2021年1月2日更新

【最新版】パク・ソジュン出演のおすすめ人気ドラマ・映画一覧!気になる噂もチェック、彼女はいるの?

パク・ソジュン
©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

今1番注目を集める韓国俳優パク・ソジュン。この記事ではその出演作品の中から、最新版の人気ドラマ・映画を厳選し、魅力を解説しました。そして作品に出演するたびに新たな一面を見せてくれる実力派俳優の素顔にも迫ります!

目次

パク・ソジュンのかわいいギャップに心を掴まれる!人気ドラマと気になる噂を紹介

韓国で大人気を誇る俳優・パクソジュン。ヒット作に次々と出演し、人気俳優として不動の地位を確立しています。高身長でクールな面立ちのパク・ソジュンですが、穏やかな人柄でキュートな笑顔を見せるギャップがたまりません。女心を揺さぶるキャラクターが好感度を得ている理由の1つです。 また彼の演技力にも高評価が寄せられています。努力を積み重ねて着実に実力をつけてきた結果、数々の賞を受賞し、アジアにも名を馳せる大物俳優になりました。男らしい役から、ついつい応援したくなるようなかわいい役までオールマイティにこなします。 今回はパク・ソジュンの人気出演作を紹介してから、気になる素顔や噂を検証しました。各作品での見どころから、パク・ソジュンの素顔の魅力まで、一気に知り尽くせます。一緒にパク・ソジュンの際限ない魅力の沼にハマりましょう!

実力派イケメン、パク・ソジュンの基本プロフィール

生年月日 1988年12月16日
年齢 33歳
出身校 ソウル芸術大学演劇科
Instagramアカウント bn_sj2013

パク・ソジュンは1988年、韓国ソウル生まれの俳優です。韓国の年の数え方は日本の満年齢とは少し違うので、2021年1月現在韓国年齢で33歳で、兵役は終わっています。 ソウル芸術大学で演劇を専門に学んでおり、演技力の高さは箔付きです。ソウル芸術科大学といえば、チョン・ユミやイ・ジュンギの出身校でもあります。 大学在学中に入隊し、除隊後本格的に芸能活動をスタートさせたパク・ソジュンは、その後瞬く間にスターへの階段を駆け上りました。今後兵役で芸能活動を停止することがないというのは、ファンにとってはありがたい情報ですね。 記事後半ではもっと深くパク・ソジュンの素顔を探っていきます。

『梨泰院クラス』だけじゃない!2020年最新版おすすめドラマ8選

それでは早速、人気出演作を最新作から順に紹介していきます。作品の数だけ新たな一面を見せてくれるパク・ソジュンの、役柄ごとのギャップに注目です。まずはドラマから!

①『梨泰院クラス』(2020年)

短い前髪がトレードマーク!かっこよすぎる人生の逆転劇

舞台は国際色の強いにぎやかな街・梨泰院。主人公のパク・セロイは高校生のとき、理不尽にも刑務所へ行くこととなります。それに伴い父も仕事を失い、さらには他界してしまいました。すべては大手飲食店・チャンガグループの差し金だったのです。 出所後チャンガグループに復讐するために、パク・セロイは梨泰院で小さな居酒屋を始めます。情熱溢れる1人の青年とその仲間たちが、信念と誇りをかけて闘うヒューマンドラマです。 パク・ソジュンは主人公パク・セロイを演じます。普段は寡黙でも、内に秘めた情熱で逆境に立ち向かい続ける難しい役を、見事に演じ切りました。この男気溢れる役によって、男性からの支持も高まっています。

②『キム秘書はいったい、なぜ?』(2018年)

パク・ミニョンにデレデレのパク・ソジュンが可愛すぎる

『キム秘書はいったい、なぜ』は、大企業の副社長イ・ヨンジュンとその秘書キム・ミソのラブストーリー。長い間支え続けてきてくれたミソは、自分の人生を自由に生きるために退社を決意します。 ところがヨンジュンは気に食わず、ミソを引き留めようとするのです。次第に恋心が芽生えてゆき、やがて恋敵も現れるという、ドキドキが止まらない王道ラブコメ。 主演パク・ソジュンはツンデレで完璧主義なイ・ヨンジュンを、コミカルに愛らしく演じました。物語が展開すればするほど、見た目とのギャップが見えてきます。ミソに振り向いてもらうために悩む姿や、たまに見せるデレデレな優しさは胸キュン必須です。

③『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』(2017年)

