©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

40代になっても人気の高いカン・ジファンの魅力とは!?【おすすめドラマ・映画】

2018年2月12日更新

40代となりますます渋みが増し魅力的となっているカン・ジファン。現在も根強い人気のある韓流スターのこれまでの出演作やプロフィール、結婚観についてまでご紹介します!

ますます渋みが増して魅力的な俳優、カン・ジファン

カン・ジファン (ゼータ)
©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

カン・ジファンは『がんばれ!クムスン』に出演以降たちまちヒットし、その後『快刀ホン・ギルド ン』や『私に嘘をついてみて』などの様々な演技が評価された韓国の人気俳優です。 韓国では珍しく、ミュージカル作品からデビューした俳優という異色の経歴の持ち主。ファンサービスが素晴らしい事でも有名で、ファンミーティングの為日本にも何度も来日しています。 そんな演技派俳優カン・ジファンの、プロフィールや出演作品などをまとめてみました!

カン・ジファンのプロフィール

カン・ジファン(本名チョ・テギュ)は、1977年3月20日生まれのソウル出身です。身長184cm、体重72kgのB型で、最終学歴は湖西専門学校グラフィック科卒業。 卒業後すぐに兵役に出ており、帰ってきた後の2002年、『ロッキー ・ホラーショー』というミュージカルから俳優デビューを果たしています。翌年の2003年、人気ドラマ『夏の香り』や『ラストダンスは私と一緒に』などに出演するも当時は端役ばかりで下積みの時期が続きました。 しかし2005年放送の『がんばれ!クムスン』にてヒロインの相手役に抜擢された事から人気が急上昇。同ドラマの出演を機に韓流スターの仲間入りを果たしています。

カン・ジファンの性格、韓国での人気は?

過去に何度も共演している女優のソン・ユリはカン・ジファンについて、「普段は面白くて面倒見の良いお兄さん。しかし仕事の時はすごく真面目で、徹底して準備している、完璧主義でキレイ好き」と語っています。 韓国での人気は近年勢いのある若手イケメン俳優陣が多く追い上げに多少押されつつはあるも、根強いファンが多い為、その人気は全く衰えていません。毎年恒例となっている国内外で行われているソロのファンミーティングには、毎年多くのファンが集まっています。

四季シリーズの人気ドラマ『夏の香り』に出演していた!

ドラマ『夏の香り』は、一大ブームを起こした大人気ドラマ『冬のソナタ』を含む四季シリーズ第3作目として、2003年に放送されたユン・ソクホ監督の連続ドラマです。 生まれつき心臓が弱いシム・ヘウォンと愛する人を亡くしたという過去を持つユ・ミヌが運命的な恋に落ちる純愛ストーリーで、ソン・スンホン、ソン・ イェジンが共演しています。 カン・ジファンは、ヒロインの幼なじみパク・チョンジェの妹、チョンアの結婚相手役という役名も付いていない脇役で出演しています。出演シーンは多くありませんが、出演当時は25歳だったので若かりし頃のカン・ジファンが観られる貴重な作品です。

最高視聴率40.1%を記録した『がんばれ!クムスン』で大ヒット!

2005年に放送されたハン・ヘジン主演のホームドラマで、若くしてシングルマザーとなったナ・クムスンが義父母と暮らしながら仕事や育児に奮闘していく物語です。 カン・ジファンはやがてクムスンと恋仲になって いく外科医に大抜擢され、今作が最高視聴率40.1%を超える大ヒットとなった事から一気に知名度が急上昇しました。 さらに主演のハン・ヘジンはMBC演技大賞の最優秀演技賞を受賞し、カン・ジファンも同賞の新人賞、優秀賞を受賞。間違いなくこの作品がカン・ジファンの転機となりました。

2006年『訪問者』でカン・ジファンはスクリーンデビュー!

