宮沢りえ出演おすすめ映画9選【『湯を沸かすほどの熱い愛』】

2017年11月11日更新

十代で瞬く間にスターダムにのし上がるも、婚約破棄の紆余曲折から徐々に低迷しはじめ、一時はアメリカに移住して芸能活動を休止していた宮沢りえ。時間をかけての復帰。そして、数々の賞を受賞する実力派女優として再び頭角を現すに至るまでの、おすすめ出演映画9本をご紹介します。

落ち着いた大人の女優として返り咲いた宮沢りえ

宮沢りえは、1973年4月6日生まれで東京都練馬区出身の女優、モデルであり歌手です。「週刊セブンティーン」のモデルを経て「三井のリハウス」のCMで注目され、18歳にしてヘアヌード写真集『Santa Fe』を出し155万部の売り上げます。

またアイドルとして一躍時の人になりますが、1992年には現・貴乃花親方との婚約から僅か二ヶ月で破局という出来事や、数々の男性遍歴よってマイナスイメージが付き、海外に移住して芸能活動を休業していました。

しかし、拒食症を疑われるほどの激痩せ状態から少しずつ芸能活動に復帰しはじめ、香港映画『華の愛〜遊園驚夢』でモスクワ国際映画祭主演女優賞を受賞。以後、落ち着いた大人の女優として返り咲き、深夜のトークバラエティ「ヨルタモリ」の女将役としてのトークスキルも好評を博した、宮沢りえ主演のおすすめ映画をご紹介します。

1.十代の宮沢りえの魅力弾ける、映画デビュー作!【1988年】

____RiN____ 規律厳しい中学校の男子生徒が教師の横暴に反抗して立て籠もる話。 いろいろ無理がありすぎて、突っ込みどころがありすぎて、逆に面白くなって後半ずっと笑ってました。宮沢りえの破壊的な可愛さ。
527tun4100 戦車動いちゃったり花火あがりまくっちゃったり、あり得ないけど楽しそうで面白かった。 今の時代にはあんな先生たちはいないよね。30年前はあり得てたわけなのね。

バリケードを作って校舎に立てこもった中学生たちが、教師や両親を含む大人たちに「戦争」を挑む、同名の人気シリーズ小説を映画化した作品。原作小説に無い戦車が登場する演出でも話題になりました。

2.構想10年。山田洋次監督初時代劇のヒロインに抜擢【2002年】

kurakami_k 「たそがれ」の意味を調べてみると、「日没後西の空に赤さが残る時間帯」みたいな感じらしい。 「夕暮れ」が1番近い言葉になるんだけど、やっぱり違くて、この映画は「たそがれ」が持つ意味を見事に体現していると感じました。
1992tukuro_ 幕末当時の日本を上手く表現してます。 さすが山田洋次監督が10年かけただけはあります。 真田広之の食事シーンが良い。

時は幕末。借金を返済するために、藩の御蔵役として黙々と働く井口清兵衛が、世継問題に起因するお家騒動に巻き込まれる物語。清兵衛が恋心を抱くヒロインの飯沼朋江を、宮沢りえが演じています。

3.父の幻に翻弄される娘役を、全編広島弁で演じた作品【2004年】

ririri511 宮沢りえと原田芳雄の2人芝居。 他のキャストは浅野忠信のみ。 恐らく原田芳雄さんは幽霊なのだろうと思うけど一寸法師の原爆の話を語る姿は鬼気迫る物があり圧倒された。
____RiN____ 舞台版を先に見て、その圧巻の二人芝居に、さて映像化はどうでしょうと思ったのだけど、映画版も漏れずに安定感のある良作でした。 原爆を経験した司書の美津江のところに現れた父の幽霊、物語はこの2人の小気味いい広島弁による会話劇で進んでいきます。井上ひさしらしい、ユーモアの中にも寂寥感を滲ませた脚本が哀切薫って見事。更に、主演の宮沢りえ・原田芳雄の厚みにより、2人だけの画面に魅入ってしまいます。また、芝居が先な作品らしくセットもそれらしいのも良い。 「あの日の広島では、死ぬ方が自然で、生きている方が不自然やったとです。うちは生きてるのが申し訳なァ!」と訴えるシーン、ああもう、本当に戦争というのはなんて、と胸が詰まりました。 おとったん、って可愛いなあ。広島弁の宮沢りえさん、とても可愛い。

