レスリー・チャンはアジアの宝。美しい演技で人々を魅了した名優に迫る

2017年7月6日更新

妖艶な存在感と美しく繊細な演技で多くの人を魅了した世界的映画スターのレスリー・チャン。他界してからもいまだ高い人気を誇ります。アジア映画史上に残る数々の名作に出演してきた名優レスリー・チャンの、これまでの活動と魅力をご紹介します。

アジアを代表する名優、レスリー・チャン

レスリー・チャン

レスリー・チャンは、1956年9月12日、香港生まれ。歌謡コンテストをきっかけに、1977年に歌手デビューしました。1985年には、吉川晃司のカバー曲『Monica』がヒット、一躍人気アイドルとなります。

1987年に大ヒット映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』に出演以後、俳優として目覚ましい活躍をするようになります。日本でも人気が沸騰し、1997年の『ブエノスアイレス』は、単館上映ながら記録的大ヒットとなりました。

物憂げな瞳と妖艶な雰囲気が印象的なレスリーチャンは、アジアを代表する名優の一人です。

デビュー当時はアイドルとして活躍

レスリー・チャン2

映画俳優として活躍する以前はアイドル歌手だったレスリー・チャン。きっかけは1976年に香港の歌謡コンテストに出場したことでした。そこで準優勝したことをきっかけに歌手としての活動を開始します。しかし、ヒット曲にはなかなか恵まれず生活は苦しい状態に。1983年に、山口百恵のカバー曲『風継続吹』を発表するまで、厳しい下積み時代を送ることになります。

『風継続吹』発売後、次々とヒット曲に恵まれ一躍人気アイドル歌手に。しかし、ライバルだった他の人気アイドルのファンから嫌がらせなどあり、ときに誹謗中傷を浴びせられました。そんな雰囲気に耐え兼ね、1989年に歌手を引退する発表をします。

レスリー・チャンの名声を不動にした代表作『さらば、わが愛/覇王別姫』

さらば、わが愛

歌手を引退したレスリーは、俳優活動にのめり込みます。香港の新進気鋭の監督たちの作品に数多く出演し、なかなかの評価を得ていたレスリーは、香港・中国合作映画『さらば、わが愛/覇王別姫』の主役という大役に抜擢されます。

『さらば、わが愛/覇王別姫』は1993年に公開された映画で、中国の古典劇・京劇を演じる役者を目指す、小豆子と石頭の愛憎劇を描きます。不遇な少年時代を送り、役者の修行として厳しい環境に置かれる小豆子は、いつも優しく親切な石頭に特別な感情を抱きます。芸能と演劇に身を捧げた二人の少年の生きざまを熱く切なく描く名作です。

レスリー・チャンは成長した小豆子に扮し、妖艶で凄みある演技で一躍世界的スターの地位を不動のものにしました。

『ブエノスアイレス』ではトニー・レオンと恋人役に

ブエノスアイレス

俳優として数々の作品に出演し始めたレスリー・チャンは、当時香港映画界で頭角を現し始めていたウォン・カーウァイ監督と出会います。1990年、ウォン監督の手掛ける『欲望の翼』で主演を務め、注目を集めます。

1997年には、ウォン監督が手掛ける『ブエノスアイレス』でトニー・レオンと共演。刹那的な同性愛の恋に溺れる青年を演じました。行き場もなく未来も感じられない二人の愛を、トニー共々瑞々しく、激しく切なく演じ、本国のみならず、世界的な話題と注目を集めました。

映画『もう一度逢いたくて』では常盤貴子と共演!

『もう一度逢いたくて』

レスリーチャンは日本の役者とも共演をしています。1999年に公開された映画『もう一度逢いたくて』では、常盤貴子と共演しました。

結婚を間近に控えていた瞳と達也。達也はホテルマンであり、香港への転勤が決まっていました。その折、達也は事故で他界、瞳は悲しみに暮れるも、単身香港へと旅立ちます。香港で出会ったのは、達也に瓜二つの美しい青年、ガーボウ。瞳はガーボウに惹かれ、ガーボウもまた瞳との関係を深めていきます。

常盤貴子は、1995年に主演を務めた『愛していると言ってくれ』で聴覚障害を持つ青年と恋に落ちるヒロインを演じ、大ブレイク。その後は数々のヒットドラマで主演を務め「連ドラの女王」と呼ばれており、二人の共演は大変な話題になりました。

2003年に衝撃の急死、死因は?

レスリー・チャン

数々の良作に恵まれ、多くの人に愛された世界的スターのレスリー・チャンですが、彼を待っていたのは悲しい結末でした。

2003年4月1日、レスリー・チャンの訃報が世界を駆け巡ります。

死因は自殺。滞在していたホテルから飛び降りた模様、と報道されました。レスリーの身近な人々によると、死の一年ほど前からうつ病を患っていた、という証言があったようですが、真相は定かではありません。死因にかかわらず、レスリー・チャンを永久に失ってしまったという事実は世界中のすべての映画ファンにとって重く残酷過ぎる事実でした。

レスリー・チャンの遺した遺書には二つの説がある?

レスリー・チャン4

レスリー・チャンは、遺書を残していたようです。しかし、それには二つの説がある様で…。

一つは、うつ病を患っていたと思わしき内容。メンタル面での苦しさや重圧に耐えきれず、周囲の人々に対し感謝と謝罪を述べたものです。そしてもう一つは、同性愛に苦しんでいたと思われる内容。年下の恋人に新しい人ができたための苦悩…。

本人亡き後、今となっては真実はわかりませんが、レスリーに同性愛の噂があったことは事実です。彼を死へと向かわせたものは一体なんだったのでしょうか。

アジア映画史に輝き続ける、レスリー・チャン

レスリー・チャン5

2003年に他界してしまったレスリー・チャンですが、彼の遺した作品はどれも素晴らしく、アジアの、世界の映画作品の中で独特の輝きを放っています。

美しく華やかながら繊細で妖艶な存在感のあるレスリーの演技。世界中の人を魅了し、惹きつけたレスリー・チャンは永遠に人々の心の中と映画史の中で生き続けています。