2022年3月10日更新

おかえりなさい!パク・ボゴム出演のおすすめドラマ・映画を紹介!彼女の噂や家族について徹底解説

パク・ボゴム
©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

韓国新四天王の1人と言われ、世界中から人気を集めるパク・ボゴム。2022年に除隊したことで次回作への期待が高まっています。 この記事ではパク・ボゴムが出演するおすすめドラマ・映画を見どころとともに紹介していきます!また記事後半では、彼の過去や彼女の噂にも迫っていきます。

「国民の彼氏」パク・ボゴムについて徹底解説!兵役や彼女の情報も

名前パク・ボゴム(박・보검)
生年月日(年齢)1993年6月16日(29歳)
※韓国の年齢では30歳
身長/体重182cm /65kg
血液型O型
出身地ソウル特別市
出身学校明智大学映画ミュージカル学部
所属事務所 Blossomエンターテインメント
兵役期間/所属2020年8月31日〜2022年2月21日
愛称/あだ名BOGUMMY(ボゴミー)
人間ポカリ
美談の自動販売機
聖光宝剣

パク・ボゴムは小さな頃から水泳が好きで、15歳頃まで水泳選手として活躍。音楽にも深い興味を示し、歌手になることに憧れていました。そしてその夢を実現させるため、彼は高校生になってからピアノの弾き語りをしている様子をインターネットで流すように。これが芸能事務所の目に止まり、事務所の練習生となります。 その後パク・ボゴムは歌手より俳優に向いていると事務所がその後判断し、俳優の道を歩み始めることに。そしてついに2011年に映画『ブラインド』で芸能界デビューを果たします。 今では韓国新四天王の1人と言われ、世界中から人気を集めるボゴム。2022年に除隊し、早速ファンからはリメイク版の噂が出ている『宮 -Love in Palace-』に出演して欲しいという声が上がっています

別名「美談の自動販売機」!性格は穏やかで優しい

パク・ボゴムは普段の愛らしい笑顔から想像できないほど悲しい青春時代を過ごしていたようです(詳しくは後述)。しかし彼は逆境に屈することなく、明るく謙虚で、そして誰からも愛される性格に育っていきました。芸能界でもパク・ボゴムの性格の良さは定評があります。 彼のエピソードは良い話しか出てこないため、別名「美談の自動販売機」とも言われているほど。なお本人は自身の性格について「ポジティブでつねに感謝を忘れない」と答えています。どれだけ人気者になっても、感謝の気持ちを持ち続けることが愛される所以かもしれませんね。

モデル並みの体型でオシャレなことでも有名

身長182センチ、体重65キロですらりとしたモデル並みの体型を誇るパク・ボゴム。流行にも敏感で、オシャレなことでも有名です。 公式ツイッターでは、プライベートな写真も公開されており、そのオシャレぶりを垣間見ることができます。また2017年には韓国ファッショニスタアワーズで「今年のベスト 男性部門」に選ばれています

「人間ポカリ」「聖光宝剣」など愛称が多いボゴミー

パク・ボゴム
©TPG Top Photo Group/Newscom/Zeta Image

パク・ボゴムは親しみを込めてボゴミーと呼ばれていますが、他にも様々な愛称を付けられています。まずは「人間ポカリ」。爽やかでザ・好青年なルックスからそう呼ばれています。清涼感のあるイメージが彼にぴったりな愛称です。 また香港のファンからは「聖光宝剣」という愛称で呼ばれています。輝いていて、見るだけで明るくなれるという意味があるようです。パク・ボゴム自身も「聖光宝剣」という愛称は嬉しいと話していました。

2022年2月に兵役を終え除隊!

パク・ボゴムは2022年2月に兵役を終えて除隊しました。2020年8月に入隊したため、約1年半の兵役生活となりました。本来は2022年4月除隊予定でしたが、残っていた休暇を使って早期除隊したようです。 なおパク・ボゴムは海軍に志願し、海兵隊として任務についていました。海軍は過酷と言われ、普通は陸軍に入隊することが多いそうですが、彼の父親が海軍勤務だったことが影響したようです。 また除隊にあたり、コロナ禍の現状を踏まえ、外部には知らせないことを希望。静かな除隊となりました。

パク・ボゴム出演作品一覧

パク・ボゴム
©TPG Top Photo Group/Newscom/Zeta Image

出演ドラマ・映画一覧

2012年『ヒーロー』カン・ドンオ役 2012年『仮面』ハム・ミンギュ役 2013年『ワンダフルラブ』ヨンジュン役 2014年『本当に良い時代』イ・ユンフ役 2015年『君を憶えてる』ジョン・ソンホ役 2015年『応答せよ1988』チェ・テク役(主演) 2016年『雲が描いた月明り』イヨン世子役(主演) 2018年『ボーイフレンド』キム・ジニョク役(主演) 2020年『青春の記録』サ・ヘジュン役(主演)

