ドラマ『昼顔』欲望を突き動かす名言集【不倫を愛し、不倫に愛されたドラマ】

2017年7月6日更新

2014年7月から放送されたドラマ『昼顔』。不倫を題材としただけでなく、色濃い描写からも話題を集めました。また、ドラマの中で語られる台詞には視聴者の心を打った名言も多く登場します。今回は「欲望」を突き動かす名言の数々を紹介します!

ドラマ『昼顔』心に響く名言を紹介

『昼顔』

ドラマ『昼顔』はフジテレビにて放送された不倫ドラマ。その情熱的な主人公の恋は視聴者に衝撃を与え、不倫を社会問題にしました。そんな、話題のドラマにはもちろん多くの名言が残されています。

不倫にはまっていく女の名言や、もうその快感から逃れることができなくなってしまった主人公たちの名言。さらに、主人公に不倫を指南した吉瀬美智子演じる滝川利佳子の名言には痺れること間違いなし!

この名言たちに感化されて、不倫の道を歩まないように気をつけてくださいね。

『昼顔』の欲望に溺れていく様子を描く名言

「私は知りませんでした。恋はオンナを綺麗にするというのは嘘です。」

『昼顔』

ドラマの主人公・笹本紗和による台詞。この後、「恋はオンナを嫉妬に狂わせ、人のモノを奪えとそそのかし、人を傷付ける痛みまで麻痺させます。私はこの年まで知りませんでした。醜くなれない女に恋する資格なんてないのです。」という、欲望に溺れる台詞が続きます。

「恋は夢じゃないわ、現実よ。」

『昼顔』

笹本紗和の友人・滝川利佳子による台詞。この後、「誰かを好きになれば、人生が変わってしまうこともあるんだからもっと強かになりなさいよ。私だから言えるのよ。気持ちだけで突っ走ったら、終わるのも早いわよ。」という台詞が続き、先輩不倫妻らしい欲望を表しました。

「本当の恋愛なんて結婚してからじゃないとできないわ」

昼顔

滝川利佳子の台詞。夫と子どもがいながらも、出会い系で出会った男たちとの逢瀬を続ける利佳子。欲望のままに生きた女でないと残せない台詞です。

『昼顔』の官能的な名言

「不倫。淫らで薄汚く、非常識な欲望。」

『昼顔』

笹本紗和の台詞。「家族を裏切り、周囲を傷付け、友達を失い、自らも苦しみの淵に落とす罪」などと語りながらも、不倫に落ちていく官能的な妻の心情が描かれました。

「男の人はいつもズルイ。ドアを叩くくせに、自分では開けようとしません。」

一青窈

「女は鍵を開けてここだよ、と優しく声をかけてあげなければ、何もなかったふりをして通り過ぎてしまうのです。」と続く、笹本紗和による心の中での語りです。

「たとえ一瞬、体を求められるだけでも、来る日も来る日も生返事の15年より百倍よかったの!」

昼顔

滝川利佳子の開き直りともとられる台詞。女としての寂しさを不倫という形で埋めていった利佳子の言葉は、切なくも官能的な響きも持ちます。

禁断の恋に落ちた二人の名言

「引き返しなさい。最後の声が聞こえました。午後3時、私は悪女になりました。」

斎藤工

笹本紗和の台詞。いけないと分かっていながらも、北野裕一郎と一線を越えてしまったときの心情を描き、夫のいない昼の顔を新たに見せることになりました。

「神様ごめんなさい。またいつか私はあなたを怒らせるかもしれません。」

上戸彩

笹本紗和の台詞。不倫に足を踏み入れた笹本紗和の語りは、ドラマの中で多く描かれ、名言として視聴者の心に響かせました。

「でも・・・会いたい」

斎藤工

笹本紗和と不倫に落ちる北野裕一郎の台詞。「電話も自由にできない。危ない目に合うかもしれないときに助けられない。そんな関係にのめり込むのは、怖かった。」の後に続いた言葉で、夫として人の妻を好きになった男の心情を描きました。

『昼顔』胸を突き刺す悲しい名言

「分かってないわね。温かい家庭を作るために恋が必要なんじゃない」

吉瀬美智子

滝川利佳子が笹本紗和に言った言葉。利佳子なりの不倫論は、ドラマの中で多く語られていて、強い印象を台詞からも残しました。

「恋愛って前の経験がほとんど役に立たないのよね。いつもゼロからやり直し。」

吉瀬美智子

これもドラマの中で語られた利佳子の不倫論。利佳子の話しは、聞くたびに寂しさを感じさせ、人それぞれに違った意味を持たせたのではないでしょうか。

「だから君たちにはいつか、誰かを真剣に愛してほしい、そう願っています。」

斉藤工

これは「たとえ離ればなれになっても相手の幸せを願い続ける。それこそが心を持ったホモサピエンス、人間という生物の愛なんだと」に続けられた台詞。教師として働く北野裕一郎が、生徒に向けて語られたものです。

『昼顔』不倫をされた側の名言

「裏切られたってことって忘れられないのよ。割り切れるもんじゃない。」

高畑淳子

笹本紗和の義母・笹本慶子による台詞。笹本慶子は夫に浮気されたという辛い過去を持っており、紗和の不倫を知り、紗和だけでなく北野裕一郎をも責めます。また、慶子が「恥知らずー!」と絶叫しながら裕一郎をビンタするというシーンは強烈な印象を残しました。

「まさか、浮気なんかしてないよね。そんなことしたら私、殺すからね、相手の女。」

伊藤歩

裕一郎の妻・北野乃里子による台詞。夫の不倫を知っていくたびに、エスカレートしていった乃里子の行動と発言はインパクトが強く、シーンとともに名言も残しています。

「私、全部分かってた。お母さんが男の人と会ってたの。」

『昼顔』

滝川利佳子の子どもが言った台詞。この後、「だってそういう日はお化粧も服も違ってた。おかずも多かった。それに、お父さんに優しかった。」という言葉が続きました。母親に対して複雑な気持ちを抱き続けた子どもの発言は、切なさや痛みを感じさせました。