2006年に公開されたキム・ジェロク主演映画『訪問者』。三流大学の非常勤講師と布教活動を行う大学院生が交流していくヒューマンドラマで、カン・ジファンは見事映画初出演を果たしました。 ある日浴室に閉じ込められたキム・ジェロク演じる非常勤講師ホジュンは、近くを通りかかったカン・ジファン演じる大学院生ゲサンに助けられます。それをきっかけに2人の間には友情が芽生え始めますが、次第にそれぞれの人生についての考え方が変化していく物語です。 カン・ジファンは今作での成功から次々と映画の出演依頼が増えていきました。カン・ジファン本人が自身の原点と語っている作品です。

『90日、愛する時間』で証明した本格派の演技力

2006年に放送された『90日、愛する時間』は、余命90日と宣告された主人公と周りの人物たちが、その90日間をどう過ごしていくかを描いた切ない本格ラブストーリーです。 それまで明るい役どころの多かったカン・ジファンが、キム・ハヌルとW共演し初めて命や死をテーマにした作品に挑みました。その迫真の演技が視聴者の心を掴み、涙ナシでは観られない感動の純愛ストーリーとなっています。

カン・ジファンの日本風のファッションが見られる『京城スキャンダル』

『京城スキャンダル』は、1930年代の日本統治下の京城という時代に生きる4人の男女のロマンスを、明るく時にシリアスに描いたロマンティックラブコメディです。 カン・ジファンは、富豪の御曹司ながらも定職につか ない主人公ソヌ・ワンを熱演。友人との賭けの為、ハン・ジミン演じるお堅いヒロイン、ナ・ヨギョンを落とそうと奮闘します。 当時の京城が再現された日本の昭和初期のような街並みも見どころの一つです。カン・ジファンや他の出演者も色鮮やかなモダンなファッションに包まれています。

『快刀ホン・ギルドン』では初の時代劇出演で主演に抜擢!

2008年に放送された『快刀ホン・ギルドン』は、韓国の国民的英雄ホン・ギルドンの物語を現代風のロックテイストにアレンジされた新感覚時代劇です。 身分制度の厳しかった15世紀の朝鮮王朝を舞台に、悪事を働く官史を懲らしめる義賊となったホン・ギルドン役にカン・ジファンが抜擢され、自身初の時代劇主演となりました。 その他チャン・グンソクやソン・ユリなど豪華若手俳優陣が集結。『美少女戦士セーラームーン』のパロディやキョンシーなども登場し、若者向けの楽しい時代劇として視聴率も好評だった作品です。

アクション性に富んだソ・ジソブとのW主演作『映画は映画だ』

映画2作品目にして、人気韓流スターのソ・ジソブと肩を並べW主演を務めた2008年公開の映画。第28回韓国映画評論家協会賞にて新人監督賞、男優演技賞など3部門を受賞した作品です。 カン・ジファン演じる暴力的な映画俳優と、ソ・ジソブ演じるかつて俳優を夢見ていたギャングがガチンコの映画撮影を始めていく物語。全く違う人生を歩む2人の男の人生が、映画の中でだけ交差していくアクション映画で、2人の激しいアクションシーンはファン必見です。

キム・ハヌルとは熱愛が囁かれるほど息ピッタリ!『7級公務員』

『90日、愛する時間』のキム・ハヌルと再共演を果たした2009年の映画『7級公務員』。お互いに国家情報院要員という身分を隠したカップルが、すれ違いを生じながら恋や任務に悪戦苦闘していくアクションラブコメディです。 今作でカン・ジファンは国を守る新米エージェント、イ・ジェジュン役で出演。第46回大鐘賞の新人男優 賞を受賞する功績を残しました。 公開後、あまりの2人の仲の良さから熱愛が報じられましたが両事務所はこれをはっきり否定。2016年にキム・ハヌルは1歳年上の青年実業家と結婚し、妊娠した事が発表されています。

『コーヒーハウス』で2年振りにカン・ジファンがドラマへ復帰!

『快刀ホン・ギルドン』放送終了から約2年、カン・ジファンがドラマ復帰作に選んだのはコーヒー屋を舞台にしたラブコメディ『コーヒーハウス』です。 コーヒー好きが高じてバリスタになってしまう偏屈な人気作家イ・ジンス役で出演し、T-araのウンジョン、女優のパク・シヨンらと共演しました。 『フルハウス』や『君はどの星から来たの』などで若者を中心に支持を得たピョ・ミンス 監督と、社会現象を起こした『思いっきりハイキック』の脚本家ソン・ジェジュンがタッグを組んだという事で放送前から話題沸騰した大注目ドラマです。