『イタズラなkiss』のドラマ・映画の最終回をまとめてみた!【全8作比較】

2017年12月29日更新

未完の漫画として伝説となった『イタズラなkiss』通称「イタキス」。累計発行部数は3500万部を超え、アジア各国で次々と映像化されました。そんな未完の「イタキス」ならではの、各映像化作品の最終回の違いを比較します!ネタバレにご注意下さい!

伝説となった未完の漫画『イタズラなkiss』が面白い!

漫画『イタズラなkiss』は、1990年から1999年まで「別冊マーガレット」で連載されていた多田かおるの少女漫画です。当初短編の予定で連載が開始されましたが、あまりの人気に長期連載となり単行本は23巻まで発売されました。 しかし連載中の1999年2月21日、作者・多田の急逝により主人公・琴子が妊娠したかも?というところで連載がストップ。以後未完の少女漫画となりましたが、のちに作者の生前の構成メモを素に、結末まで描かれたテレビアニメが制作されました。 その後アジア各国で次々とテレビドラマ化や映画化がされていった『イタズラなkiss』。ここでは、原作にはない新たな結末を迎えているそれぞれの「イタキス」の最終回について、映像化されている全8作を比較しています。

1.ドラマ『イタズラなKiss』の最終回ネタバレ(1996年)

佐藤藍子、柏原崇主演でテレビ朝日にて放送された連続ドラマ。小沢真珠や仲間由紀恵、内藤剛志なども出演しており、唯一作者が生前中に制作された貴重な映像化作品です。 IQ200の天才・入江直樹と、その入江に2年間片想いしていた相原琴子がひょんなことから一緒に住む事になるラブコメディ。無事両想いになるも2人は卒業後別々の大学に進学し離れ離れになってしまいます。 しかし2年後、入江の通う大学に琴子が研修に来た為再会。そこで自分の想いを再確認した入江は琴子に「もう何処にも行くな」と告げ、2人は笑顔で抱き合ったのでした。ラストはウェディング姿の2人のキスで、エンディングを迎えています。結婚後については描かれていません。

2.ドラマ『イタズラなKiss Love in TOKYO』の最終回ネタバレ(2013年)

2013年3月から7月までCS・フジテレビTWOで放送された、日本では17年ぶりとなるドラマ化作品です。未来穂香と古川雄輝が主人公の2人を演じ、そのほか山田裕貴や特別出演として佐藤藍子、柏原崇も出演しています。 今作では琴子が池沢金之助こと金ちゃんにプロポーズされ、入江の方も婚約者が居たりと最後まですれ違いの2人。入江に長らく片想いしている事に疲れた琴子は、金ちゃんとの結婚を視野に入れようと悩みます。 しかし琴子がプロポーズされていると知った入江は、改めて自分の気持ちに気付き琴子のもとへ。自身の結婚話を白紙にし、琴子との結婚を決めます。ラストは家族や友達が全員集まった2人の結婚式での記念撮影で幕を閉じました。

3.ドラマ『イタズラなKiss2 Love in TOKYO』の最終回ネタバレ(2014年)

前シーズンの翌年である2014年11月から2015年4月まで、続編となる待望のシーズン2がフジテレビにて放送されました。主演は未来穂香と古川雄輝が続投し、無事結婚した2人のその後を描いた連続ドラマとなっています。 結婚しても尚トラブル続きの2人でしたが、最終回では琴子の誕生日当日にハプニングが起き、琴子が入江との待ち合わせに3時間遅刻。入江は琴子の身に何かあったのではと心配するも、無事2人で誕生日を迎えることができたエピソードが描かれました。 ラストには2人の間に新たな命が誕生。川沿いを幸せそうに歩く3人の姿で幕を閉じています。

4.映画『イタズラなKiss THE MOVIE』の結末(2016年~2017年)

