2017年7月6日更新

林遣都、多くの青春映画に出演してきた若手俳優のドラマ『火花』出演までの軌跡とその後

今旬の若手の人気俳優といえば、5本の指に入るのが林遣都。芸人又吉直樹原作『火花』のドラマ化で主演にも抜擢されるなど目覚ましい活躍を見せています。そんな林の数多くの過去作、今後の出演作などを中心にその魅力について迫りたいと思います。

ピース又吉・原作ドラマ『火花』で主役を演じる林遣都

くりくりっとしている大きな目と色白の綺麗な肌が印象的な若手俳優の林遣都。デビュー作でいきなりいくつもの新人賞を受賞し、現在も精力的に活躍しています。

林遣都は1990年の12月6日生まれの俳優。身長は173cmだそうで、それほど高くありません。滋賀県大津市出身の彼は、比叡山高校を卒業後、芸能界で活動し始めました。

林遣都はどんな性格?

実は林遣都の部屋は汚いことで有名らしいです。ゴミの分別が苦手で段ボールにゴミをまとめて実家に送ったことまであるのだとか。

ゴミだらけの部屋で寝ていた彼を発見できなかったというエピソードや、着る服がなくなるまで洗濯をしないといった、意外な一面の持ち主です。

またニューヨークのMOMA美術館で財布を購入した直後に、財布を道路に落としてしまい車にひかれボロボロに。しかしニューヨークでしか買えないからという理由でボロボロの財布を使い続けたらしいです。

これらのエピソードからおおざっぱな性格と言われているようですね。

林遣都は本名だった!色白だけどハーフ?

https://twitter.com/hibanajp/status/753514406013644800

はっきりした顔だちからハーフと思われることもあるそうですが、ハーフではないそうです。

また遣都は珍しい名前ですが実は本名。ご両親が、「大きな都市に出て、大きなことを成し遂げるように」という願いを込めてつけたのだそうです。まさに由来を体現していますね。

趣味はギター、特技は書道と野球だそう。小学生から中学生まで野球をしていた経歴の持ち主です。

現在は映画『DIVE!!』で共演した池松壮亮や仕事のスタッフらとともに草野球チームに所属しているそう。また巨人のファンであることを公言しており、2007年と2009年には始球式を務めた経験もあります。

修学旅行中にスカウトされて芸能界デビュー

なんとスカウトされたのは中学三年生の修学旅行中でした。渋谷のホームで声をかけられたのが彼の人生のターニングポイントと言えます。

初主演映画『バッテリー』のオーディションを受けたのは、まだ地元・滋賀県の高校に通っているときでした。オーディションでは3000人の中から主役に抜擢。3次審査に進むまで原作を読んだことがなかったと話しています。

この作品『バッテリー』で、スカウトされてからすぐに華々しいデビューを飾ることとなりました。

主演作が続く若手の期待の星

『バッテリー』以降も主演作が続々とリリース。ライトノベル界の新鋭の同名小説を映画化した『ちーちゃんは悠久の向こう』、飛び込みを題材にした青春映画『DIVE!!』大沢たかお初プロデュース作品『ラブファイト』などがあります。

2016年現在、25歳である林遣都。俳優としてのキャリアを着実に積んでいると言えます。

スポーツ作品に多数出演している!

俳優デビューを初主演で飾った野球映画『バッテリー』(2007)

あさのあつこ原作の大ヒット小説を映画化した『バッテリー』(2007年公開)で俳優デビュー・初主演を務めています。

林遣都が演じる孤高の天才中学生ピッチャー原田巧が、後にバッテリーを組むことになるキャッチャー永倉豪と出会い、野球を通して次第と周囲に心を開いていく様子が繊細にみずみずしく描かれている青春映画です。

本作での演技が認められて、日本アカデミー賞やキネマ旬報ベスト・テンなどの4つの新人賞を受賞します。

野球の経験は十分にあった林ですが、当時スカウトされ事務所に入ったばかりで、演技の経験はほとんどないと言っても過言ではありません。そんな彼が初主演映画でいくつもの新人賞を獲得したことは、新たな才能が開花したと言えるでしょう。