こんな幼馴染うらやましい!格闘家パク・ソジュンが見れる

『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』は幼馴染の恋模様を描いたラブコメディーです。テコンドー選手の夢を諦めたコ・ドンマンとアナウンサーに憧れていたチェ・エラは、現実を受け入れながら惰性で過ごす毎日を送っています。 幼馴染の2人は向かいに住んでいて、何でも話せる友達以上恋人未満の関係でした。お互い1度夢を諦めましたが、励まし合って再挑戦することに。コ・ドンマンの元カノの登場や、チェ・エラに惚れる男性が現れることで、2人の関係がさらに動き出します。 パク・ソジュンは明るくて人懐っこいコ・ドンマンを演じました。コ・ドンマンは不器用ながらも、いざという時に男気ある行動を見せてくれます。幼馴染のチェ・エラとの胸キュンシーンは大絶賛。女心を揺さぶる魅力があり、目が離せません。

④『花郎(ファラン)』(2017年)

BTSのVも!注目の若手スターが勢揃いした時代劇

BTSのVをはじめ人気アイドルが数多く出演して話題となった、青春時代劇『花郎(ファラン)』。花郎は韓国で10世紀まで続いた、文化教育または軍事訓練のための青年組織制度、もしくはそのリーダーのことを示します。 パク・ソジュンは亡き親友の妹アロを守るため、花郎に加入する主人公ソヌを演じました。賎民の身分の出でありながら、意志の強さで伝説の花郎となっていく奮闘ぶりは圧巻。 華やかな他の花郎メンバーとの関わり合いや、アロとのもどかしい恋愛関係、さらには迫力満点のアクションシーンなど見どころ満載のドラマです。

⑤『彼女はキレイだった』(2015年)

ひねくれアラサー女がドSな初恋相手と再会する

容姿のせいで何もかも上手くいかないへジンに、初恋相手のソンジュンよりメールが届くところから物語は始まります。2人は10数年ぶりに再会することになりますが、容姿に自信がないソンジュンは、美人な親友ハリに代役を任せてしまうのでした。 しかし新しく見つけた職場で、へジンは上司としてソンジュンと再会します。正体を隠しての上司と部下の関係から始まる、こんがらがったドキドキのラブコメディーです。 パク・ソジュンはファッション誌の副編集長で外見、成績、性格とも完璧な、へジンの初恋相手チ・ソンジュン役を演じます。このドラマは同じ時間帯のドラマで視聴率ナンバーワンを獲得し、パク・ソジュンは人気俳優としての地位を確固たるものにしました。

⑥『キルミー・ヒールミー』(2015年)

妹思いの兄が素敵すぎる!心が温まるラブコメ

主人公は多重人格の財閥御曹司ドヒョン。ある日別人格のうちの1人・セギが暴れ回って、偶然出会った精神科医のリジンに突如愛の告白をします。 多重人格であることがばれたドヒョンは、リジンに主治医になってもらうよう依頼。2人でドヒョンが多重人格になった原因を探るべく、失われた記憶を紐解いていきます。 『キルミーヒールミー』ではパク・ソジュンは主演ではなく、主人公リジンの双子の兄で、正体を隠して活動する推理小説家として出演。 しかしドラマ全体の鍵を握る役として注目を浴び、主役でないにもかかわらず、主役ドヒョンを演じたチソンとともに男同士でベスト・カップル賞に選ばれました。

⑦『魔女の恋愛』(2014年)

初主演作!恋愛恐怖症キャリア女子にせめる年下男子に

パク・ソジュンの初主演作『魔女の恋愛』。恋愛に臆病になってしまったキャリア女子・ジヨンが、14歳年下の青年・ドンハと恋に落ちる、ちょっと刺激的で大人なラブコメディです。 パク・ソジュン演じるユン・ドンハは、年下なのにセクシーで頼りがいがあるというギャップで、世の多くの女性を虜にしました。 共演は大物女優のオム・ジョンファで、彼女との共演はその後の彼の役者人生に大きな影響を与えることになったと、出演後のインタビューなどで語っています。

⑧『ドリームハイ2』(2012年)

J.Y.Parkが教師役で出演!?華やかすぎる芸能高校

パク・ソジュンのドラマデビュー作『ドリームハイ2』。舞台はイケメン・美女だらけの芸能学校です。 パク・ソジュンと同じ事務所所属のキム・スヒョンが、人気女優の道を歩むきっかけとなった『ドリームハイ』の続編として製作された本作。パク・ソジュンは微笑みだけで女性を落とす、プレイボーイな問題児シウを演じました。 作品自体前作ほど話題にならずパク・ソジュンもあまり注目されなかったようですが、ファンとしてブレイク前の初々しい姿はチェックしておきたいところです。

