和田正人、朝ドラでブレイクしたイケメン俳優に注目!

2017年5月15日更新 497view

元・箱根駅伝の選手という異色の経歴を持つ陸上俳優和田正人。NHKの連続テレビドラマ『ごちそうさん』でひょうきんな源ちゃんを演じて大ブレイクしました。2016年には『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の出演も決定した、今注目の俳優です。

和田正人のプロフィール

和田正人は1979年8月25日生まれ、高知県の土佐郡出身の俳優です。幼少期に両親が離婚しており、単身赴任中だった父に代わり祖父母に育てられ、寂しい思いをしたそうです。中学から長距離を始め、大学時代は有名な箱根駅伝の選手として選ばれる程の実力の持ち主でした。

大学卒業後、陸上選手として就職しましたが廃部をきっかけに突然俳優になる事を決意します。その後、2004年の第1回D-BOYSオーディションに受かりD-BOYSに加入。2005年1月にはテニス漫画を舞台化した『ミュージカル テニスの王子様』で俳優デビューを果たし、それ以来俳優として活躍中です。

実は年齢を詐称して芸能界入りしていた!?

俳優を目指す宣言をした和田は、2004年に第1回「D-BOYS」のオーディションを受け、見事特別賞を受賞しました。しかし、実はこのオーディションには年齢制限があったことから、本来の生まれ年である1979年を1982年と偽っていたのだそうです。

その事が発覚し、後に事実を認めて2005年に謝罪をしていますが、それ以降は自らその事をネタとしているのだとか。辛さを明るさに変えられるマインドを持っているという事ですね。

俳優集団「D-BOYS」に所属!

「D-BOYS」とは和田自身も所属している事務所、ワタナベエンターテイメントに所属する若手俳優によって構成されている俳優集団の名称で、頭文字の「D」にはdream(夢)、debut(デビュー)、discovery(発見)、development(成長・発達)という意味を込めています。

現在和田はその中で歴代最年長者として所属しており、現メンバーには俳優として活躍中の柳下大や碓井将大が所属。過去には中村昌也や城田優なども所属していました。

NHK連続小説ドラマ、ごちそうさんの明るくひょうきんな役でブレイク!

NHKの朝ドラ『ごちそうさん』で3枚目キャラ・泉源太として出演した和田。源太は鉢巻にエプロン姿のひょうきんなキャラクターで、「非常に味があって源太が凄く良い!と視聴者から人気を呼びました。

他の役ではイケメンポジションだった和田にとっても新たな1面を見せる良い機会だったようで、和田自身も「苦難がいろいろあったが、この役に出会えて良かった」と喜びを語っています。

『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』に出演!!

『校閲ガール』は作家・宮木あや子による小説シリーズを映像化したもので2016年の10月に放送を開始したドラマです。石原さとみ演じる河野悦子はファッション雑誌の編集者を夢見て出版社に就職するのですが、文書や原稿の訂正を行う地味な校閲部に配属されてしまいます。

和田はドラマの中で校閲部の部員である米岡光男という一見地味な青年役で出演。しかし、この暗くて気弱そうな青年は実はオネェキャラなのです。原作では悦子との漫才のような掛け合いが楽しい光岡を和田がどのように演じてくれるか楽しみです。

学生時代は輝かしい功績を残す駅伝選手だった

和田は日本大学に所属していた際に箱根駅伝に出ているのですが、部員数の多い中からわずか10名しか選ばれないという事で相当な実力の持ち主であった事がわかります。中学時代から駅伝を始めていた和田は中学時代には区間賞を受賞しており、高校もスポーツ推薦で入学しています。

大学で駅伝を走っていた時は2002年の第78回箱根駅伝で区間記録第5位を獲得。大学4年生の時に出場した香川丸亀国際ハーフマラソンで日本ランキング17位に。2015年には陸上俳優としてのインタビューを受けており、今でもその時の活躍が生かされています。

ブログで交際宣言も!熱愛中の彼女はどうなっている?

和田は自身でブログとSNSを配信しており、日常の事や仕事の事などを綴りファンと交流をしています。2016年に一部スポーツ紙にて7つ年下のタレント、吉木りさとの交際を報じられたのですが、その後7/29のブログにて「お付き合いをさせて頂いております」と報告がありました。

吉木のブログにも同じく交際の報告があり、暖かく見守ってください、との事。今後の2人の展開が気になるところです。