エマ・ストーンは素顔もかわいい!彼氏や出演作まとめ!

2017年7月6日更新

『アメイジング・スパイダーマン』でスパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドと実生活でも付き合っていたエマ・ストーン。『ヘルプ』や『ラブ・アゲイン』、『バードマン』など数多くの話題作に出演している美人女優の素顔に迫りたいと思います!

エマ・ストーンは本名じゃない?エマの基本ステータス

エマ・ストーンは、1988年11月6日生まれのアメリカの女優です。本名であるエミリー・ストーンという名前がすでに他の誰かが使われていたため、エマ・ストーンという名前で活動しています。

2005年にTVドラマで女優デビューを果たして以来、コメディやアメコミなど18作品もの映画に出演。2014年には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞と第87回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされるなど輝かしいキャリアを送っています。

今回はそんなエマ・ストーンのプロフィールやプライベート、出演作品などを紹介していきます!

女優になる夢のためにユニークな方法で両親を説得。

7歳の頃から女優を夢見て14歳の時、女優になりたいと両親を説得したエマ・ストーン。その時に使ったのが、なんと、パソコンのパワーポイント。

両親を座らせて、Powerpointのスライドショーを使いながら、自分がいかに女優になることが大切なのか、意味があることなのかを説明したそうです。

強い思いがあると泣いてしまう癖を打破するために、たてた作戦だったそうですが、自分の夢について理論的に説明できるあたりは、当時からかなり頭がよかったことがわかります。

2004年にタレント発掘番組『In Search of the New Partridge Family』に出演。この番組で見事ドラマ『The New Partridge Family』のローリー・パートリッジ役を射止め、テレビドラマデビューを果たしました。

しかしながら本編に先駆けて放送されるパイロット版の出演のみに留まり、またその後も出演したドラマの打ち切り、ドラマ『HEROES』のオーディションに落選するなど、彼女にとっては苦しい下積み時代となりました。

その後、2007年に『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で映画デビュー。『小悪魔はなぜモテる?!』では主演を務めるなど、コメディ映画を中心に女優としてのキャリアを積み重ねていきました。

エマ・ストーンのトレードマークである赤髪は地毛じゃない?

エマ・ストーンと言えば赤髪ですが、実は地毛は金髪だということを明かしています。赤髪に染めたのは、スーパーバッドや40歳の童貞男の監督である「ジャド・アパトー」から進言で、ここから多くの作品を赤髪で演じています。

彼女が成功したのは「ジャド・アパトー」のアドバイスがあったからかもしれませんね。

傑作『ラ・ラ・ランド』で華麗なダンスを披露!

アカデミー賞14部門ノミネートで大注目の映画『ラ・ラ・ランド』で、エマ・ストーンはヒロインを演じました。本作はライアン・ゴズリング演じるジャズピアニスト・セバスチャンと女優志望のミアが恋に落ちるミュージカル映画です。

素敵な音楽に彩られた本作で舞うエマ・ストーンの高い表現力が評価され、ヴェネチア国際映画祭、ゴールデングローブ賞を受賞、さらにアカデミー主演女優賞にもノミネートされる快挙を成し遂げました。

エマ・ストーンのハスキーボイスには理由があった?

エマ・ストーンのもう1つの特徴として挙げられるハスキーボイスは、赤ちゃんの時に、夕方の時間に長きにわたって激しく泣き続ける疝痛に見舞われた事が原因で今の声になったと語っています。

声帯を痛めて一週間に渡って声が出なかった事もあり、とても大変だったとのことです。

「小悪魔はなぜモテる」での偽SEXシーンで...

エマストーン『小悪魔はなぜモテる』

エマは2010年に公開された「小悪魔はなぜモテる」の撮影中に人生で初めてぜんそくの猛威に覆われました。彼女の初めてのぜんそくは映画のワンシーンである偽セックスシーンで起きたため、とても恥ずかしい思いをしたと語っています。

親友はアメリカの歌姫テイラー・スウィフト!

