ドラマ「リーガルV」あらすじ・キャスト【米倉涼子がワケあり元弁護士に挑戦】

2018年9月15日更新

2012年より、高視聴率を叩き出してきた「ドクターX」枠の新作にして、米倉涼子主演で話題のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。一癖も二癖もある、次世代リーガルドラマのあらすじと、新旧の実力派が集結した豪華キャストをご紹介します。

次世代リーガルドラマ!『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

2012年以降、全5シリーズに渡って続いた『ドクターX~外科医・大門未知子~』で絶大な支持を得た米倉涼子が、同枠で新作主演ドラマに挑みます。 本作は元弁護士の小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いつつ、どんな不利な訴訟でも"V"ictory=勝利を手にすべく突き進む法廷ドラマ。米倉の「新たな挑戦がしたい」という提案で始まった注目作に、向井理、林遣都、小日向文世ら新旧の実力派が集結しました。 実は驚くことに、メインキャストのほぼ全員が米倉と初共演なのだとか!チームが一丸となった時、どのような化学変化が生まれるのでしょうか? この記事では、新作ドラマ「リーガルV」のあらすじとキャストをご紹介します。

「ドクターX」より面白い?気になるドラマの各話あらすじネタバレを紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』のあらすじ

主人公の小鳥遊翔子は、ある理由で弁護士資格を剥奪された元弁護士。 ペーパー弁護士で、退官間近の大学教授に法律事務所を開かせた彼女は、もっともらしい言葉で"ワケあり"の弁護士やパラリーガルをスカウトします。翔子自身は「京極法律事務所」の管理人になり、「法の下ではみんなが自由」という理念を掲げました。 凄まじい傍若無人っぷりを発揮し、稼げる案件に絞って不利な訴訟でも勝利を狙う翔子の前に立ちはだかるは、大手法律事務所「Felix&Temma法律事務所」。厄介な案件が舞い込む中、弱小弁護士集団は超エリート弁護士に勝てるのでしょうか!? 何より、「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」と豪語する翔子の真意と、弁護士資格を剥奪された理由とは……。 軽快な描写で描かれる一筋縄ではいかない人間ドラマ、正義と涙の法廷劇の開幕です!

主演キャストの米倉涼子が"クビになった"元弁護士に!?

小鳥遊翔子/米倉涼子

松本清張作品では名だたる悪女を、「ドクターX」では天才外科医に扮した米倉涼子が新たに演じるのは、過去にないほどヤバいヒロイン! 弁護士資格を剥奪される前は「Felix&Temma法律事務所」に所属しており、"上司を殴った"、"暴力団とつるんで恐喝していた"など黒い噂が絶えないが、真相は謎のまま。「京極法律事務所」では資格がないからと何もせず、自由奔放な言動で周囲を翻弄するのです。 しかし、法律を盾に美味しい思いをする人間を許さないという矜持があり、本当に困っている依頼人を見分ける眼を持ちます。ちなみに、好きなものは刑事ドラマ『現場百回!』と鉄道。 米倉は今回、高視聴率が約束された「ドクターX」ではなく、新たな挑戦を選択。制作段階から積極的に参加し、イメージを変えるため髪を約20cm切りました。さらに、意外な初挑戦となったのが、翔子の「鉄道好き」という設定だったのだとか……。 本人は“体を動かすことが好きなインドア派”なので、鉄道マニアの安住紳一郎アナとロケをした時の様子を参考に役作りする、とコメントしました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』のその他のキャスト

海崎勇人/向井理

海崎勇人は国内最大手の「Felix&Temma法律事務所」のエース弁護士で、裁判に勝つため時に、違法な手段さえも用いてきた勝利至上主義者です。 裕福な家に生まれ、幼いころから勉強もスポーツもできた"根っからのエリート"故に、自分の戦略に絶対の自信を持つ傲慢な性格。プライドが高く向上心も強い、エリートを絵に描いた人物で、代表弁護士の天馬壮一郎の期待に応え、汚れ仕事も厭わずこなします。 翔子の元同僚で、元カレ?との噂もある海崎を演じるのは向井理です。ドラマ『君がこころに棲みついた』では狂気の裏の人間味を見事に表現し、怪演が大きな話題になりました。

青島圭太/林遣都

映画『交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦』で、米倉と共演した林遣都が、真面目すぎて不器用な弁護士・青島圭太役で再共演を果たします。 青島は「Felix&Temma法律事務所」に就職しようとするも、極度のあがり症で面接に失敗し、中規模の弁護士事務所のいそ弁(居候弁護士)になりました。駆け引きに弱く敗訴続きで、断崖絶壁で佇んでいたところを翔子にスカウトされ、「京極法律事務所」で働くことに。 打たれ弱い性格のため、「弁護士向いてないのかも!?」と自己嫌悪に陥りがちです。 林は2018年は『おっさんずラブ』が評価され、突出した演技力で絶賛ブレイク中!ドラマに映画に引っ張りだこで、さらなる飛躍を遂げる年になるでしょう。

