2017年7月14日更新

渋イケメンな40代俳優一覧【かっこよすぎて全然いける】

スマートで大人な雰囲気が魅力的!落ち着いていて独特なフェロモンをかもし出す40代俳優をまとめてみました。40代といっても渋くてカッコよく、20代や30代の女性からみても全然アリな俳優ばかりです!目の保養にいかがですか?

まだまだカッコイイ!渋イケメンの40代俳優まとめ

20代30代の俳優とはまた違う、落ちついた雰囲気と独特のフェロモンが魅力的な40代の俳優たち。かっこよくて若く見えるあまり、年齢を見て驚く事も少なくないのではないでしょうか? そんな日本の映画・ドラマ界には欠かせない、芸能界を引っ張っている40代俳優たちを年齢順に並べてみました。俳優たちの出演している最新作についても掲載していますのでぜひご覧ください!ちなみに年齢は2017年7月現在のものです。

長谷川博己 40歳

1977年3月7日東京都生まれ。2011年の高視聴率ドラマ『家政婦のミタ』に出演した事から名が知られていき、その後『MOZU』での個性的な悪役や『デート~恋とはどんなものかし ら~』でのヒロインと結婚するオタク役など幅広い役柄で話題作に出演していきました。 2016年は興行収入82億円超えの大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』の主役に抜擢。2017年はTBSの連続ドラマ『小さな巨人』で主演を飾るなど、絶好調の長谷川。2017年はさらに長澤まさみ、松田龍平とタッグを組んだ映画『散歩する侵略者』が公開されます。

坂口憲二 41歳

1975年11月8日東京都生まれ。1999年に『MEN'S CLUB』でモデルデビューして以降、そのはっきりした顔立ちから一躍人気モデルとして名を馳せていきました。ドラマ『ベストフレンド』に出演してからは『池袋ウエストゲートパーク』や『天体観測』、『プライド』など人気ドラマに引っ張りだこに。2006年に主役に抜擢された『医龍 -Team Medical Dragon-』は自身の代表作となり、2014年まで4度、連続ドラマ化を実現させました。 現在はCM出演を中心に、ドキュメンタリー番組のナレーションなどにも活動の幅を広げています。今後の活躍に期待ですね。

伊藤英明 41歳

1975年8月3日岐阜県生まれ。ジュノンコンテストで準グランプリを受賞した事がきっかけとなり芸能界デビュー。2004年から始まった『海猿』シリーズは伊藤の当たり役となり代表作にもなりました。 2012年の映画『悪の教典』で演じたサイコパスな殺人犯役は、それまで『海猿』などで演じてきた硬派で実直な伊藤のイメージとはかけ離れた役柄でした。よって『悪の教典』を機に役柄の幅が大きく広がり、ターニングポイントとなった作品だと言われています。 2017年6月に公開された『22年目の告白 -私が殺人犯です-』でも圧巻の演技を披露し、映画は大ヒットを記録しました。

伊勢谷友介 41歳

1976年5月29日東京都生まれ。大学卒業後モデルとして活動していましたが、1999年の映画『ワンダフルライフ』を機に俳優として活動を始めています。2004年、紀里谷和明監督の映画『CASSHERN』を皮切りに、2006年『雪に願うこと』、『パッセンジャー』などで主演を務めました。 2011年に公開した『あしたのジョー』の実写版では力石徹役に抜擢され、劇中に披露した鍛え抜かれた肉体美が話題に。俳優としての勢いは衰えず2017年は4作の映画に出演予定です。8月に公開予定の『ジョジョの奇妙な冒険』では主人公の甥である空条承太郎役を演じています。

オダギリジョー 41歳

1976年2月16日岡山県生まれ。2000年の人気特撮ドラマ『仮面ライダークウガ』で一躍有名となったオダギリは、その後初主演を飾った映画『アカルイミライ』がカンヌ国際映画祭に正式出品された事から海外からも注目を集めました。 近年では2016年に出演したドラマ『重版出来!』の優しい上司役や映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の頼りない夫役などが記憶に新しいオダギリジョー。2017年は映画『エルネスト』と『南瓜とマヨネーズ』など、出演映画が立て続けに公開する予定です。

ムロツヨシ 41歳

1976年1月23日神奈川県生まれ。1999年から個人で舞台活動を開始するもなかなか売れず、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』に出演するまで長い下積み期間が続きました。自身が出演し脚本・演出も手掛けている舞台「muro式」は、2008年から開始されたムロツヨシの代名詞ともいえる舞台です。 代表作にはメレブ役で出演する『勇者ヨシヒコ』シリーズや、真下の部下の倉橋役で出演する『踊る大捜査線』シリーズなど。福田組のお抱え俳優としても活躍しており、2017年に実写化される福田監督作『銀魂』、『斉木楠雄のΨ難』の両方にも出演します。

