山崎退、『銀魂』隠れ人気地味キャラの全て【驚愕の年齢】

2017年8月9日更新

作品一の地味キャラ、ジミーこと山崎退。真選組の監察方にて、真選組を裏から支える苦労人でもあります。また、新たに過去や年齢が明らかになったことでファンに衝撃も与えました。果たして山崎はどんな人物なのでしょう。

山崎退、『銀魂』真選組の地味キャラ

山崎退は少年ジャンプ連載中のマンガ及びアニメーション作品『銀魂』の登場人物の1人です。警察組織真選組の監察方という、密偵のような役職についており、地味なキャラクター性からジミーというあだ名で呼ばれることもあります。 真選組の中では無下に扱われる事が多く、いつも同じ真選組の仲間である土方や沖田に振り回されている苦労人です。時に抜けた行動をすることもありますが、基本的には常識人で周りのボケに対して突っ込みをすることが多く、万事屋の新八と似たような立ち位置のキャラとなっています。

志村新八とは同じ苦労を味わう仲

振り回してくる上司がいること、地味キャラであること、突っ込み役に回る事が多い、という役割から新八とは何かと共通点が多く、時には「お互い苦労しますね」と声を掛け合うことも。また、地味キャラという部分に関しては特にお互いに共感しており、キャラクターの人気投票の順位争いをした、というエピソードでは地味キャラコンビとして共闘をしたこともあります。 しかし、この順位争いのストーリー、実は山崎がキャラクターたちを争わせていた張本人であったというオチが用意されていました。実は地味キャラであることをコンプレックスに思っていたようです。

山崎退のお供は、あんぱんとミントン

山崎は監察方という役職上、スパイ活動や過激な攘夷志士を見張る仕事などをしています。見張りの際には長期化することも多く、見張りのお供としてあんぱんを良く食べています。そのため、山崎と言えばあんぱんというイメージでしたが、あるストーリーであんぱんはあまり好きではないという事実が発覚しています。 また、良くバドミントンのラケットを振っており、こちらも山崎のイメージアイテムとなっています。時には『テニスの王子様』という漫画のパロディを組み込んでおり、作中のキャラと同じコスチュームに身を包んでいることも。

女性になった山崎退子が可愛い

『銀魂』本編の中に、デコボッコ神により地球上の生物の性別が逆転してしまったというストーリーがあります。一部、おかしな変化を遂げたキャラクターもいましたが、男性が女性へ、女性が男性へと変化する中、山崎は可愛らしい女性へと変化しました。 その名前は山崎退子、ツインテールの可愛らしい女の子です。少女のような可愛さで、山崎可愛い!と話題になったのですが、それ以上に話題となったのが声優。山崎を担当していた太田が女性になってもそのまま担当していたのですが、全くといっていいほど違和感がなく、大きな話題となりました。

山崎退の驚愕の年齢と過去とは?

地味な弄られキャラ山崎は、実はその年齢は32歳。意外と年上ですね。他のメンバーと比較すると、近藤が28歳、土方が27歳、沖田は18歳ですから、近藤よりも年上ということになります。これにはかなりのファンが衝撃を受けたようです。 そんな山崎が実は真選組に入る前はチンピラだったという過去が明らかになり、こちらもファンに衝撃を与えました。地味キャラをこじらせ、マウンテン殺鬼と名乗っており、その髪型はモヒカン。山崎が時折モヒカン姿で登場するのはこの時のことが影響しているようです。

山崎の声を担当している声優は誰?

ジミーこと山崎の声を担当しているのは、1980年5月30日生まれ、千葉県出身の太田哲治です。二枚目から三枚目まで、脇役が多いもののその出演数は数多く名バイプレイヤーとして知られています。 2002年に『ぷちぷり*ユーシィ』という作品の端役がデビューとなっており、2006年から担当している山崎は彼の代表作となっています。男性キャラの他にはオカマなどのイロモノキャラや動物などの役もこなしており、2014年のアニメ『フューチャーカード バディファイト』では、魔王アスモダイのほかに4役こなすなど、同じ作中でいくつもの役をこなす器用さも見せています。

山崎退は実写版ミツバ編に登場!演じている俳優は誰?

2017年の夏、待望の実写化を果たした『銀魂』ですが『銀魂-ミツバ篇-』も実写化されることとなり、山崎もめでたく登場することとなりました。その俳優は戸塚純貴、1992年7月22日生まれ、岩手県出身の俳優です。 2010年に開催されたジュノン・スーパーボーイ・コンテストで理想の恋人賞に選ばれたことから芸能界入りした戸塚。翌年には2011年のドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』にてドラマデビューを果たしました。今回は公式Twitterでは自ら山崎退監察レポートを掲載するなど、情熱を傾け熱く演じています。