パクソジュンの魅力にもっと浸れる人気映画3選

ドラマでの活躍が目立つパク・ソジュンですが、その勢いは映画界にまで広がっていました。ここからは、多様なキャラクターを演じ分けるパク・ソジュンの演技力に、もっと浸れる映画作品を厳選して紹介していきます。

①『ミッドナイト・ランナー』(2017年)

熱い警察学生パク・ソジュンの勢いに圧倒される

『ミッドナイト・ランナー』は韓国のみならず、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどでも公開されたアクションコメディーで、日本でも2018年に公開されました。 本作ではやたらと事件に巻き込まれ、考えるより先に行動してしまう性格の、警察大学の学生ギジュン役を演じています。本作でパク・ソジュンは、韓国のアカデミー賞とも言われる大鐘賞で新人男優賞を受賞しました。映画評論家からの評価も高い作品となっています。

②『ビューティー・インサイド』(2015年)

映画出世作!毎日外見が変化する人の切ない恋

『ビューティー・インサイド』では年齢や性別、国籍を問わず、毎日外見が変化してしまうという運命を負ってしまった主役ウジンを演じました。 本作はウジン役を123人の俳優、女優が演じ、パク・ソジュンはそのうちの1人に過ぎませんが、その難しい役どころを見事に演じ、ドラマのみならず映画での演技も注目を集めるようになったきっかけの作品です。

③【番外編】『パラサイトー半地下の家族ー』(2019年)

あの有名作にもカメオ出演していた!

『パラサイトー半地下の家族ー』はアカデミー賞4部門を受賞した韓国の傑作映画。 半地下暮らしのキム一家は身分を偽装して、大学受験や美術の家庭教師、運転手、家政婦として次々と大豪邸に潜り込みます。しかしその大豪邸にも「地下室」があり、驚愕の秘密が隠れていました。 富裕層と貧困層の生活を対比的に描いた、衝撃的な作品です。 パクソジュンはキム・ギウに仕事を勧めた大学生役としてカメオ出演。わずかな出番ですが、ギウとは正反対の生活を過ごす、エリートで華やかな大学生として、存在感を放っていました。

パク・ソジュンの素顔に迫る!演技だけじゃない素の魅力を紹介

ここからは数々の名演技を生み出し続けるパク・ソジュンの「俳優以外の顔」に迫っていきます。 パク・ソジュンは役柄だけでなく、私生活まで魅力的なエピソードがたっぷりです。誠実で弟思いな性格や、私生活があらわになるインスタグラム、さらには恋愛の噂や価値観まで、その素顔を徹底的に分析していきます!

俳優パク・ソジュン、デビューまでの道のり

パク・ソジュンは1988年、韓国ソウルに生まれます。中学まではどちらかというと内気な性格で、野球選手になることを夢見ていました。しかし中学3年生のときに人前でパフォーマンスする機会があり、それをきっかけに演技をすることに興味を持ち始めます。 高校在学中にはそのモデル並みの体型やルックスから度々スカウトされることもありましたが、堅実な性格なパク・ソジュンは、着実に演技力を身につけたいと考え、高校在学中から演劇学院に通い始めました。そして高校卒業後はソウル芸術大学の演技科に進学し、本格的に演技を学び始めます。 やがて2011年にミュージックビデオへの出演で芸能界デビュー、2012年に本格的なドラマデビューを果たしました。

気配り上手な性格は長男だから?

パク・ソジュンには弟が2人います。そのためか周りの人々をよく気遣う性格で、スタッフや共演者に対しても常に感謝の気持ちを忘れず、周りからの評判もよいようです。 また途中で物事を投げ出すことのない、責任感が強い性格も彼の魅力の1つであり、それも長男だったからかもしれないとインタビューなどで答えています。責任感の強さゆえか慎重な性格で、『魔女の恋愛』の役柄ほど実際の私生活では積極的に振る舞えないと語っていました。

インスタグラムで見せる私生活から目が離せない!

