ベスはただの不思議少女じゃない?キャラクターまとめ【ウォーキング・デッド】

2017年7月6日更新

人気ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』におけるヒロイン的キャラクターのべス・グリーン。歌姫としても知られる彼女について、基本設定から配役、各シーズンにおける顛末などをまとめました。

『ウォーキング・デッド』シリーズの不思議少女べス・グリーン

ベス・グリーン

© AMC Film Holdings LLC.

‟ウォーカー”と呼ばれるゾンビ達が蔓延る世界で、生き残った人間達が繰り広げるヒューマンドラマが人気の『ウォーキング・デッド』シリーズ。その中でもふんわりした不思議な魅力を放つ、天然系女子な存在として人気のキャラクターがべス・グリーンです。

残念ながらシーズン5で死亡してしまう彼女ですが、人気のキャラクターに関する情報をまとめました。

べス・グリーンの基本設定は?

ベス・グリーン

© AMC Film Holdings LLC.

べスはハーシェルの末娘で、マギーとは腹違いの姉妹にあたります。

性格はシャイで、初登場時は母親がウォーカーと化してしまったことから絶望し自殺を図りますが回復。ウォーカーとの戦いの中で勇敢に成長していきます。

シーズン3で父親と恋人の死を経験してからは更に成長し、強い女性になっていきます。シーズン4ではダリルと行動を共にし、彼との距離を縮めていきますが、誘拐されたことによりダリルとは離れ離れになってしまいました。

べスを演じるのは女優エミリー・キニー

エミリー・キニー

© AMC Film Holdings LLC.

べス・グリーン役を演じたのは、アメリカ出身の女優エミリー・キニーです。

キニーは2007年に女優デビューし、2011年から『ウォーキング・デッド』シリーズで本役を演じたことで有名になりました。他にもテレビドラマを中心に活躍しており、『LAW&ORDER:犯罪心理捜査班』や『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』といった作品にゲスト出演しています。

歌手としても活動しており、2011年にはミニアルバムを発売しています。

べスは『ウォーキング・デッド』の歌姫

ベス・グリーン

© AMC Film Holdings LLC.

劇中で、べスはよく歌を歌って仲間たちの士気を高める存在として知られています。

敬虔なクリスチャンでもある彼女は、共に行動するグループの中において、希望の象徴として親しまれている歌姫なのです。

『ウォーキング・デッド』シーズン2~3におけるべス

ベス・グリーン

© AMC Film Holdings LLC.

シーズン2で、怪我をしたカールに手術を施すハーシェルの末娘としてべスは初登場します。リックから銃の扱い方を教わるも、ウォーカーと化した母と兄にショックを受け、自殺を図るような少女でした。

シーズン3では、リックと共に刑務所跡に拠点を構え、ここでみんなの前で歌声を披露します。姉であるマギーが誘拐されたことにより、べスはさらに強く成長します。そして、グレンとメルルが喧嘩した際には、二人を止めるために空砲を撃つまでになっていました。

『ウォーキング・デッド』シーズン4~5におけるべス

ベス・グリーン

© AMC Film Holdings LLC.

シーズン4では、彼氏のザックがウォーカーに噛まれて死んでしまいますが、このことがさらにべスを強くし、‟もう泣かない”と決意させます。しかし、父親であるハーシェルも、ウッドベリーの集団の総督との争いの末亡くなってしまいます。

刑務所跡を追われた彼女は、ダリルと共に行動し、お酒を飲んで自身の身の上を明かしたりと距離を縮めますが、直後べスは誘拐されてしまいました。

シーズン5の第一話で、アトランタの病院で目を覚ましますが、ドーンという人物に助けた恩を理由に病院を抜け出すことを禁じられます。

その後ノアという少年と知り合ったベス。共に脱出計画を立てますが、ドーンに捕まってしまいます。そこにリックが現れ、ドーンの仲間の警官を人質に取り、交渉に及びます。最終的にドーンにハサミで一撃を与えましたが、即座に反応したドーンの銃撃により死亡してしまいました。

ダリル役のノーマン・リーダスとエミリー・キニーは付き合っていた?

ダリル

© 2016 AMC Film Holdings LLC.

シーズン4で親密な関係を見せたダリルとベスですが、そんな二人を演じた役者同士も熱愛の噂がありました。

シーズン5でべスが死亡することを知ってショックを受けたキニーに、真っ先にリーダスが連絡をいれたことからこの噂が広まりましたが、リーダスは熱愛を否定しています。

二人は仲がいいことは確かなようですが、恋人同士ということではなさそうです。