カメオ出演一覧

2020年『梨泰院クラス』スアの店の面接受験者役

早くからパク・ゴボムのカメオ出演が発表され、最終話に満を持して登場。監督のキム・ソンユンが『雲が描いた月明り』を演出した縁から、彼の出演が決まったそうです。クォン・ナラ演じるオ・スアのレストランに新しく就職するシェフに扮し、たった2分ほどで強烈な印象を残しました。

2015年『プロデューサー』パク・ボゴム本人役

パク・ボゴムは役を演じているのではなく本人役として1話のみカメオ出演。音楽番組『ミュージックバンク』のMC役として登場します。たった1話のみの出演ですが、他のドラマとは違い、パク・ボゴム自身を楽しむことのできますよ。

パク・ボゴム出演おすすめドラマを紹介

パク・ボゴムの芸能界デビューは映画でしたが、2013年に『ワンダフル・ラブ〜愛の改造計画〜』でドラマデビューを果たしました。 ここからはパク・ボゴムが出演しているおすすめドラマを紹介していきます。ぜひお気に入りの作品を見つけてくださいね。

『ワンダフル・ラブ〜愛の改造計画〜』(2013年)

ワガママ姉弟が送る愛と涙のドタバタハートフルコメディ

放送年2013年
ジャンル恋愛 , コメディー
キャストチョン・ユミ , キム・ジソク , パク・ボゴム
話数全48話

『ワンダフル・ラブ〜愛の改造計画〜』は賃金業界のドンとして成功した母親の下で何不自由なく奔放に育った三姉弟が、突然破産したと言われ、一変する生活の中で成長していくコメディー作品です。

パク・ボゴムは本作品で末っ子のヨンジュンを演じ、憎めないキャラクターで年上女性たちから大人気となりました。

あらすじ若くして夫を亡くしたユン・ボッキは3人の子供を育てるため、金儲けにまい進し、成功を収めました。甘やかされてきた3姉弟のヨンチェ、ヨンス、ヨンジュンは揃ってワガママな人間に成長。

このままではいけないと感じた母ボッキは破産したと嘘をつき、姉弟たちを貧乏生活へと突き落とします。姉弟は大パニックの中、果たして変わっていけるのでしょうか。

『のだめカンタービレ〜ネイル カンタービレ』(2014年)

音楽世界の中で繰り広げられる型破りな青春ラブコメディ

放送年2014年
ジャンル恋愛 , コメディー
キャストチュウォン , シム・ウンギョン , パク・ボゴム
話数全21話

日本でも有名な作品の韓国版です。ストーリーにオリジナリティはあるものの、キャラクターは忠実に再現されており、日本版のファンも楽しめます。

パク・ボゴムは、アメリカで音楽の最高峰と言われるジュリアード音楽院卒業というエリートチェリストを演じています。彼はこの役を演じるため、実際にチェロと指揮の練習をしたそうです。原作には無いキャラクターながら、全く違和感を感じさせず、むしろ作品の質を上げたと評判になりました。

あらすじ天才と評された音大生チャ・ユジンは世界的な指揮者になる夢を持っていますが、飛行機恐怖症で海外へ行くことができません。ある日自暴自棄になり酔い潰れていると、どこからかピアノの音が。演奏していたのは落ちこぼれ音大生のソル・ネイルでした。

ネイルの隠れた才能に気付いたユジン、ユジンにつきまとうようになったネイルは、お互いに影響されながら少しずつ変化していきます。

『君を憶えてる』(2015年)

君を憶えてる
©CJ E&M Corporation , all rights reserved.

ドキドキハラハラが止まらない!本格ラブサスペンスドラマ

放送年2015年
ジャンル恋愛 , サスペンス
キャストソ・イングク , チャン・ナラ , チェ・ウォニョン
話数全16話

『君を憶えてる』はストーリー構成がよくできており、ラブロマンスがありつつも本格的なサスペンスドラマとして評価されています。パク・ボゴムは冷静沈着な敏腕弁護士を演じており、本作品の重要な人物です。

本人いわく「熱心に研究した」と言うだけあり、謎めいた役柄を見事に表現しています。彼の従来のイメージをがらりと変える作品となりました。

あらすじある日天才プロファイラーであるイ・ヒョンの元に一通のメールが届きます。それは連続殺人事件に関わる内容でした。自分が呼ばれていると感じ、アメリカから韓国へ戻ったヒョン。現場へ向かうと、そこには捜査官のジアンがいました。ある事件で繋がっていた2人は、数々の殺人事件を解決し危険を乗り越えていくことで徐々に惹かれあっていきます。

『恋のスケッチ〜応答せよ1988~』(2015年)

恋のスケッチ~応答せよ 1988~
©CJ E&M Corporation, all rights reserved.

