2018年3月7日更新

注目ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』を徹底紹介!【全シーズンあらすじ・キャスト】

2017年のテレビドラマシリーズ『ビッグ・リトル・ライズ』。シーズン2制作が発表され、ますます注目を集めている人気シリーズについて、キャストやあらすじをご紹介します。

『ビッグ・リトル・ライズ』ってどんなドラマ?

『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998年-2004年)や『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年-)などテレビドラマ界に数々の名作を生み出してきた放送局、HBO(Home Box Office)。そのHBOが生み出した新たなヒット作が『ビッグ・リトル・ライズ』です。 オーストラリアの人気作家リアーン・モリアーティの小説『ささやかで大きな嘘(原題 Big Little Lies)』(2016年)をもとに、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』(2014年)『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(2017年)のジャン=マルク・ヴァレがメガホンをとりました。また、脚本を書いたのは『アリーmyラブ』(1997年-2002年)『ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル』(1997年-2004年)などを世に送り出してきたベテランプロデューサー、デイビット・E・ケリーです。 豪華なスタッフと俳優陣を迎えて制作された本作ですが、とりわけ主演のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンは制作指揮にも参加していますから、相当の自信作なのです。実際に第69回エミー賞で8冠、第70回ゴールデン・グローブ賞で4冠という快挙を成し遂げています。

シーズン1 あらすじ

舞台はカリフォルニア州はモントレーの高級住宅街。セレブの子供たちが通う小学校のチャリティイベントで殺人事件が起こります。誰が殺したのかも、誰が殺されたのかもわからない状況で、物語は数ヶ月前に遡るのです。 すべての始まりは子供のいじめをめぐるママ友間の対立。キャリアウーマンな超セレブ、レナータの娘がシングルマザーで非セレブのジェーンの息子にいじめられたと言ったことがきっかけでした。ジェーンの友人であるマデリンとセレステはいじめの原因を決めつけるレナータに反対します。些細ないがみ合いが積み重なって、レナータ派とマデリン派で対立する羽目に。 ママ友の対立がある一方で、ひとりひとりが何かしらの悩みや問題を抱えていることも浮き彫りになっていきます。DV夫、不倫、別れた夫との関係や複雑な親子関係……。 セレブたちの華やかな生活に隠された裏の顔を暴きながら、殺人事件の真相に迫っていくミステリアスなストーリーです。

『ビッグ・リトル・ライズ』キャラクター・キャスト紹介

複雑に絡まっていく人間関係も『ビッグ・リトル・ライズ』のおもしろさの1つです。一方で、少なくないキャラクターたちを完璧に把握しようとすると混乱してしまうかもしれません。ここでは、主要キャラクターとそれを演じるキャストをまとめました。

マデリン(リース・ウィザースプーン)

マデリンは専業主婦のセレブママで、クロエという可愛い娘がいます。実は夫のエドとは再婚で、前夫との間には高校生になる娘がいるのです。思い立ったことはとことんやるタイプのエネルギッシュなマデリンですが、高校生の娘との関係や夫婦生活に悩みを抱えてもいます。 マデリンを演じるのはリース・ウィザースプーン。子役から活躍し、主演をつとめた『キューティ・ブロンド』(2002年)で世界的知名度を高めると『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2006年)ではアカデミー賞主演女優賞も獲得したベテラン女優ですが意外にもテレビドラマ初出演なのだそう。最近ではハリウッドのセクハラ問題について言及したり、暴力的な男性と交際していた過去を明かしたことでも話題になりました。 私生活では離婚と再婚の経験があり、3人の子供たちのママですから、マデリンと重なるところがあるかもしれません。

セレステ(ニコール・キッドマン)

双子の男の子のママ、セレステは元弁護士。ビジネスマンの夫とは仲睦まじく、マデリンとは仲のいい友人関係にあります。夫に愛されて幸せそうな彼女ですが、そこには裏があるのです。 セレステ役のニコール・キッドマンは、輝かしいノミネート歴・受賞歴をもつ有名女優。『めぐりあう時間たち』(2003年)ではアカデミー主演女優賞を獲得しています。最近では2018年の『パーティで女の子に話しかけるには』や日本公開が待たれる『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』に出演するなど活躍の勢いは増すばかりといってよいでしょう。 リース・ウィザースプーン同様、本作が初めてのテレビドラマ出演ですが、エミー賞やゴールデン・グローブ賞などを受賞しました。

ジェーン(シャイリーン・ウッドリー)

シングルマザーのジェーンはセレブママたちの中で少しだけ浮いてしまっている存在。ジェーン自身もそのことに悩んでいますが、一人息子ジギーを大切に育てています。いじめ加害者の疑いをかけられ、学校でも居心地の良くないはずのジギーが母を気遣うのは、ジェーンが愛情を注いでいるからこそ。マデリンとセレステは、秘めた気持ちを打ち明けることのできる友人です。彼女の過去の真相も物語のキーになっていきます。 『ダイバージェント』シリーズのベアトリス・プライアー役や『きっと、星のせいじゃない。』(2015年)で知られるシャイリーン・ウッドリー。本作では、ベテラン女優たちと肩を並べてメインキャストに抜擢されました。期待の若手女優の一人です。