馬場雄一/荒川良々

「京極法律事務所」のパラリーガルで、元ストーカーのオタク事務員・馬場雄一に扮するのは、個性派ぞろいの劇団「大人企画」所属の荒川良々です。 馬場は警備会社に17年勤めるも、2年前、一方的に好意を抱いていた部下からストーカー被害で訴えられ、服役していました。尾行調査を得意とし、粘着質で任された調査は徹底的に行いますが、オタク故に自分が興味のある点にとらわれて過ぎてしまうことも。 荒川は名脇役として、朝ドラ『あまちゃん』などの話題作で、無二の存在感を残しました。本作の尾行(ストーカー)っぷりはいかがなものか、今から期待が高まりますね。

伊藤理恵/安達祐実

「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵は、惚れた男のため13年勤めた大手銀行で1億円を横領し、実刑判決を受けていた元銀行員です。 3年の服役歴はあるものの、銀行員に必要な一通りの資格(日商簿記検定3級、証券外務員1種、生命保険一般課程、FP2級など)を持つ隠れハイスペック。情にはもろいですが仕事は丁寧で早く、ケチで金の管理が得意なところを評価され、事務所の金庫番を任されました。 優秀な事務員を演じるのは、子役から女優へ華麗に転身した安達祐実。変わらぬ可愛らしさと、成熟した演技力を併せ持つ国民的女優が、今作ではどんな一面をみせるのでょうか。

茅野明/三浦翔平

茅野明は「京極法律事務所」のパラリーガルであり、現役のホスト。小鳥遊翔子とはホストクラブで出会い、何となくで意気投合してしまいました。 イケメンな上に人もよく、老若男女問わず好かれる天性の人たらしで、翔子を「姐さん」と慕うなど人懐っこい性格をしています。それを活かせる聞き込み調査を得意とするも、残念なことにちょっとおバカなので、難しい話は耳に入りません。 異色のパラリーガルを演じるのは、2018年7月に桐谷美玲との結婚を発表し、公私ともに順調なイケメン俳優・三浦翔平。ドラマ『ギラギラ』(2008年)で新米ホストを演じ、「ホスト役がハマりすぎ!」と絶賛されていた三浦だけに、ぴったりの配役ですね!

大鷹高志/勝村政信

「ドクターX」シリーズのスーパー外科医で、スピンオフドラマ第3弾の制作も決定した加地秀樹役でお馴染みの勝村政信が、ヤメ検弁護士・大鷹高志を演じます。 大鷹は元検事で、特捜部への配属経験もあるエリート。弁護士時代の小鳥遊翔子と法廷で対決したこともあるのですが、その時はこてんぱんにされたのだとか。ある理由で弁護士に転身するも、プライドの高さ故に"上から目線すぎ"て客が付かず、仕事がない状態でした。 京極雅彦は大学時代の恩師で、彼が翔子に騙されているのでは?と思い、翔子を見張るうちに「京極法律事務所」の弁護士になっていました。 勝村は米倉との共演歴が長いので、息の会った掛け合いを披露してくれるはずです!

天馬壮一郎/小日向文世

弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドンにして、「Felix&Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎に小日向文世が扮します。 天馬は人権派の弁護士として知られるも、裁判で勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命に背いたものを許さない非情な役どころ。元部下の翔子を自分の右腕のように思っていたが、現在は彼女を疎んでおり、法曹界から葬り去ろうと暗躍します。 そんなダークな男を、名脇役の小日向が底知れない不気味さを醸して表現。映画「アウトレイジ」シリーズなどでも、表の顔の裏にズル賢さや冷酷さを秘めた役柄を好演しました。 ドラマ「リーガルV」では、その二面性で物語を撹乱するのではないでしょうか!?

京極雅彦/高橋英樹

高橋英樹演じる京極雅彦は、「京極法律事務所」の代表弁護士。法学部を卒業後、法学者として大学の教授になり、法律学教授経験者に対する認定制度で弁護士資格を取得しました。 そのため、代表弁護士ながら"実務経験ゼロ"のペーパー弁護士なのです!京極は翔子の言葉に乗せられ、事務所開設費用の500万円と実印を預け、法廷デビューを目指すことに。実は弁護士以外にいろいろな資格試験に挑戦しており、多くの資格を持っています。 高橋と言えば、『桃太郎侍』などでお馴染みの時代劇の大スター。その貫禄のある雰囲気とは裏腹に、"癒し"キャラになるだろう京極を、お茶目に演じてくれるでしょう。

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の放送日は?

ドラマ「リーガルV」は、テレビ朝日の木曜21時枠にて、2018年10月より放送開始です。 気になる第1話は、「京極法律事務所」立ち上げと青島が所属する経緯が描かれます。扱う最初の案件は、青島が引き受けた痴漢冤罪事件とのこと。翔子は「儲けも少ないクズ案件」と切り捨てるも、依頼人のとある言葉に目の色を変え……というストーリーです。 2018年10月期の秋ドラマは、『SUITS/スーツ』や「下町ロケット」続編などの話題作が目白押しですが、「リーガルV」の注目度も負けていません。 米倉涼子が自らハードルを上げて挑む、スキャンダラスな元弁護士に注目です!