ドラマ版『パージ』が製作中!気になるあらすじ・キャストは?

2018年6月1日更新

2013年に第1作が公開されて以来人気ホラーシリーズとしてファンの多い『パージ』のTVドラマ化が決定しました。今回はそのTVドラマ版『パージ』のキャストやあらすじ、見どころなどを紹介します。

怖すぎる大ヒットホラー『パージ』シリーズ、ついにTVドラマ化

1年に1度、12時間だけ殺人を含むすべての犯罪が合法となる、そんな近未来のアメリカを舞台にした大ヒットホラー『パージ』は低予算ながら大ヒットとなり、日本でも2015年に公開されて話題となりました。その後製作された続編の『パージ:アナーキー』、『パージ:大統領令』も含めると200億円もの収益を上げた大ヒットシリーズとなったこの『パージ』がなんとテレビドラマ化されることになりました。 映画版との違いや関係はあるのでしょうか?

ドラマ版『パージ』のあらすじとは

テレビドラマ版の主人公は、妥協せず崇高な使命を持つアメリカ海兵隊員のミゲル。ある日妹のペネロペから謎めいた手紙を受け取った彼はパージの夜、故郷へと向かいます。夜7時から翌日の朝7時まで全ての犯罪が合法となるこの夜、無法地帯となった街でミゲルは、無差別の暴力から愛する家族を守る事ができるのでしょうか。 もう一人の主人公、ミゲルの妹ペネロペはパージを崇拝するカルト組織に属しています。組織のリーダーの命令によりパージの夜に自らを生贄としてささげる誓いをたてているペネロペですが、パージの恐ろしい現実にさらされ、自分の忠誠心を試されることになります。

ドラマシリーズの気になるキャスト

ガブリエル・チャバリア

海兵隊員のミゲルを演じるのは『猿の惑星:聖戦記』でプリーチャーを演じたガブリエル・チャバリアです。1989年4月29日生まれ、アメリカのカリフォルニアの出身です。 これまでにも映画『フリーダム・ライターズ』のテイト役や、米Huluのオリジナルドラマ「イースト・ロス・ハイ」の主要メンバーを演じており、人気の実力派俳優です。

ジェシカ・ガーザ

ミゲルに謎の手紙を送った妹、ペネロペは、ジェシカ・ガーザが演じます。米ヒストリーチャンネルのTVドラマシリーズ『Six』でアナベル役を演じ、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。それ以前にも数々のTVドラマに出演している、人気、実力ともに急上昇中の女優です。

ドラマ版『パージ』製作はジェイソン・ブラム!

ジェイソン・ブラムは『パラノーマル・アクティビティ』、『インシディアス』など数々のヒット作を手がけたプロデューサーです。2018年のアカデミー賞で脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』も彼のプロデュースによるもので、まさにヒットメーカーです。 このジェイソン・ブラムの制作会社ブラムハウスがテレビ向けの作品を制作するブラムハウス・テレビジョンを設立、そのテレビ向け作品のひとつが『パージ』となる予定とのことです。映画版の監督、ジェームズ・デモナコももちろん参加します。テレビドラマ版も大ヒットの予感ですね。

10話構成の予定!みどころは?

人々はどのようにパージの日以外の364日を過ごすのだろうか、1日だけ殺人を犯してもいいという法律がある世界ではみんな他人を怒らせないように気をつけながら暮らすだろう、私たちが思いもよらない日常生活を送っているはずだから、アイデアはたくさんある。ジェイソン・ブラムはそう語っています。 ジェイソン・ブラムによれば、TVドラマ版『パージ』は全10話の構成となっており、映画では描ききれなかった、パージの日以外の人々の暮らしぶりにも焦点をあてていくとのことです。パージの世界のファンには見ごたえのある、興味深いストーリーとなりそうですね。

ドラマ版『パージ』気になる配信日は?

『ファースト・パージ』も合わせてチェック

気になるTVドラマ版『パージ』の正式な配信日はまだ未定ですが、2年ぶりとなる映画版の新作『ザ・ファースト・パージ』が2018年7月4日に全米公開となります。TVドラマ版はこれに合わせて放送がスタートする予定とのことです。 『ザ・ファースト・パージ』は第1作の前日譚となる作品で、この恐ろしい法律ができてから最初のパージの夜を描いています。現在公開されている映像では、アメリカ人の手でアメリカを偉大な国にしましょう、その方法はただ一つ、アメリカが新しい伝統を作り出すことなのです、という政府からの告知CMの形になっています。パージを作り出したのは赤い帽子の人物なのでしょうか? どちらもファンにとっては待ち遠しいですね!