『スターウォーズ』ファースト・オーダーに関する10のこと

2017年12月5日更新

『スターウォーズ』シリーズの新たな敵ファースト・オーダー。まだまだ謎の多い不気味な団体ですが、脱走兵のフィンが出るなど、その構成とか成り立ちはどうなっているんでしょうか?名前の由来も気になります。

1.ファースト・オーダーってなに?

ファースト・オーダーとは2015年公開の『スターウォーズ/フォースの覚醒』で初登場する新共和国やレイア姫率いるレジスタンスに対抗する政治的団体です。 『スターウォーズ』においてはダークサイド側ですが、彼らはもちろんそうは思っていません。

「われわれ自身から混乱を取り除くことで、文明をふたたび安定させ、進歩させるのはファースト・オーダーの務めだ。帝国のもとで培われた安定を反乱軍が乱し、次にいわゆる新共和国が引き継いだ。われわれはこれから、それを修復するのだ。強き手が文明にふたたび法の秩序をもたらした時代として、歴史に残ることになるだろう」

上の言葉はハン・ソロとレイアの息子であり、ジェダイの戦士になる素質を持ちながらダークサイドに落ちたカイロ・レンの言葉です。 ルークやレイアやハン・ソロの血を引いているカイロが(最もダースベイダーの血も引いている…)なぜレイアたちの反対側に行ってしまったのでしょうか。

2.ファースト・オーダーの歴史

ファースト・オーダーはルーク等によって滅ぼされた銀河帝国軍の残党によって結成されます。最高指導者はフォースを扱えるスノークです。スノークの弟子にカイロ・レンがいます。ただ彼は個人的感情が強いためか(ダースベイダーを崇拝するあまり)ファースト・オーダーの正式な指揮官からは外れています。 結成当初はそれほど問題視されていませんでしたが、旧帝国軍の尋問官のようにジェダイを根絶やしにしようとしているスノーク等の台頭によって、どんどん驚異的な存在になっていきました。 ファースト・オーダー軍の基地がポー・ダメロン等の活躍によって破壊された後も、スノークは再結成のために動いていました。

3.ファースト・オーダーの象徴、ストームトルーパー

ストームトルーパーとはファースト・オーダーに属する軍隊のこと。帝国軍の時にもいましたが、軍隊能力は格段にあがりました。 それもそのはず、ストームトルーパーになる人員は生れて間もない頃から訓練を受けて個人の名前も持ちません。 生れながらに戦いの”道具”として扱われたのです。 フィン(この名前もポー・ダメロンにつけてもらったのですが)のように生きて脱走出来たのは本当に運が良かったのですね。

4.ファースト・オーダーという言葉の意味は?

辞書的に直訳すればファーストは「最初」オーダーは「注文、配列」です。でもオーダーには宗教関係の言葉で「騎士団、結社、同盟」という意味もあるそうです。 深読みする必要はないかもしれませんが、「私たちがこの世界を支配する最上級の組織だ!」という所でしょうか。

5.謎の多い最高司令官スノーク

不気味な姿でホログラムで現れる実態がハッキリしていない最高司令官スノーク。元々ファースト・オーダーという組織を作った訳ではなくて、乗っ取ったと言ったほうが正しいですね。 カイロ・レンも頭が上がらないこの人物、一体どういった人物だったのでしょう? ルークの元から甥っ子のカイロ・レンを連れて来てしまうぐらいだから、それなりの力もあり、またルーク等に対しても並ならぬ恨みがありそうです。

6.カイロ・レンはダークサイドに落ちてしまった?

この人物も謎が多いです。スノークがそそのかしたとはいえ強いフォースの力を持ち、ライトサイドの象徴でもあるようなレイアとハン・ソロの息子に産まれ、強いジェダイの戦士であるルークの元を裏切ってまで何故ダークサイド側へ行ってしまったのでしょうか。 カイロ・レンの祖父はダースベイダー(アナキン・スカイウォーカー)でルークやレイアの父親ですが、隔世遺伝でその血筋が強く出てしまったのでしょうか?

7.ファースト・オーダーの砦スターキラー基地とは?

