2019年7月31日更新

映画『ブレイド』がMCUで再始動 マハーシャラ・アリ主演で元祖マーベル映画をリブート

『ブレイド2』ウェズリー・スナイプス
©WARNER BROS./Zeta Image

アメコミ映画不遇の時代、唯一大ヒットを飛ばした「ブレイド」シリーズ。MCUでそのリブートが製作されることが発表されました!アメコミヒーロー「ブレイド」の原作から伝説の実写映画、そしてリブート版のキャストまで最新情報をお伝えします。

MCU版「ブレイド」公開決定 マハーシャラ・アリ主演で名作マーベル映画をリブート

ついに2019年から2021年までのラインナップが発表されたMCU。なかでも「元祖マーベル映画」と呼ばれる『ブレイド』のリブート版制作は大きなサプライズとなりました。 MCUに参戦する「ブレイド」とはどんなヒーローなのでしょうか。過去作を紹介しつつ、今回の主演俳優やキャスティングの経緯などを紹介します。

サンディエゴ・コミコンで『ブレイド』のリブートが発表

2019年7月20日(現地時間)、アメリカ、サンディエゴで行われたコミック・コンベンション(通称:コミコン)で、MCUの今後のラインナップが発表されました。 『ブラック・ウィドウ (原題)』や「ドクター・ストレンジ」2作目、「ソー」4作目から、新ヒーローが登場する『エターナルズ (原題)』、「シャン・チー」 など期待を寄せられる作品のなか、最も観客・報道陣を驚かせたのが、この『ブレイド』のリブート製作発表でした。 90年代後半から2000年代初頭に3部作が製作・公開され、世にその名を知らしめた元祖マーベル映画「ブレイド」シリーズ。ファンにとっては待望のリブートに世界中が湧いています。

元祖マーベル映画『ブレイド』とは

第1作目が1998年に公開された「ブレイド」は、マーベル実写映画で初めて大ヒットを飛ばし、三部作を走りきった人気シリーズ。今では「元祖マーベル映画」と呼ばれるようになった作品です。 90年代には、DCコミック原作の「バットマン」シリーズなどはヒットしていましたが、マーベル原作の映画は評判のよくないものがほとんどでした。 そんななか、『メジャーリーグ』(1989)や『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)などのウェズリー・スナイプスが主演を務めた本シリーズは、当時のアメコミ原作映画としては桁違いの人気と高い評価を受けたのです。

「ブレイド」のあらすじ

地下の闇に潜み人間と共存関係を築いているヴァンパイアが存在する世界。人間とヴァンパイア両方の血を引く青年ブレイドは、日光の下も歩けるためヴァンパイアたちから“デイ・ウォーカー”と呼ばれていました。そんな彼は、人間の老人ウィスラーと協力し、吸血鬼ハンターとして活躍。 一方、純血のヴァンパイアではない野心家のフロストは古文書「マグラの書」を解読することで、無限の力を得ようとしていました。彼の目的はその力によって人間との共存関係から抜け出し、自らを頂点としてヴァンパイアが世界を支配すること。 こうしてブレイドとフロスト一派の戦いが幕を開けます。

主演キャストはオスカー俳優マハーシャラ・アリ

マハーシャラ・アリ
©︎Adriana M. Barraza/WENN.com

MCUの「ブレイド」リブートで主演を務めるのは、マハーシャラ・アリです。『ムーンライト』と『グリーン・ブック』で2度のオスカーに輝いたアリのブレイド役の抜擢は、リブート版製作と同様に、もしくはそれ以上に大きなサプライズでした。 実は今回、リブート製作が決定したのは、アリからの直談判によるものだったそうです。Hollywood Reporterによれば、アリは『グリーン・ブック』でオスカーを受賞した直後にマーベル・スタジオ社長であるケヴィン・ファイギに電話をかけてきたとか。そしてミーティングでブレイドを演じたいと提案したそうです。

初代とリブート版を比較

ウェズリー・スナイプスは、スポーツ選手を演じることも多く、初代ブレイドを演じていた当時はかなりがっしりとした体型でした。その外見もブレイドの力強さに説得力を持たせていたのではないでしょうか。 一方で、アリは今回の「ブレイド」がアクション映画ほぼ初挑戦となります。ウェズリー・スナイプスに比べるとやや細い印象のあるアリは、本作に主演するにあたって肉体改造に挑むと予想されますが、どれほどの変身を遂げるのか注目したいですね。

リブートについて初代ブレイドのウェズリー・スナイプスは……

一方「ブレイド」のリブートについて、なぜウェズリー・スナイプスに続投させなかったのかと残念がるファンの声もあるようです。スナイプス本人はアリがキャスティングされたことには驚いたものの、バトンを渡すことについては「なんの問題もない」とComicBook.comにコメントを寄せました。 「怒っているデイ・ウォーカー(「ブレイド」の用語で半ヴァンパイアのこと)たちは落ち着いてほしい。ニュースには驚いたが、全く問題ない。それがエンターテインメントのビジネスってものだ。MCUの製作陣も気にしないでくれ。いつでもファンだよ」とスナイプス。 また、素晴らしい才能を持ったアリが演じるブレイドを見るのを楽しみにしている、とも語っています。

期待高まるMCUのリブート版「ブレイド」!続報にも注目

マーベル映画の元祖となり、その人気を見せつけた3部作から15年が経ち、リブートの制作が発表された「ブレイド」。2度のオスカーに輝いたマハーシャラ・アリが自ら主演を申し出たという点でも注目が集まっています。 公開時期はまだ発表されておらず、ケヴィン・ファイギは本作がフェーズ5以降の作品になることを認めています。すでにファンの期待は高まっている、MCUのリブート版「ブレイド」。 今後の続報に注目ですね!