2017年7月6日更新

宮沢りえ出演おすすめドラマ12選

宮沢りえ

11歳でモデルデビューを果たし、現在も女優として第一線で活躍し続けている宮沢りえ。この記事では、出演ドラマをまとめてご紹介します。初々しく可愛らしい姿から、女性の魅力が高まった姿までを見ることが出来ますよ。

目次

宮沢りえのプロフィール

宮沢りえは1973年生まれの女優です。11歳の頃にモデルとしてデビューし、1987年『三井のリハウス』のCM、初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて全国的に認知度が高まりました。その後、『追いかけたいの!』(1988年)でドラマデビュー。

1989年には、映画『ぼくらの七日間戦争』で初主演、日本アカデミー賞新人賞を受賞します。この記事では、そんな宮沢りえが活躍するおすすめのドラマをご紹介します。

『悪魔をやっつけろ!』(1990年)

まだ17歳の宮沢りえの姿をみることができます。中学3年生の女の子が、怪しいサーカス団と対峙するミステリードラマです。

主演は宮沢りえ、共演者には高橋かおり、本田博太郎、小倉久寛、永瀬正敏など。ソフト化はしていませんが、TBSオンデマンドなどでみることが出来ます。

『太平記』(1991年)

1991年に放送された第29作目のNHK大河ドラマです。主演は真田広之、共演者には沢口靖子、萩原健一、陣内孝則、柳葉敏郎などがいます。

宮沢りえは、花夜叉一座の一員、尊氏の恋人、直冬の母である藤夜叉役で出演しています。まだデビューしたての初々しい姿を見ることができますよ。

『東京エレベーターガール』(1992年)

高校卒業後の社会人1年目の19歳の女の子が、エレベーターガールとしての仕事や、恋愛・友情を通して成長していく姿を描いた物語です。

当時18歳の宮沢りえが、エレベーターガールとして主演したことで話題を呼びました。共演者には東幹久、中嶋朋子、奥山佳恵、宮下直樹などがいます。

『北の国から'95 秘密』(1995年)

国民的ドラマ『北の国から』スペシャル版の第6弾です。れいとの遠距離恋愛がぎくしゃくし始めた純が、宮沢りえ演じる小沼シュウという女性に出会い惹かれていってしまうという内容です。

純とシュウの複雑な恋愛模様を演じ抜きました。共演者には、田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、緒形直人、横山めぐみなどがいます。

『神様、もう少しだけ』(1998年)

援助交際が原因でHIVに感染した女子高生・真生と人気音楽プロデューサー・啓吾の切ない恋の物語を描いたドラマです。金城武、深田恭子、仲間由紀恵などの知名度を一気に上げた作品となりました。

宮沢りえは、啓吾の元恋人の瀧村リサ役で出演しています。子供を身籠っていましたが、死産した上、自身も妊娠中毒症で命を落としており、啓吾が心を閉ざす要因となっている女性です。

『元禄繚乱』(1999年)

1999年1月10日から12月12日に放送された、政治経済が乱れた5代将軍綱吉の元禄時代を舞台とするNHK大河ドラマです。赤穂浪士、忠臣蔵、仇討をテーマとしています。

出演者は、十八代目中村勘三郎(中村勘九郎)、大竹しのぶ、東山紀之、石坂浩二、柄本明、阿部寛など。宮沢りえは、実子を持たない内匠頭の妻・瑤泉院役で出演しています。

『明智小五郎対怪人二十面相』(2002年)

江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズを原案とし、田村正和、ビートたけしなどの大物俳優を起用したことで話題を呼びました。共演者は伊東四朗、西田敏行、黒木瞳、山口祐一郎など。

宮沢りえは、話題のマジシャン龍鳳斉天空の助手・吉永文代役で出演しています。事故で亡くなった明智の妻と顔がそっくりというミステリアスな部分を持つ女性です。

『一番大切な人は誰ですか?』(2004年)

離婚した元妻と娘、そして再婚した新しい妻との間で葛藤する主人公を中心に描くホームドラマです。タイトル通り、人のことを深く考えさせられる内容となっています。

宮沢りえは、主人公の前妻・中町東子役で出演しています。

『ぶるうかなりや』(2005年)

ある家庭の崩壊と再生を通して、「人にとって一番大事なものは何なのか?」ということをテーマを描くホームドラマです。監督は鶴橋康夫、出演者は柄本明、渡辺えり子、井川遥、村上淳、小島聖などがいます。

宮沢りえは、愛人のふりをした女探偵の大場リツ役で出演しています。

『プレミアムドラマ 神様のボート』(2013年)

江國香織による小説を原作としたテレビドラマ。不倫によって生まれた子と母親が父親を待ち続けるストーリーとなっています。

宮沢りえはW不倫の末に娘を産んだ母親・野島葉子役を演じます。共演者には、藤木直人、石橋凌、森川葵、小林里乃、中原丈雄、丘みつ子などがいます。

『LEADERS リーダーズ』(2014年)

第二次世界大戦前後、時代に翻弄されながらも、仲間を信じてモノづくりに励んだ人間の生き様を描いたヒューマンドラマです。

宮沢りえは、働く男たちを陰ながら支える東山雪乃役を演じています。共演者は、佐藤浩市、香川照之、吉田栄作、萩原聖人、高橋和也など。

『グーグーだって猫である』(2014年)

人気連載を持つ少女漫画家・小島麻子が、猫を通して世界とつながる物語。大島弓子のコミックエッセイを原作とし、犬童一心監督がオリジナルストーリーを手がけています。

宮沢りえが主人公の麻子役で、柔らかくも芯の強い女性を演じています。共演者に、長塚圭史、黒木華、市川実和子、菊地凛子などがいます。