックの西部劇を映画化した『ジョナ・ヘックス』で主演を務めた後、マーベルコミックを映画化した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)にサノス役でカメオ出演していました。

9.マイケル・ファスベンダー

マーベルコミックを映画化した『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)でマグニートーを演じていたマイケル・ファスベンダーは、2010年にDCコミックを映画化した『ジョナ・ヘックス』にパーク役で出演していました。

10.ナタリー・ポートマン

2011年マーベルコミックを映画化した『マイティ・ソー』でジェーン・フォスターを演じる前、ナタリー・ポートマンはDCコミックを映画化した『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006)でイヴィー・ハモンドを演じていました。

11.トミー・リー・ジョーンズ

1995年、トミー・リー・ジョーンズはDCコミックを映画化した『バットマン・フォーエバー』でトゥー・フェイスを演じていました。

それからおよそ15年後、マーベルコミックを映画化した『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にチェスター・フィリップス役で出演しています。

12.ヒューゴ・ウィーヴィング

2006年、DCコミックを映画化した『Vフォー・ヴェンデッタ』でVを演じたヒューゴ・ウィーヴィングは2011年にマーベルコミックを映画化した『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にヴィラン“レッドスカル”役で出演しました。

13.TAO

日本のファッションモデルTAOは2013年マーベル映画『ウルヴァリン:SAMURAI』矢志田真里子役で映画デビュー。

そして2016年にはDCコミック映画最新作『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』でレックス・ルーサーのアシスタント“マーシー・グレイプス”を演じています。

14.アドウェール・アキノエ=アグエバ

2013年、マーベル映画『マイティ・ソー/ダークワールド』でカースを演じていたアドウェール・アキノエ=アグエバは、2016年9月公開予定のDCコミック映画『スーサイド・スクワッド』にキラークロック役で出演しています。

15.ジャイモン・フンスー

2005年DCコミックを映画化した『コンスタンティン』でパパ・ミッドナイトを演じたジャイモン・フンスーは2014年のマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にコラス役で出演しています。