2016年11月に初の映画版となる『イタズラなKiss THE MOVIE Part1 ハイスクール編』が公開。続編の「Part2 キャンパス編」が2017年1月に、「Part3 プロポーズ編」が2017年11月25日に公開されました。主演は劇団EXILE所属の佐藤寛太、美沙玲奈が務めています。 「Part1 ハイスクール編」では琴子が入江に想いを告げるも玉砕。その後一緒に住む事になった為徐々に距離が近づいていき、最終的には入江が琴子にキスをし同じ大学に進学するというラストを迎えました。 「Part2 キャンパス編」では、琴子の前にライバルである才女・松本祐子が出現。琴子は自身の恋を諦めるしかないかと悩んでいましたが、ラストでは終始クールだった入江が眠っている琴子にキスをします。琴子はそんな事になっているとは知らず、呑気に過ごしていたのでした。 第3弾となる「Part3 プロポーズ編」ではその後、親が決めた縁談話を快諾した入江と、今度ばかりは諦めるしかないと落ち込む琴子の最大のピンチが描かれています。果たして映画版での2人のラストはどうなるのか……?!必見です。

5.ドラマ『イタズラなKiss~惡作劇之吻~』の最終回ネタバレ(2005年~2006年)

初の海外版リメイクとな る『イタズラなKiss~惡作劇之吻~』が、2005年9月から2006年2月まで台湾にて全30話放送されました。 アリエル・リンとジョセフ・チェンが主演を務め、2人は本作の出演を機に一気にスターとなりました。2005年の台湾視聴率No.1も獲得した人気ドラマです。 最終回で2人が結婚式を挙げる所までは日本版と一緒ですが、台湾版では琴子がタキシードを、直樹がウェディングドレスを着てエンディングを迎えました。

6.ドラマ『イタズラなKissⅡ~惡作劇2吻~』の最終回ネタバレ(2007年)

前作から2年後、結婚後の2人を描いた待望の第2シーズンが台湾で制作され、その後日本でも『イタズラなKissⅡ~惡作劇2吻~』というタイトルで放送されました。 最終回は琴子が失明してしまう可能性がある病気を発症していることが発覚。と同時に妊娠の可能性も発覚し、目の病気が子どもに遺伝するものだと知り不安のあまり家出をしてしまった琴子を直樹が励まし2人で乗り越えようと絆を確かめ合います。 ラストはビデオカメラを回しながら楽しそうに歩く2人の姿でエンディングです。原作が妊娠かも?というところで終了している為、あえてその先を描かず作者の夫と監督が相談して最終回を決めたんだそう。

7.ドラマ『惡作劇之吻~Miss In Kiss~』(2016年)

2016年12月放送された『惡作劇之吻~Miss In Kiss~』は、アジア中で大人気となった『イタズラなKiss』の台湾版最新作です。日本では2017年10月9日からフジテレビ他にて放送開始しました。 大ヒット台湾映画『私の少女時代-OUR TIMES』で一躍人気となったディノ・リーが入江直樹役を、自動車メーカーのCMで大ブレークし台湾版まゆゆとして日本でも話題となったウー・シンティが相原琴子役を演じています。

8.ドラマ『イタズラなKiss~Playful Kiss』の最終回ネタバレ(2010年)

2010年9月から10月にかけて韓国で放送された『イタズラなKiss~Play ful Kiss』。『花より男子~Boys Over Flowers』のユン・ジフ(花沢類)役を演じたキム・ヒョンジュンと、ほぼ無名にもかかわらず今作のヒロインに大抜擢された‎チョン・ソミンの主演作です。 韓国版の直樹の名はペク・スンジョ、琴子はオ・ハニと変更されており、物語のおおまかな設定や登場人物のキャラクターは同じですが、兵役制度など韓国らしい展開も加えられています。 最終回まではいろいろとトラブルはありつつも、無事両想いとなり結婚。終盤にはハニの夢である看護師になるため看護学科への転科試験を受けますが、試験には落ちてしまいます。そしてクリスマスの日、ハニは何回でも試験を受けなおすとスンジョに宣言し、お互いの想いを確かめ合うというラストで物語は終了。続編を望む声が多いですが、未だ制作には至っていません。 いかがでしたか?未完の漫画が原作の為、作品によっては独自の展開・結末を迎えているものもありました。しかしどの「イタキス」も原作の良さを忠実に再現していますので、面白さは間違いなしです!