エマはBFFs(Best Friend Forever)としてアメリカの歌姫であるテイラー・スイフトを挙げています。エマはもともとテイラーの歌が好きで、よく聞いていたらしく、ヤング・ハリウッド・アワードで出会をきっかけに仲良くなったらしいです。

今では一緒に料理したり、人生について語り合ったりと、とても仲のいい2人だと言う事です。

注目度を一気にアップ!『アメイジング・スパイダーマン』

彼女の知名度が知れ渡ったのは、『アメイジング・スパイダーマン』のヒロイン、グウェン・ステイシー役ですよね。

この時に出会ったアンドリュー・ガーフィールドと公私ともにベストカップルとなりました。

彼氏はスパイダーマン!素晴らしいパパラッチ対応で堂々とデート

エマ・ストーンの頭の良さがわかるエピソードがもう一つあります。人気女優になればプライベートでも苦労が増えるもの。それが、有名になればなるほど増えていくパパラッチの存在でもあります。

エマ・ストーンは『アメイジング・スパイダーマン』で共演したアンドリュー・ガーフィールドと交際中ですが堂々とデートをし、パパラッチにはこの対応。カードに慈善団体のURLを書いて、私たちよりも注目するべきところがあるとアピールしました。

現状をユーモアを交えて打破していく彼女のポジティブな考え方や行動が魅力的ですね。

ベストカップルとして結婚間近とも言われていたふたりでしたが、2015年10月に破局したことが報道されました。

エマ・ストーンの意外な悩み

それは、あがり症だったということです。それに加えて、かなりの心配性だったようで、ネガティブな考えも多かったようです。それを克服するのに、現在は1日に約2回メディテーションという瞑想を心がけているようです。

その瞑想の中で、自分との対話を続け、リフレッシュしているそうです。

エマ・ストーンは2ne1が大好き?

インタビュー番組に出演したエマ・ストーンはそこで自身が2ne1の虜になっていると語りました。

「一番好きな歌は?」という質問に対し、エマは韓国のガールズグループである2ne1を挙げ、その中でも「I AM THE BEST」が一番好きだと答えています。韓国語はわからないため歌ったりはしないが、いい歌だと述べています!

エマ・ストーン出演のおすすめ映画

興行収入1億ドル超えのヒット!

エマ・ストーンの女優デビュー作は童貞の高校生にスポットを当てた青春コメディ映画。

エマはジョナ・ヒル演じるセスが思いを寄せるクラスメイトを演じています。

青春コメディ映画で映画初主演!

エマストーン『小悪魔はなぜモテる』

学校でふしだらな噂を広められてしまった女子高生が、それを逆手にとって小悪魔を演じ通そうとする姿を描いた青春コメディ。

エマはこの作品で映画初主演を務めています。ビッチのレッテルを貼られてしまったことに開き直ったことで、モテない男子たちから「偽装セックス」をお願いされる主人公・オリーヴを痛快に演じています。

この映画で彼女はゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされています。

人種問題に立ち向かう新聞記者を好演

ヘルプ

公民権運動が盛んとなった1960年代のミシシッピを舞台に、白人の富裕層家庭に仕える黒人メイドたちとそれを取材する新米記者の挑戦を描いた作品。

エマは主人公の作家を目指すライターの卵・スキーターを演じています。この作品は評論家からも高い評価を受け、興行収入の面でもヒットを収めました。

世界的人気映画シリーズ『スパイダーマン』のヒロインに大抜擢!

アメイジングスパイダーマン

世界的人気を誇るアメコミ「スパイダーマン」の実写映画。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズとしては2作目。

エマはスパイダーマンとしてニューヨークを守るピーターの恋人である17歳の少女・グウェンを演じました。この映画公開を機に、日本でも注目を集めるようになりました。

アカデミー賞助演女優賞にノミネート!数々の賞レースで評価

マイケル・キートン演じる落ち目のハリウッドのスター俳優・リーガン・トムソンがブロードウェーの舞台に出演するという無謀な挑戦を描いた作品。

エマはリーガンの娘であり、薬物依存を克服して舞台をサポートする付き人・サムを演じました。

この作品はアカデミー賞作品賞を受賞するなど多方面で高い評価を受け、アカデミー助演女優賞ノミネートをはじめ、ゴールデングローブ賞助演女優賞など数々の賞にノミネートされ、注目を集めました。

ウディ・アレン監督作にも出演

エマ・ストーンが演じるのは、驚異的な超能力を持っている占い師ソフィー。ロマンスがあるかと思えば、激しい言い合いが続く場面もあり、かなり高い演技力が要求される役。ウディ・アレン監督のお得意なテンポで魅せる笑いが、ストーンの魅力と混ざり合って、映画に魅入ること間違いなしです。

今かなりホットな女優であるエマ・ストーン。これからもどんどんと活躍してほしいですね。

出演で批判が上がる?

『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパー主演映画『アロハ』にも出演しています。

本作でハワイ島出身のアリソン・NG大尉の役を任された、エマですが、この配役が合っていないと批判を受けています。生粋のハワイアンであるアリソン・NG大尉を白人のエマが演じたことを、監督は「私の責任」だと認めており、エマに非がないことを強調しています。