ファースト・オーダーの本拠地となっているスターキラー基地。銀河系の未知領域に属する氷の惑星で、星全体が超兵器のプラットフォームとしてつくり変えられています。 太陽をはじめとする他の星から収集したエネルギーを特殊な装置でダーク・エネルギーへと変換し、惑星内部に蓄積しています。エネルギー源とされた星は死滅してしまうことからスターキラーと呼ばれるようになりました。 最後はレジスタンスのパイロット、ポー・ダメロンが操縦するX-ウィングの攻撃により内部組織が破壊され、エネルギー制御ができなくなったため爆発しました。

8.ファースト・オーダーはシスの残党によって結成された

ジェダイと対立するダークサイドの使い手シス。 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)でダース・ベイダーとその師銀河皇帝ダース・シディアスはルーク・スカイウォーカーによって倒され、シスは全滅したとのことでした。 しかしそれから30年、シスの教義を継承する者たちは、ダース・ベイダー率いる旧帝国軍の流れをくむファースト・オーダーを結成。新共和国やレイア率いるレジスタンスと紛争を繰り返します。 ファースト・オーダーは『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(2015)のために作られた新たな設定です。かつてルークが父ダース・ベイダーを倒したように、甥のカイロ・レンが父ハン・ソロを殺すという皮肉な展開から目が離せません。

9.将軍アーミテイジ・ハックスとは?

スノークのもとファースト・オーダー軍を指揮する司令官が、アーミテイジ・ハックス将軍。 銀河帝国の時代に惑星アケニスに司令官の息子として生まれた彼は、銀河内戦後にファースト・オーダーの前身である帝国宇宙軍に参加。かつて父がアケニスで採用していた訓練方法を採用し、ファースト・オーダー軍を強力な軍隊へと成長させました。戦術に長けているが実戦の経験はないようです。 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)ではスノークに共和国を攻撃することを進言し、共和国の首都がある惑星ホズニアン・プライムを破壊。その後レジスタンス本部への攻撃を企てましたが、その前にスターキラー基地の奇襲を受け脱出しました。 撫で付けた髪と黒いコスチュームが特徴。共和国攻撃の際には、ヒトラーを彷彿とさせる演説を行い兵士たちの士気を上げました。2017年12月公開予定の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では、今まで謎の多かった彼の正体が徐々に明かされていくのではないかとの期待の声も上がっています。 演じるドーナル・グリーソンは1983年生まれアイルランド出身の俳優。「ハリーポッター」シリーズでは、ハリーの親友ロンの息子ビル・ウィーズリー役や、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013)の主人公ティム・レイク役で知られています。

10.ストームトルーパー部隊を率いるキャプテン・ファズマとは?

カイロ・レン、ハックス将軍と並んでファースト・オーダーのトップ3の一人であるキャプテン・ファズマ。旧銀河帝国の皇帝パルパティーンの遺品から回収されたクロミウムでコーティングされた装甲服をまとっているため初見では性別はわかりませんが、女性です。 スターキラー基地でストームトルーパー部隊の訓練を担当している彼女。ファースト・オーダーへの忠誠心を最優先し、敵には一切の情けをかけないことをモットーにしている無慈悲な性格です。 フィン、ハン・ソロ、チューバッカがスターキラー基地に侵入した際には人質にとられ基地を覆うシールドを解除させられた後ゴミ圧縮機に落とされましたが、生還。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも登場が予定されています。 演じるグェンドリン・クリスティーは1978年生まれのイギリス人女優。191cmの長身が特徴的で、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のブライエニー役で知られています。

今後のファースト・オーダー

『スターウォーズ』のエピソード8や9が公開されないと様々な謎は解けませんが、ファースト・オーダーはスノークの元でより強くなって復活してくるでしょう。 またカイロ・レンはライトサイド側に戻ってこれるでしょうか。父親であるハン・ソロを殺してしまっているのに。難しいですね。 またダースベイダーを崇拝しているカイロ・レンにとって、ダークサイド側に立てばファースト・オーダーのほうが”善”になってしまうのだから。 次回作公開まで色々推理して待ちたいものです。