有村架純出演おすすめドラマ8選

2017年7月11日更新

『あまちゃん』でのブレイク以来、一躍お茶の間の人気女優となった有村架純。『ストロボ・エッジ』や『ビリギャル』など、映画にも多数出演、波に乗っている有村が出演したドラマの中から、選りすぐりの名作をご紹介します。

有村架純のプロフィール

有村架純は1993年2月13日生まれ、兵庫県出身の女優です。血液型はB型。2013年に連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクを果たすと、その後数々の話題作に出演、一躍人気女優として広く名前が知られるようになりました。 ドラマだけでなく映画にも数多く出演しており、主な出演作には『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』『アイアムアヒーロー』『思い出のマーニー』(声の出演)などがあります。 そんな彼女の出演するオススメドラマ8選をご紹介します!

『ハガネの女』はテレビ朝日系列で放送された作品です。吉瀬美智子演じる主人公の小学校教師・ハガネこと芳賀稲子が問題を抱える小学生たちと向き合っていく姿を描いた感動作で、2010年にSeason1が、2011年にSeason2が放送される大ヒット作となりました。 有村架純はこの作品で、稲子の元教え子でシェフ見習いの少女・西堀マナを演じています。

『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』2010年

『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』は2010年に、TBS系列で放送されたドラマです。捜査一課が手を焼く難事件を解決するために設立された未詳事件特別対策係(通称・未詳)に配属された2人の捜査員が、“SPEC”という常人にはない特殊な能力を持つ犯罪者たちに立ち向かう姿を描いた物語で、主人公・当麻紗綾を戸田恵梨香が、同僚・瀬文焚流を加瀬亮が演じました。 この作品で有村架純は未詳に出入りし、当麻と瀬文の上司である野々村(竜雷太)の若き愛人でもある婦人警官・正汽雅を演じています。

『あまちゃん』2013年

『あまちゃん』は2013年に、NHK朝の連続テレビ小説枠で放送された作品です。東京で生まれ育った主人公・天野アキが、祖母が危篤との知らせを受けて母・春子と共に岩手県北三陸を訪れるところから始まる物語で、北三陸の美しい海や、祖母・夏(愛称・なつばっぱ)が生業とする海女という職業が改めてクローズアップされ、また主人公・アキを演じた能年玲奈の出世作としても話題となりました。

この作品で有村架純は、小泉今日子演じるアキの母・天野春子の若かりし頃の姿としてたびたび回想シーンに登場し、後にアイドル歌手を目指すことになるアキに大きな影響を与える重要な役どころを演じています。

『スターマン・この星の恋』2013年

『スターマン・この星の恋』は2013年にフジテレビ系列で放送された作品で、3人の息子を育てるシングルマザー・佐和子が車で轢きそうになった1人の青年・星男(佐和子が命名)に一目ぼれし、彼の記憶が無いのをいいことに自分の夫として自宅へ連れ帰るところから始まるラブコメディです。 後に星男が宇宙人なのではという疑惑がとび出すなど、奇想天外なストーリーが話題となりました。主人公・佐和子を広末涼子が、星男を福士蒼汰がそれぞれ演じています。 有村架純はこの作品で、佐和子が勤めるスーパーマーケットの同僚・臼井祥子役で出演しました。

『失恋ショコラティエ』2014年

『失恋ショコラティエ』は2014年にフジテレビ系列の月曜9時、通称“月9”枠で放送された作品で、高校時代からの憧れの人がチョコレート好きだったことからショコラティエとなった主人公が、彼女を振り向かせようと奮闘する物語です。嵐の松本潤演じる主人公・小動爽太と石原さとみ演じるヒロイン・高橋紗絵子の恋の行方もさることながら、美しいチョコレートの描写にも注目が集まりました。 有村架純はこの作品で爽太の妹・小動まつりを演じ、兄の恋を応援しながら自らも辛い恋に悩む姿を好演しています。

『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』2014年

『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』は2014年に、日本テレビ系列で放送された作品で、ひょんなことから教師として母校に赴任しかつて自らも所属していた野球部を率いることになった主人公・青志先生が、独自の手法で弱小部員たちを育て上げ勝利を目指すという物語です。主人公・青志先生を嵐の二宮和也が演じているほか、部員役として福士蒼汰や山﨑賢人などの若手俳優が多数出演しています。 この作品で有村架純は、野球部のマネージャー・樽見柚子を演じています。

『ようこそ、わが家へ』2015年

『ようこそ、わが家へ』は2015年にフジテレビ系列で放送された作品です。平凡な家庭に育ち自らを“臆病者”と分析する主人公が電車の列に割り込んだ男を注意したことから、その後次々に不可解な出来事に見舞われるというストーリーで、主人公・倉田健太を嵐の相葉雅紀が、共に真相を追うタウン誌の記者・神取明日香を沢尻エリカが演じています。 この作品で有村架純は、自らも事件に巻き込まれていく健太の妹・倉田七菜を演じました。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』2016年

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は2016年にフジテレビ系列で放送されました。幼い頃に母を亡くし北海道の親戚のもとで養女として暮らしていたヒロイン・杉原音と、福島から上京し運送会社で働く主人公・曽田練の運命の恋を描くラブストーリーで、“いつ恋”という略称が定着するなどおもに若年層を中心に支持を集めたドラマです。 有村架純はヒロイン・杉原音を演じ、主人公・練を演じた高良健吾とのW主演を飾っています。 いかがでしたか?輝き続ける女優・有村架純から、これからもますます目が離せませんね!