加瀬亮 42歳

1974年11月9日神奈川県生まれ。代表作は『それでもボクはやってない』や『重力ピエロ』、『アウトレイジ』シリーズなど。2010年にはCNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」に選ばれ、『硫黄島からの手紙』や『永遠の僕たち』、『ライク・サムワン・イン・ラブ』など海外作品にも多く出演し国内外で高く評価されています。 主に映画への出演が多く、毎年最低1本の映画作品に出演している加瀬。2017年1月には日本が舞台のハリウッド映画『沈黙 -サイレンス-』に熱心なキリシタン役として出演、3月には神木隆之介主演の話題作『3月のライオン』で棋士を演じるなど幅広い役どころをこなしています。

反町隆史 43歳

1973年12月19日埼玉県生まれ。1997年から『バージンロード』、『ビーチボーイズ』と人気作に立て続けに出演していた反町。自身最大のヒット作ともなった1998年のドラマ『GTO』で演じた鬼塚英吉役が当たり役となり、たちまち人気を博していきました。 他にも『ダブルスコア』や『ホットマン』、『グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~』などが代表作にあり、2017年は杉下右京の4代目相棒役として『相棒 season14』に起用されるなどコンスタントに出演し続けている俳優です。

浅野忠信 43歳

1973年11月27日神奈川県生まれ。1988年15歳の時父親の勧めで受けた『3年B組金八先生Ⅲ』のオーディションで見事合格し俳優デビュー。その後バンド活動と並行して俳優活動を続けていき、岩井俊二・是枝裕和・青山真治など今では大物と言われる監督たちの映画に多数出演していきました。 2009年の映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞を受賞し勢いづいた浅野は、2011年の映画『マイティー・ソー』でハリウッド初出演を果たしました。2017年は田中麗奈と初共演という事で注目を集めている浅野主演の映画『幼な子われらに生まれ』が公開予定です。

堺雅人 43歳

1973年10月14日宮崎県生まれ。2004年の大河ドラマ『新選組!』の出演で注目を集めた堺はその後映画『クライマーズ・ハイ』や『アフタースクール』での演技が評価され、『南極料理人』や『ジェネラル・ルージュの凱旋』と合わせて日本の映画賞を総なめにしていきました。 そして2013年、主演を務めた連続ドラマ『半沢直樹』が平成のテレビドラマ歴代1位を記録する異例の大ヒットを記録。『リーガル・ハイ』や『真田丸』 と共に堺の代表作となりました。そんなヒット続きの堺が吉永小百合と親子役で出演予定の映画『北の桜守』は2018年春に公開予定です。

武田真治 44歳

1972年12月18日北海道生まれ。1989年にジュノンコンテストでグランプリを受賞したことを機に芸能界デビュー。その後、ドラマ『君の手がささやいている』や映画『御法度』などに出演し俳優として活躍していきました。 また武田はサックス奏者としても有名で、2017年現在まで自身の演奏を収録した5枚のシングルと3枚のアルバムを発売。1995年から出演している『めちゃ×2イケてるッ!』シリーズでは現在もレギュラーで活躍中で、得意のサックスも度々披露しています。

藤木直人 44歳

1972年7月19日千葉県生まれ。1998年の大河ドラマ『徳川慶喜』の村田新三郎役に抜擢され注目を集めた藤木は、その後同年のドラマ『GTO』や2000年のドラマ『ナースのお仕事』でのレギュラー出演などを機に本格的に俳優として活躍していきました。 そして2003年のドラマ『高校教師』や2007年のドラマ『ホタルノヒカリ』などが代表作となり、現在は『おしゃれイズム』のレギュラーパーソナリティを務めるなどバラエティ番組にも積極的に参加しています。2017年はすでに『嘘の戦争』、『母になる』と立て続けに連続ドラマに出演。いくつになっても変わらない甘いマスクで、多くの女性を魅了しています。

大泉洋 44歳

1973年4月3日北海道生まれ。大学在学中に出演した『水曜どうでしょう』が深夜番組にも関わらず高視聴率を記録した事から放送網が全国に拡大され、それによって大泉の名が全国に知れ渡っていきました。その後『救命病棟24時』や『小早川伸木の恋』、『ハケンの品格』など全国ネットの人気ドラマに多数出演。 映画では『アフタースクール』や『駆込み女と駆出し男』、『アイアムアヒーロー』など多くの主演作があり、中でも『探偵はBARにいる』は地元北海道が舞台になっている事も相まって大泉の代表作としてシリーズ化しています。3作目である『探偵はBARにいる3』は2017年12月公開予定です。