ペリー(アレクサンダー・スカースガード)

セレステの夫ペリーは、周りがみていて恥ずかしくなるほどに妻を溺愛しています。忙しい仕事をこなしながら家族を思いやることも忘れない、理想の夫でありパパなのです。ところが、ペリーの愛情表現はどこか行き過ぎているのです。その問題は物語のなかで徐々に深刻化していきます。 アレクサンダー・スカースガードはスウェーデンが生んだ名優ステラン・スカースガードを父にもち、兄弟たちも俳優として活躍しています。映画界ではスカースガード三兄弟として親しまれていますね。抜群のスタイルの持ち主である彼は、2016年の『ターザン:REBORN』で惜しげも無く肉体美を披露して話題になりました。本作では二面性を隠し持ったハンサムパパという複雑な役に挑み、エミー賞やゴールデン・グローブ賞などで助演男優賞を獲得しました。

レナータ(ローラ・ダーン)

会社を経営するキャリアウーマンのレナータは、セレブのなかでもとりわけセレブ。大豪邸に住んでいてママ友たちのボス的な立場になっています。娘がいじめられていることを知ったレナータは大騒ぎ。ジェーンの息子ジギーを責め、マデリンたちと対立します。彼女の言うとおり、いじめっこはジギーなのか?これも本作の重要なサスペンス要素になっています。 レナータを演じるローラ・ダーンは『ワイルド・アット・ハート』(1991年)『ジュラシック・パーク』(1993年)『わたしに会うまでの1600キロ』(2015年)など数々の作品に出演してきた大ベテラン女優。2017年の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではホルド中佐を魅力的に演じていましたね。本作では主人公たちと対立するキャラクターですが、リース・ウィザースプーンやシャイリーン・ウッドリーとは共演経験もあります。

ボニー(ゾーイ・クラヴィッツ)

ボニーはマデリンの元夫ネイサンの再婚相手です。ネイサンとの間に生まれた娘はマデリンたちと同じ学校に通っています。彼女はマデリンの高校生の娘アビゲイルと親しくしているのですが、マデリンにとっては面白くない話。ボニーは一方的な敵意を向けられてしまいます。 ゾーイ・クラヴィッツはミュージシャンのレニー・クラヴィッツの娘です。モデル業などをしながら2007年の『幸せのレシピ』で映画デビューを果たし、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)などに出演してきました。『ファンタスティック・ビースト』シリーズにも続投が予定されていて、着実にキャリアを積んでいる期待の若手女優です。

『ビッグ・リトル・ライズ』のみどころ

『ビッグ・リトル・ライズ』のみどころの一つは、なんといっても複雑に絡んでいく人間模様です。 「誰が誰を殺したのか?」というサスペンス要素を軸にしながら、丁寧に掘り下げられていくキャラクター個々の事情。「あの人って実はこうよね」「彼女、ほんとうはそういうところがあるのよ」というような、人間関係を築くときに抱きがちな感情をリアルに描き出しています。そして、そうするうちにサスペンス要素は1つではなくなるのです。 子育ての悩みや女性のキャリアなど、現実社会の問題を取り入れていることもポイントかもしれません。特に、夫のDVになかなか真剣に立ち向かうことのできない妻の姿や、妻がDVの深刻さを自覚できない描写は、かなり真に迫っていて怖くなるほどだとも言われています。 また、セレブ生活の様子をスタイリッシュに描いたり、人物の個性をファッションで表しているところもみどころ。『セックス・アンド・ザ・シティ』を生み出したHBOならではの表現だといえます。

シーズン2はメリル・ストリープ出演!さらに豪華に!?

メリル・ストリープ
Joe/WENN.com

シーズン1が大ヒットとなった『ビッグ・リトル・ライズ』ですが、シーズン2の制作も正式に発表されました。 原作のリアーン・モリアーティと相談しながらマデリンたちの「その後の生活」を作り上げていくのだそうです。シーズン2の内容はほとんど明かされていませんが、いまのところわかっているのはメリル・ストリープが出演する予定があるということ!ペリーの母親という役柄で出演するとされています。 すでに豪華な顔ぶれの『ビッグ・リトル・ライズ』にハリウッドの大御所が加わって、ますますゴージャスなドラマになっていくのでしょうか。期待が膨らむシーズン2ですが、少なくとも2018年のうちに放送されることはないそうでファンから「待ちきれない! 」という声が上がっています。

これを機に『ビッグ・リトル・ライズ』を視聴してみるのもアリ!

大ヒット作ときいて気になってはいたけれど手がでなかった方、続編制作への盛り上がりで名前だけは知っていた方。ドラマシリーズは興味があってもボリュームが多くてなかなか視聴に踏みきれないものかもしれません。 『ビッグ・リトル・ライズ』はまだシーズン1全7話のみ。豪華キャストが確かな演技力でつくりあげたミステリアスなヒューマンドラマは一見の価値ありです。これを機に視聴してみてはいかがでしょうか。