広島に落とされた原爆。生き残った娘は、亡くした父への負い目から、出会った青年との恋に踏み出せずにいたが、そこへ死んだはずの父が現れて…という、井上ひさし原作の小説を映画化した作品。主役の福吉美津江を演じた宮沢りえは、本作でブルーリボン主演女優賞を受賞しました。

4.宮沢りえが一人二役に挑んだ作品!【2005年】

SLP1200 ★★★★ 原作があるものって監督が自分の色をだしたがるけど、これは違った。監督がエゴを出さずに淡々とまるで本を読んでるように進んでいく映画
1050Carnival 坂を登った高台の家、あんな眺めのいいところで作業は気分が良さそうだ 本を読み進める感覚が起きる映画だった

村上春樹の小説を映画化した作品。純粋な日本人でありながら「トニー滝谷」という名前のイラストレーターである主人公が、服への執着で亡くなった妻の代役を探そうとする物語。主人公の妻と、妻の代役として選ばれたアルバイトの女性の二役を、宮沢りえが演じました。

5.弱小侍の妻を、宮沢りえがしっとりと演じた時代劇【2006年】

mirume1129 時代劇なのに見やすく。長屋の人々に和みました。
apple_girl107 ほっこりする時代劇です。

父親の仇討ちのために江戸に出てきた田舎侍の青木宗左衛門が、かたきの相手を探すべく長屋で生活する中、仇討以外に人生の目的を見出してしまう癒し系時代劇。岡田准一演じる主人公の傍らにそっと佇む妻を、宮沢りえがしっとりと演じました。

6.宮沢りえが演じた、古き良き昭和30年代の女性【2007年】

Chieko_Yabuki 蛍のシーン…とてもよかった、、宮沢りえ綺麗。
nananta 時代背景もストーリーも素敵。加瀬亮も素敵。

時代が映画からテレビに移行しつつある時代。宮沢りえ演じる、京都の小規模映画館「オリヲン座」を経営する主人公豊田トヨと、弟子入りした映画技師仙波留吉(加瀬亮)の物語。

7.悪に堕ちる平凡な主婦を体当たりで表現!【2014年】

potunen 宮沢りえがこんなに凄いことになってるとは!どんどん病的に見えていくもん。お金、幸せ、見る側の価値観を問い直せと揺さぶってくる。主人公は絶対また繰り返すと思う。映像も音楽も良かった。
EllyMimy 彼女はいったい何が欲しかったんだろう。お金では無いな、とふと見ながら思いました。 少女時代から満たされないまま大人になり、平気で横領をし、若い愛人と逢瀬を重ねお金を使いまくり…決して外から見るとそれが幸せには見えなくて。 終わり方がなかなか良かったです。

バブル時代が終焉を迎えつつある1994年を舞台に、巨額の横領に手を染め、年下の大学生との不倫に興じる主人公、梅澤梨花を宮沢りえが演じました。

8.ヒロインの20年後を熱演!クドカンが監督を務めるコメディ作品【2016年】

修学旅行中に不慮の事故で死んでしまった高校生、大助は地獄へ行ってしまいます。しかし聞くと、どうやら生き返ることができるよう。大助が思いを寄せる同級生の女の子・ひろ美ちゃんとまだキスもできていないのに、果たして大助は生きて現世に戻ることができるのか、という物語です。

宮沢りえはひろ美の20年後を演じています。同作は2016年6月に公開されました。

9.宮沢りえ主演の映画が米アカデミー賞選出作品に【2016年】

余命宣告を受けた幸野双葉が、現実を受け入れ、自分の命が終わるまでにやっておきたい4つのことを実行していく物語です。休業中だった銭湯を再スタートさせることや、娘を一人立ちさせることといった愛あるが故にできることに次々と立ち向かう主人公・幸野双葉を宮沢りえが演じました。 本作で双葉の娘・安澄を演じた杉咲花とともに、宮沢りえは最優秀主演女優賞を獲得しました。さらには2018年米アカデミー賞の日本代表作品として選出されました。