2018年7月31日更新

葵わかな×佐野勇斗『青夏 きみに恋した30日』あらすじ・キャストまとめ

©2018映画「青夏」製作委員会

2018年8月1日から公開される映画『青夏 きみに恋した30日』。『スプラウト』や『先輩と彼女』などでお馴染み、南波あつこの人気コミックの実写化に葵わかなと佐野勇斗が挑みます。キュンキュンする夏限定のピュアラブストーリーです!

青春よりも熱い!夏限定のピュアラブストーリーが誕生!

南波あつこの人気コミック「青夏 Ao-Natsu」が、実写映画化されることが発表されました! 主演は『わろてんか』のヒロイン・葵わかなと、『ちはやふる-結び-』や『ミックス。』などの佐野勇斗。今最も勢いに乗っている若手俳優2人がW主演を務め、出会うはずのなかった二人の男女の夏限定のピュアな恋を描きます。 この夏、恋がしたくなること間違いなし!の青春ラブストーリー『青夏 きみに恋した30日』の魅力をたっぷりご紹介します!

『青夏 きみに恋した30日』のあらすじ

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

都会育ちの女子高生・理緒は夏休みの間、田舎の祖母の家で過ごす事になり、そこで地元の高校生・吟蔵と出会います。最初はぶっきらぼうだったものの、実は優しい一面を持つ吟蔵に次第に心惹かれていく理緒。 吟蔵もまた、まっすぐな理緒の事が気になり始め、夏休みが終われば離れ離れになると分かっていても、恋はどんどん加速していきます。 さらに吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香や、理緒を想って追いかけてきた祐真をも巻きこみ、2人の運命の夏休みは一体どうなっていくのか……?この夏限定のピュアすぎる青春ラブストーリーです。

W主演を飾るのは今最も勢いのあるこの2人!

船見理緒/葵わかな

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

1998年6月30日生まれ、神奈川県出身の葵わかなは、2009年に放送された『サムライ・ハイスクール』にて、杏の幼少期役に抜擢され女優デビューしました。 その後『陽だまりの彼女』や『くちびるに歌を』、『サバイバルファミリー』など話題作に立て続けに出演。2017年にはNHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインオーディションに、見事2378人の候補者の中から選出され、一躍国民的女優の仲間入りを果たしました。 そんな葵わかな演じる理緒は、運命の恋に憧れる高校一年生。『わろてんか』で演じた明治時代の女性企業家から一転、東京に住むイマドキ女子高生を演じます。

泉吟蔵/佐野勇斗

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

泉吟蔵役を演じる佐野勇斗は、1998年3月23日生まれの愛知県出身です。 2014年にデビューしたボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーでありながら俳優としても活動中で、2016年放送の『砂の塔~知りすぎた隣人~』で演じた影のあるイケメン兄役の演技が評価され、たちまち人気を集めました。 本作が初主演となる佐野は、2018年だけでも『ちはやふる-結び-』や『羊と鋼の森』、『3D彼女 リアルガール』など、5本の映画に出演予定でその注目度の高さが伺えます。 本作では田舎に住む高校三年生・泉吟蔵役に抜擢された佐野。無愛想ですが根は優しい、代々継ぐ酒屋の息子役を熱演し、女子達をキュンキュンさせます。

夏にぴったりなフレッシュな若手陣にも注目!

大鳥万里香/古畑星夏

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

大鳥万里香は、吟蔵と同じ田舎に住む村1番の美女です。吟蔵とは幼なじみで仲が良く、婚約者だとも言われています。 そんな万里香を演じるのは、モデルで女優の古畑星夏です。1996年7月8日生まれ東京都出身で、ファッション雑誌「ニコラ」、「Seventeen」を経て現在は「ViVi」の専属モデルを務めています。 女優としては『きょうは会社休みます。』や『近キョリ恋愛』、『半分、青い。』など人気作に数多く出演し、着実にキャリアを積んでいます。

菅野祐真/岐洲匠

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

岐洲匠が演じる菅野祐真は、東京に住む真面目な男子高校生です。想いを寄せている理緒を追いかけ田舎まで行き、理緒の気持ちを揺さぶらせます。 岐洲匠は、1997年4月13日生まれ愛知県出身。2014年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて、明色美顔ボーイ賞を受賞しています。 2017年の『宇宙戦隊キュウレンジャー』の主演で本格的に俳優デビューし、2018年7月から放送されている土屋太鳳主演のドラマ『チア☆ダン』にも出演中です。

『今日、恋をはじめます』を手掛けた古澤監督の最新作!

本作の監督を務めるのは、『今日、恋をはじめます』や『クローバー』、『ReLIFE』など数々の恋愛漫画を実写映画化してきた古澤健監督です。 高校生の頃から8ミリ映画を撮り始めていたという古澤監督は、『home sweet movie』で1997年度のPFFアワード脚本賞を受賞。1998年には『怯える』が、仏クレルモンフェラン国際短編映画祭に招待されるなどの好成績を収めました。 繊細な演出に定評のある古澤監督の最新作に期待が高まります!

Mrs.GREEN APPLEが恋の応援ソングを手掛ける!

「青夏」のラストを飾る主題歌には、Mrs.GREEN APPLEが抜擢されました。 Mrs.GREEN APPLEは、2017年に放送されたドラマ『僕たちがやりました』のオープニング曲「WanteD!WanteD!」で一気に注目され、10代を中心に絶大な人気を集めている新世代バンドです。 主題歌「青と夏」と挿入歌の「点描の唄(feat.井上苑子)」は、本作の為に書き下ろされた恋の応援ソングとなっています。映画公開と同日の2018年8月1日にリリース予定です。

「青夏」の原作者・南波あつこは恋愛青春漫画の天才!

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

本作の原作「青Ao-Natsu夏」は、2013年から2018年に別冊フレンドにて掲載された、南波あつこの少女漫画です。 南波あつこといえば、知念侑李主演で2012年にドラマ化された『スプラウト』や、志尊淳主演で2015年に映画化された『先輩と彼女』等がお馴染み。実写化されるのは本作で3作目となります。 南波の作品は、ふんわりとした絵と青春ド真ん中のストーリー展開が特徴で、今回の「青夏」も女子なら誰もが憧れた青春のドキドキが一気に詰まった作品です。 10代から40代まで幅広いファン層から支持を得ており、映画を観た方も観てない方も、原作は一度観てみるのがオススメです!

今年の夏は祭り?海?いいえ、映画です

青夏 きみに恋した30日
©2018映画「青夏」製作委員会

夏の風物詩といえばお祭りや海などいろいろありますが、暑過ぎる今年の夏は出掛けたくない方も多いのではないでしょうか。 そんな日は断然、映画です。映画館まで行ってしまえば、涼しい館内でゆったり過ごすことが出来ます。さらに「青夏」は祭りやBBQのシーンもあり、夏らしさを感じることも出来るので一石二鳥です。 暑いのは嫌だけど夏っぽい事がしたいというそこのあなた!今年の夏は『青夏 きみに恋した30日』を観るしかないのでは?