パク・ソジュンはインスタグラムで普段のドラマや映画では見られない彼のプライベートな姿や生活を披露しています。 撮影合間のオフショットや、トレーニング中の写真、私服コーディネートなど、魅力的な姿がたくさん見られるパク・ソジュンのインスタグラム。 かつての共演者と交友関係が続いていることがわかる写真も多く、チェ・ウシクとの仲睦まじい写真や、「花郎」で共演したパク・ヒョンシク、BTSのVと3人で仲良く旅行に行く写真もアップされています。 プライベートでは犬を飼っていて、犬と戯れる写真に癒されるファンも多いようです。

歌も歌える!イケボなパク・ソジュン

『彼女はキレイだった』では音痴な役を演じましたが、実際のパク・ソジュンはドラマのオリジナルサウンドトラック(OST)を歌うほど、歌の実力にも定評があります。 これまでに『ドリームハイ2』、『魔女の恋愛』、『キルミー・ヒールミー』、『彼女はキレイだった』、『花郎(ファラン)』、『キム秘書はいったい、なぜ?』で挿入歌を歌いました。 またファンミーティングでは、ドラマ以外の歌も披露してくれるようで、その包容力のある優しい歌声に魅了されるファンが急増しているようです。

気になる熱愛報道を検証!パク・ソジュンの彼女は?

人気俳優にはつきものの熱愛報道。パク・ソジュンも今までに、4回ほど熱愛が噂されたことがあります。 1人目は女優のペク・ジニ。パク・ソジュンがペク・ジニの近所に引っ越し、お揃いの服を着ていたという報道がありました。しかし2人が住んでいるエリアは芸能人が多く住んでいるエリアであり、お揃いの服も仕事関係の協賛品だと互いの事務所が即座に否定したため、事実ではないようです。 2人目は女性ユニット「SISTAR」のヒリョン。インタビューでSISTERの誰と1番仲が良いかと聞かれた際に、ヒリョンと答えたところ、それが熱愛だと誤報されてしまったようです。 3人目は「サム・マイウェイ」で共演したキム・ジウォン。ドラマであまりにお似合いだったために、ファンの「本当に付き合っていればいいのに」という願望が熱愛の噂に繋がったようです。こちらも本人が即座に否定しました。 4人目は『キム秘書はいったい、なぜ?』で共演したキム・ミニョン。こちらもあまりにも完璧なラブラブカップルの演技から、ファンが交際を匂わせるSNSがないか調べ始めたことが発端です。 しかしキム・ジウォンのときとは違って、噂に根拠があります。2人が同じアクセサリーやスニーカーを持っていることや、パク・ソジュンの野球の背番号がキム・ミニョンの誕生日であることなど、交際を裏付ける事実がいくつか発覚しました。 最初の熱愛報道のあとすぐに双方の事務所が否定したにもかかわらず、まだ2人の熱愛を疑う人は少なくありません。大物カップル誕生なるか、もう少し見守っていきたいところですね。

理想の彼女像

パク・ソジュンのファンにとっては、理想の彼女がどういう人なのかも気になるところでしょう。 以前にインタビューで、「性格がよく、指が綺麗な人。そしてどんなことでも話し合うことができ、一緒に過ごしていて心地よい人。ナチュラルで本人にあっているファッションの人」が理想の女性と答えています。 パク・ミニョンも私服のファッションは落ち着いていますし、指もきれいで、理想の女性像にぴったりハマっているようです。噂は本当なのでしょうか?

パク・ソジュンの結婚観は?

結婚については「結婚はいつでもしたい」と語っています。赤ちゃんを見ると結婚したくなるのだとか。赤ちゃんにメロメロの素敵なパパになりそうです。 さらに今のところ結婚を考えている女性はいないと答えています。仕事と恋愛を両立することは苦手だという発言もあり、たしかに今は忙しすぎて恋愛をしている暇はなさそうですね。

活躍が止まらないパク・ソジュン、今後もドラマ・映画出演情報を要チェック!

日本の韓流ブームを担うパク・ソジュン。「ラブコメの神」と呼ばれるほど、胸キュンストーリーで多くの女性を魅了してきました。 しかしラブコメだけにとどまらず、大ヒット作を次々と生み出しています。その理由は、作品中でも素のパク・ソジュンでも見せるギャップにあるのです。 カッコいいと思いきや、かわいい一面を見せてくれたり、クスッと笑えるコミカルな演技までこなします。演技力はもちろん、ギャップを感じたときのドキドキが人気の秘訣ではないのでしょうか。 日本でも空前の大ヒットを記録した、正義感あふれる青年の復讐劇『梨泰院クラス』でも、また新たな一面を見せてくれました。次はどのような表情を見せてくれるのか、今後も目が離せません。