ワガママ姉弟が送る愛と涙のドタバタハートフルコメディ

放送年2015年
ジャンル恋愛 , コメディー
キャストヘリ , パク・ボゴム , リュ・ジョンヨル
話数全42話

『恋のスケッチ〜応答せよ1988~』はパク・ボゴムの人気を確実のものとし、パク・ボゴムの出世作と言っても過言ではないドラマ。ソウルに住む4家族を描いた物語です。優しい世界に心が温まる内容となっています。

パク・ボゴムは天才囲碁棋士を演じ、孤独感やストレスにさいなまれる姿を見事に表現して話題となりました。

あらすじ1988年は韓国でオリンピックが開催ということで、国中が盛り上がっていました。勉強はできないけれどもお洒落が大好きなドクソンは高校2年生。近所に住む幼馴染のジョンファンやテク、ソヌとはまるで家族のようです。しかし友人から「ソヌはドクソンのことをいつも見ている」と言われてから男女の仲を意識し始めます。

『雲が描いた月明かり』(2016年)

雲が描いた月明り
Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ Love in Moonlight SPC All rights reserved

ツンデレ皇太子と男装女子の禁断の恋を描いたシンデレララブストーリー

放送年2016年
ジャンル恋愛 , コメディー
キャストパク・ボゴム , キム・ユジョン
話数全18話

『雲が描いた月明かり』は貧しい生活のため、小さな頃から男装をして生活してきたヒロインが皇太子と恋に落ちていく様子を描く、恋愛青春時代劇です。

パク・ボゴムはヒロインが恋に落ちる皇太子の役です。普段はヒロインに対し冷たい態度で接しているのに、いざというときは助けてくれる皇太子を見事に演じ、冷たさと優しさのツンデレぷりが多くの女性の心をつかみました。

あらすじ幼い頃からずっと男装をし、サムノムという名前で生きてきたラオン。借金返済のため恋愛相談の仕事をしていた流れで皇太子であるヨンと出会うことになります。

しかし彼の正体を知らないラオンはヨンを穴に落として逃げてしまうのです。その後ラオンは借金取りに捕まり内官の試験を受けるため宮殿へ連れていかれ、なんとそこでヨンに再会します。

『ボーイフレンド』(2018年)

ボーイブレンド
©STUDIO DRAGON CORPORATION

年下男子の一途な想いが胸を打つ甘く切ないラブロマンス

放送年2018年
ジャンル恋愛
キャストソン・ヘギョ , パク・ボゴム
話数全16話

『ボーイフレンド(原題)』は異国の地で出会った男女が新入社員と会社代表として再会し、様々な困難に遭いながらも恋をしていく物語。大人気女優ソン・ヘギョとパク・ボゴム主演で送るラブロマンスという本作品は、韓国でも大変話題になりました。

パク・ボゴムは自分の気持ちに真っすぐな青年を演じ、「最強の年下男子」として多くの女性を虜にしたことは有名です。

あらすじ政治家の娘であるスヒョンは財閥のチョンオソクと結婚しましたが、愛は無く1年足らずで離婚してしまいます。慰謝料でホテル経営を始めたスヒョンは、ある事故がきっかけで自由で純粋な男性ジニョクと出会います。自分の生きる道を一度も決めてこられなかったスヒョンと、平凡でも自分の意志を貫いてきたジニョクは徐々に惹かれ合っていくのです。

『青春の記録』(2021年)

青春の記録
© NETFLIX, INC. AND IT'S AFFILIATES, 2020. ALL RIGHTS RESERVED.