『DIVE!!』(2008)で共演した池松壮亮が永遠のライバル

林は映画『DIVE!!』で池松壮亮と共演以降、とっても仲がいいそう。年齢も同じだったため、すぐに意気投合したのでしょう。

池松壮亮のことを恋人以上の存在とまで言い、永遠のライバルだと語っています。今後も同じ舞台で活躍する俳優として切磋琢磨していってほしいですね。

肉体はアスリート並の林遣都が演じる『風が強く吹いている』(2009)

野球、飛込競技、ボクシングとデビュー以降、スポーツを取り扱った作品に多く出演していることもあり、体作りのトレーニングはアスリート並。

2009年に公開された『風が強く吹いている』のトレーニング時には、実際の大学陸上部からランナーにスカウトさたそうです。

『悪の教典』ショッキングな役で注目される

濡れ場も披露(2012)

三池崇史監督が人気ミステリー小説を映画化した『悪の教典』に出演した林遣都。

もともとグロテスクな衝撃シーンの多い映画『悪の教典』ですが、中でも彼が演じたのは男性教師に想いをよせる男子高校生という今までにない役で、目を覆いたくなるほどのいわゆるBL(ボーイズラブ)のシーンが…。ファンの方は鑑賞の際には十分な覚悟をしてください。

さわやかイケメンを脱ぎ捨てた映画『パレード』(2010)

吉田修一の小説をもとにした映画『パレード』。藤原竜也香里奈・貫地谷しほり、小出恵介・林遣都という注目の若手ばかりを集めて作成された映画で、5人の若者たちがルームシェアをする中でリアルを超えた揺れ動きを見事に描いています。

監督は、行定勲。林遣都はこの役で髪を金髪に染め、男娼役を演じています。今までの出演作からは想像のつかない彼の演技は必見です!

実はこの作品に出演するにあたって、林みずから俳優としての壁を乗り越えるためにやりたいと熱望したという役で、意欲作でもあります。

俳優として階段を一歩上った作品と言えるでしょう。

ドラマ『ON』では強烈な印象を残す

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』は内藤了の小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』が原作のドラマで、波瑠が主演を務めています。

個性豊かな捜査班たちが、様々な猟奇的犯罪者と対峙していくサスペンスドラマで、林遣都は犯人像のプロファイリングを担当する心療内科医、中島保役を演じました。

心療内科医として犯罪者たちと面談を行ううちに、被害者と同じ気持ちを味わせたいと思うようになり、犯罪者を自殺に追い込むようになるという優しさと狂気を併せ持つ難しい役どころを見事に熱演しました。

林遣都に熱愛!お相手の彼女は『パレード』で共演の中村ゆり

テレビドガッチさんに増山超能力師事務所インタビュー載ってます?

中村ゆり yurinakamuraさん(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 -

2016年に26歳になる林遣都ですが、彼女はいるのでしょうか?

過去に北乃きいと熱愛報道がありましたが、現在は2010年に上記映画『パレード』で共演した9歳年上の女優中村ゆりと付き合っているとの噂があるようです。

中村ゆりとの熱愛報道時、すでに4年の交際歴があったそう。今後、彼女と進展があるのか気になりますね。

林遣都の出演ドラマ

『美丘-君がいた日々-』(2010)の演技は高く評価され、多くの人を感動させた

2010年に放送された石田衣良原作のドラマ『美丘-君がいた日々-』。主人公の美丘を吉高由里子が演じ、美丘に惹かれていく橋本太一を林遣都が演じました。

クロイツフェルト・ヤコブ病という病にかかってしまった美丘を支え、徐々に記憶がなくなり身体が動かなくなっていく美丘と「美丘が生きていた証人になる」という約束をします。

吉高由里子と林の体当たりの演技が高く評価され、多くの人に感動を届けた作品になったようです。

倉科カナと共演『鍵のない夢を見る』(2013)

あまりのお似合いカップルぶりに倉科カナとの熱愛まで噂になったのがドラマ『鍵のない夢を見る』。本作での林のダメ男な演技には高い評価が集まっています。

林遣都と窪田正孝はそっくり?『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』(2015)

EXILE TRIBEが総出演するドラマとして注目を集めた2015年に日本テレビで放映された『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』。本作でヤンキー役を披露しています。

本作で林遣都と窪田正孝は共演を果たしていますが、この二人は顔が似ているといわれることもしばしばあるそうです。TVドラマシリーズ『ST 警視庁科学特捜班』でも共演しています!

2016年既に公開されている林遣都出演作は?