西島秀俊 46歳

1971年3月29日東京都生まれ。1993年『悪魔のKISS』や人気ドラマ『あすなろ白書』に出演した事からたちまち注目を集めた西島でしたが、40代に突入してから出演した『ストロベリーナイト』や『CUT』、『MOZU』 など重厚感のある役どころが評価され再ブレイクを果たしました。 2017年は連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』に出演し、刑事役として得意なアクションを披露。今後は『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が2017年秋に、『散り椿』が2018年に公開を控えています。

竹野内豊 46歳

1971年1月2日東京都生まれ。元々モデルとして活動していた竹野内は1994年のドラマ『ボクの就職』で俳優デビューし、同じく1994年のドラマ『東京大学物語』から度々ドラマや映画でレギュラー出演するようになりました。 近年では2016年に主演を飾ったドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』で松雪泰子と夫婦役で出演。さらに同年公開の日本アカデミー賞を総なめにした映画『シン・ゴジラ』にも出演し話題となりました。2017年は出演予定の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の公開が秋に控えています。

田辺誠一 48歳

1969年4月3日東京都生まれ。モデルを経験後に1992年に俳優デビューし、映画やテレビコマーシャルへの出演が目立っていった田辺。2002年には女優・大塚寧々と結婚しCMで度々夫婦共演もしています。 2002年に公開された映画『ハッシュ!』は日本とフランスの両国で公開され、『キネマ旬報』の日本映画部門で2位にランクインするなど数々の賞を受賞しました。2017年はドラマ『ボク、運命の人です。』や映画『君と100回目の恋』に出演。さらに主人公の父親役で出演する『斉木楠雄のΨ難 』が10月に公開予定です。

福山雅治 48歳

1969年2月6日長崎県生まれ。歌手としての活躍も目立つ1993年、ドラマ『ひとつ屋根の下』に出演した事からたちまち注目を集めた福山は、2007年のドラマ『ガリレオ』や2010年の大河ドラマ『龍馬伝』、2013年の映画『そして父になる』など出演する作品が立て続けにヒットしていくヒットメーカーとなっていきました。 2015年は吹石一恵との結婚で大いに世間を賑わせ、2016年には待望の第一子が誕生。パパとなった現在も2017年は映画『三度目の殺人』、2018年は香港・中国合作映画『追捕 MANHUNT』で海外デビューが控えているなどオファーが途切れる事はなく、今後の活躍にも注目が集まっています。

沢村一樹 49歳

1967年7月10日鹿児島県生まれ。俳優を目指しモデルとして活躍していた沢村は、内村光良監督の『松田のドラマ』で1996年に俳優デビューしました。その後『ショムニ』シリーズや『ごくせん』など人気ドラマにはかかせない存在となり注目を集めます。 整った顔立ちながらも3枚目のような振る舞いが人気を集めバラエティ番組でも活躍。主演を務めたドラマは『DOCTORS最強の名医』シリーズや『ブラック・プレジデント』、『レンタル救世主』など多く、沢村らしい明るいキャラクターが反映された親しみやすい役柄を演じています。現在はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演中です。

大沢たかお 49歳

1968年3月11日東京都生まれ。芸能界デビュー後は『MEN'S NON-NO』などのファッション誌で活躍するモデルとなりパリ・コレクションにも出場。その後1994年のドラマ『君といた夏』から俳優としても活躍するようになり、2004年の主演を務めた映画『世界の中心で、愛をさけぶ』は大ヒットを記録しました。 2009年のドラマ『JIN-仁-』や2013年の映画『藁の楯』は大沢の代表作となり、その他にもドキュメンタリー番組やアニメ映画の声優など幅広く活躍。現在ではCMにも引っ張りだこの実力派俳優です。

佐々木蔵之介 49歳

1968年2月4日京都府生まれ。京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれた佐々木は劇団退団後、2000年のNHK連続テレビ小説『オードリー』に出演したことで注目を集めました。その後2006年に映画『間宮兄弟』で初主演を飾り、2008年には『ギラギラ』で連続ドラマ初主演を果たしています。 ドラマや映画の出演の他、舞台にも力を入れておりほぼ毎年舞台に出演している佐々木。2005年に自身の演劇ユニットを立ち上げ、その延長で2014年には四代目市川猿之助主演のスーパー歌舞伎にて異例の歌舞伎デビューを果たしました。2018年は自身出演の映画『嘘八百』が公開予定です。