恋に仕事に悩みの尽きない夢追い人たちのリアルな青春ドラマ

放送年2021年
ジャンルヒューマンドラマ
キャストパク・ボゴム , パク・ソダム , ピョン・ウソク
話数全16話

『青春の記録』は、家柄やコネがものを言う芸能界を舞台に、2人の俳優とメイクアップアーティスト見習いが自力で成功を目指し、奮闘する姿を追う青春ドラマです。

パク・ボゴムが演じたのは、俳優になる夢を捨てられない26歳のモデル、サ・ヘジュン。兵役の期限が迫りつつあるなか、夢と現実との狭間で葛藤する役どころです。俳優役なので様々な役柄を演じ分けており、普段とは一味違う表情を見ることができます。

あらすじアルバイトをかけ持ちして生活しているサ・ヘジュン。一方裕福な家庭に生まれたヘジュンの親友ヘヒョ。2人はモデル活動をしながら人気俳優になることを夢見ています。日々切磋琢磨し合う2人でしたが、メイクアップアーティストであるジョンハの登場で転機が訪れます。3人は恋や仕事の悩みに翻弄されながらも、それぞれの人生を歩んでいきます。

パク・ボゴム出演おすすめ映画を紹介

どちらかというとドラマを中心に活躍しているようにみえるパク・ボゴムですが、芸能界デビューは2011年公開の映画『ブラインド』です。そしてその後も主役級の出演作はないものの、コンスタントに様々な人気映画に出演しています。 ここからはパク・ボゴムが出演している映画の中からおすすめ作品を4作品ピックアップして紹介します。

『ブラインド』(2011年)

命を狙われる盲目の女性と目撃者が送るスリラーサスペンス

公開年2011年
ジャンルサスペンス , スリラー
キャストキム・ハヌル , ユ・スンホ , パク・ボゴム
上映時間111分

2011年公開の映画『ブラインド』はパク・ボゴムの芸能界デビュー作で、サイコサスペンス作品。事件現場に偶然居合わせた盲目の女性が、犯人に命を狙われていくというストーリー設定となっています。パク・ボゴムは本作で、主人公の弟分トンヒョン役を演じています。

映画出演当時、パク・ボゴムは若干18歳。幼さの残る愛らしい表情は多くのファンを魅了しました。そして、その後の数々のドラマ出演、映画出演に繋がっていきます。

本作は日本でも映画『見えない目撃者』としてリメイク。吉岡里帆が主演を務め、2019年9月20日に公開されました。

あらすじ交通事故により3年前視力を失ってしまったスアは、ある日乗車していたタクシーが何かにぶつかった感覚を覚えます。「犬をひいただけ」と答える運転手を不審に思ったスアがしつこく問い詰めると、運転手はスアを置き去りにして逃げてしまうのです。この件をきっかけに命を狙われることになってしまったスア。果たして事件を解決することはできるのでしょうか……。

『バトル・オーシャン 海上決戦』(2014年)

大迫力アクションと壮大なスケールで送る韓国歴史海戦映画

公開年2014年
ジャンル歴史 , アクション
キャストチェ・ミンシク , リュ・スンリョン , パク・ボゴム
上映時間110分

『バトル・オーシャン 海上決戦』は倭軍と朝鮮軍の海戦を描いた歴史映画ですが、スケールの大きさと迫力あるアクションシーンで見る人を圧倒しました。

パク・ボゴムは大将船に乗り込み、父親の死を目撃することになる役柄を見事に演じ、涙を誘う重厚な演技で話題となりました

あらすじ1957年倭軍の侵攻で国家の危機に直面した朝鮮軍は、水軍司令官であるイ・スンシンに助けを求めます。豊臣秀吉率いる約330隻もの船に対し、イ・スンシンが率いるのはたった12隻。圧倒的戦力差の中、イ・スンシンは兵たちの士気を高め、大決戦へと臨むのです。果たして、彼の戦略で朝鮮軍は勝利を収めることができるのでしょうか……。

『コインロッカーの女』(2015年)

悲しい現実を通して人生の意義を問うヒューマンドラマ

公開年2015年
ジャンルサスペンス
キャストキム・ヘス , キム・ゴウン , パク・ボゴム
上映時間110分

2015年公開の映画『コインロッカーの女』。赤ちゃんのときにコインロッカーに放置され、闇社会で活躍する女性に育てられたヒロインが恋に落ちる青年、ソッキョン役をパク・ボゴムは演じています。

シリアスなドラマ映画の中、そのオアシス的存在の役どころを爽やかに演じたパク・ボゴムは、映画の中で登場する料理シーンのために実際にシェフから料理も習ったそうです。『ネイルもカンタービレ』同様、パク・ボゴムの徹底した役作りが垣間見られる作品です.

