内山理名出演おすすめドラマ10選

2017年7月6日更新

初々しい少女から洗練された大人の女性まで、幅広い役柄をその確かな演技力で巧みに演じ分けてきた女優・内山理名。舞台や映画などにも多数出演し経験を重ねてきた内山がこれまでに出演してきたドラマの中から、おすすめの作品をご紹介します。

内山理名のプロフィール

内山理名は1981年11月7日生まれ、神奈川県出身の女優です。血液型はO型。1998年にドラマ『美少女H』でドラマデビューを飾ると、以降数々の映画やドラマに出演し女優としてのキャリアを着実に積み重ねていきました。

また2008年に蜷川幸雄監督の舞台『リア王』にてヒロイン・コーデリア役で初舞台を踏み、その後は舞台作品にも数多く出演するなど、活躍の場を広げています。

『L×I×V×E』1999年

『L×I×V×E』は1999年に、TBS系列で放送された作品です。父親の故郷である神奈川県横須賀市に転居してきたヒロインが、転校先の高校で廃部寸前の吹奏楽部に入部し、残った少ない部員たちを鼓舞して廃部を阻止し吹奏楽部を復活させようと奮闘する姿を描いた物語で、ヒロイン・坂口美咲を元SPEEDの今井絵理子が演じているほか、同じくSPEEDから新垣仁絵が美咲のクラスメート・戸之塚優希役で出演しています。

内山理名はこの作品で、吹奏楽部ではクラリネットを担当する美咲のクラスメート・松原知恵を演じました。

『美しい人』1999年

『美しい人』は1999年に、TBS系列で放送された作品です。人間同士の争いを好まず心穏やかな日々を送る美容整形外科医・岬京助のもとに、夫の暴力から逃げるために私の顔を変えてほしいと懇願するヒロイン・村雨みゆきが現れ、その願いを聞き入れた京助がみゆきの顔を自らの亡き妻そっくりに作り変えたことからやがて2人が恋に落ちていく姿を描いた物語で、主人公・京助を田村正和、ヒロイン・みゆきを常盤貴子、そしてみゆきを連れ戻そうと必死で捜す夫・村雨次郎を大沢たかおが演じています。

この作品に内山理名は京助の娘・岬圭子役で出演し、亡き母にそっくりなみゆきと父との関係に不安を覚える複雑な心情を好演しています。

『ルーキー!』2001年

『ルーキー!』は2001年に、フジテレビ系列で放送された作品です。天現寺署生活安全課に赴任してきた主人公の新米刑事・愛田誠が、熱血漢な先輩刑事・北見哲平とバディを組み、衝突を繰り返しながらも共に事件を解決していく姿を描いた物語で、主人公・誠をKinki Kidsの堂本光一、誠のパートナーとなる先輩刑事・北見を筧利夫が演じています。

内山理名はこの作品に、新聞社「東都タイムス」のカメラマン・佐藤佳織役で出演し、誠との恋の行方にも注目が集まりました。

『ハンドク!!!』2001年

『ハンドク!!!』は2001年に、TBS系列で放送された作品です。近代的な医療システムを持つ病院・SMHを舞台に、そこで働く4人の研修医(半人前のドクター・略して「ハンドク」)たちの青春と成長を描いた物語で、主人公・狭間一番をTOKIOの長瀬智也が演じているほか、同僚の研修医役として真中瞳、佐々木蔵之介が出演しています。

この作品で内山理名は、一番の同僚で真面目な優等生タイプの研修医・小島道子を演じました。

『元カレ』2003年

『元カレ』は2003年に、TBS系列で放送された作品です。デパートに勤める新入社員・柏葉東次とその今カノ・早川菜央、元カノ・佐伯真琴の3人が織りなす三角関係の恋模様を描いた物語で、主人公・東次をKinki Kidsの堂本剛、元カノ・真琴を広末涼子が演じています。

内山理名はこの作品で、東次の今カノで同じデパートのエレベーターガール・早川菜央を演じました。

『FIRE BOYS~め組の大吾~』2004年

『FIRE BOYS~め組の大吾~』は曽田正人原作の漫画『め組の大吾』を、2004年にフジテレビ系列でドラマ化した作品です。幼い頃に火事に遭い、消防士に助けられた過去を持つ主人公・朝比奈大吾が憧れを抱いて自らも消防士となり、そこで出会った仲間たちと共に経験を重ねて一人前の消防士へと成長していく姿を描いた物語で、主人公・大吾を山田孝之が演じました。

この作品で内山理名は、男勝りな女性消防士・園田まひるを演じています。

『大奥~華の乱~』2005年

『大奥~華の乱~』は、フジテレビ系列の時代劇シリーズ『大奥』の第3弾として2005年に制作・放送された作品です。大奥の全盛期でもある元禄期を舞台に、徳川幕府第5代将軍・綱吉と彼に関わる女たちの愛憎劇が描かれた物語で、最愛の夫と別れて綱吉の側室となった悲劇のヒロイン・安子のエピソードを中心にストーリーが展開されました。

この作品で内山理名は、愛する夫との別離を経て綱吉の側室となり、波乱の人生を歩むこととなるヒロイン・安子を演じています。

『嫌われ松子の一生』2006年

『嫌われ松子の一生』は山田宗樹原作の同名小説を、2006年にTBS系列でドラマ化した作品です。ある事件で中学教師の職を失ったヒロイン・川尻松子が、過酷な運命に翻弄されながらも愛を求め自らの人生を真っ直ぐに生き抜いた姿を、松子の姪・明日香が生前の松子にかかわった人物たちとの出会いや遺品の整理を通して炙り出していく物語で、内山理名はヒロイン・松子を演じました。

『生徒諸君!』2007年

『生徒諸君!』は2007年に、テレビ朝日系列で放送された作品です。新任早々問題児が集まる2年3組の担任になってしまった中学校教師・北城尚子が、持ち前の明るさで覇気のない生徒たちに発破をかけ、やがて彼らの信頼を得て成長していく姿を描いた物語で、主要な生徒役として堀北真希・本郷奏多・岡田将生らが出演していることでも話題となりました。

この作品で内山理名は、ヒロイン・北城尚子を演じています。

『悪党~重犯罪捜査班』2011年

『悪党~重犯罪捜査班』は2011年に、テレビ朝日系列で放送された作品です。悪人逮捕と事件解決のためなら非合法すれすれの危険な捜査も厭わない横浜港町警察署刑事課第四係の刑事たちが、独自の手段を用いて悪党を追い詰めていく姿を描いた物語で、主人公で第四係の主任・富樫正義を高橋克典が演じています。

この作品で内山理名は、第四係の紅一点で有能な女刑事・飯沼玲子を演じました。

いかがでしたか?女優・内山理名の今後の活躍に、乞うご期待ですね!!