藤原竜也主演映画『僕だけがいない街』に出演

同名の人気マンガを藤原竜也主演で映画化した『僕だけがいない街』に林も出演しています。

本作の主人公藤沼悟は「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っているという設定。「リバイバル」とは、直後に起こる悪いことを回避するためにタイムスリップしてしまう能力で、悟はとある事件がきっかけで、2006年から1988年にタイムスリップすることになります。

林は藤原竜也演じる漫画家の悟の"1988年時点での"友人である白鳥潤を演じています。

NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』にシュガ役で出演!

本作は2016年3月19日から3年に渡って全22回で放送されていく予定の本作は、上橋菜穂子による異世界ファンタジー小説を原作とした児童文学ですが、読者の年齢層は広く多くのファンがいる作品です。

主人公・バルサを演じるのは綾瀬はるか。林遣都はシュガ役で出演し、子役の小林楓、東出昌大や木村文乃らと共演します。映像は4Kで撮影されるているそう。

遂に!林遣都がピース又吉の超話題作『火花』(NETFLIX配信)の主演に抜擢。【2016/06/03配信開始】 

2015年に世間を賑わせた、お笑い芸人ピース又吉の処女作にして芥川賞を受賞した小説『火花』。有料動画配信サービスのネットフリックスが映像化します。

林遣都演じるお笑い芸人の徳永は、波岡一喜演じる神谷を師として仰ぎます。神谷の彼女を演じる門脇麦との共演も見どころです。全10話で、2016年06月03日に配信が開始されます。

今後の出演作

林はドラマ『火花』以降にも数多くの映画作品が控えています。追いかけてみましょう。

林遣都も出演!瀬戸内寂聴の歴史的小説『花芯』が映画化【2016年8月公開】

瀬戸内寂聴が1958年、当時の世相に反逆するように性、エロスのタブーに挑んだ伝説的小説『花芯(かしん)』が映画化されます。 「海を感じる時」の安藤尋が監督し、村川絵梨が主演を務める本作での林の演技にもファンはぜひ注目を!

映画『にがくてあまい』で川口春奈と共演【2016年9月公開】

小林ユミヲ原作の漫画「にがくてあまい」が実写化され、川口春奈とW主演をつとめることが決定した2016年初秋公開予定の本作。

川口春奈は肉食OL女子・マキを演じ、林はゲイでベジタリアンな渚を演じます。ひょんなことから二人は同居することになり、料理男子・渚のつくるオーガニック料理にマキの心が癒され、惹かれていくというストーリーです。

映画『バッテリー』の出演以来、スポーツ映画に多く出演することが多かった林遣都。彼が演じるゲイ役の渚に注目したいですね。

映画『グッドモーニングショー』に松岡宏二役で出演【2016年10月公開】

『踊る大捜査線』シリーズで脚本を務めた君塚良一監督がメガホンを取り、朝の情報番組“ワイドショー”を舞台に描いた作品です。中井貴一扮するメインキャスターの澄田慎吾、長澤まさみ演じるアシスタントキャスター・小川圭子や、新人アナウンサー・三木沙也を志田未来が演じます。

林は個性的な番組スタッフの一員として松岡宏二を演じます。濱田岳や大東駿介、池内博之ら脇を固める俳優陣との演技合戦も見られそうです。

『しゃぼん玉』が林遣都×市原悦子で映画化決定!【2017春公開予定】

乃南アサの原作のベストセラー小説『しゃぼん玉』の映画化が決定し、林は市原悦子とのW主演での出演が決定しています。

親に捨てられ、犯罪を繰り返しながら自暴自棄に逃避行を続ける伊豆見(林遣都)は、怪我をした老婆スマ(市原悦子)を助けたことをきっかけに、スマや彼女が暮らす村の人々と交わるようになり__。そしてある事件をきっかけに村に戻ってきた女美和(藤井美菜)によって、自身の犯した罪に気づいていく、というストーリー。

林は本作に対し強い思いがあるようで、コメントを発表しています。

自分自身と役を重ね合わせたという林は「自分の居場所を見つけ、愛を知り、どんどん変わっていく伊豆見の心の動きを、大事に、繊細に表現したいと思います」と意気込み

俳優・林遣都はドラマ・映画と主演作品を数多く世に送り出しています。2016年もその勢いは止まらないようで大量の出演予定作が控えています。今後も彼の活躍から目が離せません。