あらすじへその緒が付いたままコインロッカーに捨てられていた少女イリョンは裏家業を営むマ・ウヒに売られます。イリョンの生命力を見抜いたウヒは、自分の娘として育て、すっかり裏社会に染まるイリョン。成人して初恋を知りますが、なんとその相手を殺せと命令されます。残酷な現実の中で数々の試練が彼女を待ち受けているのです。

『SEOBOK/ソボク』(2021年)

『SEOBOK/ソボク』
©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

クローン人間との絆と「命」をテーマに描いたSFエンターテインメント

公開年2021年
ジャンルSF , サスペンス
キャストコン・ユ , パク・ボゴム
上映時間114分

兵役前に撮影され2021年7月に公開を迎えた映画『SEOBOK/ソボク』。パク・ボゴムはコン・ユとともにW主演を務めており、自身初の映画主演作となりました。本作は不治の病に侵された元情報局員ギホンが、人類初のクローン、ソボクの護衛として彼を狙う組織や互いの宿命に抗う姿を描くSFサスペンスです。

パク・ボゴムは「クローン人間」であるソボクの感情の揺れを繊細に表現し、韓国映画でも稀な難役を見事に演じきりました。

あらすじ韓国のとある研究所で人類初のクローン人間であるソボクが誕生します。人類の災いとも救いともなり得るソボクの存在。彼を守るよう、余命わずかの元情報局員ギホンが護衛を命じられます。衝突ばかりしている2人でしたが、数々の困難を乗り越えていくうちに少しずつ絆が生まれていきます。闇の組織から追われる2人は、無事逃げ切ることができるのでしょうか……。

パク・ボゴムの壮絶な過去とは?

小学4年生で母親が他界

パク・ボゴムの家族構成は「父、母、姉、兄、本人」の5人家族。実はパク・ボゴムが小学4年生のときに、お母さんは亡くなっています。ただお姉さんが10歳年上で、彼の母親代わりとなっていたようです。 しかし今でもインタビューなどで家族の話になると涙ぐむ姿などが見られ、幼い時期にお母さんを亡くした悲しさはまだ引きずっているようです

父親の借金を肩代わりするために破産

パク・ボゴムが中学生のとき、彼の父は事業を立ち上げるために3億ウォンを借金。ただ事業はうまくいかず、連帯保証人となっていたパク・ボゴムはその返済のために非常に苦労した結果、自己破産という選択をしました。なお現在は完済しています。

パク・ボゴムの彼女・結婚の噂の真相とは?キム・ユジョンとの関係が気になる

ファンならずとも今をときめく俳優であるパク・ボゴムに彼女がいるのかどうか、気になりますよね。インターネット上では、女優キム・ユジョンが彼女ではないかとの噂が飛び交っています。 キム・ユジョンは子役の時から活躍している売れっ子女優。様々な人気ドラマや映画に出演し、パク・ボゴムとはドラマ『雲が描いた月明かり』で共演しており、それがきっかけで2人の熱愛が度々ささやかれるようになりました。 しかし、パク・ボゴム自身は2011年にデビュー後、「彼女はいない、恋愛は高校時代以来していない」とインタビューなどで話しているので、キム・ユジョンとの熱愛はあくまでも噂で真実ではないようです。 その他にRed Velvetのアイリーンなど他の女性との関係も噂されていましたが、全て否定されています。

その他パク・ボゴムの活動まとめ!歌手としても注目

パク・ボゴムのファンミーティング&ファンクラブの特典がすごい!

ファンにとっては、生のパク・ボゴムに出会える絶好の機会であるファンミーティング。日本でも人気急上昇中のパク・ボゴムは2017年2月、また12月に来日しファンミーティングを開催しています。 ファンミーティングでは、ファンへのレターを読み上げたり、得意の歌とピアノを披露するなど、ファンにとっては一生忘れられない思い出となるイベントとなっています。 また日本での人気上昇にともない、日本のオフィシャルファンクラブも発足されております。ファンクラブ会員ならではの様々な特典も用意されています。

日本で待望の歌手デビュー

2019年、パク・ボゴムは日本で待望の歌手デビューを果たしました。デビュー曲は「Bloomin’」。世界中のファンと共にこれからも共に花を咲かせていく、という想いが歌われています。 彼は過去に『雲が描いた月明かり』の挿入歌「愛しい人」を歌っていたりと、その歌唱力には注目が集まっていました。これからの歌手としての活躍が楽しみですね!

パク・ボゴム出演のドラマ・映画から目が離せない!

辛い過去を抱えながらも、芸能の世界で圧倒的な地位を誇ってきたパク・ボゴム。彼は顔だけでなく中身も素晴らしい俳優だということが分かりますよね。 2022年に除隊し、復帰作への期待が高まるパク・ボゴム。今後の彼の活躍から目が離せませんね!